K&K
K&K
古いマイナーなお気に入りの機器を中心に身のタケにあった(?)オーディオ・ライフを楽しんでいます。 唯一の贅沢は石井式の音楽室でしょうか? ピアノと同居しているので(同居させてもらっているので?)リ…

日記

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

最新の日記

CENYA邸訪問記 - Where do you start? そしてトゥイータころがし

CENYAさんのお宅を訪問させていただきましたので記録に残しておこうと思います。

前回拙宅にお出でいただいているのでその気さくな人柄はわかっているのですが、お宅にうかがうのは初めて。独創的なアイデアと器用さで独自の世界を展開されているのでどんな音を聴かせていただけるのか興味津々での訪問です。

スピーカーはちょっと珍しいフィンランド製PENAUDIO CENYA。
そのネットワークを外して、AVアンプ2台で各SPユニットをBTLでマルチ・アンプ駆動。チャンデバはは6dB/octのパッシブ型を自作。
極めてユニークな構成になったことは日記などで知っていたのですが…

東武スカイツリーライン沿線の最寄駅で待ち合わせた後、近くでご当地ラーメンをご馳走になってしまったのですが、そこでの会話でCENYAシステムがさらに進化してトゥイータが変更になったことを知りました。進化の速さが尋常じゃない…。(^^;)

お部屋に通していただいて、CENYAシステムと初めて対面した印象は…
整然と美しくシンメトリー配置されたシステム。
スピーカーが思っていたよりも小さい。
そしてそのバーチ合板のキャビネットの美しいこと。バッフル面に縦じまの積層面が見える。




サブ・ウーファのフローティング構造(以下の写真)や


重量物が載ったラックのフローティング構造(以下の写真)は

アイデアも感心しますがそれを実現してしまう行動力と器用さには驚かされるばかり。

最初に聴かせていただいたソフィー・ミルマン他の女性ヴォーカルには衝撃を受けました。
音場感、奥行き感に加えて繊細で解像度があるのに耳あたりが良いという不思議な(?)音だったからです。
最初の曲が確か "Where do you start?" でしたが、CENYAさんがここ、つまり新しいトゥイータを使ったそのセッティングから始めたのには理由があったのだと思います。(笑)



そのトゥイータはコレ。



ソナスの高級機に採用されているリング・ソフトドームを彷彿させる形状ですが、ソナスに採用されているスキャンスピークの関連会社VIFA(peerless)社の製品で、XT19TD00-04というタイプだとのこと。
それがはじめからこれが使われていたかのようにキャビネットに取り付けられています。オリジナルのソフトドームやその後交換されて使われていたアルミドームのものと取付け寸法が全く同じだからできたことなのです。
トゥイータの存在を感じないのに高域まですっと伸びた解像度の高い音がホントに不思議。
マグネシウム振動板を持つウーファがシットリ系で雑味が少ないので相性もすごくいいと感じました。
高域も40KHz位まで伸びているのでいままでのアルミドームのトゥイータの時に併用していたスーパー・トゥイータは今は鳴らしていないとのこと。

全体のバランスも全く違和感のない心地よいものでした。

この状態でしばらくいろいろな音源を聴かせていただいた後、前のトゥイータと比較してみましょうということで、CENYAさんがスクリュー・ドライバーを取り出して交換にかかります。
球コロガシならぬトゥイータコロガシ。
こんなオフ会初めて。(笑)

で、その結果は…アルミ・ドームもスーパー・トゥイータ付きの状態ではそれだけ聴いていれば特に不満は感じないと思いますが、リング・ソフトドームと比べると…やはりいかにもトゥイータが鳴っているという感じなのです。

この後は再びリング・ソフトドームに戻していろいろ聴かせていただきました。
CENYAさんが聴かれるのは主に女性ヴォーカルとのことですが、私が持ってきたピアノやヴァイオリンの音源も少し聴かせていただきました。



