Tada-Min
Tada-Min
オーディオ好きの年金生活者

日記

最新の日記
カレンダー
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

最新の日記

第2の音の焦点

前回 NeumannのRCAケーブルについて書きましたが、その後の進展を書き加えます。
RCAケーブルを1本ずつ替えて,あるいは数本を組み合わせ最適な再生を目指す事を『第2の音の焦点』と言います。

考えてみれば本Webの最大の関心事は「音質の改善」に有ると思いますが、その先に本当に求める音響空間と素晴らしい演奏が有るのでしょうか?
どう考えてもマスタリングファイル内の音響空間はある程度は再現出来るが、素晴らしい演奏までは出てこないのでは?

もう一つの方向はマスタリングディレクターの意図する音のバランスに近づける事です。これは可能です。

「良い音の追求」から「良い演奏の追求」への大転換です。

この場合の 良い演奏とはマスタリング環境に出来るだけ近づけ、マスタリングファイルに入っている音をバランス良く再生する事です。

ここで思い出すのは、昔の電蓄の方のが音の纏まりが良かった事です。
図らずも単純なシステムの方が演奏を聴く事に関しては優れていたと思います。
昔の電蓄時代の方が演奏そのものを良く聴いていたのでは無かったか?
なまじお金が有ったので、想像力を働かせる方向では無く良い音を求める方向に走った。

さて、「音の国籍」を録音した国では無くて、マスタリングした国
「ケーブルの国籍」をマスタリングに使われたプロ用ケーブルの国籍 とします。

音の国籍とケーブルの国籍を一致させると、今まではバラバラに楽器が鳴っていたのが指揮者が指揮棒を振るって意図する演奏に纏めるという目から鱗の驚くべき「指揮者効果」が現われます。

思えば今までのオーディオ探求はひたすら良い音を求める苦難の連続でした。
どんなオーディオファイルを聴いても音のみを追いかけていると「アレ此処はこう言う演奏でこう言う音が出るはず」等々不満が溜まるばかりでした。
良く考えて見ればプロの演奏家やプロのマスタリングディレクターがこんなに下手な筈は無い。

今まで聴き込んだ結果の中間報告として、Neumannは指揮者効果はそこそこに出るが、洋楽でも日本盤は全てモガミ、和楽は1部合わない盤も有るがこれもモガミ、BELDEN 88760 はフラット過ぎて指揮者効果は殆んど無い。
これから評価が若干変わると思いますが、また報告します。

最新のレビュー/コメント

レビューはありません

マイルーム

音の焦点実験システム
音の焦点実験システム
持ち家(戸建) / その他 / オーディオルーム / ~8畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch

再生系のオーディオシステム構成 音源 : CDから16bit、 LPからは24bitでリッピングしたAACまたはAIFFファイル・ iTunes Store で購入したファイル・e-ONKYO(Hi-Reso)または BLUE SKY LABEL からダウンロードした FLACファイルを変換したAIFFファイル(録音系でリッピング) DISPLAY : Mitsubishi RDT23…

所有製品

所有製品は登録されていません