assi
assi
理論?派・自作ローコストオーディオをやってますが、実はハイエンドやオカルトも好きだったりします。よろしくお願いします。

日記

最新の日記
カレンダー
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最新のレス

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

最新の日記

自由(席)が無くなる!

私は自由が好きだ。電車に乗るときも当然自由席だ。
JR特急「あずさ」の自由席が無くなるのがとても悲しい。

さてコンピューター関係で自由といえばFSF(Free Software Foundation)とGPLです。FSFはこのライセンスによって自由なソフトウェアを発展させようとしています。ライセンスを振りかざして公開をやめさせるのはナンセンスです。

GPLとは簡単に言えば
「私の作ったソフトウェアは自由に使ってね。そのまま使っても良いし、人に配ったり売ったりしても良いよ。ただし人に配るときには希望があればソースコードを渡す義務があるよ。」
「このソフトウェアを好きに改変しても良いよ。ただし改変したソフトウェアも同じライセンスにする必要があるよ。またこのライセンス以外の余計な条件を付け加えてもダメだよ」
これだけです。(正確なところはFSFのサイトなどで確認してね)
ライブラリなどの動的リンクについてはまたややこしい話がありますが。

ソフトウェアを公開する場合にはGPLに関連した部分はソースを公開する必要がありますがそれ以外は公開する必要はありません。
ようするにGPL部分とそれ以外が分離できていれば面倒はありません。
分離できなければ全体がGPLとなってしまうだけです。

私の作ったamafirというチャンデバソフトはライブラリにfftw3を使っています。fftw3のライセンスはGPLです(お金を払えば別のライセンスでも使えるますが)
したがって私の作ったソフトもライセンスはGPLにする必要があります。

またクローズドな組織ということにしてソースを公開しないというのはかなり無理筋です。私は法律の専門家ではないので確実ではありませんが、組織としてソフトウェアの権利を保持して管理していなければ認められないと思います。

私の勤務先の組織でGPLソフトを改変して使用していたと仮定します。
ソフトの著作権は勤務先(個人ではなく組織)が保持しています。インストールされているコンピューターも組織のものです。このソフトをコピーして持ち出せば横領の罪になります。またこのソフトウェアのバグにより損害が出ても私の責任ではなく組織の責任となります。

これくらいでないと「同一組織内なのでソースは出さないよ」というのは認められないと思います。

今回は書いていて暗い気分になってきました。まあ営利目的でない限り訴えられる危険はほとんど無いのでそういう意味ではどうでも良いのだろうけど。

ただ私はソースを公開してくれた人の意思は尊重したいと思います。ソースが公開されてなかったなら私のラズパイマルチアンプシステムは不可能だったのだから。

最新のレビュー/コメント

レビューはありません

マイルーム

リビングオーディオ
リビングオーディオ
持ち家(戸建) / リビング兼用 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーン~120型 / ~5.1ch

メイン:自作3wayマルチアンプ サブ:LinuxによるPCオーディオ 3wayマルチアンプだったり、フルレンジの時もあり。気分で変わります。

所有製品