MF
MF
PCオーディオまであらゆる再生方法を実践して音の違いを楽しんでおります。

日記

最新の日記
カレンダー
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

最新の日記

少し早いですが2019を振り返り

慌ただしくなる前に日記を書こうかなと・・・汗
令和元年の2019年、MFPCは目まぐるしい変化の年となりました。

①foobaer2000からroon+HQplayer+NAA
②roon+HQplayer+NAAからroon+HQplayer+NAA+Diretta
③roon+Diretta
④オールUSBLAN
⑤半二重100M2ペアLANケーブルの作成
⑥roonコアPCを第9世代i9に変更
⑦windows10 1703ベースから1909に変更
⑧1年振りにプロセスカットを刷新
⑨アルミケースからウッドケースに変更

とまぁ・・・ざっくり書いても結構やらかしてます(汗

この中でも③のDirettaとの出会いが、今年一番やらかした原因です!(声を大に
Direttaを知るほど、私の中のPCオーディオの常識が崩壊しました。

崩壊はオーバーでした(笑)

このDirettaは、オリオスペックから販売されたUSBDACにDirettaを使用できる画期的なPCです。
https://www.oliospec.com/shopdetail/000000008167/

まぁPCとして販売しているので、当然PCを購入するわけですが・・・

<オリオHP抜粋>
フロントのUSBポートに挿してあるUSBメモリーはシステム起動用ですので抜かずにそのままご使用下さい。

本PCには標準でWindows10 Home 64bit版がプリインストールされています。
USBメモリーを抜いた状態で起動するとWindows10が起動致します。
キーボード、マウス、ディスプレイを接続して頂きWindowsPCとしてもご使用頂けます。

【サポート】
このパッケージ商品は、高度なPCの知識が無い方にも、リーズナブルな価格でDirettaの高音質を手軽に体験していただくことを目的として企画したものです。従って、販売時の初期設定から逸脱する使い方をされた場合には音楽再生動作に関するサポートは行うことは出来ません。


その他、以下の場合はサポート対象外です。

1、任意のプログラムを追加でインストールした場合
2、他のPCを使用した場合
3、PC本体のみでご購入頂いた場合
<以上>

で・・・、

「抜かずにそのままご使用下さい。」
と書かれると抜きたくなってしまうのが人の性です(笑)
これはサポート外なので、くれぐれも自己責任ですよ!


それでpandaに挿してみましたがDirettaははじめ動きませんでした!
しかし他のPCでは動くのになぜ・・・と思ってDiretta公式HPを見たら、
https://support.diretta.link/doku.php?id=certified:targetbridge

「USBEtherイネーブルはUSB Ether Addapterをサポートしています」

これ見てピンと来ました。
pandaのLANはUSB接続なので初期設定ではUSBLANが動かなかったんですね。
公式HPに書いてある意味がいまいち分からなかったので、Linuxに詳しい友人に教えてもらい、Diretta targetPCに低消費電力低ノイズpandaを使用できるようになりました。

これはかなり効きましたね!

次は④のオールUSBLAN

私の検証では、確実にPC本体に備わっているLANより確実に音質が向上しました。
と言うことで、現在は4台すべてのPCがオールUSBLANを使用しています。

⑤の半二重100M 2ペアLANケーブルの作成も私的に大発見となりました。


roon+Direttaのネットワークトラフィックを見ると各PCが、ほとんど送信か受信しかしていない事に気が付き、それなら相互通信の全二重ではなく半二重通信がLANの作動ノイズが減り音質向上になるのでは?と思いました。

「全二重」と「半二重」の違いって?
https://thinkit.co.jp/story/2015/04/16/5792

Diretta検証の日記を書いていた時に送信サイクルがギガビットより100Mのほうが安定していたのであえて100Mを設定していました。

それからLANの規格について調べていたら、今市販されているLANケーブルは全二重通の8極8芯であり、半二重であれば半分の4極4芯の2ペアケーブルでよい事を知りました。
しかし市販されている2ペアLANケーブルはほとんど見つからないので、自作をする事にしました。


もう何本作った事か(笑)
ノイズを伝えるケーブルが8本から4本に減った効果は、驚愕と言えるべき効果でした。
私は通信速度は100Mでも十分なので、WANからすべてこのLANケーブルに変えました(笑)

最後に⑨!
以前にグルマンさんが、PCはケースが無いほうが良い!と書かれていましたが、やってみて驚きです(汗


DACやアンプの天板を外すと音が開放的に伸びやかになると認識していましたが、PCも半端なく効きます!
デジタル機器を販売するには、多くの規格があるため基盤むき出しは絶対にありえませんが、オーディオ用途のPCであればケースは無いほうがノイズは確実に下がると思いました。
ノイズ対策のプロの方に教えてもらいましたが、ノイズを閉じ込めるとケーブルで接続した機器へ流れ込み、開放すればノイズが機器へ流れ込む量が減少するとお聞きしましたが、まさしくそうだなと今は実感しております。

しかし基盤むき出しはさすがにまずいので⑨のウッドケースです(笑)

ずいぶん前からpanda用ウッドケースの存在はしていましたが、まさかこんなに音が良いとは・・・(苦笑

おっとこんな時間に・・・

2019年も残りわずかですが、2020年はどうなるかは全く分かりません(笑)

最新のレビュー/コメント

レビューはありません

マイルーム

マイルームは公開されていません

所有製品