ちょさん
ちょさん
長いことクラシックを中心に音楽オーディオを楽しんできました。三河のジャズの街へやってきて20年近くなりました。名前・タイトルは杜甫からとりました。どうぞよろしく。

日記

最新のレス

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

最新の日記

Luxman PD-171ALでOrtofon SPUを鳴らす2

前回のおさらいです。図のようにアームベースをLuxman推奨の1ではなくて2の位置にすると、有効長が合うので、2で固定しました。しかし、それではピアノ強奏でのビビリが消えないというところまで書きました。その続編です。
この状態ではオーバーハングがきちんと合いません。そこで、アームベースをねじで本体に固定せずに、ゲージにぴたりと合う位置まで回転させました。回転前と後はこんな感じです。オーバーハングゲージにも良い感じで合いました。さらに、精度の高い水準器を買って、アームベース、アームの水平をかなり厳密に調整しました。アームにははがきの切れ端をはさんで水平を合わせます。それでも、まだうまくいきません。
以前、yhhさんからダンパーが固いのでは云々とのご指摘があり、ジャズストリートさんからも、SPUは高めの針圧にしても良いのでは、というアドバイスをいただいたので、思い切って針圧を4gまで上げてみました(SPU Synergyの適正針圧は2.5〜3.5g)。すると、どうでしょう、まったくビビリません!「悪魔のレコード」HiFiNews Test LPもトラック8までクリアできます。ずっと困っていたのはこのレコード。第1楽章の提示部最後(?)のトゥッティやカデンツァの強奏もなんなくこなせます。現時点では針圧4.2g アンチスケーティング5としました。エイジングが進んでダンパーが柔らかくなってきたら、序序に針圧を下げていくことにします。 
ちょっと低音は出過ぎの感がありますが、彫りが深く、太いタッチの音なのに、細かい音も埋もれずに聴こえてきます。これこそSPU!少年時代に小遣いを貯めて買ったLPレコードを聴き直すのが楽しくてしかたありません。
前回、たくさんの方からコメント、アドバイスをいただきました。どうもありがとうございます。特にyhhさん、ジャズストリートさん、おふたりの先達には本当に感謝します。

最新のレビュー/コメント

SEISIS 45/45

ARTE

SEISIS 45/45

¥78,750(税込)

発売:2010年3月20日

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

集合住宅にお住まいの方にお薦めです

ようやく音が落ち着いてきましたので、簡単なレポートを。
現在、私はマンションのリビングルームで、ARTE SEISIS4545をスピーカーボード(B&W Signature Diamond)として使用しています。
SEISISボードを設置して解ったのは、第1に床に伝わる振動が大きく減ったことです。これにより階下への振動漏れ(これは近所に迷惑がかかる、集合住宅でのオーディオの大敵です)が激減し、精神的にとても楽になりました。同時に、低音のブーミーさが消えて、低音がとてもシャープに聴こえるようになりました。
第2に、そのせいか、音楽のボリュームを上げてもうるささがなくなり、少々音量を上げて聴いても家人からのクレーム(これはリビングオーディオの天敵です)が激減しました。気兼ねなくボリュームを上げられる、これは非常に嬉しいことです。
SEISISボードの1番の売りである耐震性は、幸いなことに、まだ体験せずにすんでおりますが、それを抜きにしても部屋の環境への影響、音質ともに明らかな向上が見られました。集合住宅、リビングルームでオーディオを楽しむ方々には是非一度試してみる価値があると思います。

【SPEC】●外形寸法:450W×45H×450Dmm

マイルーム

ダイヤモンドは永遠の輝き
ダイヤモンドは永遠の輝き
持ち家(マンション) / リビング兼用 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch

レコードを聴き始めて40年。現在は分不相応にもB&W Signature Diamondでクラシック音楽を中心に楽しんでいます。リビングとオーディオの両立が課題です。

所有製品