ケニティー
ケニティー
山梨県在住。2013年10月3日(木)に B&Wのスピーカー 805Diamond Limitedを導入して新しいオーディオライフを楽しんでいます。 プリメインアンプ:SANSUI α907 Lim…

日記

最新の日記

念願のCENYA邸訪問記(魅惑の夜 番外編あり)

ファイルウェブの皆様、こんばんは。


2019/1/16(水)
自作オーディオで活躍が目覚ましいCENYA邸へ
念願叶って、訪問して参りました。

かねてから親交のあったCENYAさんでしたが
システムを拝見させて頂くのは今回が初めてです。



今回は
午前の部をgenmi邸

午後の部をCENYA邸

魅惑の夜の部???

に分けて書かせて頂きます!

------------------------------------------------

朝 8:36分にgenmi邸最寄りの駅で待ち合わせ。
この日をとても楽しみにしていたので
前日の夜はなかなか寝付けなかったです(笑

genmiさんに迎えられCENYAさんと徒歩でgenmi邸へ向かいました。


【genmi邸】

私が一番多く訪問し、ファイルウェブ開始当初からお世話になっている
genmiさんのシステムです!

genmiさんはいち早く
スピーカー下のウェルフロート(フルコンメカVer)に換装されていて
換装前 → 後の聴き比べという形で
聴かせていただきました。

その他、サブウーファー、スピーカー、リスニングポイントなども
調整されたとのことです。


●柴田淳 僕たちの未来 12.心の声~弾き語り



高純度の高域のピアノの響きとボーカルは健在ですが
フルコンメカ換装後の効果あってか
肉声の温度感が前回よりもUPしています!

感動の波が心を揺さぶります(汗


●徳永英明 STATEMENT 4.いかないで



genmiさんの真骨頂である高域の純度に加えて
徳永英明の腹から出るような低い声の響きがのってきています。
これも以前にない要素です(汗
ありゃ~ これはもう完全に新しいシステムに生まれ変わっていますね!
中低域のボーカルに関しては ほとんど同じ機材を使用しているためか
親近感のある感じです!

今回の聴きどころは この腹から響く徳永英明が表現できるかどうか?
でした。
genmiさんのもともとあるメリットを失わずに
温度感という新しい要素を持ってくる辺り
流石です!


●幸田浩子 ワルツの夢
3.ヨハン・シュトラウスⅡ世:オペレッタ(こうもりより)
侯爵様、あなたのようなお方は



オペラは私の中で、genmiさんの真骨頂!
神々しい高域の領域はまさに唯一無二の独壇場でした(汗

ケニティー邸はこの神々しさとトレードオフの関係にある
泥臭い・人間臭いロックが真骨頂・・・
アンプの違い(サンスイAU-X1111MOS VINTAGE or オクターブ 70SE)
があるのかな?と
思いました!

これは、両方を再生できるシステムがあるのか?
あるのならそれを目指したい!
そんな夢を描いた瞬間でもありました。

オフ会 genmi邸の部を終わり
CENYAさんと感想を語りながら玄関を出る・・・


genmi:「2人とも上着忘れてますよ(汗」
genmi:「真冬に2人して上着を忘れるなんて(笑」

genmiさんからすかさずツッコミが入りました。
オーディオ、自作をやらせたらキレッキレの仕事をやり遂げる
完全無欠のヒーローCENYAさんに親近感がわく瞬間でした(笑


人間らしくおちゃめなCENYAさん
ええですねぇ!笑

------------------------------------------------

【CENYA邸】


ケニティーと同い年のCENYAさんは
単身赴任で埼玉某所のアパートにお住まいです。

低域の量・質を補うためにDODAIを作成し
更にはネットワークプレーヤーのDACや電源、オペアンプなど
解像度と厚みを持たせるために奮闘されたシステムでご存知だと
思います。



さて、早速 その音を聴かせて頂きました!

●徳永英明 STATEMENT 4.いかないで


むむ・・・こ、これは・・・
自分のシステムで聴き慣れた 腹からボイス。
なんと、CENYA邸 Newシステムの音色は サンスイMOS FETに通づるものでした!

