ゲオルグ
ゲオルグ
Musical Fidelity A1とHarbethのスピーカーのマッチングに魅せられて、オーディオに深入りすることになりました。日記の頻繁な更新には自信がありませんが、少しずつ製品コメントもアップ…

日記

最新の日記
カレンダー
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お気に入り製品

最新の日記

foobarの「探検」

昼間所用で外出したのですが
日差しが強くて、もはや肌を刺すぐらいの感じ。。。
サングラスなしでは目もくらむほどのまぶしさでありまして
もう紫外線あびまくりで(笑)帰ってきました。。。

なんとなくオーディオの方向性を定めかねていた今日このごろ。
かねてからの懸案であった(はずの)オーディオ専用PC。。。
その選定の指南を受けようと
友人を我が家に招いたのです。
で、まず友人はfoobarの設定を
もう少しいろいろいじってみると
おもしろいというので、やってみたのですが
これがなかなかおもしろかったので
(まだ煮詰められていないところもありますが)
ご紹介してみたくなってしまったのであります。。。

まず最初はOutputの Buffer lengthであります。
この値はいわゆるレイテンシーに関わるものだと思うのですが
1000msより値を下げようとすると
「視覚効果が止まるおそれがある」
というような内容の警告が表示されます。
そのような警告は探検者にとっては誘惑以外の何物でもないので(汗)
思い切って300msあたりまで下げちゃいます。
ずいぶん音の印象が変わるはずです。
我が家では音の純度が上がって。。。
あっ、今日はそういう音の感想は極力やめておきます。
みなさんがそれぞれお試しになったらわかると思うので。。。

続いてはASIOドライバーの設定?です。
私はCHORDのMojoというDAコンバーターを使っているので
そのドライバーである「ASIO Chord 1.05」をeditしたいのですが
これがなぜかいじれないようになっているのですね。
でも 「ASIO4ALL v2」はeditできるので
こちらのEdit→Configureとボタンをクリックして
Edit画面を表示させます。
ASIO Buffer Sizeの設定ができるはずです。
我が家の場合、デフォルトは512sampleでしたが
これも96ないしは192あたりまで思い切って下げてみました。。。

この2つを思い切って変えてみると
はっきりとした音の方向性が見えてくると思います。
レイテンシーの速い音ってことなんでしょうか?
たしかにPCにとっては、あんまり優しくない設定
にはなるかと思います。。。
ちなみに我が家はWin7,Core-i5のPCです。
ずいぶん前のものなので、そんなにいいスペックではないですが、
音切れやフリーズはしませんでした。
そして私と友人の共通した感想は
意外に立体感のあるアナログっぽい音ということでした。
あっ、また感想を言っちゃいましたね。。。

このあと、その設定のまま
私がPCオーディオをやりはじめたころには定番となっていた
「排他モード」をはずして
カーネルミキサーの音も聞いてみましたが
その音もそんなに悪くない印象でした。。。

で、せっかくMojoが768kHzまでのアップサンプリングに
対応しているのだから、やってみようということで
Resampler (SoX)modというDSPを使って
音だししてみました。
たぶんうまくいっていると思うのですが。。。
Mojoのサンプルレートの表示は
ランプの色のちがいで見分けます。
でも、これがハイサンプルレートになるほど見分けにくい。。。

結果
むむむ。。。意外と変化が小さいような。。。
あえて申しますと、優しくふわっとしたミスト感がただようような音
とでも形容できるかな~
レイテンシーを速くするほうが変化は大きいように思いました。

それとクラシックの楽器数が少ないものとか
ヴォーカルものとかなんかのほうが効果を体感しやすいようにも
感じました。

PCオーディオって変数が多すぎるよ~と
最初は友人にこぼした私でしたが
友人は、そういう自由度の高さこそ
PCオーディオの醍醐味だと
やさしくたしなめてくれました。。。(感謝!)
好みの音になってくると現金なもので
音楽専用PC購入にもずいぶんノリ気になっているのでした。。。

最後に試聴に使って良かったアルバムをご紹介します。

TrioVanBeethoven - Beethoven Piano Trios, Vol. 1 (2017)
http://www.e-onkyo.com/music/album/gramola99132/
spotify:album:4fj6Q94basEQfK72IhIK3y



2011年結成。つい先日 Vol. 1~4がまとめてリリースされました。
Vol. 1は以前に発売されていたものではなく、新録音のようです。
響きのよい録音で、演奏も溌剌としています!

