Kn13
Kn13
PC歴は20年ですが本格的にオーディオに足を踏み入れたのは2016年夏からです。今は色々システムをいじりながら楽しんでいます。

日記

最新の日記
カレンダー
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最新のレス

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

最新の日記

Windows Server 2016 GUIでのJPLAYStreamer700Hz/0.01s再生

Control PCがWindows Server 2016 GUIの場合にJPLAYStreamerによる700Hz/0.01s再生が1曲目の終わりに停止すると聞いたため、私のPCで試したところ再現しました。これは何とかしたいと考え、色々試してみたところ回避策を見つけました(通常はDUALですが手元にキッチリ対策済のPCで700Hz/0.01sを試すDUAL環境がないためSINGLEで実験)。

■事象
以下の組み合わせの時に700Hz/0.01s再生すると、1曲目が終了する10秒程度前にDCOM Server Process LauncherのCPU使用率が10%程度上昇し再生が停止

OS :Windows Server 2016 GUI
ASIOドライバー :JPLAY→XMOSドライバー…(a)
Control Point :Upplay…(b)
Renderer :JPLAYStreamer…(c)
DNLA Server :foobar2000+foo__upnp…(d)

※Windows Server 2012 R2で発生しないことは確認済
※他のControl PointやDLNA Serverは未確認
※(a),(b),(c),(d)を同一PCの場合と(d)を同一ネットワーク上の別PCの場合の2パターンを確認
※(a)と(b)(c)を別PCにするのが通常のDUAL PC構成

■実験結果
・極限までプロセス停止→×
・DcomLaunchのサービスグループを一時停止→×
・XMOSドライバーのLatency/Buuferの組み合わせ色々→×
・XMOSドライバーのStreaming設定のオン・オフ→×
・JPLAYの設定変更(BitstreamをNative→Force 24bit(DACに合わせる))→×
・JPLAYの設定変更(Clock 0→1,2,3)→×
・Process Lassoの設定変更(Pro Balanceオプション組み合わせ色々、無効化)→×
・Process Lassoの設定変更(DcomLaunchの優先度上げ下げ)→×
・ネットワークアダプターの受信バッファ変更(80→256)→×
・dcomcnfgによるcom+分散アプリケーション無効化→×

DCOM Server Process LauncherはGoogleでちらっと調べた限り、com+分散アプリケーションの事らしいので、無効化してみましたが、それでも解消しないため、原因は別にあるのかもしれません。

■回避策
ということで、原因特定と解消は一旦諦めて、問題となる事象を回避することにしました。つまり、Control Point上で次のトラックへ移るタイミングで何らかのCPU/ネットワーク負荷が発生し再生が停止するわけですから、1トラックを再生し続ければいいわけです。

最も簡単な方法は、アルバム1枚のWAVファイルをCUEシートを使わずDLNA Server上でライブラリ管理し再生する方法ですが、ライブラリ再構築が必要で使い勝手が犠牲になるため、保留します。

次に考えたのが、以前の日記の後半で試した方法です。これで問題を回避し安定再生できました。

ソフトの組み合わせは冒頭に記載した通りですが再生方法が異なります。ポイントは次の2つ。
・UpplayではDLNA Serverにfoobar2000を指定し、playback stream captureをPlaylistへ送り再生
・foobar2000ではDeviceをNull Outputにして楽曲を再生

こうすると、Control Point上では1トラックを再生し続けることになり、再生停止の原因とおぼしきDCOM Server Process LauncherのCPU使用率上昇という事象が発生しませんでした。

私は全てアルバム1枚のWAVファイルをCUEシートでライブラリ管理していますが、アルバム跨ぎ(複数cueシート)も1アルバム内も複数トラックを数曲ですが問題なく再生できました。長時間再生は未検証です。

CPU負荷の観点では、より厳しいSINGLEで安定再生できたため、DUALは問題ないでしょう。この方法は楽曲の再生・停止等の操作をControl PointソフトではなくDLNA Server化したfoobar2000で行うため、Control Pointが稼働するControl PCと別PCで稼働させて3台構成にすればより安定するはずです。

次はCOREだと問題が発生しないのかを確認しようと思います。


~閑散休題~


私は本気モードで音楽に浸るときは、CPUとメモリの動作クロックを下げて、JPLAYはULTRAstream、1Hz/10s、Clock3(15.6ms)、DACドライバーはExtra Safe、32768samplesの設定です。私のシステムの場合は、この方がよりアナログっぽいやわらかい音になるため、好きな音ですね。通常のJPLAYStreamer再生でも止まることはありません。

700Hz/0.01sも好きです。音の弾力感というか筋肉質な感じが増してキレが良くなるため、音の立ち上がりが速いアンプやスピーカーだと相性が良いと思います。

さて、DAC選びが難しいな。。。REF10がやっと発表されたしどうしようか。。。

最新のレビュー/コメント

レビューはありません

マイルーム

マイルームは公開されていません

所有製品

所有製品は登録されていません