うつみくん
うつみくん

日記

お気に入り製品

最新の日記

NASダイレクト VS ネットワークオーディオ 音質ガチンコ対決

最初にNASダイレクトの音をマランツSA12を使って聴いた時に、ああ、これはネットワークオーディオより音がいいと感じました。
NASダイレクトの方が音がなめらかに感じました。
しかーし、これで終わりにはしませんでした。ネットワークオーディオを徹底的に再調整しました。

まず、ネットワークオーディオ端末YAMAHAのミュージックキャストデバイスWXC-50を無線LANから有線LANに切り替え。音が太くなり、良好です。ケースバイケースだと思いますが高音質スイッチングハブから有線でとったほうが無線LANより高音質でした。

オーディオクエスト製のLANケーブルは方向性があります。これを信号の流れに従い再度接続をやり直しました。だいぶ滑らかさが出てきました。

次は電源タップの接続見直し。手前にアナログ電源、後ろにスイッチング電源と配置しました。これだけでも随分音が良くなります。

ネットワークオーディオ端末の背面パネルの設定を見直しました。防振プラグは減り、水晶チップが増えました。これでかなり良くなりました。違和感が減り空間再現も向上しました。

LANターミネーターを外しては付けを繰り返し、結局全部撤去しました。撤去したほうがひずみ感が減り聴きやすくなるという結果でした。見直しているうちにアクセサリーとして相性が悪く出るようなった感じでした。

項目別に書くと簡単そうですが、2カ月あーでもないこーでもないやってやっと最近終わりました。

さてここで、また2つの方式で音質比較しました。

おおっ、こんどはネットワークオーディオが大差で勝ちました。ボーカルのセンター定位などもネットワークオーディオの方が上となりました。NASダイレクトは霧がかかったような感じがあることもわかりました。

結局ネットワークオーディオは調整項目が多く、詰めが甘いと音が悪くなりますが、詰めればそんな簡単には他の方式に負けることは無いという結果でした。

ここでIFI iPurifier3を外してNASダイレクトの音を聴いてみました。もうまったく勝負にならず。NASダイレクトの負けです。iPurifier3は安いNASのUSB出力の音を向上させる効果があることがはっきりわかりました。

で、これからですが、やはりネットワークオーディオ中心でやろうと思いました。ネットワークオーディオも使用9年目になり、それなりの積み重ねが音に出てきているなと思いました。

最新のレビュー/コメント

NH100

JS PC AUDIO

NH100

¥39,900(税込)

発売:2016年5月27日

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

ネットワークオーディオの音が目覚めたようになります

実際にはNH-100ではなく、NH-100ベースの特注品です。
内部にはIFIのiPurifier DCを内蔵しています。低ノイズなアナログ電源プラスノイズキャンセラーを組み合わせてさらに低ノイズなスイッチングハブを作りました。

プリント基板はネットギアのスイッチぐハブのものを使っています。
プリント基板はちかちか光るLEDライトの電源を切断しライトは一か所も点灯しません。
そのうえで音を悪くする部品群を手作業で交換。
アナログ電源部は銅板シールドで筐体内部で分離させています。
筐体はアルミ製です。

ネットワークオーディオの音を生き生きと再生させます。音質向上アイテムとしては最強の部類になると思います。

使いこなしとしては足回りに神経を使う必要があります。スパイクベースは黒檀スパイクベース、山本音響工芸のPB-10がうちではベストでした。
余分なものをLANケーブルで接続すると途端に音が悪くなってしまいますので可能な限りLANケーブルの接続はシンプルにする必要があります。
ネットワークプレイヤーの入力の直前に使うのがベストです。

【SPEC】●ポート数:4 ●外形寸法:230W×55H×180Dmm

マイルーム

マイルームは公開されていません

所有製品