おいけ
おいけ
北摂茨木在住の30代至って普通の男です。 いろんなジャンル(クラシックからデスメタルまで)の音楽をリビングオーディオで楽しんでおります。 クルマに釣りにと多趣味(広く浅く)な男です。 細…

日記

最新の日記
カレンダー
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お気に入り製品

お気にいられユーザー

最新の日記

めぐる季節と交錯する思い

大変御無沙汰しておりますおいけです。

気が付けば庭の紫陽花の花も元気がなくなって来ました。もうすぐ灼熱の夏がやってくるんだと思うと、このジメジメしつつも涼しい季節を精一杯楽しんでおかねばという気になってまいります。

久方ぶり故ネタ豊富。中身は微妙。しばし戯言にお付き合い下さいませ。

昨年末に新居に越して来て早くも半年が過ぎました。オーディオに関して言えば置き場所1つにも試行錯誤の半年でした。
当初は縦長方向での使用を考えていましたが、どうも耳につく音に悩まされて横長配置に。




すると音場が平坦に感じてまた縦長に。今度は逆配置に挑戦です。



綺麗に聴こえるんだけど定位が不安定なのが気になって横長に〜



と堂々巡りを繰り返している間にこの部屋との付き合い方を学んでいっとります。
天井張りの出方が影響してるのだと思いますが、部屋奥で音がどうしても籠りがちなんです。ココから如何に音源とリスニングポイントを遠ざけるか?が今のところ重要なポイントと考えています。
落ち着くまで最低3年と言われていたのですが、なる程なぁと思わされてしまいました。

ちょっと離れてる間にこちらでは電源の話題で盛り上がっておりますね!
新居ではリアルアースと配電盤の配置で一考を講じはしたものの、至って普通の電源環境です。
最近面白かったのは冷蔵庫の配線にファインメットコアを付けたらスーッと静かになったと感じた事。高周波ノイズばかりでなくこういった低周波系にも対策は効くんですね!

機器に関しては不動ですが、電源の取り方やDC電源のケーブルを変えてみたりで変化を楽しんでいます。ケーブルに関しては数年前から何かとラダー型を作ってまいりましたが、ひょんな事からモガミがリファレンスとなっています。特にデジタル同軸ではモガミ2511が我が家の鉄板に。癖のなさと定位のバランスが絶妙なんです。

アナログも気付けば使い始めて丸2年が経ちました。少しづつ盤も増えYP-600でグルグル回しております。



針は師匠からの預かり物MC4が定番。たまにその日の気分でMC505やDL103改チタン楕円針に換えたりしてます。あ、先日針交換時にくしゃみしてAT32Eを落としてしまいチップがサヨナラしちゃいました(・Д・)一生の不覚・・・今テクニカ針を必死に探しております。


LANに話題のVitropermを巻いてみたら綺麗になったんですが、何もかもが大人しくなってしまい断念。オーディオ系に直列はやり過ぎ感が強いと感じてしまいました。
非オーディオならとリビングへの分岐側に巻いたら弊害なくスッキリしたのでこのまま様子見しています。ここらの塩梅が難しいのがNW関連の嫌な所です。
ケーブルは自作Ver.3位でしょうか?
私感ですが、ガッチリ系より開放系の方が音もストレスフリーになると感じています。

ハブはNW再生の肝と考えているのは私だけでしょうか?



ハブは今まで散々クロックやらレギュレータやらと弄ってきました。さらにDCケーブルを変えても音が変わり、そのアダプターの足元でもコロコロ変わる(°▽°)全くナイーブな子です、ハブは。
思う所あってハブ内に水晶を入れてみたら音の重心が下がり響きが綺麗になりました。



あ、そんな事しても音買わんねぇよ、プラセボだよって方が沢山いらっしゃるようですね。私はプラセボの為にお金も労力も使えるほどお金持ちでも暇人でもありません。変わるんです、本当に。

NW再生に欠かせない?必要悪なNASはついにオーディオ部屋からドナドナ致しました。
音もさる事ながら視覚的にも精神的にもスッキリいたしました。今更ですが当家のNASは某メーカー製をリケースしたものです。あ、本家Cさんのクオリティには足下にも及びません、悪しからず。
しかしながら何故にNASにUSB端子って付いてるんでしょ?私には理解出来ないので、端子取っ払って抵抗とコンデンサで短絡化。
TelosのMicro Qが良い?シャラッパー!そのMicro Qより安いんですよ、NAS自体が。

