ケニティー
ケニティー
山梨県在住。2013年10月3日(木)に B&Wのスピーカー 805Diamond Limitedを導入して新しいオーディオライフを楽しんでいます。 プリメインアンプ:SANSUI α907 Lim…

日記

最新の日記

ベルウッドさんと5年ぶりのオフ会をいたしました!

2020年9月14日(月)

ベルウッドさんが5年ぶりに
甲府のわが家へいらっしゃいました。



前回の日記では Chikumaの電源タップ(Possible-4 Ⅱ)の足元へ
待望の小型フルコンメカ ウェルフロートバーチを導入したところまで
アップいたしました。

2020年08月24日 小型フルコンメカ ウェルフロートバーチ導入「後編」


が・・・実は数日後に ネットワークプレーヤー下にも
ウェルフロートバーチ(黒塗装)を導入していました。



物量投資が一気に進んでしまいました・・・
電源タップ下へ導入した効果の延長線上のものとなり
より微細な音まで聴こえるようになりました。

SACD以外はCDプレーヤーの出番が無くなってしまいそうです・・・


私の中では 非常に満足度の高い状況の中
ベルウッドさんに聴いて頂くことになりました。


まず初めに Kiroro 「アイハベル」の2曲目
●あなたに会えなくなって



女性ボーカルのハモリ、チェロ、ピアノという構成です。
録音も良くて、女性ボーカル、ハモリ、チェロの低域の彫の深さなどが
聴きとりやすく 楽しいものを選曲いたしました。

一通り最後まで聴いて頂きました。
オフ会での最初の1曲目のお披露目はどうしても
緊張しますね・・・


この曲を聴くのはベルウッドさんは初めてとのことでしたが
①ネットワークプレーヤーとクライナ D-Prop mini extendの間に
挟んでいるゴムインシュを外してみましょう!
との提案を頂きましたので 3点支点にあったもの3つ全てを除去!

ベルウッドさんはこちらの方がいい!
とのことで 私もセンターのポジションで聴かせて頂きました。

金属同士の接点があるので、キンキンとした音になるかと思ったら
そんなことはなく 以前よりも音が素直に広がって鮮度もUPしていました。

そして D-Propの下へコルクを2つ敷いて もう一度!
これは 嫌なサ行が緩和されて聴きやすくなりました。


②アンプ(SANSUI AU-X1111)下の某メーカーのインシュレーター3つを
取り外して クライナ D-Prop mini extendを3つ設置いたしました。

これでまた更に音の広がりと鮮度がUPしていい感じです。
余計な響きがのってしまっていたようです・・・(汗


ここまで 10回以上 この曲を頼りに 変化を確かめました。


続いて聴いて頂いたのが
サラオレイン 「Cinema Music」の5曲目
●シネマ・パラディーゾ



バイオリン(キツい高域)、ボーカル、オーケストラの構成です。
オーケストラの壮大な立ち上がりから始まって
女性ボーカル、そして間奏のバイオリン(キツくて厳しい高域)など
盛り沢山の内容です。

前回の日記でご紹介した幸田浩子「モーツァルト・アリア集」


と双璧を成す ラスボス的な選曲です。


一通り聴いて頂いた後
③アンプ(SANSUI AU-X1111)の天板を取り外してみました。



この変化には驚きでした(汗
ちょっとだけ手こずりましたが、外したことによる
メリットが大きく やってみて良かったです!

ボーカルが奥の方で定位して(口元が小さくなったよう?)
そこから声が広がりを帯びて前に飛んでくる感じ?
声やバイオリンの高域のハレーションが解消して
艶っぽく聴こえるようになりました。


④今までChikumaの電源タップに使用していた電源ケーブル(写真・右側 Chikuma pillarⅡ Limited)を


ベルウッドさんに持ってきていただいた電源ケーブル
(マルチョウエンジニアリングのラダーケーブル)に交換してみました。


※ プラグ部はオヤイデ・真鍮製です。

今まで使用していたChikumaのプラグ部(メッキ)はコンセントに深く挿さらず
グラグラの状態だったので、何とかしたかったところでした(汗




ラダーケーブルへ換装後は
情報量が増して1音1音がより聴こえやすくなりましたが
少し勢いというか音が奥に引っ込んで大人しくなった気がします。


⑤電源ケーブルのプラグ部に鉛を貼ってみました。



たったこれだけの制振対策ですが
出だしの壮大なオーケストラの立ち上がりに磨きがかかって
1音1音がとにかく気持ちいい!

大人しく引っ込んでいたボーカルも
奥からの定位からきちんとこちらへ飛んできます!


