ゲオルグ
ゲオルグ
Musical Fidelity A1とHarbethのスピーカーのマッチングに魅せられて、オーディオに深入りすることになりました。日記の頻繁な更新には自信がありませんが、少しずつ製品コメントもアップ…

日記

最新の日記

ウェルバランスの妙:AT95EとPro-Ject Essential II

昨晩は久しぶりに寄せ鍋をしまして
牡蠣、鱈、豚肉、平茸など
思いつくままスーパーで買ってきて
家にあった白菜やら葱やらといっしょに、
ささっと炊いて、ポン酢でいただきました。
たいして高級な食材を使っているわけではありませんが
その良いバランスを堪能できた幸せな夕げでありました。

先日、おいけさんとの個人的なやりとりのなかで
Pro-Ject Essential IIにあわせるカートリッジとして
オーテクのAT95Eを薦めていただきました。



Essential II自体、入門的な位置づけのプレーヤーですので
値の張るカートリッジもいかがかな?と思っておりましたところでの
AT95Eのおすすめは、まさに渡りに舟でした。
さらにネットでの評判なども見ましたところ
ヨーロッパなど海外で評価が高かったということで
逆輸入のようなかたちで、
日本でも発売されるようになった経緯があるとのこと。
またトーレンスの普及価格帯のモデル(TD235など)
にこのカートリッジが搭載されており
そういった点からもEssential IIとの相性もよいのでは。。。
という予感もしてきました。
さっそく購入し、いざ交換!
ところが手元がくるって、
シェルリード線をブチッとやってしまいまして。。。汗
その後、いろいろな経緯があって、デノンのサポートに修理を依頼。
数日前に戻ってまいりました。

はてさて、ようやく聞けます!
9月10日の私の日記
「Pro-Ject Essential II のセッティングに再挑戦」で
ご紹介したレコードあたりから聞き始めました。
全体的にかなり音質は向上しておりました!
オーテク独自のVM方式
すなわち左右2chの音溝に対し、独立した2つのマグネットを
V字に配置するという構造によるものなのか
これは、おいけさんも指摘しておられましたが
「トレース能力の高さ」を一聴して感じました。
とりわけその恩恵を受けて良くなっていたのが
「Here's Lee Morgan」といった
古典的なモダンジャズのレコードでした。

これとか



これなんかもいい感じで鳴っておりました!



ひとつひとつの楽器のセパレーションが良くなって
全体の響きのバランスも向上、
結果的に立体感のある音となって
音楽的により愉しく聞けるようになりました。

これはフォノイコのポジション変更の恩恵もあったと思います。
我が家ではTRIGON VANGUARD IIというフォノイコを使っています。
このフォノイコはMMカートリッジ用に
負荷インピーダンスの設定を変えられるのですが
AT95Eは100~200pFの設定なので
VANGUARD IIの設定を147pFのポジションで設定してみました。
ちなみに以前のカートリッジ(Ortofon OM5E)は
200-600 pFの設定で
VANGUARD IIの設定は
47pFのポジションになっておりました。。。汗
このあたりの設定がマッチしたせいもあるのか
以前の47pFのポジションより
静けさ・立体感が若干向上している気がしました。

またちょっと盤質の悪いもの
(変形して反ったりでこぼこになっていたり等)
をかけたときにも、この「トレース能力の高さ」が活かされて
聞きやすくなっておりました。



たとえばこの中古盤はA面1曲目の「気球に乗って」が
でこぼこのため、針とびを起こしていたのですが
そのトラブルはなくなりました。。。
まあ、このあたりは以前(Ortofon OM5E)より
針圧がかかる設定(1.75g→2.0g)になっていたり
カートリッジの自重が重くなっていたりするせいかもしれませんが。。。

くわえて「新兵器」の導入で
プリアンプの音質が飛躍的に向上したので
(この件に関しては近々ご報告します)
エントリーモデルでこれだけの音質なら満足満足~
などと、ひとり悦に入っておりました。。。
そこで今度は試しにこのプレーヤーにも
「新兵器」を使ってみようとしました。
意外と変化が少ないかな~、むむむ。。。
なんか回転がへんだぞ~、あれ~
というわけで、また故障してしまったようです。。。
モーターをやられちゃったのかな~
また修理に出すかな~。。。。

こんなドタバタな顛末でなんなのですが
AT95EとPro-Ject Essential IIの組み合わせは
なかなかに良い!
ということは請け負います。
このことは、おいけさんのご厚意に感謝する意味でも
ぜひとも報告させていただきたいと思い
レポートさせていただきました。

おいけさん、ありがとうございました!