SPのセッティングが1番変わった所でしょう。
今迄はαゲルで受けて底板に一点リジット支持だったんですが、今は3点リジット。
但しそれだけだとスラスト方向にフリーなのでそれをαゲルで減衰する方法に。



何より低域の下がり方、奥行きの出方が違います。こうなると聞こえ出すのは悪魔の囁き。え、砂・・・そうなってしまうのか・・・



今でこそこんなお馬鹿な事書いてますが、4月以降家庭事情で音楽どころの気分に中々なれない日々が続いていました。
2月に新たな命を授かったものの3月に義父が亡くなり、その翌月にはお腹の子に重度の疾患がある事がわかりました。
検査入院に検査、検査、また入院。
そんなバタバタの中6月はじめに嫁様の祖母の他界。
そして・・・この世の神と言うのは慈悲という言葉を持ち合わせてはいないようです。
年長者を近い時期に2人亡くしましたが、何処かで自分達より先に逝くというのを理解しているのか悲しさ寂しさはあるものの受け入れる事は難しくありませんでした。しかし逆はいけません。答えの出ない何故?の文字ばかり。答えなどどこにも誰にも持ち合わせてはいないのです。
家族で泣きに泣きました。考えてもダメな時は涙と時が頼りの綱。人間、感情が思考を追い越すと頭が真っ白になるですね。
漫画じゃありませんが、一気に白髪が増えました。

そんな時はかえって音楽は耳にも心にも届かないんですね。

2週間経って少しづつ元の生活に戻りつつあります。人間は忘れるという尊い能力を持っているのです。
しばらく前に雪ひらさんから教えて頂いたLolita Nuerosisの名と声が何故か脳内リピートしています。
セッティングの際にベルウッドさん推奨のカノンで散々苦労してきたシステムではりみゆさんの声がまるで女神の様に私を包んでくれるのです。
神は居ないかも知れません。が、ミューズの女神はどうか存在していて欲しいと願うおいけでした。

最新のレビュー/コメント

Debut Carbon

PRO-JECT

Debut Carbon

¥102,900(税込)

発売:2015年9月1日

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

コスパ抜群!

自身初のアナログプレーヤーとして迎え入れたのがこのDEBUT CARBONです。



中古品を未視聴で買った故、音出しまでドキドキしましたが、スカッと小気味良い音楽を奏でてくれています。
カートリッジはortofonの2M RED、他には電源アダプターにキャビネットケースとケーブルが付属してきます。

音の傾向は若干軽めで抜けのいい音。解像度はそこそこですが、音楽の聞かせ方が上手いのです。おそらくそこがメーカーのチューニング技術なのでしょう。
盤によってはCDに遜色なしの良音を奏でてくれます。
この値段ではかなりの音質と言えるのではないでしょうか?
逆に、如何にもアナログ〜と言うような濃厚さや古めかしい音は出ませんので、そう言った物をお探しの方には不向きなのでは?と感じます。


1つコツがありまして、キャビネットとモーター取付部に挟まれてるゴムブッシュをネジごと取外してしまって下さい。



こうする事でモーターをキャビネットから完全にフロートさせる事が出来て、不要振動をアイソレータする事が出来ます。音質にかなりの影響を与える部分ですので、是非ともお試し頂きたいポイントです。

新品では外国ルートでしか購入出来ませんが、カーボンアームにオルトフォンのカートリッジが付いて10万以下で手に入れる事が出来るのは凄いコスパだと思います!

ヨーロッパの良心が産んだ音楽の玉手箱、皆様いかがでしょうか?

【SPEC】●駆動方式:ベルトドライブ ●回転:33.45r.p.m ●回転数偏差:±0.8% ●ワウフラッター:±0.1% ●S/N比:68dB ●トーンアーム寸法:8.6インチ(218.5mm) ●オーバーハング:18.5mm ●外形寸法:415W×118H×330Dmm(ダストカバー含む) ●質量:5.5kg(ダストカバー含む)

マイルーム

リビング占領中
リビング占領中
持ち家(戸建) / リビング兼用 / オーディオルーム / ~12畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch

LINN MAJIK DS-Iを中心としたシステムです。 2014年の末にスピーカーをPIEGAに変更し、縦置配置から横置配置へと変更いたしました。 before after

所有製品