この曲も何度も聴き返しながら変化を確かめました。


今度は 難関の1つ パイプオルガン・合唱も聴いて頂きました。

有名な1枚(SACD) カンターテドミノ 1曲目
●カンターテドミノです。


(まだ対策すべき点はいろいろ残っていますが)
数々の対策を経て その成果が出始めている手応えを
(私は何もしていませんが・汗)
ベルウッドさんの表情から伺えて嬉しかったです。


最初に聴いた Kiroroの2曲目「あなたに会えなくなって」の
深く沈み込むチェロの低域は初めの段階では音像がだいぶ肥大していたことが
分かりました。

音が沈んだ時だけスピーカーの下方から聴こえていましたが
今は 中央やや下で定位して聴こえます。

振動対策をしていくと、いろいろ聴こえ方が変化すること
肥大していた音像を聴いて 沈み込んでいると思い込んでしまう
危険性など いろいろ勉強になりました。

振動対策に問題があるとボーカルのハモリなども
不協和音が残って気持ちよくない響きが残るので
その部分もチェック項目として学ばせて頂きました。


4時間弱のオフ会でしたが内容が盛り沢山でした。
ベルウッドさん、遥々お越し頂き
良い音へのアプローチにご協力頂きまして
ありがとうございました。


また、是非 遊びに来て下さいね!



【追伸】
ベルウッドさんが帰られた後、その次の日、またその次の日も
感動して音楽を聴き続けています。

コルクが1枚あったのでアンプ下のD-Prop 1箇所に敷いたところ
キツめサ行が更に改善しました。
3点支点のうち 2か所に敷いた方が良いかもしれませんので
試しておきます。

最新のレビュー/コメント

SANSUI

AU-X1111MOS VINTAGE

¥400,000(税込)

発売:1988年頃

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

購入後1週間の感想

率直な感想を述べますと、私はこのような音は今まで聴いたことがなかったです。
私の経験不足ということも往々にしてあります(汗

広大で厚みのある中低域が、音楽の要所(フォルテシモ)の部分で一気に解放される表現力に圧倒され、それが最大の魅力だと私は思います。
ピアノの音もキン付かず、澄んだ響きを奏でてくれますのでピアノだけでも飽きずに聴けてしまいます。

私のセッティングや部屋の状況も影響していると思うのですが、女性ボーカルで張りのある高域でややキツく感じる傾向があるのと、低域でもある帯域でモヤッとした感じもあります。
いつもというワケではなく、それ以外はとても分解能に優れた深みのある低域を出しています。

ブックシェルフスピーカーから出ている音とはとても思えません。
音色の濃さ、音場の広さ、fレンジ、Dレンジが広く表現力に満ちたアンプです。

A級アンプ、デジタルアンプに関わらず、似た傾向のある製品があれば次もこの音を基準に選択したいと思っています。
ラックスマン(590AX)やTRIGONのアンプも良さそうです。

【SPEC】●型式:マスターインテグレーテッドアンプ
<パワーアンプ部>
●実効出力(10Hz〜20kHz、両ch動作):150W+150W(6Ω)、110W+110W(8Ω) ●ダイナミックパワー:320W+320W(2Ω)、240W+240W(4Ω)、190W+190W(6Ω) ●全高調波歪率(10Hz〜20kHz、実効出力時):0.008%(8Ω) ●混変調歪(60Hz:7kHz=4:1、SMPTE):0.008%(8Ω) ●ダンピングファクター:200(8Ω) ●周波数特性(1W):DC〜300kHz(+0dB、-3dB) ●入力感度/入力インピーダンス(1kHz):1V(5kΩ) ●S/N比(Aネットワーク):115dB以上 ●ヘッドホン出力:400mW(33Ω) ●負荷インピーダンス:4〜16Ω
<プリアンプ部>
●入力感度/入力インピーダンス(1kHz):Phono MM:2.0mV/47kΩ、Tuner、CD、Tape Play 1、2、3、Line1、2:150mV/47kΩ ●最大許容入力:Phono MM:200mV(1kHz) ●出力電圧(1kHz):Tape Rec(PIN):150mV/47kΩ ●出力インピーダンス(1kHz):Tape Rec(PIN):600Ω以上 ●S/N比(Aネットワーク):Phono MM:88dB以上、Tuner、CD、Tape Play1、2、3、Line1、2:110dB以上
<その他>
●定格消費電力(電気用品取締法):350W ●外形寸法:470W×178H×486Dmm ●質量:35.1kg

マイルーム

オーディオ大好き
オーディオ大好き
持ち家(戸建) / 書斎兼用 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~8畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch

2013年8月初旬にネットワークオーディオを導入して、かつてのオーディオ熱が再発しておりますw 更に、スピーカー(B&W 805D Limited Edition)に魅入られて購入しちゃいました(汗 805Dについての情報など、こちらのコミュニティで参考にさせて頂きました。 また、より良い音を求めて意見交換などもしていきたく、マイページを作成しました! どうぞ、よろしくお願いいたしますm(…

所有製品