ゲオルグ
ゲオルグ
Musical Fidelity A1とHarbethのスピーカーのマッチングに魅せられて、オーディオに深入りすることになりました。日記の頻繁な更新には自信がありませんが、少しずつ製品コメントもアップ…

日記

お気に入り製品

最新の日記

透明な哀しみ、あるいはテンペラメントの系譜:シャニ・ディリュカの新作を聞く

シャニ・ディリュカの新作は、C.P.E.バッハとモーツァルトを
とりあげています。



で、アルバムタイトルが「テンペラメンツ(TEMPERAMENTS)」
この複数形というところがミソかな~と。。。
手持ちの英和辞書でも、この語の意味に
「(思考・行動に表れる)気質、気性」といった系統の意味と、
音楽用語としての「音律」という意味が載っています。

両者ともクラシック音楽に関しての使用は
若干わかりにくいように思います。
前者は、特に演奏者の技量の評価の基準として、
「曲想を感情的にうまく表現している」というような意味合いで
「テンペラメントがある」などと使われているようです。
後者は、大バッハのThe Well-Tempered Clavier「平均律クラヴィーア曲集」で、
よく知られるところですが、こっちは当方の知識の問題もあって
なかなかに定義が難しい言葉です。。。
ここでは「鍵盤楽器のように音程をあらかじめ固定しなければならない楽器を
調律する際の方法論」というのを引用させてもらいました。
(http://naokitsurusaki.free.fr/~tsurusaki/jp/Essais/temperament_intonation-0506.htm)

このアルバムにおいても、やはり両者の意味が意識されていることが
ディリュカ本人によるライナーノーツを読むとうかがわれます。
そもそもこのアルバムの成立には、彼女があるプログラムで
モーツァルトが愛したヴァルターのフォルテピアノ(コピー)で
演奏する機会に恵まれたということがありました。

このアルバムでも、M11とM12は、
そのピアノでの演奏(他の曲はモダン楽器)が収録されています。
ここで、音律の意味でのテンペラメントが問題として浮上します。
推測ではありますが、モーツァルトは、中全音律(ミーントーン)を
愛好していたそうで、やはり演奏で使われたフォルテピアノも
そのテンペラメントで調整されているんではないか。。。

中全音律については、私は詳しくないのですが
小方厚さんによれば「長3度を優先するために完全5度を犠牲にして、
しかもある程度の転調・移調を可能にした音律」(『音律と音階の科学』)
なのだそうで、不協和音を効果的に採り入れ、アクロバティックに
そのテンションを収束させる技に優れていたモーツァルトであれば
「転調・移調」に優れた効果を発揮するこの中全音律を愛好したのは
なんとなく合点がいきます。

事実、このアルバムのフォルテピアノの音もかなりモダンピアノとは
ちがう響きをしています。それがピアノの構造に起因するものなのか
テンペラメントによるものなのか。。。

まあ、ちょっと小難しい話になってしまいました。
このアルバムの聞きどころのひとつは
C.P.E.バッハ:ピアノ協奏曲 ニ短調 Wq.23(M4~6)
だと思います。
疾走感にあふれるモダンピアノがとても効果的なのです。
ちょっと前にジャン・ロンドーによる
チェンバロのヴァージョンも聞いて、よいな~とは思っていたのですが
このディリュカのピアノは出色のできなんじゃないかと思いました。
チェンバロにくらべて、その音色の透明感・疾走するスピード感が
より増して感じられます。
哀しみのテンペラメントが突き抜けていくその様は
ため息がでるくらいに美しいです。。。 

他の収録曲も、総じてピアノの響きが美しいです。
M1とM12は
C.P.E.バッハ:アンダンテ・コン・テネレッツァ(Andante con tenerezza)
Wq.65/32 (H.135)
ですが、モダンとフォルテの響きの聞き比べもできる趣向となっていて
私は存分に愉しんでいます。

最後にC.P.E.バッハとモーツァルトの関係について
C.P.E.について、かつて坂本龍一さんがおもしろいことを言っていて
大バッハとC.P.E.の関係は、チャーリー・パーカーとマイルスの関係に
似ている。。。というものです。

大バッハをいちばん尊敬していたのはC.P.E.なのだけど、
彼はどうしても大バッハのようにはなれない。
向き・不向きということもあるのでしょうが
C.P.E.はメロディーの美しいテレマンに近づいていき
ピアノ・ソナタでも父にはなかった美しさを獲得していく。
これが、ビバップに不向きだったマイルスがモード奏法に
活路を見出していく経緯に似ているというのです。
確かにビバップは技巧的にバロックっぽい感じもありますしね。

C.P.E.が古典派、とりわけハイドンやベートーヴェンに大きな影響を
与えたのは、世俗化・市民革命の時代のうねりの中で、
自意識を発露していく作曲家たちの
精神的な後押しをしてくれたせいなのでは。。。
なんてことを思いました。
別に大バッハを受け継がなくてもいいんだ、というと言いすぎでしょうが
自分たちの感情の発露を曲づくりに全面展開していいんだ。。。という
ブレイクスルーをC.P.E.が彼ら古典派の作曲家たちに与えたのでは
という考えです。

ディリュカのライナーノーツには
このアルバムの副題
In heavens, there is no boundaries.
に加えての文言があるのです。
There are only transformations.

