ED
ED
ATCスピーカーを真空管アンプでドライブして、クラシック音楽を聴いて楽しんでいます。

日記

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

最新の日記

WELLFLOAT QuadRingの試聴

harubaruさんに、QuadRingを8個お借りして試聴させていただきました。
長々と使わせていただき、ありがとうございました。

拙宅のシステムで聴いただけの評価になりますが、少しでも皆様の参考になればと思い報告させていただきます。



実は半年ほど前にも、harubaruさんからRing(円形大理石)をお借りしていたのですが、QuadRingは拙宅のシステムで聴いただけでも大きく進化していることが分かりました。

先ずRingの使用感ですが、付帯音が無くなって静かになり楽器の質感も良く分かるようになるかわりに、中域がやや弱く演奏の熱気のようなものが伝わり難くなるように思いました。

そしてQuadRingでは、良いところはそのままで、中域の厚みやダイナミックな表現も問題が無くなっていると感じました。

Holly ColeのEveryday will be like a holidayでは、各楽器の余韻がキレイに聞き取れるようになり、ベースのブルンという締まった低い音がしっかりと出ています。

また、15inchの強力なWFの振動をQuadRingが上手く吸収して、明らかに床の振動が少なくなっているのが分かりました。

床が弱い部屋で低音がブーミーになっている場合は、改善効果が高いのではないかと思います。

それからベームVPOのモーツァルト レクイエムでは、合唱や各楽器のパートが鮮明に聞取れるようになり、オルガンの40Hz前後の風のような低音も減衰せずに気持ちよく響きます。

拙宅のSPは、栗の木のインシュレーターで低音を少し増強しているのですが、QuadRingもこれと同等の効果もあるようです。

QuadRingは、かなり高価なものですが、皆さんが導入される理由が良く分かりました。
私も、先立つものがあれば導入したいです。

最後に、QuadRingを設置時に使った便利ツールを紹介しておきますね。
これを使うと重いSPでも、簡単にmm単位でQuadRingの位置を調節できます。



「らくらくヘルパー」LP-200Nと言って、たしかK&Kさんが紹介されていたものと同じだと思います。(間違っていたらごめんなさい。)

最新のレビュー/コメント

レビューはありません

マイルーム

ATCでクラシック音楽を楽しむ
ATCでクラシック音楽を楽しむ

ATCスピーカーを自作真空管アンプでドライブして、クラシック音楽を 楽しんでいます。 オーディオマニアというより、真空管アンプ自作マニアといったほうが いいのかもしれません。 メインSP:ATC SCM150SLPT サブSP :Rogers LS3/5A アナログP:MICRO BL99V(SAEC407/TM)       LUX PD131(STAX UA7、Mi…

所有製品

所有製品は登録されていません