どんぐり
どんぐり
以前、長野県白馬村のどんぐり村に居住していた時の そこから望む白馬岳をタグにしました。 晴れた日は何時も朝日に輝く白馬連邦を眺めていました。 眼下に流れる渓流の通奏低音のような響き、朝もや、小鳥…

日記

お気に入り製品

最新の日記

今朝のアキロン・クァルテットを聴いて

今朝のクラシック俱楽部:アキロン・クァルテット演奏会は観て、聴いてとても楽しいコンサートでした。
http://www.triton-arts.net/ja/concert/2017/06/04/2303/

今朝のプログラムは
モーツァルト弦楽四重奏曲 第5番ヘ長調K・158
ドビュッシー弦楽四重奏曲 ト短調 作品10
アンコール・ラヴェル弦楽四重奏曲ヘ長調から 第2楽章

始めのモーツァルトは凛とした爽やかな朝に相応しい曲で、お陰でスッキリと目覚めることができました。
2曲目のドビュッシーはモーツァルトからより深い音楽の世界へと感じさせる素晴らしい曲、フランスの香りが感じられました。モーツァルトとの対比が面白いですね。
彼女達はまだまだ初々しいですが音楽に対する真摯な姿勢にとても好感が持てました。
弦楽四重奏曲に疎い私にも心地よい朝となりました。
ーーーーー
(補足)
前回、クリスティアーネ・カルクをアップしたのですが寝坊したため約半分しか聴くことができませんでしたがこのまま再アップさせていただきました。

クリステーネ・カルク ソプラノリサイタルを聴いて

今朝のクラシック?楽部はクリスティアーネ・カルク (ソプラノ)リサイタルでした。
朝5時半に目覚めTVをオン。既に30分が過ぎ最初のモーツァルトは聴けず、ブラームスの歌曲からとなりました。最近このようなリサイタルはなかなか気に入ったのがなく、録画せずに聴いていましたが、余りの素晴らしさに驚き3番目のプログラム・Rシュトラウスから録画しました。

2016・3/10王子ホールでの録画です。
http://mercuredesarts.com/2016/04/10/クリスティアーネ・カルク

正統派のドイツの歌姫との事、聴いていてどんどん音楽の世界にに惹き込まれていきます。豊かで温かな歌声は大好きなティバルディを想わせます。ピアノのマルコム・
マルティノーさんもジェラルド・ムーアを想わせるような素晴らしさです。

お二人の演奏は完全に音楽の世界に浸りきっているかのようで、夢のような美しい世界を提供して下さいました。

  幸せな朝のひと時に感謝です

最新のレビュー/コメント

DENON

DP-S1

¥924,000(税込)

発売:-

このモデルは生産を完了しています

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

DA/DP-S1はわが装置のリファレンス

DENON DA/DP-S1はわが装置のリファレンス(再投稿)

この機種を基準として20年に亘り装置を構築してきました。しっかりとした力強いサウンドは他の追従を許さないと思えるほどです。
しかしパイオニアCDPのPD-70AEの出現により音楽の大切なエッセンスである音のなめらかさや温かさはこれに一歩譲る感じです。
高特性を求めることにより損なわれる音の自然さは致し方ないのかもしれません。
今は楽しく音楽を聴くのは70AEで、迫力あるリアルティなサウンドを求めるときはS1で、と聴き別けています。

[お詫び]
管理ページの「製品レビュー」を見て投稿しました。しかしトップページでは「新着レビュー」となっています。この機種は古く、これ以前のレビューもあり該当しないと思い消去してしまいました。「新着」の意味を取り違えてしまいました。編集部に復元をお願いしましたが「いったん消去したものは復元できない」とのことです。
HerumitageさんからDPS1のトップフローティング機構とデザインの良さ、のお褒めのレスを頂きましたが消去してしまいました。誠に申し訳ございません。

【SPEC】●消費電力:15W ●外形寸法:434W×143H×400Dmm ●質量:16.7kg

マイルーム

アナログ再生
アナログ再生
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch

所有している約400巻の4trテープを真空管アンプとオープンリールデッキと タンノイのスピーカーで再生。 リスニングルーム兼音楽室・16畳、2.2~3.5m高 「使用機器」     スピーカー, タンノイスーパーレッドモニターSRM12B     オープンリールデッキ,TEAC Ⅹ300     プリメインアンプ, LUX  N100      別室(…

所有製品