古典派への「変貌」は、宗旨替えであるように思われたかもしれないけれど
音楽を擁護する魂にそもそも宗旨などないのだ。

モーツァルトは、長らく大バッハ派だったように思います。
後年、彼もC.P.E.を認めて「彼は父であり、われわれは子供だ」
と言うようになります。
彼がカルテットにおいてハイドンを黙らせ
ジュピターに向かっていく背中を押していたのは
もしかすると。。。なんてことを考えると
C.P.E.のテンペラメントの系譜は意外に続いているのかも。。。
そんなことを夢想させてくれた
このアルバム、みなさんにもぜひ聞いていただきたいです!

最新のレビュー/コメント

QuteHD

CHORD

QuteHD

¥OPEN

発売:2012年6月10日

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

ずいぶんお世話になってます。。。

ひさびさの製品レビューです。
もうディスコン機種になってしまったようですが
CHORD初のDSD対応機種で
パルスアレイDAC採用の低価格DACということで
入手したときは、ちょっとそれだけで
小躍りするような喜びがありました。
周波数のレートによって点灯するライトの色が変わるというのも
最初はかなりありがたがいものでしたし。。。
特にDSD出力の白色は、foobarやJRiverの設定をして
はじめて灯ったのを目にしたときは、
後光が差しているようで、やはり感慨を禁じえなかったのでした。。。

これを入手するに当たって、1機種のみですが聞き比べをしました。
CAMBRIDGE AUDIO のDACMAGIC PLUSでした。
この機種の前のDACMAGIC は使用しておりましたので
ちがいがわかりやすかろうということでありました。
DACMAGIC には気の毒だったかもしれませんが
一聴してQuteHDのほうが細かい音が良く聞こえ
音場の表現も巧みでした。
エソテリックのようなぴしっとした感じではなくて
我が家のような真空管アンプとか英国モニター系のSPを
お使いの場合は、ちょっとあわせてみたくなる
独特のふんわり感もあって、
「これだ!」と思いました。

電源は、わりとすぐにあつらえてもらいました。
代理店が推奨していたものではなく、
それと同じDC12V のトロイダル電源のものを自作してもらいました。
効果はそれほど感じられなかったようにも思いますが
あえて言えば、わずかに低域の解像度が上がったかな
というところです。

もう3年ぐらい使用していますが
クラシックやボーカルものなんかは
PCM音源もDSD化して聞くことが多いです。
なんというか音を盛って出してくれている印象があるからです。
演出効果が期待できる場合が多いとでも申しましょうか。。。
いっぽう金管のジャズやロック・ポップス系は
192kぐらいへのアップサンプリングにとどめていることが多いです。
PCMのままのほうが音が前にでてくる印象があり
ライブ感がでるように思うことが多いからです。

今のところ音に不満がないので
しばらくはこのまま使い続けると思いますが
HUGOも新機種のレポートを
PolarBearさんがお書きになっておられて
やっぱりいいのだろ~な~とも思ったりして
でも3年でDAコンバーターを買い替えたくなるっていうのも
サイクル早過ぎ!と自重する自分もいるのでした。

とにかく私のようなハードユースな者に
ずーっと黙って音楽を聞く喜びを与え続けてくれている
この銀色の小箱に感謝の意味もこめて
レビューをアップさせてもらいました。

【SPEC】●ハーモニックディストーション:103dBV ●SN比:115dBV ●ダイナミックレンジ:118dBV ●デジタル入力:USB、光、同軸 ●アナログ出力:RCA ●外形寸法:160W×70H×40Dmm ●質量:0.4kg

マイルーム

3つの部屋に各セットをこしらえてます。
3つの部屋に各セットをこしらえてます。

3つの部屋に以下のセットをこしらえてます。  〔自室:和室8畳〕  ★セット1 HARBETH HL-K6(スピーカー) MUSICAL FIDELITY F22(真空管プリアンプ) MUSICAL FIDELITY F15(真空管ハイブリッドパワーアンプ) Concertino Op.2 「Super Tweeter」  ☆セット2 Dynaudio 17w75 EXT(ウー…

所有製品