レネゲイド
レネゲイド

日記

最新の日記
カレンダー
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

最新の日記

REWによる補正について


前回の日記で掲載したスピーカーのセッティングを修正した後の特性です。
これをREWのイコライザー機能を使用して補正します。

REWのEQボタンのFilter Tasksに以下のパラメータ
Match Range:制御したい周波数帯
Individual max Boost:落ち込んでいる周波数をどの程度ブーストするか
Overall Max Boost:全体を通してどの程度ブーストするか
Flatness Target:目標としたい平滑度のばらつき範囲
(他は省略)
を指定して、Match Response Targetの文字列をクリックしてスタートします。


すると補正用のコンボリューションフィルターを20個生成します。この生成アルゴリズムについては、経験から、深い谷は放置する 中ぐらいの谷は埋める方向 山は全般的につぶす方向 なのか分かっています。これは、assiさんの指摘と同じようです。
埋める度合いやつぶす度合いは上記パラメータの指定で簡単に変えることができます。

生成されたコンボリューションフィルターは、TEXTファイルであり、REWのexport Filter Settings As Text で書き出します。

そのTEXTファイルを別ソフトであるEqualizer APOに読ませて使用します。その特性を再びREWで測定した結果です。


最初にスピーカーのセッティングが誤っていたケースとこの最後の補正をかけたケースとを聴いて比較すると、全帯域に渡り改善されていることがわかります。(特性のグラフだけを見てもどちらが良いかわかるまでは習熟していませんが)

最新のレビュー/コメント

Nautilus804

B&W

Nautilus804

¥294,000(税込)

発売:-

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

Nautilus804の本来の音

平成14年に、それまで使っていたビクターのSX-7IIが壊れたので、JBLやTANNOYなどと聴きから比べて、購入しました。その時までは、B&W社は知りませんでしたね。SX-7IIなどとは明確に異なる、硬質だか明瞭な音にびっくりしたものです。
発表当初は入荷まで3カ月待たされた事も後から知りました。
それから、13年間オンキヨーのセパレートアンプP-309.M-509で鳴らしていましたが、特に不満もありませんでしたし、特にオーディオに関心もありませんでしたね。
しかし、ある出来事をきっかけに、クラシック音楽にふたたび傾倒し始めると、再生音に色々な不満が出てきました。特に、世評通り低域が出にくい事と、弦パートの高音部が硬いなどと不満がいっぱい、オーディオの迷路に入り始めていました。
ラックスマンDA-200、アキュフェーズA-46、各種ケーブルなどを購入しては、ああでもない、こうでもないと、やっていました。その中で、効果の大きかったものは、
1.バイワイヤリング 2.REWによるルーム補正 3.A-46の交換 4.PCオーディオとEqualizerAPO 5.USBケーブル交換 6.スピーカーケーブルを短くする 7.RCAケーブル交換の順でした。
特に1と2は効果が大きく、再生音が一変しました。Nautilus804は決して低域が出ない、高音部が硬いスピーカーではありませんでした。(セッティングはシビアですが)
今では、かなり上質の音を奏でてくれるようになってます。

【SPEC】●型式:3ウェイ・4スピーカーバスレフ、フロア−型 ●使用ユニット:2×165mmペーパー/ケブラーコーンウーファー、1×150mmケブラ−コーンFSTミッドレンジ、1×25mmメタルドーム・トゥイーター ●再生周波数帯域(-6dB):30Hz-30kHz ●周波数レスポンス(-3dB):45Hz-20kHz ●出力音圧レベル(2.3V/1m):89dB ●公称インピーダンス:8Ω ●推奨パワーアンプ出力:50W-200W ●外形寸法:238W×1015H×344Dmm ●質量(1本):24.0 kg

マイルーム

NAXOS と REW
NAXOS と REW
持ち家(戸建) / 書斎兼用 / オーディオルーム / ~8畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch

地下に設けたオーディオルームです。PEAKで90dbまでOKです。アースを地中に取ったせいか、音は全般的に静謐です。ソースは、もっぱらクラシック音楽ですが、昨年5月に加入して以来、今ではほとんどNAXOSのストリーミングで聴いてます。ご存知のとおりギャップレス再生ができないので、交響詩やオペラはつらいですが、160万曲ものライブラリはほんとに素晴らしいです。 NAXOSは12月に128kbpsか…

所有製品