koji4432
koji4432
オーディオが好きです。 同好の皆さん、オフ会、交流いたしましょう。

日記

最新の日記
日記はありません
カレンダー
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

最新の日記

日記はありません

最新のレビュー/コメント

GENELEC

8351A

-

発売:-

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

断言します!

昨年からデリバリーされているパワードDSPスピーカーです。
ご存知のように本来はスタジオ・モニターというジャンルですが、自宅に導入して良い結果が得られたのでレビューします。

GENELEC社には同社らしいルックスの8260Aというスピーカーがあり、こちらがフリースタンディングタイプのトップ・モデルですが、8351Aは突然変異的に発生した機種ですね。
デザインは好き嫌いが分かれるところですが、昨今コンシューマ機にもこのようなデザインはありますから・・・

ユニークなのは外見だけではありません。
ユニットの構成は中心部のユニットはツイーターとスコーカーの同軸に加え、バッフルの両端スリット内部に楕円のウーファーが2発搭載されています。
パワードなので当然ながら各々3機のパワーアンプ(AB級、D級、D級)があてがわれています。

驚くべきは特性です。
http://www.otaritec.co.jp/web-catalogs/genelec_8351_brochure_web.pdf
f特は32 Hz – 40 kHz (-6 dB)、± 1.5 dB (38 Hz - 21 kHz)
垂直、水平の指向性も極めて優秀で、資料の図はロールシャッハの図版のようw

マニアとして心配するのは自宅で鳴るのかいうことですが、GLM2.0と付属のマイクにて部屋の特性を測定すれば再生レベル差補正、距離遅延補正、周波数特性補正を行ってくれるので、カタログ値とまではいきませんが、相当近い値を叩き出します。当然使いこなすまでに5年もかかる、アクセにン十万かけるなんてことはありません。

自宅にて8260Aとの比較を行いましたが、両方とも過度に制御を受けたような不自然さは皆無、余裕を持って音楽を鳴らす8260Aと忠実な音の再生を行う8351Aという印象でした。

うちではルーメンホワイトのリファレンス・モニターという存在です。

断言します!
特にPCオーディオをされる方にとって、このスピーカーは、あの有名スピーカーよりもゴニョゴニョ・・・

【SPEC】●最大音圧レベル:110dB ●周波数特性:32Hz〜40kHz(-6dB) ●使用ユニット:オーバル型ウーファー(215×100mm)×2、同軸スコーカー(130mm)、トゥイーター(19mm)MCD ●アンプ出力:低域 150W、中域 120W、高域 90W ●接続端子:XLRアナログ入力×1、XLR AES/EBU入出力×2、ほか ●外形寸法:287W×452H×278Dmm ●質量:19kg

マイルーム

My Audio Room
My Audio Room
持ち家(戸建) / リビング兼用 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーンなし / ~2ch

久しぶりに配置を変えました。 細かな位置決めはこれからです。 オーディオ機器は今となっては10〜20年選手ばかり… メンテしながら使っていきます。

所有製品