たかけん
たかけん
AVが大好きな技術系の窓際ダメ社員です。(汗) プロフィール写真は福島県飯坂町の西根神社「鷽(うそ)鳥」でアニメキャラなみの可成りインパクトのある姿で現物が中々入手できません(笑)

日記

最新の日記

M7.3の破壊力(2021.2.13 11:07発生)

【このブログのご案内ページへ】
 久しぶりのページ更新がこんな内容になるとは思いませんでした。単身先から自宅に帰省している最中に被災し、新幹線が止まっているため休暇をもらい運行再開まで10日間かかるようで。これからマイカーで単身先に戻ろうと思ってます。震災は10年前にも経験しましたが、やはり震度6級の揺れは激しいもので、夕食にビールを多めに飲んで爆睡していたところ、携帯の緊急警報と激しい揺れで目が醒めて段々激しくなる揺れで部屋のレコード(リンクあり)が10枚くらい落下し、サラウンド用スピーカーも倒れてしまいました。自分自身も激しい揺れで立っていられず壁に手をついて揺れが収まるまで何も出来ませんでした。明るくなって敷地を確認したら自宅に引き込まれているオーディオ用に極太にしてもらった電力線が強い揺れで外れ、両親宅の玄関先に転がってました。プラのボトルケースは両親達が電線に引っかかって転ばないよう置いたものです。 幸い停電にならなかったものの、高齢の親達が感電するリスクもあるため、電力会社に連絡し電力を停めてもらいました。電力線を固定していた自宅側の取り付け場所を確認したら、写真のとおり発泡コンクリート壁の一部が剥がれてました。
 10年前の3月9日に発生し、後に大震災の「前震」と言われている三陸沖地震も今回と同様、奇しくも同じM7.3でしたので、念の為、午前中に家族とともに飲料水と保存食を買い求め、スタンドで車にガソリンを補充し空になった携行缶に灯油50リットルとガソリン20リットルを補充して自宅に保管しました。
 家族や親戚も全員無事で、被害と言えば壁くらいで地震保険を使って修繕しようと思います。オーディオ系ブログに長々と周辺雑記を記すのも皆さんの貴重な時間を浪費させてしまいますので、冒頭に記した「M7.3で落下」したレコード達も久しぶりに持ち主に聴いてもらいたかったのかもしれず順不同でご紹介します。M7.3の地震に選ばれたレコードが果たして「M7.3の破壊力」があるかどうかは皆様のご判断におまかせ致します‥((汗))

ピンクレディー ベストヒット・アルバム ベスト盤と言うと通常は曲数を多く収録するため音質イマイチのケースが多いのですが、さすがはビクター音産のレコードだけあって全般的に比較的良好な音質で特に「渚のシンドバット」は演奏も録音もかなり攻めてまして鑑賞に耐える音質です。

桜田淳子 Grand Deluxe  淳子さんもビクターで特にA面1曲目の「黄色いリボン」がダイナミックです。(ちょっとエコーが多めかな?) 自分が中学生だった頃、都内からUターン就職のため持ち込んだ叔父のオーディオセットで中学の同級生達に聴かせたら「淳子ちゃんのコンサートに来たみたい」と言ってたまげてました。最近は新型コロナ禍でますます生演奏に触れる機会が減ってしまい、リアル過ぎる音質がかえって「生演奏って怖いし気持ち悪い‥」にならなければと本気で心配してしまいます。

山口百恵 17才のテーマ 中学生の頃、当時20歳の看護婦さんだった叔母の社員寮で日中、留守番兼受験勉強しながらラジカセで百恵さん、陽水、小椋佳氏のテープを聴いてました。ベスト盤ですが完成度が極めて高い作品で、その中でも「昨夜からの雨」は印象的です。

小椋佳 道草 これも叔母のラジカセで何度も聴いた作品で「スタンド・スティル」の終盤の鐘の響きがいかにもアナログテープで収録した音色で当時の優秀録音盤です。YouTubeの動画では全く別モノになったシングルバージョンしか見つからなかったため動画リンクしません。

松田聖子 Windy Shadow 冒頭の「マンハッタンでブレックファスト」ってのが当時のファンからしたら結構ショッキングで、酔って行きずりのお相手と朝を迎えるという歌詞でした。実はこの曲の動画もありましたが近年のライブでの妙に語尾を伸ばす歌い方で聴く価値もありません。 ここから勝手な妄想で大ファンには叱られますが当時のアイドルは枕営業が必須で聖子さんも戦略的に石原裕次郎にアタックして遊ばれた挙げ句に神田正輝を押し付けられ結婚生活が長続きしなかったのかもしれません。彼女も彼女で次第に男性関係で性格と歌い方がねじ曲がってしまい、最近、軌道修正中で手遅れかもしれませんが、最近の紅白では持ち直してきました。輝いていた頃との落差が激しくならないよう元ファンとしては大事なときに精進して欲しかったと思います‥が、やりたいようにやってきた姿勢が女性ファンから根強い支持があり、ウチの奥様も‥以下省略(汗)

