K&K
K&K
古いマイナーなお気に入りの機器を中心に身のタケにあった(?)オーディオ・ライフを楽しんでいます。 唯一の贅沢は石井式の音楽室でしょうか? ピアノと同居しているので(同居させてもらっているので?)リ…

日記

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

最新の日記

シアトル響の「新世界より」でティンパニーのハードワークを知る

昨年購入したクラシックの音楽ソフトのベストは以下のLudovic Morlot指揮シアトル交響楽団のラヴェル、ストラヴィンスキーの録音でした。






いずれも5.1ch 96KHz/24bit のハイレゾ録音。
PCMらしいクリヤーな音。

マルチch録音は今までほとんどSACDマルチに頼ってきました。
私は滅びてしまったDVDオーディオの音の方が好きだったのですが、いかんせんソフトの数が少なく、元の録音や演奏が魅力的なものはあまりなかったし、あってもプレミアム付きの高額で取引されるような状態で手が出なかったり…

そんな中で上記のシアトル響の録音は私にとってはまさに福音。
演奏もライブのテンションが感じられる生き生きとしたもので聴いていて心地よい。

それで、ドヴォルザークの「新世界より」も好きな曲なので前から買いたいとは思っていたのです。でも、この曲はラヴェルやストラヴィンスキーとは違ってオーディオ的快感を味わうモノではなく濃いメロディーを楽しむものというイメージがあったので私の限られた資金で購入するのはちょっと躊躇していました。
だってバスドラムはないし、シンバルだってなんとわずかに1ヶ所のみ弱音でこすったように鳴らす地味な使い方なのですから。
音域やダイナミックレンジの大きな曲ではないので一連のシアトル響録音の恩恵はそれほど得られないのではないかと思ったわけです。

でも、結局がまんできずについ最近買ってしまいました。(笑)



それが、すごくいいんです。
演奏も若々しくはつらつとして勢いがあるし、木管やホルンも安定感があるし、そしてやはり音がいい。
「新世界より」は今までイヴァン・フィッシャーとブダペスト祝祭のSACDで聴くことが多かったのですが、比較的録音の良いそのディスクでもオケの音はなんとなく混濁しやや抜けきらなさを感じていたのです。でも、シアトル響の音源ではクリヤーで楽器の音が良く聴きとれる。

特にいいのがティンパニーとトライアングル。(笑)
いままで聴いた録音ではオケの中に埋もれていたティンパニーの弱音のトリルまでよくわかるのです。
それでビックリしたのはこの曲のティンパニーってこんなハードワークだったんだということ。
ナマで聴いていればわかっていたのでしょうけれど恥ずかしながら生で聴いた経験がないので気がつきませんでした。
ティンパニー奏者の超絶技巧にただただ感心させられました。
この音源、買ってよかったと思っています。
マルチchのファイル再生が可能な方(ほとんどいらっしゃらないかもしれませんが…笑)には前述のラヴェル、ストラヴィンスキーも含めてお勧めです。
ステレオの音源を聴いていないのでCDやステレオ・ハイレゾの音についてはよくわかりませんが元の録音はよいはずなので楽しめるのではないかと推測いたします。

ところで余談ですが、この曲、ティンパニーのハードワークと対照的なのがシンバル奏者。ホントに1ヶ所第4楽章のわりに初めの方のところで軽くこするようにたたくだけ。
この曲のシンバル奏者についてはいろいろなエピソードがあるようで(たぶんアマチュアのオーケストラの話でしょうが…)、そのたった1ヶ所を寝過ごして(?)ミスってしまったとか、その1ヶ所のあまりの緊張のためかシンバルを落として会場に響き渡る音を供してしまったなどなど…
シンバル奏者にとっては罪作りな曲のようです。

なお、このアルバムには「新世界より」と一緒にヴァレーゼ作曲の「アメリカス」という曲が入っています。これば20世紀の作品でかなり派手な曲ですので録音の恩恵を十分に受けてHiFiの音響を楽しめます。
これらの現代曲(と言っていいのかどうかよくわかりませんが)については別途少し書いてみたいと思っています。

最新のレビュー/コメント

YAMAHA

GT-2000

¥138,000(税込)

発売:1982年頃

このモデルは生産を完了しています

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

アナログ全盛末期の究極低W/F、高S/N DDプレーヤー



このプレーヤには個人的事情から思い入れが強すぎて、いわゆる"レヴュー"は書けません。

その事情はこちら

よろしければ上記blogの次の記事も少しお読みください。

GT-2000はアナログ全盛時代末期の究極の低W/F(ワウ・フラッター)、高S/Nプレーヤーのひとつだと思います。
GT-2000はダイレクトドライブ方式のプレーヤーですが、同じダイレクト方式でもTechnics(現Panasonic)のSP10シリーズなどは積層コア使用モーターのため、どうしてもコギングから逃れられません。
このGT-2000やKENNWOODやPIONEERなどの後期のADプレーヤーはスロットレス方式のモーターなのでコギングフリーです。

ベルトドライブ方式では、モーターのプーリーやベルトがかかるターンテーブルの真円度などの機械的精度、ベルトの厚みムラなどの影響でDD方式並みのW/Fを得ることは一般的に見て困難です。また、高速モーターなので振動のため高S/Nも難しい。
アイドラー方式に至っては…

ただ、実際の音については高級ベルトドライブプレーヤーと比較したことがないので私にはコメントできません。トーンアームの影響も大きいので…

PhilewebにはGT-2000シリーズを大事に使ってらっしゃる方が多いのでうれしく思っています。

【SPEC】
<モーター部>●駆動方式:DCコアレスホールモーター ●回転数:33 1/3、45rpm
<アーム部>●方式:スタティックバランス型(1周3.0g、0.1gステップ) ●有効長:262mm ●オーバーハング:14mm ●トラッキングエラー:-1゜〜+2゜ ●高さ調整範囲:+10、-6mm
<総合>●電源:AC100V 50/60Hz ●消費電力:7W ●外形寸法:545W×230H×395Dmm ●質量:28kg

マイルーム

May the vintage equipment last long
May the vintage equipment last long
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーン~100型 / ~4ch

石井式リスニングルームというか音楽室ですが、リフォームなので天井高はごく普通の家と同じです。 使用機器や写真はこちらをご覧ください。 http://www7b.biglobe.ne.jp/~hs-500/Status.htm 1968年に発売された日立のHS-500という古いスピーカーを中心に構成されています。フロントはHS-500を2段重ねにした仮想同軸のVertical Twin…

所有製品