TON2
TON2
オーディオ全盛時、長岡教から始めてカレコレ40年弱。今は改宗してのんびりやってます。

日記

お気に入り製品

お気にいられユーザー

最新の日記

擬似アース(エルマクリーン2)とiPurifer AC

こんにちは、花粉症満開のTON2です。いつになったら楽になるのでしょうね。

前回、エルマクリーン2につなぐケーブルを替えた日記を載せさせて頂きましたが、今回はそれにコミュの皆さんにも定評のiPurifier ACを購入してつなげてみました。
特にノイズに困っている訳ではありませんが、音的に何かの変化があれば、と期待しています。

なお、私のシステムもちょこちょこ変わっていますので、最新の結線図も明示しておきます。(小さくてなってすみません)

(前々回の表示とアナログ1と2の順番が違ってしまいました)


私の予想では、iPurifier ACは仮想アースを感知しないというから、アース表示もポラリティー表示も赤になって、アース端子からケーブルをエルマクリーン2につないだら片方だけは緑になるんじゃないか(うまく行けば両方とも緑になって欲しい)、と思っていました。

早速、エルマクリーン2をつないだまま、CSEの電源タップの空きコンセントにiPurifier ACを挿してみました。

予想に反して、両方とも緑が点灯。エルマクリーン2をアースとして認識している模様です。


因みに、エルマクリーン2の結線を外すと、

アースが赤になりました。

動作的にはこれで特に間違いはないと思うのですが、アクティブアース並みにアースとして認識できたのは意外でした。
両方緑という事はコモンモードノイズが除去できるという事ですよね。

次にノイズの量に変化がないか、スマホで測ってみました。(スマホはPixel3、アプリはSoundMeterというものです)
(音量は、通常音量DSMの表示で35〜40、フルボリュームは100)

フォノ以外は、前回同様フルボリュームでも通常音量でも37dBで変わらず。

フォノ1(Leggiero)は、前回より少し下がってフルボリュームでは48dBでしたが、ハム音が目立ったんで、置場をプレーヤーの横にすると、42dBに低下。(以前は電源タップP8の上)

フォノ2(Ph3D)は、Max70dB。   iPurifier ACのアース端子とPh3Dのアース端子をつないでみましたが、2dBくらい下がっただけです。誤差の範囲ですね

フォノ3(DSM付属MM)は、Max52dB。と2、3とも前とほとんど変化なし。

Leggieroだけノイズが下がった理由は、単に置場の違いなのかはよくわかりませんが、MMよりノイズが少ないって、さすがにこのフォノイコは素晴らしいんじゃないでしょうか。

音的にはどうか、(私見です)
透明度が少し増した様に感じます。少し綺麗な感じになった様です。
ただ、絵画や書道でキャンバスをハミ出る勢いが感じられる作品ってありますが、そういうところが抑えられて枠をハミ出さない、お行儀が良い感じの音になった様に思います。(単なるイメージです)

せっかく購入したんだし、特に悪いところも見当たりませんので、このまま様子を見ていこうと思います。

(追伸)
ネットでエルマクリーンのことを色々検索してみますと、(電磁波のことは別にして)
これは、「AC電源の接地側の端子を見つけ出して、機器の接地端子と結びつけるだけ 云々」、または、「2、3千円のラインフィルターの様なもので 云々」、とありこれで2万円弱は高すぎる、とありました。

電気知識に疎い私め(だったらオーディオ趣味にするな!)ですので、どうやって機器の接地端子をAC電源の接地側に接続すればアースの役目になるのかわかりませんし、RCA間につなげるであろうラインフィルターやノイズフィルターを、どうすればアースが取れる様になるものかが分からないので、詳しい方がいらしたら、ご教授願いたいです。

オーディオフェアの会場でよくAC電源に大きいコンデンサーをパラって取り付けているのとはワケが違うのでしょうね。


この様に色々と批判が多い商品でもあり、ここで日記に上げている事でこれの購入を皆さんに助長する気ではありません。私に何の利益もありませんので、・ ・念の為。

最新のレビュー/コメント

LEGGIERO

FIDELIX

LEGGIERO(レジェーロ)

¥194,250(税込)

発売:2014年12月初旬

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

静かなフォノイコ

去年10月、LPー12にもう1本プラスアームしたくて、同社の0SideForceと同時に購入しました。今は、新しく作ったプレーヤーに接続して聴いております。

機能面では、サブソニックフィルター、ミュートのスイッチと、2つのロータリスイッチでRIAA以外の規格に似たイコライザーカーブを作り出し古いレコードにも対応できたり、バランス出力があったり、と多機能です。(入力インピーダンスは、MMが47kΩ固定、MCは、1GΩと330Ωの切り替え)
取説も2枚表裏にビッシリ、技術、特徴、設置、使い方、仕様、アフター、回路図と親切。

肝心の音の面ですが、一聴して、商用電源なのにそのノイズの少なさにはびっくりします。私は、以前から乾電池式のフォノイコ(Sutherland PH3D)をメインに使っていますが、それに引けを取りません。サザーランドは、敏感なところがあって時折ハムを出して困らされますが、こちらはそういったこともなく安定して、使いやすいです。

ノイズが少ないですから、今までノイズに埋もれていた微細な音も聴こえ情報量が多く、解像度も高いのでクリアで明瞭な音になっています。

私のシステムは、怒涛のような低音や圧倒的空気感なんてものは土台出ませんので、その辺はチェックしようがありませんが、低音のレンジも十分に出ているのではないかと思います。ただ、トロンとした風合いや羽毛のような軽やかさ、独特の音楽性というようなものはなく、ハッキリ、綺麗な鳴り方で私は好感を持っています。

見た目からするとちょっと価格が高そうに見えますが、フォノイコで迷っている方には、一聴の価値ありと思います。
なお、RCAとバランスの両出力を試しましたが、私には違いがほとんど感じられませんでした。

【SPEC】●増幅:全段一定電流増幅 ●対応カートリッジ:MM/MC ●回路方式:V-I-V方式(電圧→電流→電圧変換) ●入力インピーダンス:1ギガΩ ●S/N比:-156dBV ●使用素子:貴重なHigh-gmのJFET ●EQカーブ:RIAA、SPを含め全25種類を搭載 ●入力:Lo MC、MM/Hi MC ●出力:RCA、XLR各1系統 ●外形寸法:150W×50H×250Dmm(突起部含まず) ●電源:AC100V 6W

マイルーム

お気楽まったりオーディオルーム
お気楽まったりオーディオルーム
借家(マンション) / 書斎兼用 / オーディオルーム / ~8畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch

2019年3月現在の写真とシステム図を掲載します。 2016年ごろのシステム 10年ほど弄ってなかったシステムを、ここ2年ほどでスピーカー、アンプ、FMチューナー、フォノイコ、CDプレーヤーを相次いで買い換えました。全部中古です。 今一番のお気に入りフォノイコ「SUTHERLAND PH3D」は所有製品登録できませんでした。これ良いです。 4,5年前に液プロを売り払って…

所有製品