K&K
K&K
古いマイナーなお気に入りの機器を中心に身のタケにあった(?)オーディオ・ライフを楽しんでいます。 唯一の贅沢は石井式の音楽室でしょうか? ピアノと同居しているので(同居させてもらっているので?)リ…

日記

最新の日記
カレンダー
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

最新の日記

ニッキー邸訪問記 - ある愛の詩 -

2月18日、招かれてニッキーさんのお宅を訪問しました。

今回は3回目の訪問になりますが、前回は某所への訪問時の帰りにちょっと寄っただけですので実質的には2回目です。

B&W805SDの下にはバーチ合板のウェルフロートが敷かれ、大きな掃出し窓のサッシは密閉度の高いペア・ガラスになっています。そしてレコード・プレーヤーは最新のテクニクスSL-1200G。





いろいろ聴かせていただいたのですが、印象的だったのはカーペンターズや手嶌葵さんのテルーの唄。、
自然な感じでとてもよかったです。805らしい解像度が十分感じられました。
ウェルフロートにより解像度や奥行き感が増した感じがしますし、新しくなった窓のサッシによるS/N向上の効果も大きかったように思います。

オーケストラは私に合わせて普段より大きな音でかけていただいたようで申し訳ありませんでした。でも、やはりニッキーさんがお好きなジャンルの曲がよかったです。あまり人の好みを気にせず、ご自分の好きな曲を自分が一番聴きやすい音量で楽しまれるのがよいと思います。

SL-1200Gはコンパクトなプレーヤですが、造りの良さが感じられます。



あのデザインにはいろいろ議論があるところですが、少なくともワウフラッター特性は現在新品で手に入るプレーヤとしては最高であることはほぼ間違いないと思います。電子ブレーキの節度のある止まり方もいいですね。
33rpmから電子ブレーキを効かせずに電源オフすると完全に停止するまで約70秒もかかりました。コギングレス、鉄損レスの新開発モータならではなのだと思います。

ニッキーさんが現在お使いのDL-103やMCトランスはジャズや打ち込み系、アニソンなどにはいいのかもしれません。
私がアナログで聴くのは(もうめったに聴きませんが…)しっとり系の女性ヴォーカルが多いので私の場合は繊細さを追い求めて空芯のMCカートリッジにMCアンプになってしまいました。
(30年以上前からこの状態で進歩無し ^^; )
この辺は聴く曲や好みが色濃く反映するところなので、アナログ・マニアのお使いの機材は十人十色で非常に興味深いものがあります。

今後ニッキーさんがアナログをどう発展させていくか楽しみにしています。

お持ちのLPをいくつか聴かせていただきましたが、





映画のテーマ曲のLPには思わず涙が出そうになりました。お父上の愛聴盤だったようです。このジャケット「ある愛の詩」の裏側は「ロッキー」なんですもん。

最新のレビュー/コメント

YAMAHA

GT-2000

¥138,000(税込)

発売:1982年頃

このモデルは生産を完了しています

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

アナログ全盛末期の究極低W/F、高S/N DDプレーヤー



このプレーヤには個人的事情から思い入れが強すぎて、いわゆる"レヴュー"は書けません。

その事情はこちら

よろしければ上記blogの次の記事も少しお読みください。

GT-2000はアナログ全盛時代末期の究極の低W/F(ワウ・フラッター)、高S/Nプレーヤーのひとつだと思います。
GT-2000はダイレクトドライブ方式のプレーヤーですが、同じダイレクト方式でもTechnics(現Panasonic)のSP10シリーズなどは積層コア使用モーターのため、どうしてもコギングから逃れられません。
このGT-2000やKENNWOODやPIONEERなどの後期のADプレーヤーはスロットレス方式のモーターなのでコギングフリーです。

ベルトドライブ方式では、モーターのプーリーやベルトがかかるターンテーブルの真円度などの機械的精度、ベルトの厚みムラなどの影響でDD方式並みのW/Fを得ることは一般的に見て困難です。また、高速モーターなので振動のため高S/Nも難しい。
アイドラー方式に至っては…

ただ、実際の音については高級ベルトドライブプレーヤーと比較したことがないので私にはコメントできません。トーンアームの影響も大きいので…

PhilewebにはGT-2000シリーズを大事に使ってらっしゃる方が多いのでうれしく思っています。

【SPEC】
<モーター部>●駆動方式:DCコアレスホールモーター ●回転数:33 1/3、45rpm
<アーム部>●方式:スタティックバランス型(1周3.0g、0.1gステップ) ●有効長:262mm ●オーバーハング:14mm ●トラッキングエラー:-1゜〜+2゜ ●高さ調整範囲:+10、-6mm
<総合>●電源:AC100V 50/60Hz ●消費電力:7W ●外形寸法:545W×230H×395Dmm ●質量:28kg

マイルーム

May the vintage equipment last long
May the vintage equipment last long
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーン~100型 / ~4ch

石井式リスニングルームというか音楽室ですが、リフォームなので天井高はごく普通の家と同じです。 使用機器や写真はこちらをご覧ください。 http://www7b.biglobe.ne.jp/~hs-500/Status.htm 1968年に発売された日立のHS-500という古いスピーカーを中心に構成されています。フロントはHS-500を2段重ねにした仮想同軸のVertical Twin…

所有製品