K&K
K&K
古いマイナーなお気に入りの機器を中心に身のタケにあった(?)オーディオ・ライフを楽しんでいます。 唯一の贅沢は石井式の音楽室でしょうか? ピアノと同居しているので(同居させてもらっているので?)リ…

日記

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

最新の日記

コンサートホール・エルプフィルハーモニーの不評?

先日、新聞でハンブルグに2017年にオープンしたエルプフィルハーモニーの音響の不評についての記事を見ました。



今年1月のコンサートでマーラーの「大地の歌」のテノールが後方の席で聴こえないということでちょっとした騒動があったとのこと。

記事についてはコチラをご覧ください。

このホールの音響設計は豊田泰久氏。
豊田氏は世界的に有名な音響設計者でサントリーホールの設計でも知られている。

エルプフィルハーモニーはワインヤード型のホール。



サントリーホール、ミューザ川崎シンフォニーホールなどもこのワインヤード型
これに対し直方体のホールはシューボックス型と呼ばれていてその典型的な例がウィーンの楽友協会ホール。

この件で当事者のテノール、カウフマンは「次に公演する際には、(シューボックス型の)ライスハレでやる」と語ったとか…

カラヤンはワインヤード型がお好みだったのでベルリン・フィルハーモニーがそうなったわけですが、これには指揮台で聴く楽器の響きの問題も絡んでいたようです。

一般的にはワインヤード型は開放的な音の響き、シューボックス型は濃密な音といわれることが多いと思いますが、やはりホールによってかなり印象が異なります。また、聴く席によって大きな違いがあるのでその評価は簡単ではないと思っています。

私はミューザ川崎の包まれるような響きが好きです。
でも、この場所はあまり好きではないという席はあります。
サントリーホールは1階の超S席で聴いたことがないのですが、周辺の何か所かで聴いたときに響きが良いという印象を持ったことがないので好きなホールではありません。

サントリーホールはN響の定期公演でも使われていてNHKのクラシック音楽館でよくTV放送されますが、その録音を聴く限りは特に悪い印象はありません。
そういう意味ではテノールが聴こえないなんていう生のリスクが回避できるのはオーディオで聴く恩恵です。

エルプ・ホールの今後の行方が気になります。
ゲルギエフが言っているように演奏者側の配慮で改善できることもあるでしょうがそれだけで終わらせるのか、ホール側で何らかの対策が講じられるのか…

エルプ・ホールやベルリン・フィルハーモニー、シューボックス型のアムステルダム・コンセルトヘボウでも聴いてみたいですが…遠すぎる。(涙)

最新のレビュー/コメント

YAMAHA

GT-2000

¥138,000(税込)

発売:1982年頃

このモデルは生産を完了しています

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

アナログ全盛末期の究極低W/F、高S/N DDプレーヤー



このプレーヤには個人的事情から思い入れが強すぎて、いわゆる"レヴュー"は書けません。

その事情はこちら

よろしければ上記blogの次の記事も少しお読みください。

GT-2000はアナログ全盛時代末期の究極の低W/F(ワウ・フラッター)、高S/Nプレーヤーのひとつだと思います。
GT-2000はダイレクトドライブ方式のプレーヤーですが、同じダイレクト方式でもTechnics(現Panasonic)のSP10シリーズなどは積層コア使用モーターのため、どうしてもコギングから逃れられません。
このGT-2000やKENNWOODやPIONEERなどの後期のADプレーヤーはスロットレス方式のモーターなのでコギングフリーです。

ベルトドライブ方式では、モーターのプーリーやベルトがかかるターンテーブルの真円度などの機械的精度、ベルトの厚みムラなどの影響でDD方式並みのW/Fを得ることは一般的に見て困難です。また、高速モーターなので振動のため高S/Nも難しい。
アイドラー方式に至っては…

ただ、実際の音については高級ベルトドライブプレーヤーと比較したことがないので私にはコメントできません。トーンアームの影響も大きいので…

PhilewebにはGT-2000シリーズを大事に使ってらっしゃる方が多いのでうれしく思っています。

【SPEC】
<モーター部>●駆動方式:DCコアレスホールモーター ●回転数:33 1/3、45rpm
<アーム部>●方式:スタティックバランス型(1周3.0g、0.1gステップ) ●有効長:262mm ●オーバーハング:14mm ●トラッキングエラー:-1゜〜+2゜ ●高さ調整範囲:+10、-6mm
<総合>●電源:AC100V 50/60Hz ●消費電力:7W ●外形寸法:545W×230H×395Dmm ●質量:28kg

マイルーム

May the vintage equipment last forever ! 
May the vintage equipment last forever ! 
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーン~100型 / ~4ch

石井式リスニングルームというか音楽室ですが、リフォームなので天井高はごく普通の家と同じです。 使用機器や写真はこちらをご覧ください。 http://www7b.biglobe.ne.jp/~hs-500/Status.htm 1968年に発売された日立のHS-500という古いスピーカーを中心に構成されています。フロントはHS-500を2段重ねにした仮想同軸のVertical Twin…

所有製品