燻製一年目
燻製一年目
70年代ブラックミュージックと最近のベースミュージック、アニソンが大好きな33歳独身です。ヘッドホンで8年近く聴いてきましたが、去年の夏からスピーカーを導入しました。初心者ですがよろしくお願いします!

日記

最新の日記
カレンダー
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

最新の日記

ペテルギウス大爆発

お久しぶりでございます。燻製一年目です。
皆様如何お過ごしでしょうか?

わたくし燻製一年目はとても充実した日々を過ごしております。

仕事の面では勤務体系の変更など、転職を考える位に酷い状況ですが
ひとたび家に帰れば、それはもう充実した音楽鑑賞に浸っております。

今回はそんな近況をご報告させて頂きます。


まず、前回の記事にてケーブル交換を書きましたが
実はその後にボンさんが拙宅にお越しになりました。

ニッキーさんのルームチューニングと
ケーブル変更による音の変化を体感して頂く
そんなドヤ顔でボンさんを招いたつもりだったのですが・・・
逆にボンさんからのドヤ顔を終始拝むオフ会となりまいた(笑)

ボンさんは天使なのか悪魔なのか・・・沢山のアイテムを携えて
私を更なる魅惑と、誘惑の世界へといざなうのでした・・・


今回のオフ会では
ニッキーさんに調整して頂いた点はそのままに

それ以外の場所に対して、様々なケーブルをセッティングして
拙宅のシステムにおける沢山の可能性

これを導入すればこうなるし、それを導入すればそうなる
といった、沢山の音の変化を経験させて頂きました。

終始ケーブルなどをとっかえひっかえするオフ会となりましたが
この日、私が最も印象に残った、そして好みに沿ったアイテムは

・電源ケーブルではトラペのPLXL
・XLRケーブルではトラペのBMLS

それとボンさんが自作の仮想アースも持参して下さいまして、その際に接続した
・ホームセンターで売ってる単線ケーブル


これらによって拙宅の音は音場型として、そして私の好みとして
かなり完成度の高い満足のいく音になりました。


まず、トラペの電源ケーブルでは
アンプのラックスマンの純正15000から付け替えると
解像度が上がり、軽やかで柔らかな音になり、だけど低域もしっかりとあり
浮つかず、冷たい音から暖かい音にも多少シフトしました。
そしてなにより
音の定位する位置がSPとSPの間から背後の壁にまで下がりました!

次にトラペのXLRケーブルですが、音の隙間に音が入り込み
だけど太さを感じない存在感のある音に変化して
壁際の音場に対しても、それを安定させるような存在感が備わりました。
部屋の空気感がより音で充満したものとなり
それと音場の広さが相反していない点がとても気に入りました。

残念ながら壁の向こうまでは音場は到達できませんでしたが、それでも
以前の音場に比べれば3歩4歩は理想的なものとなりました

しかし、それと引き換えにミッドロウが膨らみローエンドが隠れ
ボワついて膨らんだ低域となってしまいました。
単音では18Hzまでは圧も音も聴こえるようになりましたが20Hz台も含め
30Hz以上の低域が同時に出るとマスクされてしまいます。

音の動きも静的になってダイナミックなノリが薄れてしまいました。
頭の冴えたときに効く音楽のようにゆっくりと音楽が流れていきます。
リラックスして聴くには良いですが難しい所です。

この状況を修正するために仮想アースをアンプに接続します。
そして、アコリバ、オヤイデ、ホームセンターのケーブルなどに
金メッキ銀メッキ端子など、様々なバリエーションで比較しました。

私にとってはホームセンターのケーブルが一番合っていました。
ニホンデンセンのN-300という単線ケーブルに金メッキ端子です。

低域の解像度が上がり、ローエンドもマスクされずしっかり出てきて
部屋全体で音が鳴るような凄まじい低域になりました。
しかし、高域ではキン付きが悪化して刺さりが酷くなり
これではベースミュージックには満足ですがアニソンなどでは楽しめません。
また、部屋全体でなる低域によって中域の主張も薄れてしまいました。

端子が銀メッキであれば違うのかもしれませんが
この日はここまででお開きの時間となり、課題を残したままの解散となりました。

課題といってもこれらはボンさんの所有するアイテムなので・・・
撤収してしまえば後に残るのは鮮烈な思い出だけです。

去り際の名残惜しさったらありません。
ゲス顔で去っていくボンさんが今でも脳裏に浮かびます(笑)


もっと聴きたい・・・導入すればこんな音になる・・・

まさに理想に近づくショートカットです

そんなブツをマジマジと堪能してしまったら・・・・


皆さんならどうですか?



