たかけん
たかけん
AVが大好きな技術系の窓際ダメ社員です。(汗) プロフィール写真は福島県飯坂町の西根神社「鷽(うそ)鳥」でアニメキャラなみの可成りインパクトのある姿で現物が中々入手できません(笑)

日記

お気に入り製品

最新の日記

JBLで藤圭子さんのLPを聴いてみました。

 2019年暮、清水の舞台から飛び降りる覚悟?で入手したJBLの4770AというSR(PA)スピーカーですが、あれから2ヶ月近く使ってみた結果、少なくとも入手したお値段以上の「音」が出ていることだけは間違いありません。

 昨年、無理して押し込んだ4770Aのおかげで、つながる相手が遠くなってしまったプレーヤーKP-9010をAVレシーバーSC-LX901につないでみました。

 一応、LX901にはPHONO入力があってアナログプレーヤーを直結でき簡単にレコード演奏できるのですが、おそらくDSP機能でRIAAカーブを真っ直ぐに補正しているためか、レンジが広すぎて高域ストレート過ぎ、低域スカスカな音質のため、邦盤ではBASSを+3dB、TREBLEを-3dBくらい補正する必要があります。

 しかし、藤圭子さんのデビュー・アルバム「新宿の女」は例外でトーンコントロール補正なしで聴くことが出来ました。 もちろん最新録音のようなレンジが広大な録音ではありませんが、藤圭子さんの声の倍音成分を確実に再現できる必要にして十分なレンジ感で当時のRCAビクターのレコード制作が国内レコード各社の中では最もマシな音質だったというのは本当のようで、例えば南沙織さんが在籍したレコード会社の盤はAMラジオ級の音質で後年、MASTER SOUND盤のリリースでやっとビクター盤に追いついたとか‥

 そして、以外だったのがJBLの4770Aとアナログレコードとの相性で、いままでは比較的新しい録音のCDやSACDソースを中心に鳴らしていましたが、アナログの藤圭子さんの声との相性も抜群であらためてJBLスピーカーの幅広い対応力に感心してしまいました。

最新のレビュー/コメント

DD67000

JBL

DD67000(Project EVEREST)

¥3,780,000(税込)

発売:2012年10月上旬

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

憧れのダブルウーファ・システム

憧れのスピーカーシステムですので[お気に入り製品]で登録しました。
 世の中には1本1千万円を越える特別なシステムもありますが、庶民でも頑張れば手が届きそうに思えるシステムで、JBLブランドのフラッグシップ機としてルックス的にも分かりやすい38cmダブルウーファ(実際は帯域分割で使用)で地方のオーディオフェアのブースでも客寄せパンダ的にデーンと目立つように設置されフルパワーで使われているところは滅多に聴いたことありませんが、一旦ボリュームを上げれば朗々としたサウンドが鳴り響き普通のシステムでは絶対に聴くことの出来ない音響空間が広がりますので値段以上の価値があるのかもしれません。

そんな高嶺の花とも言えるJBLの38cmダブルウーファーのシステムですがPA用だと約1/10の価格で例えばSTX825が30万です

同じメーカーの38cmダブルウーファーシステムであっても、そもそも用途も使われているユニットや箱の容積も違うためエベレストと同じ音質になる訳ではありませんが、1990年代には箱が大きくて重たい大型のPA用もあって、今回、かなり安価に入手できたのでリポートします。

リンク先のとおりスペック的には低域の出力音圧レベルが101dB/2.83V/mで再生周波数帯域が30Hz~20kHz -10dBとハイファイ用途でも期待てきそうですが、実際に聴いてみると38cmダブルウーファーの見た目とは大きく異なり、112dB/2.83V/mという猛烈に効率の良いコンプレッションドライバーからAMラジオのような甲高い音量が強烈で低音は殆ど聴こえず高域もドライバー径が10cmなことから超高音域も出ません。

しかしPA用は広く遠くまで音を飛ばしてナンボのものですから、ハイファイ用途で使うならスピーカーを使う側が正しい知識で使う必要があり、今回、手持ちのアンプ3台使ってセッティングを詰めて音楽も再生できるシステムにしました。

自分的なリファレンスとしては、AKGのK701をヘッドフォン専用アンプで聴いた時の力強い低音と耳に刺激が少なく高解像度の高音域が出せることを目標に調整し、最低域と超高音域を除けば、ほぼ自分好みの音質に調整できました。

セッティングの進捗度としては65%ほどですが今の状態でもパワーを入れても音の芯が崩れることなく朗々と音楽を再生できるのはPA機材由来のものですが、その能率の良さからボリュームを極端に絞っても音のバランスが崩れることなくBGM的に聴いても思わず楽曲に引き込まれてしまいます。

そしてヴォーカルものだと歌い手が目の前にいるように錯覚するほど楽曲のステージ感がリアルに再現され、楽曲だけで何時間でも聴いていられるのが、今までにあった自宅システムでは経験できませんでした。

4770Aと言うスピーカーシステムは一口にPA用とは言っても、その作りにハイファイ用システムのノウハウが盛り込まれて110kgの質量があり、セッティングを煮詰めれば煮詰めるほど頂点のDD67000に近づけそうな予感を抱かせるくらい計り知れない実力を秘めているかもしれません。

【SPEC】●ユニット:380mm径3レイヤー・サンドイッチコーン・ウーファー×2、100mm径ベリリウム・コンプレッションドライバー×1、25mm径ベリリウム・コンプレッションドライバー×1 ●許容入力:500W ●周波数特性(-6dB):29Hz〜60kHz ●インピーダンス:8Ω ●出力音圧レベル:96dB(2.83V/m) ●クロスオーバー周波数:150Hz/850Hz/20kHz ●外形寸法:965W×1,109H×469Dmm ●質量:137kg(グリル含まず)

マイルーム

はじめまして。視聴環境の紹介です。
はじめまして。視聴環境の紹介です。
持ち家(戸建) / リビング兼用 / ホームシアタールーム / ~14畳 / 防音なし / スクリーン~120型 / 8ch以上

【映像機器】 ・AVアンプ=Pioneer SC-LX901&サブウーファ用パワーアンプ=M-90a ・9年間使用したSC-LX81が映画鑑賞中に突然音が出なくなり、LX901の展示処分品を税込20万ジャストで急遽入手しました。  LX901のパワーアンプ部は、LX90やLX81から10年近く改良を重ね、往年のサンスイ製上級プリメインと比較しても遜色ないほど良くなりました。「音の熱さ」という…

所有製品