ねこ@2
ねこ@2

日記

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

お気に入りユーザーはありません

最新の日記

Panasonic OLED(有機EL)テレビ TH-65EZ1000

6/16発売のPanasonicのOLED(有機EL)テレビTH-65EZ1000 が予定より早く本日納品されました。

今まで発売されていたテレビは、高精度な映像信号は受けつけても、内部では処理することなく捨てていると思われる機種ばかりで、プレイヤーの方もDeepColorを10/12/16などと設定はできても、映像信号上は元の8bitにゼロ詰めしてあるだけ、良くても10bitアップコンバートなんていうものがほとんどでした。

だいぶ長いこと待たされましたが、今回のプレイヤーはUHD:4:4:4/12bitにアップ処理している、テレビは内部的に16bit処理であると、はっきりと公開している機種なので、やっとここら辺のモヤモヤがきれいに払拭されました。

実際に映し出される映像も疑わしい感じがなくなり、黒浮きのないピクセル・セパレーションのくっきりした納得できるテレビにほぼ仕上がっています。「ほぼ」と言うのはモスキートノイズがたまに僅かに出るのと、今までは埋もれていたような背景に描かれた小さな文字まで見えるようになり、その部分が倍速処理で映像落ちして文字の一部分が表示されたり消えたりすることがあるという点です。

デジカメ性能の関係で、この写真では、白とび・黒つぶれしていますが、実際には真っ赤なバリア・星空背景、深紅の天井照明・床には背景が写り込んでいます。

映画アスペクト上下の帯部分も液晶とは違い真っ黒なので、とてもすっきりとしています。

あとはHDR仕様の問題があります。表立って指摘する人は居ないのですが、SDRのテレビより10倍明るくなっているとすると、今までの領域での諧調を保持したまま明るい方に拡張するためには最低でも3bitは増やさないとならないのですが、、メディアの記録は HD4:2:0/8bit から UDH4:2:0/10bit にわずか2bit拡張されただけです。4Kの高精細さは織り込み済みとすると、明らかにHDRは今までより諧調が荒いことになります。実際に見た画面も高輝度のメリハリに誤魔化されやすいのですが、はっきりいって階調が荒いです。

ここら辺を解決するのはシーンごとに明るさのゾーンを変化させることのできる、DolbyVision仕様なのですが、同一シーン(ヒトコマあたり)の階調は10bitしかとれないことは同じですので、どう味付けしてなめらかな階調を出すのか、実際の機材が入手できるまで待つしかありません。

すべてを満たす映像機器が出そろうのはまだまだ先のことになりそうですが、とりあえず今まで懸案だった事柄が片付いたので、ひとまず「ヨシ」として、だいぶたまっている映画メディアを楽しむことにします。

はめ込み写真リンク先はこちら

オンラインストアで「設置料金0円」が表示されていなくて選択できなかったの件を、Yバシと電話連絡している間に配送が予定より早く来て箱ごと置いていってしまったので、自分で設置する羽目に、おかげで納得いくまで設置場所の微調整ができましたが、、まったくねぇ、、


最新のレビュー/コメント

DC-GH5

PANASONIC

DC-GH5(LUMIX)

標準ズームレンズキット:¥OPEN(予想実売価格27万円前後)

発売:2017年3月23日

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

外部HDMI出力中のメニュー操作は要注意です


外部HDMI出力を録画したり中継している最中にメニュー設定の確認などを行う場合、メニューセットボタンを一回押して本体モニターに表示される大項目の一番下の緑色の矢印(再生メニュー)で、メニューセットボタンもう一回押しての小項目の中に入ると、勝手にメニュー画面がHDMI出力の方に切り替わってしまいます。

再生メニュー以外の小項目選択中にシャッターボタンの隣の前ダイアルでメニュー項目を移動する場合も同様に、再生関連の小項目メニューに入ったとたん切り替わってしまいます。

こうなってしまうとFn4ボタンでメニューを消すことはできても、再度メニューセットボタンを押すとHDMI側にメニューが表示されてしまい、本体側の表示操作だけでは元に戻す手段がありません。

本体モニター表示に戻すためには、HDMI出力側の表示されているメニューを見ながら再生メニュー以外を選択してからFn4ボタン押すと、次回からメニューセットボタン押したときに本体モニターにメニューが表示されるようになりますが、うっかりまたメニュー操作で再生小項目メニューを選択してしまうと、またHDMI出力に切り替わってしまいます。

メニューを見ながらダイアルを回しているだけで勝手に切り替わってしまい、簡単に元に戻せないのでたちが悪いです。

この件について、パナソニックのサポートへの問合せでは「仕様」であるとの回答で、このまま改善されない可能性が高いです。

またメニューの「Wi-Fiの設定」項目を選択した場合も、同様にHDMI出力に切り替わってしまいます。これについても「仕様」であると言う話ですが、隣の「Bluetoothの設定」では切り替わりませんので、どう考えても不具合以外のなにものでもありません。

本体裏面左上の「再生ボタン」の仕様と混同していそうな感じですが、トラブル防止のため設定操作中はHDMI接続機器の電源が入っていなくてもケーブルは抜いておいたほうが良さそうです。

HDMI出力で4KUHD4:2:2/10bitで録画できるという触れ込みで登場していますが、このような仕様では安心して録画できません。

SPEC】●有効画素数:2,033万画素 ●撮像素子:4/3型 Live MOS センサー ●モニター:アスペクト比3:2/3.2型 /約162万ドットモニター/静電容量方式タッチパネル/視野率約100% ●記録メディア:SD/SDHC/SDXCメモリーカード ●外形寸法:約138.5W×98.1H×87.4Dmm(突起部含まず) ●質量:約645g(本体のみ)

マイルーム

マイルームは公開されていません

所有製品