これまで、お会いした中での会話で
なんとなく好みの音が似ているな・・・
とは思っていたのですが、なんとも親近感のある音にびっくりです。

低域の量感もボーカルの純度も申し分ない出来栄えです。


やや気になった点は、曲によって低域の膨らみがボーカルの高域の旨味を
覆ってしまっていることでした。
でも、改造して生まれ変わったネットワークプレーヤーからは
良い音がきちんと出ていると確信していたので
セッティングの問題ではないか とお伝えいたしました。

しかし、genmiさんが持ってきた●●●でその弱点が全て解決してしまうとは
驚きです。
genmiさんの最後のひと押しで完成されたCENYAさんのシステムは
もはや私がとやかく言う要素がなくなってしまいました(汗

これまでの奮闘記で拝見してきた通り
いや 期待していた以上の出来じゃないですか!
CENYAさん・・・おめでとうございます!!!



●柴田淳 僕たちの未来 7.桜日和


僕がよく知っている柴田姉さんがそこにいます。
温かみ、ウェット感があって楽しい音だなぁ~


●幸田浩子 ワルツの夢
3.ヨハン・シュトラウスⅡ世:オペレッタ(こうもりより)
侯爵様、あなたのようなお方は


楽しいだけじゃなく、クラシック、オペラもきっちり鳴らす
ポテンシャルを持つCENYAさんのシステム恐るべし・・・

CENYAさんのシステムは、とにかくずっと聴いていても飽きない
有機的な音で、しかも解像度とのバランスもよく
まさにハイエンドの領域に達したものに仕上がっていました。

皆様にも是非、CENYA邸の音を聴いて頂きたい!
今回、心に刻まれた曲は

・princess princess 「Get crazy」
中学時代によく見ていたドラマ「君が嘘をついた」
の主題歌です。

人間くさいロックとノリノリのボーカル
当時のドラマと若かりし青春時代の記憶が蘇ります。

これがいわゆる the CENYA邸の真骨頂!




機材やルームチューニングなど
よく見るといたるところにCENYAイズムが張り巡らされているんですよね。



DODAIの上にあるスピーカーがまるでウェルフロートのように
プリンプリン・・・





ネットワークプレーヤー、その他の機材、ケーブルも実は
フローティングの技術が注ぎ込まれています。



このAVアンプ2台をBTL接続で駆動。
AVアンプにあるエフェクト機能などの余計な基盤は全て取り去って
ピュア化されているそうです・・・



天井の三角コーナーのところにも
CENYAさん自作のエイスナーブが!!!



CENYAさんの改造日記の主役、ネットワークプレーヤーN-07A。
CENYAさんの情熱と青春の全てが注ぎ込まれています。


その他、この日記では書ききれないほどの工夫がたくさん
施された 天空の城がCENYA邸です。

------------------------------------------------

【魅惑の夜の部】

楽しかった視聴会を終えて
最寄りのモツ屋さんへ向かいました。

ねぎらいと感想を語り合う紫玉の時です。
ビールもモツも串焼きもめちゃくちゃ美味しい!!!

ただ、串焼きはバラさず食べようということで
最初はグー! じゃんけん ぽん!

genmi:チョキ
CENYA:パー
ケニティー:パー


気を取り直して2回戦へ
最初はグー! じゃんけん ぽん!

genmi:チョキ
CENYA:パー
ケニティー:パー


CENYAさん!
genmi邸で上着を忘れる駄目駄目なケニティーと
シンクロしちゃってる(笑
やっぱおちゃめですね!爆

そんな楽しいひとときもあっという間に終わり
そろそろ20時になろうかというところで
帰路へ向かうことにいたしました。



genmiさんとCENYAさんはもう一軒行く
ということでお別れするはずだったのですが
滅多に来れないし、せっかくなので ということで
私も 「魅惑のママが経営するスナックへ」ご一緒させて
頂くことになりました。

これが、ディープなオフ会の序章であることは
知る由もなかったです(汗


スナックの入り口には
猛犬に注意!
オカマに注意!
オカマに注意!!
と張り紙が・・・

中にはいると 往年のママがお出迎えしてくれました。
2次会の乾杯をして、いざ カラオケタイム!

トップバッターはケニティーが授かりました。
①K-BLAN 「涙の笑顔」

②C-BLAN 「離したくはない」

③チェッカーズ 「素直にgenmi Sorry」

すっかり慣らし運転を終えて
皆 ノリノリでいい感じ!笑


特に少年隊 仮面舞踏会 (genmi,CENYA Ver)は
2人の息ぴったりのMVPものでした!笑

この歌をきっかけに 親子の年の差のある女性客2人の心をつかむことになり
いろいろ話しかけて頂けるようになりました。

genmiさんは しきりにカラオケを歌うように勧めています(笑
歌ってくれたら帰るから!
いえいえ 大丈夫です!
4回ほど粘った結果、女性(年上の方)がJUJUを歌ってくれることに
なりました。

そしてその歌声は JUJUさんを上回ろうかという歌唱力と
JUJUボイス!!!
凄すぎるじゃないですか。

粘った甲斐がありましたね!
グッジョブ genmi兄貴!

