うつみくん
うつみくん

日記

お気に入り製品

最新の日記

いろいろ改良してみました。

さて今回は色々な部分に改良を加えました。

●まずはアース関連。

ルーターにリアルアースを設置していましたが、高音部が無い方が素直に出てくる感じでしたので撤去しました。これでリアルアースはiPutrifier ACのアース、FMチューナーのアース端子、アンプのフォノアース端子の3か所となりました。リアルアースはあまり使えないのが残念ですが、特性上仕方ないかと思います。

次はアコリバの仮想アースのケーブルを交換しました。
元の付属ケーブルはかなり太くて硬く取り回しが良いとは言えませんでした。また、本体が浮いてしまうのが問題となりTAOCのインシュレーターで押さえつけていました。
この付属ケーブルをKOJO Crystal Eに付属していたアースケーブルに交換して使ってみました。
重しのTAOCのインシュレーターを使う必要が無くなり素直な音に変化。静かに音が立ち上がってきます。結果は非常に良い方向で出ました。

●電源。

ウエルフロートボードを再び電源タップの下に置いてみました。
YAMAHAのネットワーク端末の下より効果的に音が良くなる感じでしたのでこの配置で使うことにしました。

電源ケーブル交換。
今回はアンプ部分のみ交換。マランツPM14S1の音がより細かく聴こえます。響きに関しても良好。低音もしっかりしました。OFCケーブルのみだとちょっと物足りない感じだったのですがかなり改善しました。
ケーブルはオヤイデ電気のAXIS-303。自社開発精密導体 ”102 SSC” を使用した製品です
これをもう2m注文しました。CDプレイヤーマランツSA12に使う予定です。

●防音。

ガラス窓は3重になっているのに外の音が聴こえます。何処からだろうと調べました。
部屋の隅に換気扇があったのですがそこからかなり音が入ってくることが分かりました。
厚手の壁紙を6枚重ねて貼り込み防音しました。
秋になると虫の声はかなりやかましかったのですが、ほとんど聴こえなくなりました。
部屋のSN比が上がり、良好でした。

以上3項目やってかなり改善しました。

最新のレビュー/コメント

705 S2

B&W

705 S2(700シリーズ)

ローズナット:¥320,000/ペア、ピアノブラック:¥336,000/ペア

発売:2017年11月

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

使用環境をかなりの覚悟で整えないとまともに鳴らない。

ここしばらくやっとまともな音になったという状況です。レビューいたします。

電源をブレーカーからオーディオ専用の回線を引いた段階でやっと普通に音が出ました。
まあ、普通に家庭用電源で使っても普通レベルの音が出ることすら無いと断言いたします。

一軒家に住んでいたからこそ、専用電源が引けましたが、アパートやマンション住まいの方は電源環境に問題が出るように思います。B&Wスピーカーはそういったところでは完全な音で再生できないと思います。

それなりの覚悟を持って使っていかないとこれを使うのは苦しいだけとなります。
システムを詰めれば詰めるほど音にそれが正確に現れます。まともな音を目指し頑張る覚悟のある人だけが使えるスピーカーです。自分がしていることが良いか悪いか正確に返事が返ってきます。それに耐えられない人は使うべきではないと思います。

800シリーズと比べれば700シリーズはまだシビアなところが少なく優しい側面があります。B&Wのスピーカーの中では鳴らしやすい方になると思います。

世の中にはB&Wより扱いやすく音のいいスピーカーはあると思います。苦しい道を選ぶより他のメーカーのスピーカーを使った方が効率的かもしれませんね。

【SPEC】●型式:2ウェイ・バスレフ型 ●使用ユニット:φ25mmデカップルド・カーボン・ドーム・トィーター×1、φ165mmコンティニュアム・コーン・ベース/ミッドレンジ×1 ●周波数レスポンス:50Hz〜28kHz ±3dB ●感度:88dB spl (2.83Vrms, 1m) ●高調波歪率:2次及び3次高調波歪 (90dB, 1m)<1% 100Hz〜22kHz,<0.5% 150Hz〜20kHz ●公称インピーダンス:8Ω ●推奨アンプ出力:8Ωでクリップしていないプログラムで30W - 120W ●外形寸法:200W×340H×285Dmm(脚部含まず) ●質量:9.3kg

マイルーム

マイルームは公開されていません

所有製品