ちょさん
ちょさん
長いことクラシックを中心に音楽オーディオを楽しんできました。三河のジャズの街へやってきて20年近くなりました。名前・タイトルは杜甫からとりました。どうぞよろしく。

日記

最新の日記
カレンダー
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

最新の日記

Luxman PD-171ALでOrtofon SPUを鳴らす

さて、まずはアームベースの取り付けから。
アームレスのLuxman PD-171ALには、代表的なトーンアーム用のアームベースが別売になっています。SPU専用といってもよいOrtofon RS-212Dもそのひとつで、アームベースOPPD-AB5が売られています。OPPD-AB5はアームを取り付ける穴が中心からはずれていて、写真のようになっています。
3通りの取り付け方があり、Luxman推奨の取り付け方は一番左1で、ここに付けろとベース裏に印が打ってあります。これですと、有効長が214 mmになります。ところが、Ortofonのサイトを見ると、トーンアームRS-212Dの有効長は普通のカートリッジ 214 mmとSPU 218 mmと違っています。そこで、自分でゲージを作って測ってみると、真ん中2の場合が一番218 mmに近いことが解りました。
そして、アームを取り付け、カートリッジを取り付け、ゼロバランスを取ったら、アームの高さを出来るだけ低くします。アームレストに載せた状態で、プレーヤー本体からアーム下側まで約4 cmにしました。ゼロバランスの状態でも針が針圧計に触れそうです。もう1 mm下げられそうですが、使い勝手を考えると、これくらいかなと妥協しました。
アナログプレーヤー調整用レコード HiFiNewsLPの付録を使って調べてみると、まあ良い感じです。
ここからは、そのレコードを使って針圧とアンチスケーティングの調整です。
A面のトラック6-9にバイアスセッティングの項目があります。YouTubeに実際の動画があります、興味がある方はどうぞ。
https://www.youtube.com/watch?v=IVAmuNQQX7o
これを使って針圧とアンチスケーティングを調整しました。アーム高、針圧、アンチスケーティング50以上の組み合わせを試した結果、我が家では
アーム高:上のとおり 
針圧:3.7 g(メーカー推奨は2.5-3.5) 高めですが、仕方ありません。
アンチスケーティング:3.5〜4 でした。それでもトラック8はクリアできませんし、残念ながら、ピアノ強奏のビビリは改善しませんでした。しかしながら、全体的な音の改善は目を見張るものがあり、低音もしっかり出ますし、オケに埋もれがちな木管の音も聴こえるようになりました。このLP、ただものじゃありません。
SPUお使いの方、アナログ調整中の方に参考になれば幸いです。
また、ビビリ音の解決策を知っておられる方いらしたら、是非教えてください。よろしくお願いします。長文失礼しました。

最新のレビュー/コメント

ARTE

SEISIS 45/45

¥78,750(税込)

発売:2010年3月20日

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

集合住宅にお住まいの方にお薦めです

ようやく音が落ち着いてきましたので、簡単なレポートを。
現在、私はマンションのリビングルームで、ARTE SEISIS4545をスピーカーボード(B&W Signature Diamond)として使用しています。
SEISISボードを設置して解ったのは、第1に床に伝わる振動が大きく減ったことです。これにより階下への振動漏れ(これは近所に迷惑がかかる、集合住宅でのオーディオの大敵です)が激減し、精神的にとても楽になりました。同時に、低音のブーミーさが消えて、低音がとてもシャープに聴こえるようになりました。
第2に、そのせいか、音楽のボリュームを上げてもうるささがなくなり、少々音量を上げて聴いても家人からのクレーム(これはリビングオーディオの天敵です)が激減しました。気兼ねなくボリュームを上げられる、これは非常に嬉しいことです。
SEISISボードの1番の売りである耐震性は、幸いなことに、まだ体験せずにすんでおりますが、それを抜きにしても部屋の環境への影響、音質ともに明らかな向上が見られました。集合住宅、リビングルームでオーディオを楽しむ方々には是非一度試してみる価値があると思います。

【SPEC】●外形寸法:450W×45H×450Dmm

マイルーム

ダイヤモンドは永遠の輝き
ダイヤモンドは永遠の輝き
持ち家(マンション) / リビング兼用 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch

レコードを聴き始めて40年。現在は分不相応にもB&W Signature Diamondでクラシック音楽を中心に楽しんでいます。リビングとオーディオの両立が課題です。

所有製品