燻製一年目
燻製一年目
7-80年代ブラックミュージックと最近のベースミュージック、アニソンが大好きです!最近はクラシックや現代音楽、最近のジャズ、昭和歌謡もストライクゾーンが広くなってきました。 ヘッドホンで8年近く…

日記

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

最新の日記

phile-webの皆様、どうか知恵をお貸し下さい!

いきなりですが、今度リフォームする事になりました。
詳しい日取りはまだ決まっておりませんが、
現在数社に下見に来てもらいどんな塩梅か診てもらっている段階です。

唐突のリフォーム話に見えますが、実は私にとっても寝耳に水(爆)


両親が定年退職を迎え、老後まで安心して暮らせる家に直したい
という所がスタートラインで、どうせならお前(燻製)もやるか?
と有難いお言葉を頂いたので、これを一世一代の大勝負と捉え
私もオーディオ部屋のリフォームを決断した次第です(^0_0^)フンスッ


そんな経緯がありまして、わたくし燻製一年目
現在どんな部屋にしようかと奮闘中な訳でございます(汗)

とはいえ、私なんぞの初心者がいくら頭を捻っても
・・・中々良い案が浮かびません。

浮かんだところで想像通りの効果を狙える経験則もないので
本当に博打のような青写真でしかありません。




そんな訳でして・・・

phile-webの皆様におかれましては

何か思うところがありましたら、どうかご教示頂きたく
今回日記を書かせて頂きました。
何を言っているのか分からないところもあると思うので
ビシバシ突っ込んでください!そして
何かアドバイスを頂ければとても嬉しいです。よろしくお願い致します。


それでは早速、


まず、リフォームにあたって燻製一年目は何を期待しているのか?
大きく分けて以下の5つに分類しました。


①防音(隣の部屋からはメロディと性別が不明なレベル以上)
②フローリングの効果(バリッとしてクッキリした音像)
③完全固定された壁の効果(振動によるS/N悪化の回避)
④高い天井による解放感(エアボリュームアップ)
⑤ほどよくライブ、ほどよくデッド(ピュアも映像もイケる部屋に)
⑥定在波の悪影響の無い部屋に(フラッターエコーとかも極力無し)


次に、その期待(目的)を達成するための対策と、その際に悩んでいる事
を書いていきます。アドバイスを頂けると助かります。

目的①→防音(隣の部屋からはメロディと性別が不明なレベル以上)
対策1→横の壁を全て2重壁に変更。間はロックウールでギュウギュウに。
悩み1→壁自体の素材や構造は何が良いのか分かりません><;

対策2→床下全てバラシて一面深めに基礎を打って壁の基礎とは縁切り
    基礎自体を別個にすることで低域を縁切りする
悩み2→部屋が低音で膨張したり隣部屋への伝わるのを回避したい目的ですが
    達成可能でしょうか?縁切りって実際どんな感じで行うのでしょうか?
    イメージが湧きません(泣)


目的②→フローリングの効果(バリッとしてクッキリした音像)
対策1→SPと機器を置く辺りは根太のピッチを狭めて土台をしっかりさせる。
悩み1→根太の間隔は均一だと定在波の影響が出るとの話を聞きます。
    補強したい場所の根太を狭めるピッチは均一で大丈夫でしょうか?

対策2→床材は根太の上に下地合板→制振マット→フローリング材にする
悩み2→目的②や良い音を目指すなら制振マットは外した方が良いでしょうか?

対策3→床材とSP後方壁を硬めにして横壁とリア壁を柔らかめにして音を
    流すことで音が行き場を無くして破綻しないようにする
悩み3→そもそも固い素材から柔い素材に音(振動)が流れて音は回るのか
    表面の素材が中高音、芯の素材が低音の振動に影響するのでしょうか?

目的③→完全固定された壁の効果(振動によるS/N悪化の回避)
対策1→グラスウールの次にタイガーボード、その上に合板または無垢材
    あるいは合板の次にクロスまたは漆喰塗りなどを検討中
悩み1→目的①と壁の話題でダブりますが、防音も音響も良い壁を作るには
    そこが非常に難しく感じています。何か良い案はありますか?

