眠り猫
眠り猫
中学時代にクラシックにハマる ↓ 大学時代に偶然長岡鉄男氏の著作を読み、スピーカー自作にハマる ↓ 諸事情により一旦デスクトップオーディオに縮小 ↓ あまり音楽を聴かなくなり何年も経過 …

日記

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気にいられユーザー

最新の日記

今日の音楽(フィンランド放送交響楽団のライブ録画)

フィンランド放送交響楽団の公式サイトのアーカイブより。

プロコのVn協奏曲はソリストがノリノリで楽しい。
ミッコ・フランクさんもご健在で何より。
http://yle.fi/aihe/tapahtuma/2016/02/11/thursday-series-6

Mikko Franck, conductor
Alina Pogostkina, violin

Einojuhani Rautavaara: Angels and Visitations
Sergei Prokofjev: Violin Concerto No. 1
Claude Debussy: Images


同じくプロコのピアノソナタbyムストネン

http://yle.fi/aihe/tapahtuma/2015/11/11/wednesday-series-5

Olli Mustonen, piano
Sergei Prokofjev: Sonatas No. 5, 8, 1, 3, 7


サラステが振るシベリウスの5番。
同じ組み合わせの全集(2回めのライブ録音のほう)が好きなのですが、こっちの最新ライブの方が生命力があって圧倒的に演奏の質が上。
3回目の全集録音してくれないかな・・・。

http://yle.fi/aihe/tapahtuma/2015/11/25/wednesday-series-6

Jukka-Pekka Saraste, conductor
Kari Kriikku, clarinet

Antti Auvinen:Junker Twist, fp (Yle’s commission)
Unsuk Chin: Clarinet Concerto, fp in Finland
Jean Sibelius: Symphony No. 5, original version

最新のレビュー/コメント

S-1

NU FORCE

S-1

¥35,700(税込)

発売:2008年9月9日

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

Iconシリーズ専用スピーカー

【前提として】
かなり特殊な製品です。
接続はLANケーブルで、Icon(Nuforceのデスクトップアンプ)に接続することを前提としたスピーカーです。
接続した際にIcon側でS-1を認識し、イコライジングをかけた上で音を出すようです。
通常のスピーカーケーブル類は一切接続できません。
つまり、Iconシリーズのうちスピーカー出力がLANになっている製品を持っていなければ、ただの箱です。

【形状】
非常にコンパクトなサイズですが、その割に重く、かなり作りがしっかりしています。
デザインはシンプルで良いです。
フルレンジ1発の密閉型、パラボラアンテナ型のホーンというかウェーブガイドみたいなものが付いています。

【音】
柔らかな、雰囲気豊かなまとまりが良い音で、どんな音楽でも心地よく聴けます。
音像型ではなく音場型です。
ユニットはマグネシウムコーンだそうですが、金属ユニット特有のシャリシャリ感は全くありません。
またIcon側での補正の効果か、このサイズとは思えないスケール感があります。(※あくまで「このサイズにしては」です。)
低域は公式スペックだと80Hz~で、実際そのくらいかな、という印象です。
サブウーファーと組み合わせると一気にスケールが大きくなり、更に良くなります。
Iconの設計自体、それを想定してか背面にプリアウトがあり、サブウーファーを接続できるようになっています。

発売当初に購入してからデスクトップで使っていますが非常に良い製品だと思います。
心地よい音が好きだ、デスクトップでは作業の邪魔にならない音がいい、といった方に特に向いていると思います。

【SPEC】●ユニット構成:3.5インチチタニウムフルレンジドライバー ネオジウムマグネット ●ホーンサイズ:6インチ弱 ●接続端子: RJ45 ●インピーダンス:8Ω ●能率:87dB 1W/1m ●再生周波数帯域:80Hz〜20kHz ●最大出力:30W ●外形寸法:153W×244H×121Dmm ●質量:2.2kg/本

マイルーム

マイルームは公開されていません

所有製品