K&K
K&K
古いマイナーなお気に入りの機器を中心に身のタケにあった(?)オーディオ・ライフを楽しんでいます。 唯一の贅沢は石井式の音楽室でしょうか? ピアノと同居しているので(同居させてもらっているので?)リ…

日記

最新の日記
カレンダー
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

最新の日記

CENYAさんに刺激されて… Part 2

いよいよ、OPA627Aのクロスオーバーへの実装と試聴。





上の写真で前後方向に長い4列の回路群がありますが、左側の2列がスーパー・トゥイータ用の左右2ch。その右側の2列がトゥイータ用の左右2chです。
それぞれの列の一番奥のOP AMPが今回交換する出力用の石。

交換後、まず動作上の問題がないかどうかの確認。
クロスオーバーの電源を立ち上げ、まずテスターで出力電圧が0Vになっていることを確認。
さらにトゥイータ/スーパー・トゥイータ用のアンプAU-α607 MPの電源を入れ、ゆっくりボリュームを上げる。
トゥイータからサーっというノイズが聴こえたので一安心。
で最初に気がついたのはそのノイズの違い。
やはり今までよりもノイズレベルが低いし、そのノイズの質が異なる。
今までよりもノイズのとげとげしさが薄れてシルキーなノイズのように感じる。
期待はさらに高まる。

最初に聴いたのは手島葵のテルーの唄、これは交換直前との比較。



ちょっと予想外。
すごくナチュラル、ひたすらナチュラル。
高音のメリハリは今までの方があった感じ。
この違いから連想するのは以前CENYAさんのところでトゥイータころがしを体験した時のアルミ・ハードドームとソフト系のリング・ドームの違い。
もちろん、トゥイータ交換ほどの大きな違いではないのだけれどイメージ的にはそんな感じ。

OPA627Aには全くピーク感がなく、超高域まで素直に伸びている感じを受ける。派手な感じは全くない。
温度感が高いという感じでもない。作られた美音という感じでもない。
シルキーでひたすら自然。肌触りはやや柔らかいか?
ピアノを聴くと冷たい高音の響きがきっちり再現される。ちょっと不思議な高音。
個人的には温度感が高い美音は好きではないので、この音に安心しました。
これならOK。

OPA2134が決して悪かったわけではないように思います。
OPA2134はクッキリハッキリ系でむしろこちらの方を好む人もいるかもしれません。
この音の差は私にとっては非常に興味深いものでした。

というわけでそれ以来いろんな音源をとっかえひっかえ聴いていますが、最初の印象は変わりません。
ただ、ピアノの冴え冴えとした感じは最近凄味を増してきたように感じます。
多少変化してきているのかもしれません。



このまま聴き続けようと思っています。

今はちょっと幸せな気持ちになっています。
今回のきっかけを与えてくださったCENYAさんにはホントに感謝しています。

最新のレビュー/コメント

YAMAHA

GT-2000

¥138,000(税込)

発売:1982年頃

このモデルは生産を完了しています

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

アナログ全盛末期の究極低W/F、高S/N DDプレーヤー



このプレーヤには個人的事情から思い入れが強すぎて、いわゆる"レヴュー"は書けません。

その事情はこちら

よろしければ上記blogの次の記事も少しお読みください。

GT-2000はアナログ全盛時代末期の究極の低W/F(ワウ・フラッター)、高S/Nプレーヤーのひとつだと思います。
GT-2000はダイレクトドライブ方式のプレーヤーですが、同じダイレクト方式でもTechnics(現Panasonic)のSP10シリーズなどは積層コア使用モーターのため、どうしてもコギングから逃れられません。
このGT-2000やKENNWOODやPIONEERなどの後期のADプレーヤーはスロットレス方式のモーターなのでコギングフリーです。

ベルトドライブ方式では、モーターのプーリーやベルトがかかるターンテーブルの真円度などの機械的精度、ベルトの厚みムラなどの影響でDD方式並みのW/Fを得ることは一般的に見て困難です。また、高速モーターなので振動のため高S/Nも難しい。
アイドラー方式に至っては…

ただ、実際の音については高級ベルトドライブプレーヤーと比較したことがないので私にはコメントできません。トーンアームの影響も大きいので…

PhilewebにはGT-2000シリーズを大事に使ってらっしゃる方が多いのでうれしく思っています。

【SPEC】
<モーター部>●駆動方式:DCコアレスホールモーター ●回転数:33 1/3、45rpm
<アーム部>●方式:スタティックバランス型(1周3.0g、0.1gステップ) ●有効長:262mm ●オーバーハング:14mm ●トラッキングエラー:-1゜〜+2゜ ●高さ調整範囲:+10、-6mm
<総合>●電源:AC100V 50/60Hz ●消費電力:7W ●外形寸法:545W×230H×395Dmm ●質量:28kg

マイルーム

May the vintage equipment last forever ! 
May the vintage equipment last forever ! 
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーン~100型 / ~4ch

石井式リスニングルームというか音楽室ですが、リフォームなので天井高はごく普通の家と同じです。 使用機器や写真はこちらをご覧ください。 http://www7b.biglobe.ne.jp/~hs-500/Status.htm 1968年に発売された日立のHS-500という古いスピーカーを中心に構成されています。フロントはHS-500を2段重ねにした仮想同軸のVertical Twin…

所有製品