導入するしかないでしょ!!





はい、そんなこんなで
前回の記事から今までずっと、ひたすらネットで探していました。

そして運が良いことも重なりまして
購入できるものは段階的にゲットして揃える事ができました^^v

こちらです
Transparent PLXL

電源ケーブルはオフ会の物と同一です。そして

Transparent BLMU

XLRケーブルはより高いグレードの良い出物があったので速攻で購入しました


懸念していたノリの悪さですが
XLRケーブルが良いためかオフ会の時よりは気になりませんでした。
ハイスピードではありませんが、これなら気にならなそうです。
いや、ちょっと気になる曲もあるのでここは要改善です。

低域も確かにボワつくのですが、低域の解像度がより高くなり
刻むところはしっかり刻みます。
ローエンドもマスクされていないので、このバランスは逆に良いと思いました

高域のキン付きについてもかなり収まりました。
平均85dBを超えると気になりだすのは変わりませんが
そもそも平均85dBでも以前より音が大きくなったように聴こえます。

そのため刺さる前の音量で満足して音楽を聴けるため
キン付きの悩みともおさらばできそうです。

ただ、音場については若干の想定外がありました。

壁際に行っていたと思った音場ですが、現状では
「壁際もある」といった程度の奥行きで
ただ立体感はオフ会の時よりも改善しています。

ボンさんが耳の後ろから聴こえて気持ち悪いといった音源も
リッピングながらも、CDには及びませんが
まずまずの気持ち悪さになりました。

まだすべてを変更してからは2日目ですが
システムに馴染む時間が残されているとはいえ
出だしが好調なので最後まで好調に進みそうです。というのも


実は新品のウェルフロートボードもSP下に導入しました。


しかし、出だしが不調だとやはり最後まで不調のようで
解像度は禿げ上がるほど秀逸なのですが、DALIの響きが消えてしまい
モニターライクで若干冷たいボードの音がモロに乗って
加えて支配力も強くて上流のケーブル変更の影響も限定的になってしまい
残念ながらSP下からは撤去しました。
導入10日目位で柔らかさも出てきたので
もっと馴染ませれば更に改善するのかもしれませんが・・・

ただ、ニッキーさんもメヌエットにはウェルフロートを履かせていませんでしたので、相性の問題なのかもしれません。私のようなアホには使いこなせない代物だったんだろうとも思いますが、まだ諦めずに次はトランスに履かせてみます。

残念ながらラックに収まらないので場所がまだ確保できていませんが
来月末には追加のラックを導入して設置したいと思います。


今回を通して
評判の良いものでも各自のシステムや上流、好み、テクニックによって
その評価は変わって来るのだと勉強になりました。

今回私の書いた内容についても、私と同じような趣向やシステムでないと
同じような感想にならないのかもしれませんし、そういった点からも

はやり自分のシステムで試してみてからの導入

これが一番確実なんだなぁと激しく心に刻む一日となりました。


とりあえず、これにて今年の大物購入は終わりです。
後はゆっくりとルームチューンアイテムなどを自作しながら
来年まで過ごそうと思います!

ボンさん、この度は本当にお世話になりました。
どうもありがとうございましたm(_ _)m

最新のレビュー/コメント

レビューはありません

マイルーム

定在波+純和室との戦い
定在波+純和室との戦い
持ち家(戸建) / 書斎兼用 / オーディオルーム / ~10畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch

紆余曲折あって上記の配置になりました ここまで来るのに部屋の改修や断捨離、再配置を何度もいくつか行いました。 お陰で部屋はオーディオ専用ルームにかなり近づきました。 今年の3月には、現在の配置ですがニッキーさんにも手伝って頂き 大幅な音質改善の効果を確認しました。 今後もルームチューニングは課題としてありますので コツコツと少しづつ行っていければと思います *2月時点で定…

所有製品