パグ太郎
パグ太郎
クラシック中心に聴いています。オーディオは手段と考えてはいるものの、気がつくと手段の魔力に取り付かれてしまうことも多く、日々修行をしております。

日記

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

最新の日記

全く見落としていた、『世界ピアノ・デー 2020』のストリーミング配信イベント

寡聞にして全く知らなかったのですが「世界ピアノ・デー」というものがあって、今年は、3月28日なんだそうです。因みに、昨年は3月29日だったそうです。何故、この日がピアノ・デーか? その答えは、一番最後に。

で、この日に合わせて、ドイツ・グラモフォンが、契約ピアニストの夫々の自宅からの演奏をストリーミング配信するというイベントを日本時間の昨日の深夜11時からやっていたというのも、全く見落としており、イベントが終わってから気が付きました。
イベント後も、しばらくは、YouTubeなどでも視聴できるみたいですので、情報共有させていただきます。(リンク先)

タイムテーブルを見ると、出演するピアニストは

マリア・ジョアン・ピリス  0:00
ヴィキングル・オラフソン  21:15
ユップ・ベヴィン     40:38
ルドルフ・ブッフビンダー 01:05:39
チョ・ソンジン 01:25:24
ヤン・リシエツキ 01:44:02
キット・アームストロング 02:14:19
サイモン・グレイシー 02:46:18
エフゲニー・キーシン 03:17:43
ダニール・トリフォノフ 03:26:00

DGが売り出し中の若手から巨匠まで並んでいて、一人20分程度の持ち時間です。面白いのは、それぞれの自宅の様子とか、演奏に入る前のメッセージとか、人柄が伺えるところでしょうか。

この収録、アーティストが自宅で高解像度のスマートフォン・ビデオを使って録音・録画したものだそうです(自宅のライブストリーミングでは「放送事故」のリスクもありますので、流石に事前録音)。どこまでDGの技術陣が関わっているのか分かりませんが、スマホの自撮りヴィデオで演奏会という世界が現実のものになっているのですね。5Gになれば更に品質も上がる?

元々の企画はリアルな記念コンサートだったものが、世界的パンデミックの影響でこういう形になったということなのでしょうか。それでも、在宅の音楽家達の演奏を、世界中の人たちが在宅で聴き、励ましを貰えることは、素晴らしいことだと素直に思います。

さて、冒頭の質問、何故、ピアノ・デーが3月28日や29日なのでしょう?の答えは、








この日は、1年で88番目の日(閏年の今年は1日ズレる)で、88はピアノの鍵盤の数なんだそうです。ヘーッて感心したのは、私だけかも・・・。

最新のレビュー/コメント

レビューはありません

マイルーム

パグ太郎の部屋
パグ太郎の部屋
持ち家(戸建) / リビング兼用 / その他 / 16畳~ / 防音あり / スクリーンなし / ~2ch

Phileweb登録後1年、気が付くとスピーカー導入していました(2018/6)。所有製品はHRS130ですが、製品DBに登録がないので、一番近いもので代替しています。 10数年愛用したアンプが逝ってしまったので、久々の機器更新をしました(2017/6)。

所有製品