松田聖子 Touch Me,Seiko 完全にジャケ買いですが、B面集と言っても内容は当時のトップレベルのクリエーター達が制作した楽曲で音質的にも聴く価値のあるアルバムです。このアルバムは民家を改造した古道具屋で発見したホコリまみれのレコードでしたがジャケットは全く日焼けせず中身も使用感の少ない盤で二束三文で入手できました。やはり何と言っても「SWEET MEMORIES」が出色です。

デイブ・グルーシン&リー・リトナー「ハーレクイン」 音質、演奏、楽曲と三拍子揃いで夏場に聴く機会の多い作品です。普通のビクター(JVC)のアナログ盤であっても某社のマスターサウンド盤をも寄せ付けない優秀録音盤で、もしかしたら当時のフルデジタル収録のCDよりも音質良いんじゃねと勘違いしそうになります。

フォール・イン・ラブ EW&F タイトルの「M7.3の破壊力」にピッタリなのが、この45回転ジャンボシングルで、96kHz24bitでPCに取り込むとスペアナ測定で悠々と可聴帯域を超える領域まで収録されています。(ノイズではありません‥)
 中身もEW&Fらしい超ダイナミック録音で誰が聴いてもCDより凄い音質と確認できます。特に冒頭のブラスやシンバル系のチリチリした音が可聴帯域を超え、B面の「Let's Groove」も含めて、それらが分かりやすく収録してあり、かつ、思わず体が動いてしまいそうになる楽しい楽曲が素晴らしいと思うのです。

 その他にも八神純子さんの爆音収録盤「YAGAMANIA」、小泉今日子さんのデビューアルバムで想定の3倍以上も音質が良い「マイ・ファンタジー」そしてちょっと地味な音質だけどジャケットが素敵な小比類巻かほるさんの「CALL MY NAME」も落下しましたが、以前ご紹介した盤もあり記事が長くなるので省略します。

最新のレビュー/コメント

DS-10000

DIATONE

DS-10000

¥367,500(税込)

発売:1985年

このモデルは生産を完了しています

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

いつかは所有したいスピーカー

 確か10年ほど前、東京都内への出張があり、用件を済ませて訪れたアキバのオーディオ専門店にDS-10000¥350,000(1台1985年発売)が専用台とともに展示されてました。たしか再生品的なコメントが記してあった記憶があります。

 漆黒のピアノブラックの筺体に眩い黄金色ユニットのコントラストは神社仏閣にも通じる神々しいお姿でしたが、そのお値段のほうも神々しいプレミア価格で新品よりも高額だったため購入する気すら起きませんでした。

 入手するにあたって製造から35年が経過しそのコンディションが懸念されるところですが、先日、同時期に製造されたDS-2000を適価で入手しそのコンディションの良さに感激しました。(リンク)

 さすがにウーファーのエッジは張り替えられているようで、手持ちの複数のアンプで様々なソースを鳴らしてみた結果、音質的にもスコーカー、ツイーターにも特に劣化した部分がなく(外観的には良く良く見ると一部黒ずんだ腐食がある‥)、楽曲をそれなりの音質で奏でられる状態にありました。特にオンマイクで収録したピアノ演奏でも余計なビビリ音や付帯音もなくパスできたのにはホッとしました。ピアノの打撃音の衝撃でボロンの振動板がボロンと‥(汗)

 厳密に言えばネットワークのコンデンサー類にも容量抜けなどの劣化は当然あると思いますが、今のところ、そこまで手間をかける気もないと言うのが率直なところで眺めているだけで満足感があります。

 そのことからDS-10000も適価であれば入手する価値があると思いました。いくらなら買うのかと問われれば、自分的には7.7万で入手したDS-2000が既にあるため、ペアで10万くらいが限度ですけど、欲しい欲しいと思っているとオーディオの神様?が見守って下さるのか、これが不思議なことに、いつかは出会えますので、これからも中古屋巡りはやめられません。

 今はネットで比較的簡単に入手できますが現物を見つけて確認をしその場で捕獲したり一旦スルーして、後日、まだ残っているかドキドキしながら‥
が、中古品捕獲の楽しみだったりします。

マイルーム

はじめまして。視聴環境の紹介です。
はじめまして。視聴環境の紹介です。
持ち家(戸建) / リビング兼用 / ホームシアタールーム / ~14畳 / 防音なし / スクリーン~120型 / 8ch以上

【映像機器】 ・AVアンプ=Pioneer SC-LX901&サブウーファ用パワーアンプ=M-90a ・9年間使用したSC-LX81が映画鑑賞中に突然音が出なくなり、LX901の展示処分品を税込20万ジャストで急遽入手しました。  LX901のパワーアンプ部は、LX90やLX81から10年近く改良を重ね、往年のサンスイ製上級プリメインと比較しても遜色ないほど良くなりました。「音の熱さ」という…

所有製品