Locomo66
Locomo66
好きな曲をできるだけいい音で聴きたくて、この世界に嵌りこんで数十年。 人によっていい音の方向性が違うようだけれど、私にとっては原音を忠実に再生するのがいい音に感じるようです。 音楽のジャンルは、ジ…

日記

最新の日記
カレンダー
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

最新の日記

金属たわしアース2

デジタル系機器(LAN関連機器)に金属たわしアースを接続していろいろやってみました。

開催が危ぶまれておりますがオリンピックイヤーなので、ビジュアル的に、金(黄銅)、銀(ステンレス)、銅のたわしアースを作って、あちこちに接続して遊んでみようかなとも思ったのですが、置く場所も、遊ぶ時間も限られているので、高周波ノイズ減衰の観点から導体抵抗の一番大きいステンレスのみを使って、LAN関連機器間のケーブル接続(STP・UTP)を換えて試聴してみました。



機器間をSTPケーブルで接続し仮想アースを両端接続をしたり、片側接続をしたり、UTPケーブルで機器間のシャーシアースを絶縁したりして試聴してみましたが、正直言ってどれも微妙な差で、機器がどれかの仮想アースと導通する状態さえ作っておけば、私の耳にはブラインドで聞き分けられるほど大きな差を感じませんでした。
プラシーボ効果かもしれませんがあえて言えば、LAN関連機器間をすべてUTPケーブルで接続(LANアイソレーターも接続)して、機器間のシャーシアースを絶縁した状態で、機器それぞれに仮想アースを接続するのが、試聴上の結果が一番よいような気がしました。
たわしアースの材質を変えればまた違う結果が出るのかもしれません。
確実に言えることは、たわしアースの数を増やすごとにその効果が増したことです。

こうしてLANケーブル(STP・UTP)や、金属たわしアースの接続先機器をとっかえひっかえして音を聴いてみると、私の所有機器の場合は、やはりNASがノイズをまき散らしているように感じられます。
アース対策であろうが、電源対策であろうが、ノイズを多く発生させる機器への対策を手厚くし、その影響をアナログ系機器に与えないようにすることが、音質改善のためには一番効果的であると思いました。

デジタル系はこれぐらいにしておいて、次はアナログ系だ。
こちらは先人のノウハウがたくさん公開されているので、まずは日記を読むことから始めようっと。

最新のレビュー/コメント

レビューはありません

マイルーム

オーディオルーム
オーディオルーム
持ち家(マンション) / 専用室 / オーディオルーム / ~6畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch

オーディオルームといってもとても狭く(約5畳)、床や壁もやわなので音響的には劣悪な環境です。PhileWebに集う諸兄からみればツッコミどころ満載だと思いますが、少しでもいい音を聴くことができるよういろいろやっていきたいと思っています。

所有製品

  • DAコンバーター ESOTERIC D-02X
  • ネットオーディオプレーヤー DELA HA-N1AH20
  • プリメインアンプ TECHNICAL BRAIN TB-Zero/int
  • その他アクセサリー CSE HB-2210Z
  • その他オーディオプレーヤー SFORZATO DST-01
  • その他オーディオ関連機器 PHASE TECH HD-7Rb
  • スピーカーシステム SONY SS-AR2