飛騨牛
飛騨牛
オーディオ歴50年の肉は三大和牛には入っていない飛騨牛が最高(特にすき焼き最高で独特の旨味が割下に負けない)と思っている岐阜出身の初老中年です 学生寮生活でのカセット+ヘッドホン時代、秋葉原ヤマギワ…

日記

最新の日記
カレンダー
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

お気に入りユーザーはありません

最新の日記

サウンドハンター

何故名前を「飛騨牛」にしているかというと、プロフィールにも書きましたが岐阜出身だからです。

私のオーディオルームにあるルームアクセサリーは岐阜の実家のすぐそばにある「サウンドハンター」(最近はオーディオ部門は岐阜に移りましたが)という店に行くたび逐次増えていきました。
この店は昔から私が真空管時代から使っていたラックスマンをメインにセッティングしているため自分のオーディオ向上検討に最適であり帰省の度にサウンドチェックに通っています。
上の写真にも写っていますが、センター以外の音響パネル、オーディオラック、スピーカーベースボード、電源コンセントケース等少なくとも床からは全て「サウンドハンター」独自の玉石で床からの共振からアースされています。
お店の人に言わせると電車線路にある「枕木」下の砂利石の防音防振効果と同じと言うことでした。これを使うことで何ともいえない締まった低音が手に入れられたのかなと思っています。特に電源ボックスの玉石有り無しの違いには驚き速攻で買い換えたものでした。(値段は2倍しましたが)
音響パネルは昔(少なくとも10年前)からインターナショナルオーディオショウのラックスブースで使っていました。効果は全てお店で確認した上で買いました。比較試聴は手間と体力が必要で店の人も大変だと思いますが、実際効果を確認できるともう買う以外選択はなくなってしまうのです。
又ココで電源ケーブルの重要性を痛感させられ今は無きAC DESIGNに電源、インターコネクトは全て変えました。最近は逐次ヨルマに変わりつつありますが。
今回所有製品でサウンドハンターの製品を投稿しようとしたらメーカーに登録されていませんでした。店の人文句言った方が良いですよ。

最新のレビュー/コメント

RIQ-5010W

ACOUSTIC REVIVE

RIQ-5010W

¥50,400(税込)

発売:2005年2月20日

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

ACOUSTIC REVIVEらしさ

以前あったハイエンドオーディオでPCオーディオの音質アップ実験で使用していた際あの場でも効果を感じたのでヤフオクで入手しました。
色々な場所で試してみましたが、現在はプリアンプ、CDプレーヤーそしてスピーカーのPUPPYの上に置いてあります。
音傾向は私的にはRR-777と同じ傾向でどこか生々しさが出て外せなくなります。
確かにオカルト的ではあり、もしかすると単なるプラシーボ効果かもしれません。だが、ある時「いつもと違うな」と思い。確認するとセットを忘れていた事がありましたので錯覚ではないのではないかと思います。
只、費用対効果としては何ともいえません。
もっと安く済ませたい人は、ヤフオクで時々ACOUSTIC REVIVE製品ではないものが安くでたり又御徒町の宝石店でさざれ水晶が1000円前後で売っているのでそれで試すのも良いかも。

【SPEC】●外形寸法:約50mmφ×約10Hmm ●質量:50g

マイルーム

マンションオーディオ
マンションオーディオ
持ち家(マンション) / 専用室 / オーディオルーム / ~8畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch

子供たちが巣立ち子供部屋がマイオーディオルームになりました。 オーディオでの最大の醍醐味は金をかけずに如何に音をよくするかこれが出来たときまたは出来たと錯覚したときが最大の喜びとしている毎日です。

所有製品