ゲオルグ
ゲオルグ
Musical Fidelity A1とHarbethのスピーカーのマッチングに魅せられて、オーディオに深入りすることになりました。日記の頻繁な更新には自信がありませんが、少しずつ製品コメントもアップ…

日記

最新の日記
カレンダー
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

お気に入り製品

最新の日記

空即是色 - 坂本龍一"async"によせて

最近、たまに般若心経を霊前で唱えるようになりました。
色即是空 空即是色・・・
と始まるよく知られたお経です。
その言葉の意味にちょっと興味をひかれると
調べてみたりもするのですが
色即是空はなんとなくわかるのだけれど
空即是色はちょっとわかりにくいな~。。。などと思っていました。
そんな折、先日こんな記事に出会って
へ~と思わされました。

「色即是空」と「空即是色」のビミョウな違い
ttp://blog.livedoor.jp/ima_kokoniaru_jibun/archives/1562273.html
興味深かったので、一部引用させていただきます。

砂糖は砂糖分子そのものが「甘い」わけではありません。砂糖の分子の形が、人間の大脳皮質の中の「甘い」と感じる部分を刺激するスイッチ(舌にある受け入れ器官です)にピタッと当てはまる形になってるからなんだそうです。
(中略)
「砂糖が甘い」と思っているのは人間の脳が作り出しているだけで、砂糖分子そのものに甘みがくっついているわけではないのです。

同じように、色や匂い、音も含めて全て、外界には単に「光の波長や匂い分子、空気の波」があるだけです。そこから「綺麗」とか「汚い」、「いい香り」「臭い」「メロディ」「騒音」などの「色(しき)」に変換しているのは全て人間の脳の中で起きている出来事だということです。

前フリがいつもにも増して長くなってしまいましたが
今日はtakhag さんがレビューをお書きになったのに触発されましての
アルバムレビューであります。
takhag さんがご指摘の「究極の私小説アルバム」というのは
まったく同感でして、私なりにそのあたりを敷衍してみたいと
思います。

数日前、NHKのニュースでこのアルバムとそれに関連した展覧会が
とりあげられていました。
その際、インタビューにこたえて、
坂本さんがだいたい次のようなことをおっしゃってました。

今回のアルバムは、音のそのものを感じてほしい。
音のお風呂に入っているように音を浴びてほしい。

件の展覧会では、このアルバムが6つのSPから流れてくるスペースが
設けられていて、まさに音を体感できるようにしつらえられていました。



というわけで、私も虚心坦懐に音を感じようと
アルバムを聞いてみたのですが
なんだか懐かしい感じにとらわれてしまった
というのが第一印象でした。。。
音を聞き進むにしたがって、
その懐かしさの原因がわかってきました。
それは、たとえばこのシンセの音色は
教授の以前のアルバムで聞いたことがあるぞ。。。
という感覚(記憶)からくるものだったのです。
まあ、同じ人が作っているのだからそういうことは
多かれ少なかれあることでしょうが
今作はとりわけそういう印象を強く受けました。
事実、アナログシンセを多用したことが
このアルバムのご本人の解説からうかがわれました。

だから音の回顧録的な意匠をまとったこの新作は
ある意味「究極の私小説アルバム」ともいえるわけで
いかにも教授らしい私小説ともいえるな~と思ったのです。

ただそういった懐かしい音色は
われわれの記憶を無視するかのように
アットランダムに聞こえてくるのですね。
つまり懐メロ的にそういう音色の選択が行われているのではなく
新しい表現にフィットする音色がたまたまそういうものだった
という趣が感じられたのです。

空即是色なんですよね。
そういう懐かしさ(色)をこえた音そのものを感じてくれ
と教授は言っているのではないか。。。
むずかしいことのように今の私には思えます。。。
それは私の個人的な夢なのかもしれないし
ひょっとすると坂本龍一という音楽家の夢なのかもしれない。。。
そんなことを最後にふとつぶやきたくなった
アルバムレビューでございました。

最新のレビュー/コメント

QuteHD

CHORD

QuteHD

¥OPEN

発売:2012年6月10日

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

ずいぶんお世話になってます。。。

ひさびさの製品レビューです。
もうディスコン機種になってしまったようですが
CHORD初のDSD対応機種で
パルスアレイDAC採用の低価格DACということで
入手したときは、ちょっとそれだけで
小躍りするような喜びがありました。
周波数のレートによって点灯するライトの色が変わるというのも
最初はかなりありがたがいものでしたし。。。
特にDSD出力の白色は、foobarやJRiverの設定をして
はじめて灯ったのを目にしたときは、
後光が差しているようで、やはり感慨を禁じえなかったのでした。。。

これを入手するに当たって、1機種のみですが聞き比べをしました。
CAMBRIDGE AUDIO のDACMAGIC PLUSでした。
この機種の前のDACMAGIC は使用しておりましたので
ちがいがわかりやすかろうということでありました。
DACMAGIC には気の毒だったかもしれませんが
一聴してQuteHDのほうが細かい音が良く聞こえ
音場の表現も巧みでした。
エソテリックのようなぴしっとした感じではなくて
我が家のような真空管アンプとか英国モニター系のSPを
お使いの場合は、ちょっとあわせてみたくなる
独特のふんわり感もあって、
「これだ!」と思いました。

電源は、わりとすぐにあつらえてもらいました。
代理店が推奨していたものではなく、
それと同じDC12V のトロイダル電源のものを自作してもらいました。
効果はそれほど感じられなかったようにも思いますが
あえて言えば、わずかに低域の解像度が上がったかな
というところです。

もう3年ぐらい使用していますが
クラシックやボーカルものなんかは
PCM音源もDSD化して聞くことが多いです。
なんというか音を盛って出してくれている印象があるからです。
演出効果が期待できる場合が多いとでも申しましょうか。。。
いっぽう金管のジャズやロック・ポップス系は
192kぐらいへのアップサンプリングにとどめていることが多いです。
PCMのままのほうが音が前にでてくる印象があり
ライブ感がでるように思うことが多いからです。

今のところ音に不満がないので
しばらくはこのまま使い続けると思いますが
HUGOも新機種のレポートを
PolarBearさんがお書きになっておられて
やっぱりいいのだろ~な~とも思ったりして
でも3年でDAコンバーターを買い替えたくなるっていうのも
サイクル早過ぎ!と自重する自分もいるのでした。

とにかく私のようなハードユースな者に
ずーっと黙って音楽を聞く喜びを与え続けてくれている
この銀色の小箱に感謝の意味もこめて
レビューをアップさせてもらいました。

【SPEC】●ハーモニックディストーション:103dBV ●SN比:115dBV ●ダイナミックレンジ:118dBV ●デジタル入力:USB、光、同軸 ●アナログ出力:RCA ●外形寸法:160W×70H×40Dmm ●質量:0.4kg

マイルーム

3つの部屋に各セットをこしらえてます。
3つの部屋に各セットをこしらえてます。

3つの部屋に以下のセットをこしらえてます。  〔自室:和室8畳〕  ★セット1 HARBETH HL-K6(スピーカー) QUAD QC Twenty-Four(真空管プリアンプ) MUSICAL FIDELITY F15(真空管ハイブリッドパワーアンプ) Concertino Op.2 「Super Tweeter」  ☆セット2 Dynaudio 17w75 EXT(ウーフ…

所有製品