日記

最新の日記
日記はありません
カレンダー
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新のレス

日記

日記へのレスはありません

製品レビュー/コメント

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

最新の日記

日記はありません

最新のレビュー/コメント

MIMESIS 27.3L

GOLDMUND

MIMESIS 27.3L

¥1,029,000(税込)

発売:-

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

MIMESIS 27.3L



ムンドについては、さまざまな評価があり、エントリーモデルから超高級モデルまで、その完成度にも結構な開きがあるというのが個人的な見解です。
一方で外観のデザインは、どのモデルをとっても「これぞムンド!」という統一感があり、シンプルで高級感のあるそれは、とても満足度の高いものだと思います。

どちらかと言えばエントリーモデルの部類に属する27.3Lの音質ですが、一言で言えばシンプル&ストレートということになるでしょうか。
音離れが非常によく、空間は晴れ晴れとして見通しがいい。
全域にわたって解像度が高く、余計な色付けをしないタイプだと思います。

ただ、高域に独特の乾いた(パッツリとした)響きがあり、ピアノの右手や、ドラムスのトップ・シンバルの音などに顕著に表れるように思います。
一方、意外に弦の音色には好ましい影響を及ぼしはしても、悪さはしないというのが所感です。バイオリンソロでは凛とした佇まいをうまく表現し、なめらかで美しい音色を奏でてくれます。

いずれにせよ、独特の高域は好き嫌いの分かれる部分であり、仮に好みの範疇に入ったとしても、システムの音色を支配するのがプリアンプだとすれば、この高域をどのようにコントロールするかが、使いこなしの最大のポイントになると思います。
つぼにはまれば非常にリアルで美しく冴えた高域を見ることができますし、調教に失敗すればキンキンカンカン聴くに堪えない安っぽい高域にうんざりすることも・・・紙一重なところがなんとも魅惑的なアンプと言えるかもしれません。

使い勝手に関しては、XLRが使えないことを除けば、リモコン操作を含めてとくに不満は見当たりません。

【SPEC】●アナログ入力:RCA×5 ●アナログ出力:RCA×2 ●入力感度:100mV ●入力インピーダンス:50kΩ ●出力レベル:1.55V(RMS) ●出力インピーダンス:10Ω ●入力感度:0.75V(RMS) ●インピーダンス:50kΩ ●外形寸法:440W×400H×105Dmm ●質量:8kg

マイルーム

B4の小部屋
B4の小部屋
持ち家(戸建) / 書斎兼用 / オーディオルーム / ~6畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch

はじめまして。 ラジカセに小型スピーカーをつないで畳半畳くらいのリスニングスペースを作ったのが小学生のころだったでしょうか。 今でも狭い部屋にシンプルなシステムは変わりありませんが、楽しくオーディオを続けております。 【現在のシステム構成】 CDPはちょうど1年前に、清水の舞台からエイ、ヤーッ!とやってしまったD-08です アンプは数年前にようやくセパレート化しま…

所有製品