funa3
funa3
嫁と私の二人+猫3匹暮らし 専用ルームより、広さを確保して朗々と鳴らしたいため リビングオーディオを楽しんでいます。 二重サッシのおかげで夜遅くに音量を上げても問題なし 但し、家族が居る時…

日記

お気に入り製品

最新の日記

Pro-ject プレーヤーのゴム足外し

Pro-ject プレーヤーのゴム足外しについて
アキオさんより、ご質問頂いたので
紹介させて頂きます

実は、私も「おいけさん」にアドバイス頂いて
常用するようになったネタなんですが
写真を載せたので、それを参照頂ければ
理解していただけると思います

1.まずターンテーブルを外します
 ベルトのかかっているプーリ部がモーターです
2.プーリの両脇の黒いゴムブッシュを止めているスクリュー2個
 これを外します

ターンテーブルを元に戻して完了です

ゴム足外し
Before Afterの比較は面倒なので行っていませんが
僅かにS/Nが向上したと思います。

私の環境でPro-ject 1Xpression Carbonの音に納得できたのは
①フォノケーブル交換
 付属フォノケーブルをバンデンハルVH-D501-R12に交換
 これで情報量が一気に増えました
②足回りのリジッド化(ウッドブロック)
 これで音に芯ができて神経質さが消えました
 

最新のレビュー/コメント

FD/SPEAKER CABLE

NVS SOUND CABLE

FD/SPEAKER CABLE

¥102,900(税込)

発売:-

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

バイワイヤ仕様

私が使っていいるのはバイワイヤ仕様ですが
同じケーブルなので、こちらにレビューします

まず値段
 バイワイヤ仕様の価格がシングルワイヤ仕様の2倍近い
 内部配線が2倍との事なので、致し方ないのでしょうが
 やはり、割高感は消えません。

取り回し
 太さは普通、しなやかで問題無し

端子
 金メッキ端子の質も特に問題無し
 地金は真鍮なのか銅なのかは不明ですが
 端子がボトルネックになっている印象はありません


 NVSのエントリークラスですが
 下位クラスでこの音なら上位の製品はどんな音だろう
 上位品に興味を持たせる音で魅力は十分

 実際の音は、エコー成分がシッカリ再生されるけれど
 付帯音の類は皆無なので、エコーがクリアで楽しいです
 また、アタック音もエコーと共存しバランス良く鳴るので
 ハイエンドケーブルのエントリー用に十分な音です。

18年3月に生産終了してしまいましたが
私は、使い続けます。

【SPEC】●ラインナップ(税込):<標準仕様>「FD-SP-6FT」¥102,900/1.8m、「FD-SP-8FT」¥118,650/2.4m、「FD-SP-10FT」¥134,400/3.0m、「FD-SP-20FT」¥212,100/6.0m <バイワイヤ標準仕様>「FD-SP-BW-6FT」¥143,850/1.8m、「FD-SP-BW-8FT」¥164,850/2.4m、「FD-SP-BW-10FT」¥185,850/3.0m、「FD-SP-BW-20FT」¥389,800/6.0m <バーチカルバイワイヤ仕様>「FD-SP-VB-6FT」¥170,100/1.8m、「FD-SP-VB-8FT」¥193,200/2.4m、「FD-SP-VB-10FT」¥215,250/3.0m、「FD-SP-VB-20FT」¥319,200/6.0m ●導体:高純度リッツ線使用(異径銅線本) ●特殊金属パウダー使用 ●被覆:テフロン ●コネクター:金メッキ仕様

マイルーム

リビングオーディオ
リビングオーディオ
持ち家(戸建) / リビング兼用 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch

一戸建て、LDKでオーディオを楽しんでいます リビングオーディオの良い点は ・音楽を聴きたい時に聴けること ・専用室よりも空間を広く使えるため音量に対するマージンが大きく取れる事 欠点は ・家族が居る時と居ない時で音量を分けなければならないこと ・嫁のTV視聴が優先されること ・お猫様×3のご機嫌取りを怠ると、機器が攻撃されるこ 欠点かな? ・以前使っていたJBL…

所有製品