グルマン
グルマン
高校生の頃、引っ越しを契機に買ってもらった最初の真っ当なシステムがマランツとモニターオーディオ・・・ そこから始まったのです、波乱万丈のオーディオの旅が・・・ 私の耳はちょっとおかしいのです。…

日記

最新の日記
カレンダー
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

最新の日記

chord dave の評価とそれにまつわる実験

恐らくは閲覧数が伸びそうな内容の記事になるでしょう。アフィりたい。

話題のDAC chord daveを買いました。
さて、調べた限りこれは日本最速の情報でしょう




“試してみたらdaveはHAP-Z1ESと繋がりました”


やったああああああ!
ギャンブルに勝った!うほおおおおおお!ビクンビクン
いや、情報が全く無いままに買ったので繋がる保証が無かったのです

HAPを越える便利なネットワークトランスポートは現在ありません。HUBもPCすらも繋げずに済むのですから。裏を返せば音質劣化のポイントが少なく精神的にとても楽なのです。

さて、音質は“全項目がとてつもなくハイスペック”で仰天しました。音色はアナログdacの方が好みですが、能力にかなり差があります、

でもネットでは“ジッターに影響されず、電源にも影響されず、電気的にアイソレーションもされているから前段に影響されない”と試してもないのに適当な嘘を言う浅薄なヤカラがいるので断言しますが
“chord daveはあらゆる環境、接続機器にめちゃくちゃ鋭敏に反応する普通のオーディオコンポーネントであり魔法はありませんでした”
開発者の弁はセールストークでしょう

例えば前段のHAPの蓋をあけたりしめたりしただけでかなり変わります
usbケーブルを変えた日にはもう同じコンポーネントと思えぬ変化です
無論電源ケーブルでもオーディオボードでもなんでも影響大です。


さて、取り敢えず今回は詳細な音のレビューより“USBケーブル”の話をさせてください。

それだけ大きなインパクトがありましたので、ええ。

私も何本か持っておりますが、今回のセッティングに叶う長さだと安価なワイヤーワールドのセクシャルバイオレットもといウルトラバイオレットという別に音が取り立てて良くもないケーブルしかありません。それと純正の見た目ショボい普通のケーブルと聴き比べてみました。
ちなみにdave設計者いわく“スッゴいタップ数でアップサンブリングしたらジッターに影響されにくくなったよ”とのこと

その台詞に反してむちゃくちゃ違います。
純正が圧倒的にまとまりよく、音楽的です。
絶対性能もそんなに差はない。
“やるなあ、このゴミみたいなケーブル”と

でも欲深いゴミみたいな人間性の私は
“もっと良い物を…”と思います
で、評判のAIM電子様のUA3という最上位のケーブルを買ってみました
最上位であってもかなり良心的なお値段です、このままオーディオの薄汚い商売に染まらないで欲しい

さて、仰天のサウンドです
背景が黒に沈み、物凄い音数
誰だよジッター関係ないとか言ったやつは笑

過去一番ケーブルで感動したかも
倍額のワイヤーワールド(持ってます)より格段に上です

たった40000円程で最も敏感なUSBケーブルを上がれる…素晴らしいことです
しかもこの価格、この構造で銀単線とか…あり得ない

ちなみにUSBケーブルの性能はアイパターンという客観的な指標で測れ、しかも振動により発生するビートノイズが抑えられるのがよいケーブルのようです

ロジウムメッキやある種のスパイク的な歪みやリンギングによってまがい物の輪郭をつける訳でもなく、純粋な性能の高さです。しかもシールドが売りの割にはシールド的な閉塞感もない。振動によるビートノイズの減少を目指した、測定技術の粋のようなケーブルですが、何か技術のブレークスルーを感じました。ただソフトフォーカスによる幽玄な心地よさはありませんが。
これは多くの非科学的ハイエンドケーブルメーカーが憤死しそうな予感がします、リボンひらひら系とかエアーチューブ系が開放感あれどもクセと歪みが強いのはこれなのではなかろうかと。

もっと色々造ってくれないだろうか、ねえAIM電子の中の人?

最新のレビュー/コメント

YAMAHA

ACP-2

¥47,250(税込)

発売:2012年4月下旬

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

超発明

これは本当に凄い
スピーカーセッティングの、ルームチューニングの根源を変える超発明です。
原理は至ってシンプルである。
ヘルムホルツ共鳴。
コレを用いた製品は以前からルームチューニング材として存在する。
これの凄みは80hzから4khzまでフラットに吸うということである。
実に恐ろしい。
コレさえ有れば80hz以上はいかようにでも料理可能ということなのだ。

しかるべき場所に置けば根こそぎ低音が変わる。
これが有れば6畳で大型SPでも制御可能。

ルームチューニング史上最大の発明と言える。

欠点は2つ
1つ、うるさい。ぺらっぺらの安っぽい木で出来ているがコレの反射音が質が悪すぎる。石膏ボードにビニールクロス以下。ルームチューニング材史上最低の反射音を誇る。
2つ、表面仕上げがなんかヤバい。
前作TCHは初期は真っ白でテカテカな仕上げだった。
なぜか途中からこのシリーズが白いペンキで塗ったくったような仕上げに。
なにこれ怖い。

材質をしっかりした木材にし、さらにはシルクなどで反射音を美しくした高級バージョンがあったら、絶対に買います。

【SPEC】●ラインナップ(税込):¥63,000(ブラウン/ナチュラル)、¥47,250(ホワイト) ●外形寸法:587W×1,200H×30Dmm(ブラウン/ナチュラル)、587W×1,200H×29Dmm(ホワイト) ●質量:5.7kg(ブラウン/ナチュラル)、5.2kg(ホワイト)

マイルーム

ルームチューニング地獄変
ルームチューニング地獄変
持ち家(マンション) / 専用室 / オーディオルーム / ~2ch

〜「嗚呼、うるさい」〜 ルームチューニングにとんでもなく傾倒しました チューニング材はおびただしく購入してしまいました。 もう書くのも億劫なほどの種類と数・・・ それはすべて「うるさい音を聞きたくない」ということから始まってます。 私の耳は超高域の歪みをやけに拾ってしまうようなのです。 都内在住なので多くのショップやショーに行きますが、かなりの割合でうるさく感じてしまいます。 そ…

所有製品