うつみくん
うつみくん

日記

お気に入り製品

最新の日記

電源回りの改良。壁コンセント交換その他

今回は壁コンセントの交換工事を行いました。
オーディオ屋さんにお願いしました。電気工事士の免許が無いので専門の方に来てもらいました。
前からあったアコリバのコンセントベースの上にコンセントはフルテックFPX(R)、ロジウムメッキのものとコンセントプレートはフルテック104-D、グラスファイバーとカーボンとステンレスのハイブリットのものにしました。
ロジウムメッキにしたのは自分の後の代の方が使うことを考えました。自分が死んだらまた兄弟の子供などが住む可能性があり、メインテナンスがしやすいロジウムメッキを選択しました。

プラグですが伊達で3ピンにすることにしました。3ピンの方ががっちりホールドされ音にも良さそうだったので3ピンにしました。

工作が終わりはめてみようとしたところOCB-1RXのプラグから「カラカラ」と音がします。
もう一度分解してみたところ半月状のプラスチック部品が外れていることが分かりました。
ケーブルを押さえつけるかなり重要な部品でした。
はめてはみるのですが組み立てしている間に外れてしまい何回やってもうまく行きません。

プラグを交換することにしました。Panasonic製WF 5018KをAmazonで注文。OCB-1RXに取り付けました。
実はこの時別の電源タップ、6NOCB-1のプラグも交換しました。ゴム系のプラグだったのですが30年以上経過しかなり損傷していたためです。

オヤイデ電気で頂いたマニュアルをよく読んで工作しました。

さて出来上がり。

音を聴いてみました。低音が良く出るようになりました。プログラムソースによってはまだ高音がきついときはありますが、おおむね良好になりました。

あと、アコリバの電源タップにアナログ電源の製品、OCB-1RXにスイッチング電源の製品と分けました。これが当たりさらに自然な感じになりました。
特にスイッチングハブをアナログ電源グループに入れた時が変化量が大きく良くなりました。
もう一つ、6N-OCB-1をOCB-1RXと交換して使用してみました。プラグを交換した6N-OCB-1の音は素晴らしく30年以上前の製品ですが劣化したプラグを交換することで若返りました。
6N-OCB-1をメインシステムのスイッチング電源用に決めました。

いろいろやって低音はかなり出るようになりました。これに伴い高音部もきつさが表立って出ない感じになってきました。マランツがきつい音というわけではなさそうですね。

来訪されたオーディオ屋さんにブレーカーを見てもらいました。そう、次はブレーカー回りですね。多分予算面から来年になると思います。

最新のレビュー/コメント

UC-HRP

KRIPTON

UC-HRP(UC-HRP Series)

¥6,825(税込)

発売:-

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

なかなかの音質

クリプトン製品は、音作りが丁寧ですね。いつもながら感心します。
クリプトン製アクティブスピーカーKS-1HQMとの相性はバッチリです。

構造が特徴的で、電源線と信号線でケーブルを分けています。信号線は両方ともシールドされています。信号線は銀メッキ線を採用しています。
電源をカットしたケーブルではないので幅広いDACに対応できると思います。

見かけは300円ぐらいのUSBケーブルと変わりがありませんね。あまり高級感は感じさせません。恰好重視の人には向きません。

EYEパターン測定では余分な音がしないのが想像できると思います。
実際純度はかなり高い方だと思います。

高解像度ですが、自然さを感じさせます。スッキリした音調ですね。
値段を考えたら相当いいケーブルだと思います。
お試しください。

【SPEC】●ラインナップ(税抜):0.15/m¥6,500、1.0/m¥7,990、1.5/m¥8984 2.0/m¥9978、3.0/m¥119,64 ●信号線導体:銀メッキOFC線 ●信号線絶縁体:径0.50/PFA ●電源線導体:銀メッキOFC線 ●電源線絶縁体:径0.50/PFA ●編組シールド:銀メッキ軟銅線 ●特性インピーダンス:90Ω(±15%)

マイルーム

マイルームは公開されていません

所有製品