ゲオルグ
ゲオルグ
Musical Fidelity A1とHarbethのスピーカーのマッチングに魅せられて、オーディオに深入りすることになりました。日記の頻繁な更新には自信がありませんが、少しずつ製品コメントもアップ…

日記

お気に入り製品

最新の日記

ハープ・ギター~CandyRat Records~トニー・マクマナス

じめじめ蒸す天候続きですと
聞く音楽だけでも清涼感のあるものを。。。
などと私はついつい思ってしまいます。
今晩はそんな趣向で、ゆるーく音楽紹介です。

ハープ・ギターってご存じでしょうか?
ちょっと変り種のギターです。
弾いているアーティストによって
若干かたちが異なるので
まずはこの日記を書くきっかけになった動画で
確認していただきましょうか。

「Billie Jean (Michael Jackson cover)
- Calum Graham - Harp Guitar」
https://www.youtube.com/watch?v=PmYrqZhJ3Rk

普通のギター6弦とは別に
低音部をうけもつベースっぽい弦が何弦か
(6弦が多いようです)一体となったもので
アコースティックギターが大半ですが
たまにエレクトリックを弾くプレーヤーもいます。

Calum Grahamはまだ30歳そこそこの若手ですが
ハープ・ギター奏者としては珍しく
弾き語りで歌うところが気に入りました!
この曲が収録された最新作
Calum Graham ”Tabula Rasa” (2016)
を聞いてみましたが、やはり歌ものがあるせいで
こういう単一系楽器によるインストものが陥りがちな
単調さを感じることなく
けっこう愉しめました。
ちなみに普通の6弦ギターも弾いてます。



このアルバムはちがうのですが
ハープ・ギター奏者の主だったメンツのアルバムを
フィーチャーしているのが
CandyRat Recordsです。
https://www.candyrat.com/
その他、アコギ系のミュージシャンのアルバムを数多く扱っていて
興味深いアーティストがいっぱいいる中で
女性アーティストはどうかな~と思って探してみると
何人かいました。
私がとりわけ魅力的に感じたのが
Brooke Millerです。
演奏している様子も見ていただきたいので
動画を紹介

「Brooke Miller - You can see everything」
https://www.youtube.com/watch?v=2LV42nwo0y8

この人も弾き語りをします。
この動画の曲は彼女の自作で、曲の雰囲気が気に入りました。
またラフに弾いているところも、なんともいい感じです。
この曲が収録された同名の2007年のアルバムを聞いてみると
バンドスタイルの曲もあり、もっとやわらかい印象うけました。



彼女の弾いているギターを製作したのが
動画の製作者であるGreenfield Guitarsでありまして
同じメーカーのギターはキース・リチャーズをはじめ
数多くのミュージシャンに使われているようなのですが
同じ音色というと、この人ということで
トニー・マクマナスであります。
で、こんな曲を紹介。

「Tony McManus - Si Dolce e'l Tormento (So Sweet the Torment) by Claudio Monteverdi 」
https://www.youtube.com/watch?v=f847B1c6u0U

クラウディオ・モンテヴェルディの曲が
彼の手にかかるとケルト民謡のように聞こえてきます。。。

さて、今日のまとめっぽくなっちゃいますが
それは今日ご紹介したアーティストたちの
ギターのチューニングのことなんです。
たぶんDADGADってよばれるものか
それに近いものだと思います。
このチューニングは、ちょっとミステリアスで
開放弦でポローンと弾くとsus4のコードになるはずで
なんとも浮遊感のある、長調なのか短調なのか
よくわからない音がするのです。。。
それが私にはクールに聞こえるのかな~
なんてところで
やっぱりまとまらない感じで
今晩はしまいです。。。

最新のレビュー/コメント

QuteHD

CHORD

QuteHD

¥OPEN

発売:2012年6月10日

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

ずいぶんお世話になってます。。。

ひさびさの製品レビューです。
もうディスコン機種になってしまったようですが
CHORD初のDSD対応機種で
パルスアレイDAC採用の低価格DACということで
入手したときは、ちょっとそれだけで
小躍りするような喜びがありました。
周波数のレートによって点灯するライトの色が変わるというのも
最初はかなりありがたがいものでしたし。。。
特にDSD出力の白色は、foobarやJRiverの設定をして
はじめて灯ったのを目にしたときは、
後光が差しているようで、やはり感慨を禁じえなかったのでした。。。

これを入手するに当たって、1機種のみですが聞き比べをしました。
CAMBRIDGE AUDIO のDACMAGIC PLUSでした。
この機種の前のDACMAGIC は使用しておりましたので
ちがいがわかりやすかろうということでありました。
DACMAGIC には気の毒だったかもしれませんが
一聴してQuteHDのほうが細かい音が良く聞こえ
音場の表現も巧みでした。
エソテリックのようなぴしっとした感じではなくて
我が家のような真空管アンプとか英国モニター系のSPを
お使いの場合は、ちょっとあわせてみたくなる
独特のふんわり感もあって、
「これだ!」と思いました。

電源は、わりとすぐにあつらえてもらいました。
代理店が推奨していたものではなく、
それと同じDC12V のトロイダル電源のものを自作してもらいました。
効果はそれほど感じられなかったようにも思いますが
あえて言えば、わずかに低域の解像度が上がったかな
というところです。

もう3年ぐらい使用していますが
クラシックやボーカルものなんかは
PCM音源もDSD化して聞くことが多いです。
なんというか音を盛って出してくれている印象があるからです。
演出効果が期待できる場合が多いとでも申しましょうか。。。
いっぽう金管のジャズやロック・ポップス系は
192kぐらいへのアップサンプリングにとどめていることが多いです。
PCMのままのほうが音が前にでてくる印象があり
ライブ感がでるように思うことが多いからです。

今のところ音に不満がないので
しばらくはこのまま使い続けると思いますが
HUGOも新機種のレポートを
PolarBearさんがお書きになっておられて
やっぱりいいのだろ~な~とも思ったりして
でも3年でDAコンバーターを買い替えたくなるっていうのも
サイクル早過ぎ!と自重する自分もいるのでした。

とにかく私のようなハードユースな者に
ずーっと黙って音楽を聞く喜びを与え続けてくれている
この銀色の小箱に感謝の意味もこめて
レビューをアップさせてもらいました。

【SPEC】●ハーモニックディストーション:103dBV ●SN比:115dBV ●ダイナミックレンジ:118dBV ●デジタル入力:USB、光、同軸 ●アナログ出力:RCA ●外形寸法:160W×70H×40Dmm ●質量:0.4kg

マイルーム

3つの部屋に各セットをこしらえてます。
3つの部屋に各セットをこしらえてます。

3つの部屋に以下のセットをこしらえてます。  〔自室:和室8畳〕  ★セット1 HARBETH HL-K6(スピーカー) MUSICAL FIDELITY F22(真空管プリアンプ) MUSICAL FIDELITY F15(真空管ハイブリッドパワーアンプ) MUSICAL FIDELITY X10-D(真空管バッファーアンプ) Concertino Op.2 「Super Tw…

所有製品