ゲオルグ
ゲオルグ
Musical Fidelity A1とHarbethのスピーカーのマッチングに魅せられて、オーディオに深入りすることになりました。日記の頻繁な更新には自信がありませんが、少しずつ製品コメントもアップ…

日記

お気に入り製品

最新の日記

コントラバス・デュオ二題:「2X4」と「二重奏」

本格的に冬を迎えると、我が家の中心にデンと構えるのが
暖炉。。。といいたいところですが
Rainbowという石油ストーブです。。。
でも、燃焼筒の外側をおおう筒状のガラスに炎が反射して
虹色のリングとなり、ちょっといいムードを演出してくれます。
暖かい部屋で愉しむ音楽。。。
みなさんお気に入りのアルバムがあろうかと思いますが
私はなんだかコントラバスを真っ先に思い浮かべてしまいます。
今晩はそんなコントラバスのデュオのアルバムを2枚
ご紹介したいと思います。

まず1枚目はマーク・ジョンソンの「2X4」(1989年)です。



マーク・ジョンソンが4人のミュージシャンと
デュエットしている作品で、
事実上、彼の最初のリーダー・アルバムでもあります。
デュオの相手は、
ゲイリー・バートン : ヴィブラフォーン
ルーシー・クレーン : ヴォーカル
小曽根真 : ピアノ
トゥーツ・シールマンス : ハーモニカ
です。

1・2曲めのトゥーツ・シールマンスが
まずいいんです!
寒さにかたまった筋肉をほぐしてくれるような音色で
マーク・ジョンソンのコントラバスとするするからんでいきます。
中盤は、小曽根真の落ち着いたリリカルなピアノで
温かい飲み物でもどうぞ!
ほっと一息ついたら、今度はゲイリー・バートンの
ヴィブラフォーンで気分転換。
繊細なルーシー・クレーンの歌声で
「BEAUTIFUL LOVE」「AIN'T MISBEHAVEN」を聞いて
遠いひとのことを思い出し
ゲイリー・バートンのインターミッションをはさんで
シメは再びトゥーツ・シールマンスで
「GOODBYE PORKPIE HAT」ってな具合です。
アルバムのプロデュースを日本の方がされていることもあってか
行き届いた選曲・人選で、日本人好みのアルバムとも言えそうです。

2枚目は、金澤英明・栗林すみれ「二重奏」(2017年)です。
http://kanabass.web.fc2.com/custom10.html



まず告白しておくと、私は栗林すみれのファンであります。
デビューアルバムを聞いたときから、ずっと思っているのですが
彼女のピアノって、どこか大陸的な感じがするのです。。。
島国のスケール感じゃないところでピアノに向き合っている
といいますか、音の連なりが重く広く浸透していく
そんなイメージがあるのです。
そういうピアノと大ベテラン金澤英明の渋いコントラバスが
奏でるサウンドは、風景が琥珀色からモノクロームに変わっていく
季節のあわいのような趣があって、この時期にぴったりなのです。

まず1曲目の選曲に泣かされます。。。
オーネット・コールマンの「Mary Hartman, Mary Hartman」。
これもチャーリー・ヘイデンとのデュオ作品の冒頭の曲ですが
オリジナルの強烈な個性から少しはなれた
金澤・栗林デュオも悪くないと思います。
このあと、2人のオリジナルや即興演奏などもはさみつつ
アルバムが展開されていきます。
この時間の流れというか、2人のタイム感が
このアルバムの魅力であるように私には感じられました。
聞いているうちに2人の作り出した時間の流れに
身を任せたくなっていくような感じがあって
それがなんともいえず心地よいのです。。。

ご紹介した2枚のアルバム
我が家の場合、どうしてもハーベスのシステムで
聞くことになってしまいます。。。
コントラバスのふくよかな音を
ハーベスの箱鳴りがうまくフォローしてくれるせいからでしょうか。

最新のレビュー/コメント

CHORD

QuteHD

¥OPEN

発売:2012年6月10日

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

ずいぶんお世話になってます。。。

ひさびさの製品レビューです。
もうディスコン機種になってしまったようですが
CHORD初のDSD対応機種で
パルスアレイDAC採用の低価格DACということで
入手したときは、ちょっとそれだけで
小躍りするような喜びがありました。
周波数のレートによって点灯するライトの色が変わるというのも
最初はかなりありがたがいものでしたし。。。
特にDSD出力の白色は、foobarやJRiverの設定をして
はじめて灯ったのを目にしたときは、
後光が差しているようで、やはり感慨を禁じえなかったのでした。。。

これを入手するに当たって、1機種のみですが聞き比べをしました。
CAMBRIDGE AUDIO のDACMAGIC PLUSでした。
この機種の前のDACMAGIC は使用しておりましたので
ちがいがわかりやすかろうということでありました。
DACMAGIC には気の毒だったかもしれませんが
一聴してQuteHDのほうが細かい音が良く聞こえ
音場の表現も巧みでした。
エソテリックのようなぴしっとした感じではなくて
我が家のような真空管アンプとか英国モニター系のSPを
お使いの場合は、ちょっとあわせてみたくなる
独特のふんわり感もあって、
「これだ!」と思いました。

電源は、わりとすぐにあつらえてもらいました。
代理店が推奨していたものではなく、
それと同じDC12V のトロイダル電源のものを自作してもらいました。
効果はそれほど感じられなかったようにも思いますが
あえて言えば、わずかに低域の解像度が上がったかな
というところです。

もう3年ぐらい使用していますが
クラシックやボーカルものなんかは
PCM音源もDSD化して聞くことが多いです。
なんというか音を盛って出してくれている印象があるからです。
演出効果が期待できる場合が多いとでも申しましょうか。。。
いっぽう金管のジャズやロック・ポップス系は
192kぐらいへのアップサンプリングにとどめていることが多いです。
PCMのままのほうが音が前にでてくる印象があり
ライブ感がでるように思うことが多いからです。

今のところ音に不満がないので
しばらくはこのまま使い続けると思いますが
HUGOも新機種のレポートを
PolarBearさんがお書きになっておられて
やっぱりいいのだろ~な~とも思ったりして
でも3年でDAコンバーターを買い替えたくなるっていうのも
サイクル早過ぎ!と自重する自分もいるのでした。

とにかく私のようなハードユースな者に
ずーっと黙って音楽を聞く喜びを与え続けてくれている
この銀色の小箱に感謝の意味もこめて
レビューをアップさせてもらいました。

【SPEC】●ハーモニックディストーション:103dBV ●SN比:115dBV ●ダイナミックレンジ:118dBV ●デジタル入力:USB、光、同軸 ●アナログ出力:RCA ●外形寸法:160W×70H×40Dmm ●質量:0.4kg

マイルーム

3つの部屋に各セットをこしらえてます。
3つの部屋に各セットをこしらえてます。

3つの部屋に以下のセットをこしらえてます。  〔自室:和室8畳〕  ★セット1 HARBETH HL-K6(スピーカー) MUSICAL FIDELITY F22(真空管プリアンプ) MUSICAL FIDELITY F15(真空管ハイブリッドパワーアンプ) MUSICAL FIDELITY X10-D(真空管バッファーアンプ) Concertino Op.2 「Super Tw…

所有製品