目的④→高い天井による解放感(エアボリュームアップ)
対策1→現在の畳部屋だと高さが2900mmありますが、床下を全部バラシて
    一から基礎を打つので後600mm程度は床を低くすることが可能です
対策2→天井についても600mm程度なら高くすることが可能です。
対策3→部屋の大きさを現在の8畳+2畳の間柱ありから10畳に変更可能
    もっと言えば、更に伸ばして12畳に変更も可能。
    ちなみにレコードやCD、机も寝室に移動して
    オーディオ部屋はオーディオ&ヴィジュアル装置だけににする予定です
悩み3→石井式の寸法比だと10畳がベストなのですが、
    12畳にしてSP後ろを広くとる事も魅力的です。
    目につく定在波が回避できるなら12畳でも良いのですが
    どういった対応法があるでしょうか?
    部屋の角度を少しずつ変えたり、だとしたらどんな形でしょう?
    何か木材を使ったり、オススメの方法はありますでしょうか?

目的⑤→ほどよくライブ、ほどよくデッド(ピュアも映像もイケる部屋に)
対策1→横壁を漆喰、SP後ろを硬い壁、リスポジ後ろを柔い壁にして
    ライブ過ぎる部屋から音を流して薄めようと考えています。
悩み1→上記は定在波対策でもあるのですが、なにぶん密閉空間なので
    これでもまだまだライブ過ぎる気がします。
    部屋が完成してもライブ過ぎたら、天井に吸音材を貼って
    上に流れてきた音を吸い取って音を消していこうと思いますが
    吸音材はなるべく使いたくありません・・・

目的⑥→定在波の悪影響の無い部屋に(フラッターエコーとかも極力無し)
これは目的⑤等で書いた方法で解消を目指していきます。
ただ、漆喰と漆喰なら大丈夫そうですが、SP背面とリスポジ背面そして
床と天井は木材の予定なので心配です。部屋自体に角度をつけたり物を置いたり
そういった方法以外でもあれば(壁材でなんとかできれば)良いのですが…



最後に・・・
石井式と漆喰と無垢材、それぞれの音の良さというのを感じてみたいのですが
なかなかそういった機会に巡り合えておりません。
もし、皆さま参考になるショウルームなどありましたら教えて下さい。
とりあえずダイケンは行ってみようと思っております。


それでは、とりとめのない日記になってしまいましたが
皆様からの天啓(コメント)を頂ける事を楽しみにしております。
よろしくお願い致しますm(_ _)m

最新のレビュー/コメント

レビューはありません

マイルーム

ホームシアターでのピュアへの挑戦
ホームシアターでのピュアへの挑戦
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~10畳 / 防音なし / スクリーン~80型 / ~2ch

極力AV系での様々な音質的なデメリットを抑えつつ、ピュア2chでの音質追求を進めていこうと思ってます。 そしてビジュアルは副次的なおまけと位置付け、あくまで息抜き、楽しみながら少しづつ改善していけたらと思っております。 ピュアもホームシアターも初心者ですので、おかしな点も沢山あると思いますので、どうか皆様におかれましては、ビシバシとご指導にご鞭撻の程よろしくお願い致します。 この…

所有製品

  • オーディオボード KRIPTON AB-3200
  • SACDプレーヤー/トランスポート ESOTERIC P-03
  • 電源機器 CSE TX-2000
  • 音場調整材 日東紡音響エンジニアリング SYLVAN
  • 音場調整材 日東紡音響エンジニアリング ANKH-II
  • ADプレーヤー TECHNICS SL-1200MK3D
  • DAコンバーター AIT AIT-DAC-zn1
  • ヘッドホン STAX SR-009
  • ヘッドホン FOSTEX TH900
  • 電源機器 FIRST CRY DA-7020i
  • 電源機器 中村製作所 NSIT-1000plus
  • スピーカーシステム DALI OPTICON8
  • プリメインアンプ LUXMAN L-507uX