K&K
K&K
古いマイナーなお気に入りの機器を中心に身のタケにあった(?)オーディオ・ライフを楽しんでいます。 唯一の贅沢は石井式の音楽室でしょうか? ピアノと同居しているので(同居させてもらっているので?)リ…

日記

最新の日記
カレンダー
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

最新の日記

genmi邸訪問記 - 今後の方向は?

4月12日、genmiさんのところを訪問させていただきました。

Harubaruさんとご一緒です。
1月に訪問させていただいたのでまだ3か月も経っていないのですが、その間、足下の対策を施されたり、ヒジヤンさん、バズケロさん訪問時にアコースティック調整がなされたりということで進化は留まることを知らぬようです。

genmiさんのところは前回も既にかなりの高みにあったので、今回はどうかなと思っていたのですが…
今回の音の印象をうまくまとめて書ける自信がありません。私にはちょっと難しすぎます。(^^;)
Harubaruさんのフォローを期待しています。




サイドはスダレ(?)をとってシルクのオーガンジーを配置


座り心地の良いリスニングチェア

ヴォーカルは女性も男性も前回と比較しても耳あたりの良い音になっていたと思います。
カラヤンのベートーヴェン第5番は録音やオーケストレーションの性格上、再生が難しいところがあると思いますが、同じCDを拙宅で聴かせていただいた時よりも温度感が高い分、楽しめる音のように感じました。



ヴァイオリンも前回よりもりもさらに心地よく聴こえました。



ただ、これはトレードオフなのかもしれませんが、個人的にはピアノはもう少し冷たさが欲しかったかも…。


上のCDは私のソフトでFile再生していただきました。
(ヴァイオリン vs ピアノ (笑))

後半はこんなロック(REO Speedwagon?私には解説不能、要genmiさん/Harubaruさんコメント)のライブや


ダイアナ・クラールのLive in Parisといった映像付きソフトも楽しんでしまいました。

ほとんど最後に私が持ってきたSACDでドビュッシーの海を聴かせていただいたのですが…



この曲でのスピーカーのセッティングの比較はびっくりしました。それまでは「やや内ぶり」だったのですが、「平行」への変更で音がほぐれてかなり解放的な響きになったように感じました。


写真のスピーカの向きはフローリングの目に沿った「平行」配置になるように変更した後のもの。それまではずっと「やや内ぶり」だったのです。

genmiさんの環境ではちょっとした変更が非常に敏感に響きに反映されるので、ちょっと驚きでした。
Harubaruさんもおっしゃっていましたが、やはり専用部屋なのが効いているのかもしれませんね。
拙宅も専用部屋(?)ではあるのですが、ウチの場合はオーナーに似たせいかもう少し「鈍」のような気がします。(笑)

今後、genmiさんがどのような方向に進まれるかは楽しみです。
聴かれる曲への対応や好みがありますのであの「平行」配置がgenmiさんにとって良いのかどうかはじっくりと聴き比べて最終決定されるのがいいと思いますし、まだまだいろんな調整ポイントがあるのかもしれませんね。
楽しみながらじっくりと取り組まれるのがよいのではないでしょうか?

genmiさんが検討中のサブ・ウーファの導入はもしかすると悩みが増える可能性もありますが、genmiさんのところは部屋がしっかりしていますし、オーケストラも聴かれるので挑戦する価値は大いにあると思っています。
遠くない将来、導入後の音を聴かせていただくのを楽しみにしています。

飲み会も楽しかったです。ヤッパリ飲み過ぎてしまいました。(笑)

genmiさん、Harubaruさん、ありがとうございました。

最新のレビュー/コメント

YAMAHA

GT-2000

¥138,000(税込)

発売:1982年頃

このモデルは生産を完了しています

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

アナログ全盛末期の究極低W/F、高S/N DDプレーヤー



このプレーヤには個人的事情から思い入れが強すぎて、いわゆる"レヴュー"は書けません。

その事情はこちら

よろしければ上記blogの次の記事も少しお読みください。

GT-2000はアナログ全盛時代末期の究極の低W/F(ワウ・フラッター)、高S/Nプレーヤーのひとつだと思います。
GT-2000はダイレクトドライブ方式のプレーヤーですが、同じダイレクト方式でもTechnics(現Panasonic)のSP10シリーズなどは積層コア使用モーターのため、どうしてもコギングから逃れられません。
このGT-2000やKENNWOODやPIONEERなどの後期のADプレーヤーはスロットレス方式のモーターなのでコギングフリーです。

ベルトドライブ方式では、モーターのプーリーやベルトがかかるターンテーブルの真円度などの機械的精度、ベルトの厚みムラなどの影響でDD方式並みのW/Fを得ることは一般的に見て困難です。また、高速モーターなので振動のため高S/Nも難しい。
アイドラー方式に至っては…

ただ、実際の音については高級ベルトドライブプレーヤーと比較したことがないので私にはコメントできません。トーンアームの影響も大きいので…

PhilewebにはGT-2000シリーズを大事に使ってらっしゃる方が多いのでうれしく思っています。

【SPEC】
<モーター部>●駆動方式:DCコアレスホールモーター ●回転数:33 1/3、45rpm
<アーム部>●方式:スタティックバランス型(1周3.0g、0.1gステップ) ●有効長:262mm ●オーバーハング:14mm ●トラッキングエラー:-1゜〜+2゜ ●高さ調整範囲:+10、-6mm
<総合>●電源:AC100V 50/60Hz ●消費電力:7W ●外形寸法:545W×230H×395Dmm ●質量:28kg

マイルーム

May the vintage equipment last long
May the vintage equipment last long
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーン~100型 / ~4ch

石井式リスニングルームというか音楽室ですが、リフォームなので天井高はごく普通の家と同じです。 使用機器や写真はこちらをご覧ください。 http://www7b.biglobe.ne.jp/~hs-500/Status.htm 1968年に発売された日立のHS-500という古いスピーカーを中心に構成されています。フロントはHS-500を2段重ねにした仮想同軸のVertical Twin…

所有製品