燻製一年目
燻製一年目
7-80年代ブラックミュージックと最近のベースミュージック、アニソンが大好きです!最近はクラシックや現代音楽、最近のジャズ、昭和歌謡もストライクゾーンが広くなってきました。 ヘッドホンで8年近く…

日記

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

最新の日記

天知る地知る、己を知ってPCを知る(MFさん邸訪問記)

こんばんは!燻製一年目です!

いやぁ~、一気に寒くなってきましたね!
クーラーを消してオーディオを聴ける幸福感もいつの話と
最近ではいつ暖房を入れるかのカウントダウンも近づいて参りました。

この頃は秋の夜長の鈴虫の大合唱も鳴りを潜め、S/Nが良くなり
湿度も良い感じで落ち着いて、音の見通しも良くなって・・・

ずっとこのまま・・・時が止まれば良いのになぁ~と
一日に一度は願う毎日でありますが


そんな、秋もオーディオも深まる今日この頃
皆様、いかがお過ごしでしょうか?




私の方は・・・MFさんとの交流が大分深まってまいりました^^v
拙宅に来られた回数2回、伺った回数1回、
これらを9月からの僅か1か月足らずで頻繁に交流させて頂きました。


そもそも、MFさんとは不思議なご縁で
スピーカーがDALIで同じ(私がオプティコンでMFさんがヘリコン)
プリメインもラックスマンで同じ(私が507uxでMFさんが509x)
もっといえば私は昔コードのdac64mk2を、MFさんは今ヒューゴ2を使っています
そして私も以前はJPLAYに嵌っておりました。

驚くほどに共通項が多くてお会いする度ビックリするのですが
それ以上にビックリするのは、これほど似ているハズなのに

出てくる音は天と地の差という衝撃的な事実(爆)

うーん、どうしてこうなった^q^;;;;;;



似ているハズなのに、全然追いつけていない次元の差に愕然とします(白目)
そこには機器のスペックの差も当然ありますが、それ以上に
音を詰めていく中での物事に対する姿勢やお人柄も強く反映されているように思いました。

そんなMFさんと、ひょんなキッカケからharubaruさんのお陰もあって
逢瀬のショールームでお会いして
そこから色々と交流が始まった訳ですが、その中で

同じメーカー機を所有するユーザーだからこそ見えてくる視点ですとか
メーカーの強み、弱みに沿ったアプローチですとか
そのスピーカー、プリメインを深く知っているからこそ言える事など
一般論とはまた違った特有の視点からのアドバイスを沢山頂きました。

ズボラで適当な燻製には初めて知る事ばかりでとっても新鮮でした!
この辺は本当にちゃんとしないといけません。

そしてMFPCについても素晴らしく勉強になるロジックを沢山教えて頂きました。

先日のベルウッドさん、いたちょうさんからの宿題もそうですが
MFさんからも気になる点を沢山ご教示頂いたお陰もありまして

ここのところ毎日オーディオの調整や理解が捗って仕方がありません^^v
まだまだ弄れる所がある、それだけで希望の絶対値が膨れ上がります。
皆様のおかげでオーディオがとっても楽しいです!

皆様、その節は本当にどうもありがとうございましたm(_ _)m




さて、前置きが長くなってしまいましたが・・・
今日はタイトルにもあります通り、MFさんちの訪問記を書かせて頂きます。

実は、先日のkanataさんのMFさん邸訪問の際に私も同行させて頂いていたのですが
その後のkanataさんの素晴らしい芸術作品の様な訪問記を拝読しますと
私が改めて書く必要なんて当然ない程に、完成されている訳ですよ(爆)

対外的にはもう、これ以上のものはなく、私が何を書いても蛇足でしかありません。
しかし対内的には、つまり自分の体験として収斂させる意味では
やはり小学生並みの感想でも自分の感覚で落とし込んでおかないといけません><;

心の声:でもなぁ・・・
kanataさんの訪問記に後ろ足で砂をかけるような行為になっちゃうし
もしかしたらkanataさんの感想と食い違いもあるかもしれない
やっぱり俺は訪問記を書かない方がいいんじゃないだろうか・・・


謎の声:ちょっと待てよ!




                    いいぜ ヘ(^o^)ヘ
                            |∧
                            /
                それでも
             燻製が赤っ恥を晒すってんなら
             
                 /
             (^o^)/
           /( )
          / / >

      (^o^) 三
      (\\ 三
      < \ 三
..\
(/o^)
( / まずは
/く そのふざけた
   幻想をぶち壊す




燻製:かっ上条さん!!!厳しい激励をありがとうございます(自作自演)
そんなわけで上条さんの後押しもあったので書いていこうと思いますf^^;
って糞三文芝居をごめんなさい、コピペ貼りたかっただけです(笑)





まず、最初にMFさんの音源を聴かせて頂いたのですが
真っ先に驚いたのはどれも爆音であるという事!
先日のベルウッドさん邸に続いてまたもや爆音の洗礼です(笑)

いや、爆音という表現ではないですね、大音量です。
音源はポップスやクラシックではあったのですが
計ったら平均90dB位はありました。
とはいえ、破綻というか耳に付く感じは一切ありません。
音が大きいとは思いましたが(笑)

ただ、だからこそ、ベルウッドさんちは一戸建てだったので分かりますが
MFさんちはマンションの1階でしたので、それでいてmaxで100dB近くを叩き出すのです。
それほどの音量が出ていてもMFさんの瞳には一点の曇りもありません。
穏やかな土曜日の午後、マンションの一室で、100dB近い爆音を澄んだ瞳でかけてのけるのです。
私はもう真っ先に、恐いもの知らずのMF兄貴の漢っぷりにやられてしまいました(笑)