最新のレビュー/コメント

QuteHD

¥OPEN

発売:2012年6月10日

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

ずいぶんお世話になってます。。。

ひさびさの製品レビューです。
もうディスコン機種になってしまったようですが
CHORD初のDSD対応機種で
パルスアレイDAC採用の低価格DACということで
入手したときは、ちょっとそれだけで
小躍りするような喜びがありました。
周波数のレートによって点灯するライトの色が変わるというのも
最初はかなりありがたがいものでしたし。。。
特にDSD出力の白色は、foobarやJRiverの設定をして
はじめて灯ったのを目にしたときは、
後光が差しているようで、やはり感慨を禁じえなかったのでした。。。

これを入手するに当たって、1機種のみですが聞き比べをしました。
CAMBRIDGE AUDIO のDACMAGIC PLUSでした。
この機種の前のDACMAGIC は使用しておりましたので
ちがいがわかりやすかろうということでありました。
DACMAGIC には気の毒だったかもしれませんが
一聴してQuteHDのほうが細かい音が良く聞こえ
音場の表現も巧みでした。
エソテリックのようなぴしっとした感じではなくて
我が家のような真空管アンプとか英国モニター系のSPを
お使いの場合は、ちょっとあわせてみたくなる
独特のふんわり感もあって、
「これだ!」と思いました。

電源は、わりとすぐにあつらえてもらいました。
代理店が推奨していたものではなく、
それと同じDC12V のトロイダル電源のものを自作してもらいました。
効果はそれほど感じられなかったようにも思いますが
あえて言えば、わずかに低域の解像度が上がったかな
というところです。

もう3年ぐらい使用していますが
クラシックやボーカルものなんかは
PCM音源もDSD化して聞くことが多いです。
なんというか音を盛って出してくれている印象があるからです。
演出効果が期待できる場合が多いとでも申しましょうか。。。
いっぽう金管のジャズやロック・ポップス系は
192kぐらいへのアップサンプリングにとどめていることが多いです。
PCMのままのほうが音が前にでてくる印象があり
ライブ感がでるように思うことが多いからです。

今のところ音に不満がないので
しばらくはこのまま使い続けると思いますが
HUGOも新機種のレポートを
PolarBearさんがお書きになっておられて
やっぱりいいのだろ~な~とも思ったりして
でも3年でDAコンバーターを買い替えたくなるっていうのも
サイクル早過ぎ!と自重する自分もいるのでした。

とにかく私のようなハードユースな者に
ずーっと黙って音楽を聞く喜びを与え続けてくれている
この銀色の小箱に感謝の意味もこめて
レビューをアップさせてもらいました。

【SPEC】●ハーモニックディストーション:103dBV ●SN比:115dBV ●ダイナミックレンジ:118dBV ●デジタル入力:USB、光、同軸 ●アナログ出力:RCA ●外形寸法:160W×70H×40Dmm ●質量:0.4kg

マイルーム

3つの部屋に各セットをこしらえてます。
3つの部屋に各セットをこしらえてます。

3つの部屋に以下のセットをこしらえてます。  〔自室:和室8畳〕  ★セット1 HARBETH HL-K6(スピーカー) MUSICAL FIDELITY F22(真空管プリアンプ) MUSICAL FIDELITY F15(真空管ハイブリッドパワーアンプ) Concertino Op.2 「Super Tweeter」  ☆セット2 Dynaudio 17w75 EXT(ウー…

所有製品