ED
ED
ATCスピーカーを真空管アンプでドライブして、クラシック音楽を聴いて楽しんでいます。

日記

最新の日記
カレンダー
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

最新の日記

とんでもないアナログプレーヤーTD124の導入

とうとう、ヴィンテージのアナログプレーヤーに手を出してしまいました。

トーレンスTD-124ⅡとSME3009SⅡを導入して自力でレストアしたので、その
顛末を報告させていただきます。



デジタル(CD系)は昨年秋にSA-10を導入して落ち着いたところですが、今度は
前から気になっていた「アナログの音が少々大人しすぎる」のが顕在化して
きました。

これまで使っていたプレーヤーはマイクロBL99VとラックスPD131+MA505です
が、もっと駆動力?のあるターンテーブルが欲しくなりました。

そこで、若手Nさんの真似をしてSP-10Rと行きたいところですが、先立つもの
がないのでアイドラードライブのガラードかトーレンスに目を付けました。

これらの機器を数か月ほど物色していたところ、無改造で程度の良さそうな
TD124が見つかったので飛びついてしまいました。

わくわくしながら設置して音出ししたら、シュルシュル、コトンコトン、
ゴーゴーという見事なノイズのハーモニーを奏でてくれました。

流石は往年の名機・・・
というか、明らかに大失敗でへこんでしまいました。(涙)

色々ググって調べてみたところ、千葉の有名なショップに依頼してレストア
するのが良さそうなことが分りましたが、高額になりそうなので諦めて自力
でやってみることにしました。

ビンテージ物のアナログプレーヤーを使われている方の参考になるかもしれ
ないので、数か月かけてレストアした内容を詳しく書いておきます。

これは私のプレーヤー個体の例なので、必ずしも他の機器で同様の結果が
得られるとは限りません。

また、これを見て自分でレストアされる方がおられましたら、自己責任で
実施してくださいね。

1.「シュルシュル」ノイズ対策
 ・テフロンワッシャーの挿入
  ステッププーリー、アイドラーのシャフトにあるはずのテフロン
  ワッシャーが欠落していたので、0.5mmと1mmのものを購入して高さ
  調整しながら挿入しました。

 ・ゴムベルトの交換
  オリジナルと思われるベルトを裏返して使ったらこのノイズが激減
  したので、ベルト面の荒れがシュルシュルノイズの主原因と思われ
  ます。
  ベルト自体が劣化していたので、安価なcatfight製340mm×4mmに
  交換しました。

  オリジナルは6mm幅のようなので、少々強度不足で音質がやや柔ら
  かくなりますが、タイトな音を求めなければ使えると思います。
  もっと高価な専用ベルト?も試してみましたが、テンションが強
  すぎて音質もガチガチに締まりすぎて好みに合わなかったです。
  
2.「コトンコトン」ノイズ対策
 ・アイドラーの研磨
  5倍ルーペでアイドラーの接触面を注意深く観察すると、フラット
  スポットができている箇所が見つかりました。
  紙やすり240番、600番、1000番をアルミLアングルに両面テープで
  張り付けて、アイドラーを実装状態で回して接触面を少しずつ
  削って修正しました。

3.「ゴーゴー」ノイズ対策
 ・軸受けへの注油
  オイルの粘度ISOVG32のものにISOVG68を30%程度混ぜたものを使い
  ました。
  オイルの粘度によってノイズの出方が変わるので、ノイズを聞き
  ながら粘度の調整が必要なようです。

 ・プーリーの掃除
  無水アルコールを綿棒につけて、モータープーリー、ステップ
  プーリーのゴム屑等を取除きます。

 ・ゴムベルトとアイドラーの掃除
  無水アルコールはゴムを少し浸食するようなので、使用は禁物
  です。
  ここは必ずベンジンを使って、ゴム屑等を取除くのが良いです。     

4.その他の対策
 ・アームボードの変更
  アクリル製と思われるボードが付いていて、固有の響きが乗る
  のが気になったので、朴(ほお)材を使って自作しました。

  朴材は、まな板にも使われていてきめ細かく軽い材質ですが、
  音質的には変な響きが無くて解像度も上がりなかなか良いと
  思います。

  TD124のアームボードは、硬くて重いものはだめだそうで、
  桐の合わせ板等が推奨されているようです。
  
最後になってしまいましたが、音質のほうは評判通りで厚みがあって
キレが良く、音楽をダイナミックに聴かせてくれるようになったので
一安心しています。

特に、今まで上手く鳴らせなかったグラモフォン系やエラートのLPが、
楽しく聴けるようになったのがありがたいです。

いつまでこの状態を維持できるかわかりませんが、こちらに来られる
機会がありましたら聴いてみてください。

以上、長々と失礼しました。

最新のレビュー/コメント

レビューはありません

マイルーム

ATCでクラシック音楽を楽しむ
ATCでクラシック音楽を楽しむ

ATCスピーカーを自作真空管アンプでドライブして、クラシック音楽を 楽しんでいます。 オーディオマニアというより、真空管アンプ自作マニアといったほうが いいのかもしれません。 メインSP:ATC SCM150SLPT サブSP :Rogers LS3/5A アナログP:MICRO BL99V(SAEC407/TM)       THORENS TD124(SME300…

所有製品

所有製品は登録されていません