ウエストミンスターのおじさん
ウエストミンスターのおじさん
つい先日スピーカーなどを一新しました。 今後もよろしくお願いします。

日記

最新の日記
カレンダー
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

お気に入り製品

最新の日記

パワーアンプが馴染んできました。

こんにちは。ウエストミンスターのおじさんです。

パワーアンプが上杉のU-BROS 3となってから、CD再生でもいい音が出ないかという事でした。オーディオ屋さんと試聴した時はCDが薄っぺらい音だったので、以前のパワーアンプに使用していたKIMBER CABLE の PK10pulludiumをDP550に刺し、しばらく音楽を聴きこむことにしました。そうしたら、1週間くらいで、SACDやCDが結構濃い音で鳴るようになってきたのです。それからは、これならアナログだけでなく、デジタルも行けるという音になりました。本当は、ソニーのHAP-Z1ESが欲しいと思っていたところのパワーアンプ購入でしたが、次にはお金を貯めて欲しかったものが買えたらなと思っています。

やっぱり、古いものでも自分のシステムに馴染むのにはある程度の時間や手間がかかるという事を再認識しました。

最新のレビュー/コメント

DP-550

ACCUPHASE

DP-550

¥609,000(税込)

発売:2012年12月

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

良い音のSACDプレーヤーです。

 購入してから、2週間近くがたちました。
 結論から言うと、無理して買ってよかったです。

 SACDの音が良いだけでなく、今まで聴いてきたCDもよい音で鳴ります。
 ただし、大好きなバルビローリのブラームス3番のバイオリンの高音部分がちょっとシンセサイザーの音のように聞こえました。しかし、全体的にはすこし張りのあるリアリティある音作りだと思います。SACDの音質は、やはり良いです。読み込みの回転の風切音であるブーンという音は確かにしていますが、よほど気にしない限り気になるものでは私にはありませんでした。
 また、好きなCDの演奏は、さほどでもないSACDよりも音楽に気持ちが乗ります。やはり、音質だけではない演奏の好みというものはあるのだなと実感しました。
 最近、クラシックのSACDがちょこちょこ発売されるようになるので、やはり、オーディオ好きとしては気になっていましたが、これで気兼ねなくSACDを買えます。

 ただ、オーディオ店で聴かせてもらったアキュフェーズのセパレートタイプのSACDはスケール感があり、その上細部の表現も豊かであり、比べるものではないと思います。
 この世界は上を見るときりがないので私にはこれで十分だと今は思います。

【SPEC】●適合ディスク:2チャンネルSACD、DSDディスク(DSFファイルフォーマット)、CD ●レーザー・ダイオード発光波長:SACD用650nm、CD用780nm ●デジタル入力:HS-LINK、COAXIAL、OPTICAL、USB ●周波数特性:0.7Hz〜50kHz(+0、-3.0dB) ●消費電力:23W ●最大外形寸法:465W×151H×393Dmm ●質量:18.5kg

マイルーム

大きく変化した私の部屋です。
大きく変化した私の部屋です。
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~12畳 / 防音あり / スクリーンなし / ~2ch

つい先日、スピーカーを入れ替えました。心機一転、いい音を聴こうと思います。

所有製品