清々しいまでの爆音兄貴、MFさんによるとRC軽量鉄骨、床と壁が二重になっていて
間に吸音材と空気層が入っているため漏れが少ないとかなんとか・・・
実際どんなつくりなのか非常に気になります。部屋選びの参考にしたいなぁとf^^;


そして、ここまで大きい音にも関わらず破綻がないので
それなりにお部屋の容量もあるのかと思いきや・・・
よく見るとお部屋は15畳程度のLDKです。大きいといえば大きいですが
しかし、このエアボリュームで100dB出ても煩くない事実に衝撃を受けました。


出てきた音は凄まじく高解像度、ハイスピードで
こんなにハイファイな音は今まで聴いた事がないかもしれません。
おまけに音像の裏側の質感まで見えてきました。

私なんかは喉の奥が見えてこないと四苦八苦しておりますが
MFさんちは喉の奥に加えてその音像自体の裏側まで360度の音像が見えています。

それは声に限らず様々な楽器に於いて裏側が存在し
全ての音像がホログラフィックに、3Dに、1つの立体音響の極みのように展開されます。

そして30Hz程度の重い低域でも立ち上がりが凄まじく早く
それもあってか低域の音同士の混濁感も皆無で、躍動感が凄まじい事になってました。

打ち込み音楽はもちろんのこと、クラシックにおいてでさえも
低域がいかに音楽のグルーヴ、土台を支配していたかを実感させられました。


それでいて、これらの音がPCオーディオ(MFPC)という事実に頭が真っ白になります。

PCオーディオのハズなのに、氷の解けたコーラなんて事もなく
味気ない表現とかと言えば情感たっぷりで、タイかと思っていた表現がスラーだったり
実は1音ではなく、スパッと切れてから余韻で伸びた2音だと気づいたり
音楽の表現力が、そもそもの演奏者の出したかった技巧をある意味全部出しているような
そんな全ての情報量を根こそぎ叩き出すもモニターライクではないのです。
とても温度感があって、熱く、厚く、訴求力のある表現が絞り出されているのです。

響きも美しくて、むしろ響きが部屋中に強く染み渡っているのに
その響きが見通しの良さを邪魔しない事で、ハイファイなのに濃厚な空間でした。
後は広大な広さがあったらまさに私の理想の一つかもしれません。

それは私の大好きなTADのリファレンス1なのですが
それとはまたちょっと違うのですが
ある種の共通性をMFさんちで感じる事ができましたので
終始、カブリツキで聴き入ってしまいました(笑)


同じような構成なのに、所有者によってここまで音が変わる事を体験して
それは音質的に拙宅と次元が違う事もそうなのですが、それ以上に
音場型と音像型、後方展開とカブリツキ、ライブとデッドなどなど

人によって、その好みによって、まるで別物になってしまう事を体験して
自分を見つめ直すとても良いキッカケとなりました。

ここまで書いといてなんですが、とはいえ
MFさんちは今の拙宅の目指す方向性とは真逆なんですよね・・・
上手く拙宅にも取り入れていければとは強く思いました。


そう考えると、805友の会は(唐突)
オーナーの皆様にとってはとても刺激的で楽しい会なんだろうなぁと
様々な可能性を証明しあうかのような、同じSPでもいくつも答えがあって
自分もオプティコン8友の会なんてあれば良いなぁ、なんて思いました。

残念ながらファイルウェブにはオプティコン8なんて私しかいなそうですが(泣)




そんなこんなを、頭の中でグルグルしながら視聴させて頂きました。

きっと顔にも出ていたのでしょう・・・
終始kanataさんからは怪奇な目で見られておりましたが
まさか、その反動があんなに弄られてしまう日記になるとは思いもしませんでしたが(驚愕)
私も今後は反省し、オフ会中にあまりダラシナイ顔はしないようにしておこうと思います(爆)



この日は残念ながら、私は夜勤明けだったので夕方にはそのまま帰りましたが
とはいえ、熱いMFさん、何かと拾ってくる意味深なkanataさん
そして眠気と興奮で顔がダラシナイ燻製と、三人でとても楽しいオフ会となりました(笑)


とても貴重な体験が出来ました!
この度はkanataさん、そしてMFさん、どうもありがとうございました!
また機会があればどうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m

最新のレビュー/コメント

レビューはありません

マイルーム

ホームシアターでのピュアへの挑戦
ホームシアターでのピュアへの挑戦
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~10畳 / 防音なし / スクリーン~80型 / ~2ch

極力AV系での様々な音質的なデメリットを抑えつつ、ピュア2chでの音質追求を進めていこうと思ってます。 そしてビジュアルは副次的なおまけと位置付け、あくまで息抜き、楽しみながら少しづつ改善していけたらと思っております。 ピュアもホームシアターも初心者ですので、おかしな点も沢山あると思いますので、どうか皆様におかれましては、ビシバシとご指導にご鞭撻の程よろしくお願い致します。 この…

所有製品

  • オーディオボード KRIPTON AB-3200
  • SACDプレーヤー/トランスポート ESOTERIC P-03
  • 電源機器 CSE TX-2000
  • 音場調整材 日東紡音響エンジニアリング SYLVAN
  • 音場調整材 日東紡音響エンジニアリング ANKH-II
  • ADプレーヤー TECHNICS SL-1200MK3D
  • DAコンバーター AIT AIT-DAC-zn1
  • ヘッドホン STAX SR-009
  • ヘッドホン FOSTEX TH900
  • 電源機器 FIRST CRY DA-7020i
  • 電源機器 中村製作所 NSIT-1000plus
  • スピーカーシステム DALI OPTICON8
  • プリメインアンプ LUXMAN L-507uX