K&K
K&K
古いマイナーなお気に入りの機器を中心に身のタケにあった(?)オーディオ・ライフを楽しんでいます。 唯一の贅沢は石井式の音楽室でしょうか? ピアノと同居しているので(同居させてもらっているので?)リ…

日記

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

最新の日記

読響&仲道郁代@みなとみらい

ちょっと時間が経ってしまいましたが、10月10日読売日本交響楽団と仲道郁代のみなとみらいでのコンサートに行ってきましたので記録しておこうと思います。



指揮は井上道義。
前半はベートーヴェン/ピアノ協奏曲第5番「皇帝」
後半はドヴォルザーク/交響曲第8番

私にとっては久しぶりの生演奏です。
コロナ対策のためもちろんマスク着用で入口での検温チェック、セルフでのモギリなどの対策はありましたが、10月からは座席の制限は解除されたとのことで満席ではありませんでしたが、客席は8割がたは埋まっていたと思います。

仲道さんの使用ピアノはヤマハCFX。最近はもっぱらヤマハのようです。



演奏は切れ味や力強さはないのですが仲道さんらしいしなやかさ。
パーヴォ・ヤルヴィとのSACDでも感じたのですが、独特の不思議な魅力を感じます。

仲道さんのアンコールはドビュッシーの亜麻色の髪の乙女。
柔らかいタッチの美しい響きでしたが、テンポは割に早めでさらっとした演奏でした。
ヤマハCFXは端正できれいな音なのでモーツァルトやベートーヴェンにはこの方がいいのかもしれませんが、ドビュッシーには華やかなスタインウェイの方が私の好みです。
ヤルヴィとの録音のベートーヴェンではスタインウェイを弾いていたのに…

後半のドヴォルザーク、木管、金管とも安定感があったし、演奏する喜びに満ち溢れた生き生きとした演奏でした。
ブラボー禁止令により、拍手だけだったのがちょっと寂しい。

井上さんの指揮は初めて見たような気がします。
ダイナミックで踊るような指揮ぶりでした。
指揮台も指揮棒も使わないのですね。大柄なので指揮台が不要なのかもしれませんが、あの指揮では指揮台などない方が安全上よさそうです。(笑)
オーケストラがよく唄っていました。

久しぶりに生演奏に接して楽しい午後を過ごすことができました。
横浜市はコロナ感染者の多いところなのでちょっと心配でしたが、1週間たった今でも特に体調に問題はないしクラスターの話も聞かないので関係者の皆様の努力が功を奏しているのだと思います。
関係者の皆様には大変感謝しています。
ありがとうございました。


最新のレビュー/コメント

YAMAHA

GT-2000

¥138,000(税込)

発売:1982年頃

このモデルは生産を完了しています

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

アナログ全盛末期の究極低W/F、高S/N DDプレーヤー



このプレーヤには個人的事情から思い入れが強すぎて、いわゆる"レヴュー"は書けません。

その事情はこちら

よろしければ上記blogの次の記事も少しお読みください。

GT-2000はアナログ全盛時代末期の究極の低W/F(ワウ・フラッター)、高S/Nプレーヤーのひとつだと思います。
GT-2000はダイレクトドライブ方式のプレーヤーですが、同じダイレクト方式でもTechnics(現Panasonic)のSP10シリーズなどは積層コア使用モーターのため、どうしてもコギングから逃れられません。
このGT-2000やKENNWOODやPIONEERなどの後期のADプレーヤーはスロットレス方式のモーターなのでコギングフリーです。

ベルトドライブ方式では、モーターのプーリーやベルトがかかるターンテーブルの真円度などの機械的精度、ベルトの厚みムラなどの影響でDD方式並みのW/Fを得ることは一般的に見て困難です。また、高速モーターなので振動のため高S/Nも難しい。
アイドラー方式に至っては…

ただ、実際の音については高級ベルトドライブプレーヤーと比較したことがないので私にはコメントできません。トーンアームの影響も大きいので…

PhilewebにはGT-2000シリーズを大事に使ってらっしゃる方が多いのでうれしく思っています。

【SPEC】
<モーター部>●駆動方式:DCコアレスホールモーター ●回転数:33 1/3、45rpm
<アーム部>●方式:スタティックバランス型(1周3.0g、0.1gステップ) ●有効長:262mm ●オーバーハング:14mm ●トラッキングエラー:-1゜〜+2゜ ●高さ調整範囲:+10、-6mm
<総合>●電源:AC100V 50/60Hz ●消費電力:7W ●外形寸法:545W×230H×395Dmm ●質量:28kg

マイルーム

May the vintage equipment last forever ! 
May the vintage equipment last forever ! 
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーン~100型 / ~4ch

石井式リスニングルームというか音楽室ですが、リフォームなので天井高はごく普通の家と同じです。 使用機器や写真はこちらをご覧ください。 http://www7b.biglobe.ne.jp/~hs-500/Status.htm 1968年に発売された日立のHS-500という古いスピーカーを中心に構成されています。フロントはHS-500を2段重ねにした仮想同軸のVertical Twin…

所有製品