Emmanuelle Bertrand - Saint-Saëns Cello Concerto No.1, Sonatas Nos. 2 & 3 (2017)
http://www.eclassical.com/harmonia-mundi/saint-saens-cello-concerto-no1-sonatas-nos-2-3.html
spotify:album:5zpsFjZui6lRxp6qcdVamh



サン=サーンス晩年のチェロ・ソナタ第3番(未完)の世界初録音盤だそうです。
チェロ:エマニュエル・ベルトランとピアノ:パスカル・アモワイヤルの
息の合ったソナタの演奏がやはりよいですな~

Pavol Breslik - Dvořák Songs : Cypresses, Evening Songs, Gypsy Songs (2017)
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B06Y4CJ9JP/
spotify:album:4rUwVC3FqjPpE22a2Kwz1C



ドヴォルザークの若いときのチェコ語による歌曲集。後にでた弦楽四重奏版のほうがよく知られていますね。オペラを中心に活躍するスロヴァキア出身のパヴォル・ブレスリクが熱情的な恋心を歌い上げています。

最新のレビュー/コメント

QuteHD

CHORD

QuteHD

¥OPEN

発売:2012年6月10日

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

ずいぶんお世話になってます。。。

ひさびさの製品レビューです。
もうディスコン機種になってしまったようですが
CHORD初のDSD対応機種で
パルスアレイDAC採用の低価格DACということで
入手したときは、ちょっとそれだけで
小躍りするような喜びがありました。
周波数のレートによって点灯するライトの色が変わるというのも
最初はかなりありがたがいものでしたし。。。
特にDSD出力の白色は、foobarやJRiverの設定をして
はじめて灯ったのを目にしたときは、
後光が差しているようで、やはり感慨を禁じえなかったのでした。。。

これを入手するに当たって、1機種のみですが聞き比べをしました。
CAMBRIDGE AUDIO のDACMAGIC PLUSでした。
この機種の前のDACMAGIC は使用しておりましたので
ちがいがわかりやすかろうということでありました。
DACMAGIC には気の毒だったかもしれませんが
一聴してQuteHDのほうが細かい音が良く聞こえ
音場の表現も巧みでした。
エソテリックのようなぴしっとした感じではなくて
我が家のような真空管アンプとか英国モニター系のSPを
お使いの場合は、ちょっとあわせてみたくなる
独特のふんわり感もあって、
「これだ!」と思いました。

電源は、わりとすぐにあつらえてもらいました。
代理店が推奨していたものではなく、
それと同じDC12V のトロイダル電源のものを自作してもらいました。
効果はそれほど感じられなかったようにも思いますが
あえて言えば、わずかに低域の解像度が上がったかな
というところです。

もう3年ぐらい使用していますが
クラシックやボーカルものなんかは
PCM音源もDSD化して聞くことが多いです。
なんというか音を盛って出してくれている印象があるからです。
演出効果が期待できる場合が多いとでも申しましょうか。。。
いっぽう金管のジャズやロック・ポップス系は
192kぐらいへのアップサンプリングにとどめていることが多いです。
PCMのままのほうが音が前にでてくる印象があり
ライブ感がでるように思うことが多いからです。

今のところ音に不満がないので
しばらくはこのまま使い続けると思いますが
HUGOも新機種のレポートを
PolarBearさんがお書きになっておられて
やっぱりいいのだろ~な~とも思ったりして
でも3年でDAコンバーターを買い替えたくなるっていうのも
サイクル早過ぎ!と自重する自分もいるのでした。

とにかく私のようなハードユースな者に
ずーっと黙って音楽を聞く喜びを与え続けてくれている
この銀色の小箱に感謝の意味もこめて
レビューをアップさせてもらいました。

【SPEC】●ハーモニックディストーション:103dBV ●SN比:115dBV ●ダイナミックレンジ:118dBV ●デジタル入力:USB、光、同軸 ●アナログ出力:RCA ●外形寸法:160W×70H×40Dmm ●質量:0.4kg

マイルーム

3つの部屋に各セットをこしらえてます。
3つの部屋に各セットをこしらえてます。

3つの部屋に以下のセットをこしらえてます。  〔自室:和室8畳〕  ★セット1 HARBETH HL-K6(スピーカー) QUAD QC Twenty-Four(真空管プリアンプ) MUSICAL FIDELITY F15(真空管ハイブリッドパワーアンプ) Concertino Op.2 「Super Tweeter」  ☆セット2 Dynaudio 17w75 EXT(ウーフ…

所有製品