MF
MF
4年ほど前からオーディオが趣味になり、アナログからネットワーク・PCオーディオまであらゆる再生方法を実践して音の違いを楽しんでおります。 現在はwindows10proをベースにミニPCを使いfoo…

日記

最新の日記
カレンダー
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

最新の日記

windows10 October2018Update検証開始

のびーさん、いたちょうさんから悪魔の囁きが届き検証病の発作が起きました(笑)

検証には更新アップデートではなく、最新ISOファイルでクリーンインストールが必須です。
ひとまず送り出し側のserverで検証開始です。
windows10バージョン1803から1809の検証となります。
検証音源は、吐き気が出るほど聴いた音源が望ましいです。
まずはドノーマルインストール直後のwindows10 October2018Update(1809)です。


この時間なので本気モードでは聴けませんが、確実に変化を聴き取る事が出来ました。

①残響音
②ハイハットなど高域

まだ30分数曲ほどですが、ぱっと聴いて顕著な変化がありました。
①はボーカルで言えば、残響音に移り変わる時間が早くなった事でしょうか。
大雑把に言いますと、今まで残響音になるのに1秒掛かっていたのが0.5秒位から聴こえる様になった感じです。
より自然に減衰していくように聴こえて気持ちが良いです。
②もこれは顕著な違いで分かりやすです。
音の質自体が変わって聴こえます。
ハイハットで例えると、チャリッチャリッ が チャッチャ と歯切れが良くなりボーカルの少し後ろで定位して聴こえていたのが、さらに1メートルくらい後ろに定位して聴こえます。

まだ検証開始直後ですが、今までまだ出ていなかった音があったんだな~と思える印象です。

OSがより忠実に音源データを送り出すようになった感じですかね。
これはあくまで私のPC・オーディオシステム構成での感想なので、参考程度でお受け止め下さい。

windows10 October2018Updateのお勧め度はずばり

120%です(笑)

来週ディズニーランドに数年振りに行きますが、頭が切り替えられるか今から心配です。

最新のレビュー/コメント

レビューはありません

マイルーム

マイルームは公開されていません

所有製品