Lotus Roots
Lotus Roots
2013年秋よりオーディオ熱再燃し、身の程わきまえずつぎ込んでます。部屋は狭いのですがそれだけに猶、音場感を求めてしまいます。そのくせ暖かな質感も捨てられないジレンマに陥ってます。皆様のは豊富な経験に…

日記

最新の日記
カレンダー
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

最新の日記

ミューザ川崎

先日ミューザ川崎のリハ付きコンサートに行ってきました。
これは本番前のリハーサルも聴けるというなかなかありがたいプログラム。

チョン ミュンフン指揮でベートーヴェンピアノ協奏曲3番と交響曲3番。

リハでは全席自由席なので正面7列目。本番は右舷7列目。

同じ曲が座席位置によってこれほどまで違って聴こえるのかと驚きです。

正面ではヴァイオリンの細やかな音、コンマスがどの様にリードしているかなど手に取るように解りました。

右舷席ではその点はあまりわかりません。また右舷ではコントラバスも大きめのボリュームになります。拙宅の様に…。(^_^;)

さらに管楽器の音も正面ではよく判別出来ます。これは視覚的に奏者が見えている事も有るかもしれませんが。右舷席はやや低くなっており管楽器まではよく見えませんでした。

ミューザ川崎はステージと席が近くていいですね。ステージはかなり小さく、ピアノ協奏曲の際はピアノが指揮者の前に置かれ指揮者は陰に隠れて見えない状態です。

変な話ですが少し嬉しかったのはピアノを正面から聴いた時に少し高域に耳障りな響きがあった事です。拙宅ではそういう音で聴こえることも多いのですがこれまでの生音体験ではあまり耳障りな音を聴いたことがなかったため部屋やシステムの問題かと思っていました。

右舷席では全くうるささは無かったです。

前回日記での音の廻り込みがどうなのかはよくわかりませんでしたが音場空間のサイズが見た目通りなのには複雑な気持ちになりました。幾ら拙宅のセッティングがうまく行ってもあのサイズの音場を感じる事は無理ですね。

とにかく良い勉強になりました。

最新のレビュー/コメント

レビューはありません

マイルーム

LotusRootsの部屋
LotusRootsの部屋
持ち家(マンション) / 専用室 / オーディオルーム / ~8畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch

約7畳の小部屋です。部屋の割に大きなスピーカーで低音の暴れが問題ですが、さほど気にせず楽しんでます。使用機器はスピーカーVIENNA ACOUSTICS Beethoven Concert Grand 、プリアンプ Trigon SnowWhite 、パワーアンプ EAR861、CD Player Esoteric K-03 、ターンテーブルVictor QL-Y5、カートリッジ DENON 10…

所有製品