cocoa
cocoa
趣味でスピーカーや家具を作っています。 今回はウッドホーンを製作してバーチカルツインにシステムアップしたいと頑張っています。

日記

最新の日記
カレンダー
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

最新の日記

マニアが作る2種類のXLRケーブルの試聴

 先日福井のKeiji_bというオーディオケーブルを製作している方から2種類のケーブルについて試聴の依頼がありました。
 基本的な構造は同じですが、加工方法で異なる部分があるそうで、 両ケーブルの仕様は次の通りです。



試聴に使う私のシステムですが、
 
このようにプリとパワーアンプの間が4m離れているので、今回特別に4mのケーブルを製作してもらいました。
2つを比べてみても見かけはほとんど同じような感じです、外装は黒のネットチューブでサラサラしていて極端な曲げ方はできませんが取り回しはいたって快適です。
特に低域再生について意見が欲しいという要請でしたのが、低域再生はもちろんですが中高域とのバランスについても注意して聴いてみました。
ケーブルはどちらもあらかじめエージングがされているということでしたので早速WTS-X3300から試聴してみました。
低域については、一聴すると線が細いかなと思いますがダブつかずしっかりした鳴り方をしており、中域から高域はしっかり明確で、ちょっと張っている感じですが全く嫌味はなく基本的には明るい音調です。
井筒香奈江のリンデンバームではささやくような、フッと抜けるような歌い方で、ともするとボーカルが引っ込んで聴きにくくなることがあるのですが、ウッドベースやバックからきれいに分離して優しい声が聴けました。
課題の低域ですが、ブヨブヨとかぶることなくすっきりと抜けていきます。
低域を締めて鳴らしたいと思っている場合は、システムを変更しなくてもこのケーブでかなりの調整が出来て有効だと思います。

WTS-X5300は、線材メーカーと線径が違うようで、基本構造はWTS-X3300と同じということですが、こちらはWTS-X3300と比較すると一回り音楽が大きくのびやかに聴こえます。
低域についてはしっかりと深く沈みながらダブつくことはありません。また、高域の再生も伸びでいるのですがあまり張った感じもなく大変見通しの良い音を聞かせてくれます。

どちらのケーブルも単線でXLR端子が銀メックのためか、決して嫌なものではないのですが高域にほんの少しキラっとしたものがあるようです、これについてKeiji_bさんでは銀メッキの影響ではないかとのことでした。
私の所ではプリとパワーアンプの間が4m離れているので、市販のケーブルを簡単に試聴できなくて今まで5種類くらいのXLRケーブルを使ってきましたが、今回試聴させてもらった2種類はなかなか面白いケーブルだと思いました。
今回の試聴に合わせてWTS-X5300の金メッキバージョンを製作していただくことになり、我が家に居座るような予感がします。
価格も驚くほど安価で、メーカーでは宣伝費や社員の雇用など、膨大な会社の経費が掛かるので決してこの価格では不可能だと思います。
先日1mのピンケーブルが88万円という驚くほど高価なケーブルも聞かせてもらいましたが、我が家で使おうと思うと352万円もかかってしまいます、マルチの4CH分だとさらに倍ですから。(泣笑)
こうなると、アンプやスピーカーどころか部屋も変えたほうが早いということになりかねないので、私の台所事情ではまず無理だと思います。(笑)
Keiji_bさんはヤフオクなどにも出品して頑張っていまして、個人でも本当に音楽が好きでオーディオが好きで、良いものを丁寧に作っている方がいるのはうれしいです。


最新のレビュー/コメント

レビューはありません

マイルーム

自作の部屋です。
自作の部屋です。
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~12畳 / 防音あり / スクリーンなし / ~2ch

狭い部屋なので出来るだけ簡素にして楽しんでいます。

所有製品

所有製品は登録されていません