801A
801A
初めてアンプというものを作ってから、もうすぐ60年に なります。 一時は忙しくてオーディオ趣味から離れていましたが、 少し時間ができて、またぞろアンプの自作などにも再挑戦 しようと考えています…

日記

最新の日記
カレンダー
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入り製品

お気に入りユーザー

お気に入りユーザーはありません

最新の日記

コンセントベースの製作

居間の壁が珪藻土の塗り壁であるため、きれいな平面ではありません。2個用ボックスにふたつのコンセントを取り付けると、僅かですが傾いており気持ちが悪い。そこで、コンセントベースを作ってみました。
 3ミリのアルミ板と25×10のアルミ角棒を使って作った2個用ボックスのためのコンセントベースです。

 裏面には壁との密着をよくするため、カームフレックスRZ-2を貼り付けました。従って、仕上がり厚さは15ミリとなりました。

 下の写真が壁に取り付けた状態です。コンセントは、アメリカン電機の7110GHDXLで、専用のプレートを付けてあります。なお、このプレートは7月15日に晶さんも指摘された通り、叩くと鳴るので裏面にカームフレックスを貼り付けました。

最新のレビュー/コメント

DG-58

ACCUPHASE

DG-58(ヴォイシング・イコライザー)

¥840,000(税込)

発売:2013年12月下旬

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

DG-58試用レポート(1)

待ちに待ったDG-58が到着。
とりあえず説明を受けながら基本的な測定を行ってもらう。
予想に反して、あまり大きなピークやディップは見られない。
まずsmoothingモードで音を作ってみる。

基本的な操作だけなら非常に簡単。左右のバランスがきれいにそろい、
音がなめらかになった印象がある。

最も関心のあったDACの音だが、「何も足さず、何も減らさず忠実に」と
いった感じか。
SA-14S1の高域が華やいだ感じに比べて、中低域がしっかりした印象を受ける。
同じ9018を使っていても、DP-720とは少し雰囲気が異なるかも。


【SPEC】●ヴォイシング:1/6オクターブ、67バンド、IIRフィルター方式、調整範囲±12dB ●イコライザー:1/6オクターブ、80バンドIIRフィルター方式、調整範囲±2dB ●測定信号:ワーブルトーン ●周波数特性入力方式:スタイラスペンによる描画入力およびカーソル・キー入力 ●スペクトラム・アナライザー:1/3オクターブ、35バンド・リアルタイム方式、表示レベル+18dBFSから-90dBFS(5レンジ切替方式) ●再生周波数特性:0.5Hz〜50kHz +0 -3dB(サンプリング周波数:2.8224MHzまたは192kHz)、4.0Hz〜20kHz +0 -0.3dB ●全高調波歪率+雑音(アナログ入力→アナログ出力:20Hz〜20kHz間):0.001% ●利得:+12〜-90dB可変 ●アナログ最大入力:GAIN+6dB→0.89V、GAIN 0dB→1.78V、GAIN-6dB→3.55V ●ADコンバーター:方式→アドバンスド・マルチビットΔΣ方式、サンプリング周波数→44.1/88.2/176.4kHz、Bit数→24bit ●DAコンバーター:方式 8MDS++、サンプリング周波数→32〜192kHz、Bit数→32bit ●デジタル入力:HS-LINK×1、RCA同軸×1、光TOS×1 ●デジタル出力:HS-LINK×1、RCA同軸×1、光TOS×1 ●アナログ入力:RCA×1、XLR×1 ●アナログ出力:RCA×1、XLR×1 ●その他端子:USB(Aタイプ)×1*最大128GBのフラッシュメモリによるデータ通信用 ●XLR出力時の極性切替:背面スイッチで対応 ●サンプリング周波数:32〜192kHz/16〜24bit 2ch PCM(光TOSは96kHzまで)、HD LINKのみ2.8224MHz/1bit 2ch DSDに対応 ●OS:Windows Embedded Compact 7 ●消費電力:24W ●外形寸法:465W×161H×396Dmm ●質量:14.3kg

マイルーム

マイルームは公開されていません

所有製品