ピアノやヴァイオリンを聴かせていただくとヴァイオリンが私にとってはやや美音過ぎるような気がしたのでCENYAさんにお願いして少しトゥイータのレベルを上げてみていただきました。
今日の最初の設定よりも3dBあげたところ(これはスピーカーの前方60㎝での測定上フラットに近くなるレベルとのことですが)が私の好みでした。
でも、女性ヴォーカルをメイン音源とするCENYAさんが最初の状態を好まれるのはわかるような気がします。さらに心地よい音になりますから。

最後に話題のエヴァ・キャシディのCD比較もさせていただきました。ちょうどこの日にNightbirdのアルバムがCENYAさんの郵便受けに入っていたのです。
時間の関係で比較したのはAutumn Leavesの1曲だけ。



Live at Blues Alleyではテープヒスが聴こえるのに対し、Nightbirdではそのヒスノイズが消えていてヴォーカルがクッキリ浮き上がる感じを受けました。Nightbirdではデジタル的に処理してテープヒスを除去したんじゃないかなぁ。そうだとしてもその処理はすごくうまくて音が甘くなったような感じはしないのですが…
この曲に関する限り私の好みはLive at Blues Alleyかもしれません。でも、音はたしかに違うけれど好みの問題のように思います。いずれにしてもこれしか聴いていないので全体のことをいうことはできないのですが…。


CENYAさん、とても楽しいオフ会でした。
これから試すべくアイデアをまだいろいろお持ちのようですので、今後の発展を楽しみにしています。
ありがとうございました。

最新のレビュー/コメント

YAMAHA

GT-2000

¥138,000(税込)

発売:1982年頃

このモデルは生産を完了しています

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

アナログ全盛末期の究極低W/F、高S/N DDプレーヤー



このプレーヤには個人的事情から思い入れが強すぎて、いわゆる"レヴュー"は書けません。

その事情はこちら

よろしければ上記blogの次の記事も少しお読みください。

GT-2000はアナログ全盛時代末期の究極の低W/F(ワウ・フラッター)、高S/Nプレーヤーのひとつだと思います。
GT-2000はダイレクトドライブ方式のプレーヤーですが、同じダイレクト方式でもTechnics(現Panasonic)のSP10シリーズなどは積層コア使用モーターのため、どうしてもコギングから逃れられません。
このGT-2000やKENNWOODやPIONEERなどの後期のADプレーヤーはスロットレス方式のモーターなのでコギングフリーです。

ベルトドライブ方式では、モーターのプーリーやベルトがかかるターンテーブルの真円度などの機械的精度、ベルトの厚みムラなどの影響でDD方式並みのW/Fを得ることは一般的に見て困難です。また、高速モーターなので振動のため高S/Nも難しい。
アイドラー方式に至っては…

ただ、実際の音については高級ベルトドライブプレーヤーと比較したことがないので私にはコメントできません。トーンアームの影響も大きいので…

PhilewebにはGT-2000シリーズを大事に使ってらっしゃる方が多いのでうれしく思っています。

【SPEC】
<モーター部>●駆動方式:DCコアレスホールモーター ●回転数:33 1/3、45rpm
<アーム部>●方式:スタティックバランス型(1周3.0g、0.1gステップ) ●有効長:262mm ●オーバーハング:14mm ●トラッキングエラー:-1゜〜+2゜ ●高さ調整範囲:+10、-6mm
<総合>●電源:AC100V 50/60Hz ●消費電力:7W ●外形寸法:545W×230H×395Dmm ●質量:28kg

マイルーム

May the vintage equipment last forever ! 
May the vintage equipment last forever ! 
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーン~100型 / ~4ch

石井式リスニングルームというか音楽室ですが、リフォームなので天井高はごく普通の家と同じです。 使用機器や写真はこちらをご覧ください。 http://www7b.biglobe.ne.jp/~hs-500/Status.htm 1968年に発売された日立のHS-500という古いスピーカーを中心に構成されています。フロントはHS-500を2段重ねにした仮想同軸のVertical Twin…

所有製品