ちょさん
ちょさん
長いことクラシックを中心に音楽オーディオを楽しんできました。三河のジャズの街へやってきて20年以上経ちました。名前・タイトルは杜甫からとりました。どうぞよろしく。

日記

お気に入り製品

最新の日記

Luxman PD-171ALでOrtofon SPUを鳴らす2

前回のおさらいです。図のようにアームベースをLuxman推奨の1ではなくて2の位置にすると、有効長が合うので、2で固定しました。しかし、それではピアノ強奏でのビビリが消えないというところまで書きました。その続編です。
この状態ではオーバーハングがきちんと合いません。そこで、アームベースをねじで本体に固定せずに、ゲージにぴたりと合う位置まで回転させました。回転前と後はこんな感じです。オーバーハングゲージにも良い感じで合いました。さらに、精度の高い水準器を買って、アームベース、アームの水平をかなり厳密に調整しました。アームにははがきの切れ端をはさんで水平を合わせます。それでも、まだうまくいきません。
以前、yhhさんからダンパーが固いのでは云々とのご指摘があり、ジャズストリートさんからも、SPUは高めの針圧にしても良いのでは、というアドバイスをいただいたので、思い切って針圧を4gまで上げてみました(SPU Synergyの適正針圧は2.5〜3.5g)。すると、どうでしょう、まったくビビリません!「悪魔のレコード」HiFiNews Test LPもトラック8までクリアできます。ずっと困っていたのはこのレコード。第1楽章の提示部最後(?)のトゥッティやカデンツァの強奏もなんなくこなせます。現時点では針圧4.2g アンチスケーティング5としました。エイジングが進んでダンパーが柔らかくなってきたら、序序に針圧を下げていくことにします。 
ちょっと低音は出過ぎの感がありますが、彫りが深く、太いタッチの音なのに、細かい音も埋もれずに聴こえてきます。これこそSPU!少年時代に小遣いを貯めて買ったLPレコードを聴き直すのが楽しくてしかたありません。
前回、たくさんの方からコメント、アドバイスをいただきました。どうもありがとうございます。特にyhhさん、ジャズストリートさん、おふたりの先達には本当に感謝します。

最新のレビュー/コメント

ACP-2

YAMAHA

ACP-2

¥47,250(税込)

発売:2012年4月下旬

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

これは素晴らしいの一言

ヤマハHP、Phile Webでのレビュー、そしてここコミュニティでの評判を見て(レビューを書いてくださった方々に感謝)、貸出試聴し、購入しました。(貸出しは大阪逸品館さんにお願いしました。他にはヤマハの楽器を扱う店でも貸出してくれるところがあるようです)
4枚のACP-2を石膏ボード製の後ろの壁(可能な場所)一面に貼ったところ、音が一変しました。「マイルーム」に写真を載せました。壁とスピーカーで仕切られた空間に小さなステージができたかのようで、しかも音はこぢんまりすることなく生気がみなぎって素晴らしいの一言。スピーカーからの直接音ではなく壁で反射した音を聴いているのだ、と頭では解っていてもいざ体験してみると本当にびっくりします。リビングオーディオや狭い部屋で、スピーカーと壁の間隔が十分に取れない方には、是非貸出試聴をお奨めします。
ネットでは見かけなかった情報をいくつかお知らせします。参考になれば幸いです。
1.ボードは壁に貼る(壁とボードの間に隙間を作らない)方がよい(オーディオフェスタ・イン・名古屋のヤマハブースにて)。天井からピアノ線で吊るか、マジックテープで壁に貼り付けるのがよい。当家ではボード1枚につき、約2.5mのマジックテープを使って壁に貼りました。これおすすめです。
2.ボードには上下がある(取説)。上端から一番近い孔までの距離は下端から一番近い孔までの距離より短いです。日記の写真を見るとホワイトユーザーで上下逆さまの方がいらっしゃいますから、要チェックです。(ブラウン/ナチュラルはYAMAHAのロゴが表に付いているので間違えない)
3.ホワイトと他の2色では表面の材質が違う(カタログ)。ブラウン/ナチュラルは表面が木でできています。こちらの方が重いし値段も高いですが、音は良いような印象でした(試聴はブラウン)。予算と壁紙の色(白)から、私はホワイトを選びました。

【SPEC】●ラインナップ(税込):¥63,000(ブラウン/ナチュラル)、¥47,250(ホワイト) ●外形寸法:587W×1,200H×30Dmm(ブラウン/ナチュラル)、587W×1,200H×29Dmm(ホワイト) ●質量:5.7kg(ブラウン/ナチュラル)、5.2kg(ホワイト)

マイルーム

ダイヤモンドは永遠の輝き
ダイヤモンドは永遠の輝き
持ち家(マンション) / リビング兼用 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch

2019年8月31日2017年8月17日レコードを聴き始めて40年。現在は分不相応にもB&W Signature Diamondでクラシック音楽を中心に楽しんでいます。リビングとオーディオの両立が課題です。2019年7月にヤマハ調音パネルACP2を導入しました。

所有製品