ディープな夜の詳細は レスの中で・・・ということで
魅惑の夜の部を締めたいと思います。

深夜0時を過ぎて、お店を後にして
CENYAさんのアパートに泊めて頂きました。
次の日はお仕事なのに お気遣いありがとうございましたm(_ _)m

genmiさん、CENYAさん 楽しいオフ会をありがとうございました。


酔って忘れ物をしやすい性分なのですが
今回は何事も無くよかったよかったよかった・・・。
しかし、オフ会の翌日の夜になって・・・はっ!

し・・・しまったぁぁぁぁ(汗
大事なものを忘れてしまったぁぁぁぁ!!!!!


















































吉田拓郎「唇をかみしめて」を歌い忘れたぁぁぁぁ!!!!
づづく 笑

最新のレビュー/コメント

SANSUI

AU-X1111MOS VINTAGE

¥400,000(税込)

発売:1988年頃

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

購入後1週間の感想

率直な感想を述べますと、私はこのような音は今まで聴いたことがなかったです。
私の経験不足ということも往々にしてあります(汗

広大で厚みのある中低域が、音楽の要所(フォルテシモ)の部分で一気に解放される表現力に圧倒され、それが最大の魅力だと私は思います。
ピアノの音もキン付かず、澄んだ響きを奏でてくれますのでピアノだけでも飽きずに聴けてしまいます。

私のセッティングや部屋の状況も影響していると思うのですが、女性ボーカルで張りのある高域でややキツく感じる傾向があるのと、低域でもある帯域でモヤッとした感じもあります。
いつもというワケではなく、それ以外はとても分解能に優れた深みのある低域を出しています。

ブックシェルフスピーカーから出ている音とはとても思えません。
音色の濃さ、音場の広さ、fレンジ、Dレンジが広く表現力に満ちたアンプです。

A級アンプ、デジタルアンプに関わらず、似た傾向のある製品があれば次もこの音を基準に選択したいと思っています。
ラックスマン(590AX)やTRIGONのアンプも良さそうです。

【SPEC】●型式:マスターインテグレーテッドアンプ
<パワーアンプ部>
●実効出力(10Hz〜20kHz、両ch動作):150W+150W(6Ω)、110W+110W(8Ω) ●ダイナミックパワー:320W+320W(2Ω)、240W+240W(4Ω)、190W+190W(6Ω) ●全高調波歪率(10Hz〜20kHz、実効出力時):0.008%(8Ω) ●混変調歪(60Hz:7kHz=4:1、SMPTE):0.008%(8Ω) ●ダンピングファクター:200(8Ω) ●周波数特性(1W):DC〜300kHz(+0dB、-3dB) ●入力感度/入力インピーダンス(1kHz):1V(5kΩ) ●S/N比(Aネットワーク):115dB以上 ●ヘッドホン出力:400mW(33Ω) ●負荷インピーダンス:4〜16Ω
<プリアンプ部>
●入力感度/入力インピーダンス(1kHz):Phono MM:2.0mV/47kΩ、Tuner、CD、Tape Play 1、2、3、Line1、2:150mV/47kΩ ●最大許容入力:Phono MM:200mV(1kHz) ●出力電圧(1kHz):Tape Rec(PIN):150mV/47kΩ ●出力インピーダンス(1kHz):Tape Rec(PIN):600Ω以上 ●S/N比(Aネットワーク):Phono MM:88dB以上、Tuner、CD、Tape Play1、2、3、Line1、2:110dB以上
<その他>
●定格消費電力(電気用品取締法):350W ●外形寸法:470W×178H×486Dmm ●質量:35.1kg

マイルーム

オーディオ大好き
オーディオ大好き
持ち家(戸建) / 書斎兼用 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~8畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch

2013年8月初旬にネットワークオーディオを導入して、かつてのオーディオ熱が再発しておりますw 更に、スピーカー(B&W 805D Limited Edition)に魅入られて購入しちゃいました(汗 805Dについての情報など、こちらのコミュニティで参考にさせて頂きました。 また、より良い音を求めて意見交換などもしていきたく、マイページを作成しました! どうぞ、よろしくお願いいたしますm(…

所有製品