merry
merry
オーディオを始めたのは高校生のとき。 2011年に子育てが終わり、妻と演奏会を楽しみつつ、定年後の無収入期間に突入する前に終生使うつもりでシステムを再構築しましたが・・・引越しによりオーディオルーム…

日記

最新の日記
カレンダー
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お気に入り製品

最新の日記

地元でLIVEを楽しんでいます

皆さま  

ご無沙汰しています。
今年初めての投稿となります。

B&W802SD仲間だった同年オヤジトリオのHarubaruさんと健さんは、早々に802D3を導入して、オフ会も積極的に交流されておりますが、私は静岡で隠遁生活を送っておりました。

今年に入ってから両親のお世話で趣味の時間は殆どありませんでしたが、この歳で両親の役に立てる幸せを感じておりました。

両親の方も落ち着き、週末から地元のLIVEに顔を出し始めました。

金曜日は、徳川15代将軍の隠居跡を利用した料亭「浮月楼」が経営するジャズクラブ「LifeTime」に「All Star Band FRIENDS」のベテランが集結。サックス:峰厚介、ギター:増尾好秋、ピアノ:山本剛、ベース:鈴木良雄、ドラム:村上寛。地方にこれだけのメンバーが一堂に会することは滅多に無い豪華な顔ぶれで、熟練の演奏を堪能しました。

そして今日は、地元静岡交響楽団の定期演奏会。
NHK-FMの番組にレギュラー出演している遠藤真理さんの透明感溢れるチェロの音色、篠﨑常任指揮者が就任してからぐんぐんレベルを上げている静響が奏でるドヴォルザークのチェロ協奏曲と交響曲8番は、地方オケとしては素晴らしい演奏でした。
学生オケ時代に「ドボ8」を演奏した経験がある隣席の妻は、感慨深気に傾聴していました。

先日、私が関係する講話会に篠﨑指揮者と静響のメンバーを招いて講演とミニコンサートを行いました。
その中で、篠﨑氏は「静響は日本オーケストラ連盟に加盟している33オケの末端ですが、多くは首都圏を中心とする3大都市圏に集中しており、大編成の交響曲が演奏できる地方オケは、札幌、仙台、山形、静岡、広島、九州程度で、この貴重な存在を育ててほしい」と仰っていました。

有名オケの演奏を聴きに行くだけでなく、細やか乍ら仕事を通して地元オケ発展のお手伝いができないだろうか?と改めて考えさせられました。

春になって、私もそろそろ皆様のオフ会に顔を出させていただきたいと思っています。引き続きよろしくお願いいたします。

最新のレビュー/コメント

ANDANTE LARGO

WF-470(Weefolk Audio Board)

¥52,500(税込)

発売:-

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

きめ細かな音場が立体的に広がり、見通し・解像度・響き 全てが向上   エソテリックにも対応

CDPのアンダーボードやラックは、これまでウエルフロートやクアドラ等、何種類も自宅試聴をした上でアンダンテラルゴWeefolk board+同社チタン製マウントに落ち着いていたのですが、唯一気になりながら試聴の機会が無かったTADのボードをアナログプレーヤー更新のタイミングでお借りし、CDPとアナログプレーヤーでアンダンテラルゴとの比較試聴をしました。
TADはこのコミュでも人気のあるウェルフロートと同じ構造ですが、素材はオリジナルのMDFではなく、アンダンテラルゴ同様、積層板を採用しています。

アンダンテラルゴはきめ細かく粘りのある緻密に整音された音場が立体的に広がり、見通し、解像度、響きの全てが向上。アナログでは、カートリッジのグレードアップと同様の効果がありました。

WF470の型番は変わらないのですが、マイナーチェンジでボードとスパイクを繋ぐ素材が黒いゴムのようなものに変更され、スパイク長が短くなり、旧型と比して音が柔らかく、響きが増えましたが、解像度や表情の描写は後退したため、あえてCDPと同じ旧型に変更していただきました。

このコミュではアンダーボードを購入する際にアンダンテラルゴを比較試聴された方を殆どお見受けしませんが、私はウエルフロートとの直接比較では瞬間でアンダンテラルゴの方が拙宅のシステムには必要だと思いました。
皆さまもお聴きになれば、導入の狙いと好みによってウエルフロートと評価が二分するのではないかと思います。

メーカーによると、ボードの形状が変わり、WF-520はエソテリックの三点脚にも対応をしているそうです。

さらに上位のSub Tableこそが同社の目指した音、とのことですので一度試聴してみたいと思っています。

【SPEC】●外形寸法:470W×70H×370Dmm

マイルーム

広さ半減オーディオ
広さ半減オーディオ
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~8畳 / 防音あり / スクリーンなし / ~2ch

引越しでオーディオルームが13畳→6.5畳と半減したのに伴い、スピーカーをB&W 802SD → 804D3 にダウンサイジングいたしました。 試聴の結果、804でもAccuphaseA70+A47によるバイアンプ駆動を継続しております。 狭いながらも全壁の強化と遮音化、ドアは-45db、内窓には防音合わせガラスを使用。日東紡のコーナーアンクとアコリバでルームチューニングを行ない、機器もスピー…

所有製品

  • スピーカーシステム B&W 804 D3
  • パワーアンプ ACCUPHASE A-47
  • その他アクセサリー ORTOFON DS-3
  • トーンアーム FIDELITY-RESEARCH FR-64
  • ADプレーヤー LUXMAN PD-171AL
  • カートリッジ PHASEMATION PP-1000
  • RCA/BNCオーディオケーブル SAEC SL-6000
  • 昇圧トランス/ヘッドアンプ PHASEMATION T-500
  • プリアンプ ACCUPHASE C-3850
  • XLR(バランス)ケーブル SAEC XR-6000 [レビュー]
  • イコライザー PHASE TECH EA-3 II
  • カートリッジ ORTOFON SPU-GTE
  • その他アクセサリー ACOUSTIC REVIVE CFRP-1
  • 電源ケーブル SAEC PL-8000
  • オーディオボード ANDANTE LARGO WF-470 [レビュー]
  • インシュレーター ANDANTE LARGO SM-5T
  • パワーアンプ ACCUPHASE A-70
  • SACDプレーヤー/トランスポート ACCUPHASE DP-720
  • 音場調整材 ACOUSTIC REVIVE RWL-3
  • インシュレーター ANDANTE LARGO SM-7
  • 電源機器 ACCUPHASE PS-1220
  • ハードラック ADK STC-B225FWN
  • オーディオボード TAOC SUB-50G
  • スピーカーケーブル ZONOTONE 7NSP-Shupreme 1
  • その他アクセサリー PAD CRYOMAG-SSR2
  • 音場調整材 日東紡音響エンジニアリング ANKH-II
  • オーディオボード ACOUSTIC REVIVE RST-38
  • 電源機器 ACOUSTIC REVIVE CB-1