あとー
あとー
2016年、遅咲きのオーディオ趣味開始。 何もわからない状態から日々試行錯誤しています。

日記

最新の日記
カレンダー
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お気に入り製品

最新の日記

はじめてのオフ会(ニッキー邸訪問3)

コミュニティの皆さま、こんばんは。

長い間引っ張った初めてのオフ会のレポートも
今回で最終会となります。

前回の予告どおり、「ニッキー邸システムの真価!
解放される隠された力!!」をお送りします。

早速ですが、ニッキーさんお手製のカレーランチを済ませ、
午後からはルーシーさんの持ち込まれたCDと、
私の持ち込んだUSBメモリの再生をしていきます。

まずはルーシーさんのCDをDCD-SX1で再生。
この日はじめてのCD再生になります。

ルーシーさんがCDを収め、トレーをClose。
再生がはじまります。

そこで出てきた音に、ちょっとビックリしてしまいました。
帯域バランスが良く、躍動感があり、広い音場と、適度な音像を伴っています。
午前中に聴いていた音は一体なんだったんだろう?
ニッキーさんの音は、DCD-SX1を組み込んで完成するんですね。
パズルの最後のピースが嵌め込まれたようにとても馴染んでいます。

これは本当に、いつまでも音楽を聴いていたくなる音ですね。
ルーシーさんがお持ちになったCDを何枚か聞き、
ルーシーさんもニッキーさんの音に納得されたご様子。

次は私の持ち込んだUSBメモリを繋ぎます。
まずはネットワークプレイヤーのN-70Aへ接続。
。。。。。

USBメモリを認識しません。。

次にDCD-SX1にも接続を試みます。
。。。。。

同じく認識しない。。

これにはちょっと思い当たるフシがあり、
別のUSBメモリを試してみます。

N-70Aに接続すると。
これは問題なく認識。選曲すると再生がはじまりました。
先のUSBメモリはファイルシステムのフォーマットがFATではなく、
128GBのexFATだったのですが、おそらくこのフォーマットが原因と思われます。

差し替えたUSBメモリで、持ち込んだアナログ盤と同じ曲を何曲か再生。
N-70Aからの出音を確認します。
アナログに比べて、腰高でスッキリした感じです。
抑揚もすこし抑えられた感じがします。
N-70AからのデジタルアウトでONKYOのP-3000RのDACへ切り替えます。

すると、心地よい響きが加わり空間が広く感じます。
音質も硬質なものから柔らかく変化しています。
これは聴く曲によって使い分けできて楽しそうですね(笑)

そして、真打ちのDCD-SX1にUSBメモリを接続して同じ曲を再生。
。。。。。。

!!!!!!!!

これ、全然違うじゃないですか!!
やっぱりニッキーさんのお宅は、DCD-SX1で完成するのだと再認識。

N-70AやP-3000Rでは、バランスが腰高で躍動感が薄かった音が、
ファイルオーディオでもやはり、DCD-SX1から音を出したとたんに
ピラミッドバランスで躍動感のある音に変化しました。

これは楽しい。
これ欲しい(笑)
よく行くお店でDCD-SX1を格安で提示されているのですが、
このタイミングでこの音を聞いてしまっては。。。

これ、卑怯ですよ、ニッキーさん。。。

この時点で時計は17時を回っていました。
楽しい時間は過ぎるのも早いものです。

最後に、ニッキーさんのサブシステムを拝見し、
ニッキー邸を後にしました。

ちなみにサブシステムは、ミニミニコンポだったのですが、
その躯体に似合わないほど良い音を出していました。
あんまり詳細を見ていないので、詳しく記事にはできないのですが。

ニッキーさん、ルーシーさん、
初めてのオフ会、とても楽しく過ごす事ができました。
これからもよろしくお願いいたします。

最新のレビュー/コメント

OS-52

山本音響工芸

OS-52(OSシリーズ)

¥67,200(税込)

発売:2005年7月

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

アサダ桜の響き

横幅が大きすぎず、フルサイズが格納できるラックを探して辿り着きました。

機器を設置して一聴して感じられるのは、強固なラックに由来する解像感の向上、そして、アサダ桜のインシュレーターを使ったときと同様な、心地よい響きが得られます。

また、足にはT-8のネジが切ってあり、スパイクやT-Prop等が装着可能で、これにより一層の解像感、SNが得られます。

柱や仕切り板が単体でも販売されており、増築が可能なのも発展性があって選びやすいです。

材質の響きを載せたくないと言う人にはあまりおすすめできませんが、ウェルフロート等の併用で軽減も可能です。

私の感性では、二重丸でオススメできる逸品です。

【SPEC】
●棚板3枚、高さ520mm ●設置スペース:500W×450Dmm ●外形寸法:560W×450Dmm ●高さ:320mm、520mm、770mm、920mm、1220mmの5種類 ●質量:19.6kg ●別売りキャスター:OS-CAS→耐荷重50kg/個、4個組み/\12,600(税込) ●別売りスパイク:OS-SPK→4個組み/\7,140(税込) ●その他ラインナップ(いずれも税込):OS-32→棚板2枚/高さ320mm/12.6kg・\51,450、OS-77→棚板3枚/高さ770mm/20.8kg・\79,800、OS-92→棚板4枚/高さ920mm/26.8kg・\103,950、OS-122→棚板4枚/高さ1220mm/29.6kg・\117,600    

マイルーム

制約の箱庭
制約の箱庭
持ち家(マンション) / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~14畳 / 防音なし / スクリーン~60型 / ~7.1ch

ローボードの上、かつオーディオラックとスピーカーが隣接しているという悪条件ですが、制約の中でも良い音を目指します。

所有製品

  • カートリッジ AUDIO-TECHNICA VM750SH
  • カートリッジ SHURE(カートリッジ) M44G
  • その他アクセサリー fo.Q RS-912
  • ハードラック 山本音響工芸 OS-52 [レビュー]
  • RCA/BNCオーディオケーブル LUXMAN JPR-10000
  • 電源ケーブル OYAIDE TUNAMI GPX-R
  • 電源ケーブル LUXMAN JPA-15000
  • スピーカーケーブル ZONOTONE 6NSP-4400S Meister
  • オーディオボード SUNSHINE S40
  • オーディオボード KRIPTON AB-500
  • スピーカースタンド KRYNA Stage
  • インシュレーター KRYNA CPX-4
  • インシュレーター KRYNA D-PROP extend
  • Blu-ray Discレコーダー SONY BDZ-AT950W
  • 液晶テレビ/ディスプレイ SONY KD-55X9200B
  • スピーカーシステム ONKYO D-109M
  • スピーカーシステム ONKYO D-309M
  • サブウーファー SONY SS-CS9
  • センタースピーカー SONY SS-CS8
  • スピーカーシステム SONY SS-CS5
  • AVアンプ SONY STR-DN1050
  • ターンテーブル/フォノモーター ONKYO CP-1050
  • プリメインアンプ ATOLL IN100SE
  • HDDオーディオプレーヤー/トランスポート SONY HAP-Z1ES
  • スピーカーシステム SONY SS-NA5ESpe