ぽんず
ぽんず
学生時代に菅原正二氏のジャズ喫茶ベイシーの選択を読んでオーディオに興味を持つ。吉祥寺のメグ、A&F、サムタイム、赤いカラス等に通い大音量のジャズを楽しんだ。卒業後オーディオメーカーに就職し、オーディオ…

日記

最新の日記
カレンダー
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お気に入り製品

最新の日記

新年の抱負などいろいろ

正月休みも今日までということで最後の休日をリスニングルームで過ごしています。



昨年完成した月影シアターですが、完成したと言うものの実際の音作りはこれからスタートします。機器のエージングや部屋の調整はじっくりと時間を掛けてやりたいと思います。新年の抱負というタイトルにしましたが、今年の抱負はよい音に仕上げるこれにつきます。

初心に帰るという意味も兼ねて、スターウォーズ初期作や、SACDマルチの名作ピンクフロイドの狂気などをかけていますが、HDオーディオ初期の名作ティムバートン監督の「ナイン」を観てサウンドの素晴らしさを改めて実感しました。



この作品は、Hivi誌、吉田伊織さんのクオリティチェックで音も画も100点を獲得したんですよね。本当にいい作品です。イマーシブオーディオの現在においても古さを全く感じないですし、ドルビーサラウンドで再生して、一層魅力が増したと感じました。
残念ながら廃盤となっていて入手不可ですがヤフオクでは安く買えるので今のうちに入手しておくことをお勧めします。



このような質の高いディスクを使って、低域の質感、サラウンドの広がり、無音時の空気感など、自分の好みに調整していけばいいわけですが、楽しみながら仕上げていければなと思います。


私が参考にしているリスニングルームをいくつか紹介したいと思います。
少しでも近づければなと思います。

↓マランツ尾形氏の試聴室
ここはとにかく音のディティール表現に拘った部屋で、サウンドステージの広さが特徴です。壁の裏側にある吸音材を適量に調整出来るようになっていて、素材の音を殺さず、活かすように調整されています。



↓デノン山内氏の試聴室
こちらも、音の広がりを重視した部屋ですが、重量級のサウンドが来てもエネルギッシュで色彩豊かに鳴らしきるように壁や内装が設計されています。以前はノーチラス801Dの38cmウーファーが5本入っていましたが、最近802D3に変更されました。天井にもB&Wのシーリングスピーカーが6本入っており7.2.6chの再生に対応しています。



↓マランツブランドアンバサダーであるケンイシワタ氏の試聴室
ここは、本当に素晴らしい部屋なので改めて詳細を御紹介したいと思います。
普段はQアコースティクスのステレオシステムを基本としていますが、サラウンド再生時はモダンショートのパフォーマンス6のセットに変更されます。
部屋の質量が大きく、意図的に若干ライブなチューニングですが本当にフレッシュで音楽が楽しめる部屋に仕上がっています。
後ろの調整板もかっこいいですね。



↓最後に、いつも私が仕事で使用しているリスニングルームです。7.1.6chのスピーカーセッティングでB&Wの802SDが4本とHTM2を基本にシステムが組まれています。部屋がとにかく広いので、低域がこもることなくアンプの素性がよく分かる部屋です。






最新のレビュー/コメント

SHURE(カートリッジ)

M44-7

\OPEN

発売:-

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

出力電圧9.5mV高出力カートリッジ

高出力MMカートリッジ。AVアンプのPhonoイコライザ入力に繋ぐと
非力だった音がエネルギッシュな音に化けます。

【SPEC】
●発電方式:MM型 ●出力:9.5mV ●適正針圧:1.5〜3.0g ●交換針:N44-7(\OPEN)

マイルーム

月影シアター
月影シアター
持ち家(戸建) / 書斎兼用 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~14畳 / 防音なし / スクリーン~120型 / 8ch以上

2017年12月完成 5角形のシアタールームを作成しました。 7.2.4chのドルビーアトモス/dts:X対応スピーカー配置となっています。 床を基礎まで落とし込んだ結果、3m以上の天井を確保しましたので、トップスピーカーを平面バッフルとしワイヤーで固定しました。 フロアのスピーカーは全てフルレンジのバックロードホーンです。

所有製品