たかけん
たかけん
AVが大好きな技術系の窓際ダメ社員です。(汗) プロフィール写真は福島県飯坂町の西根神社「鷽(うそ)鳥」でアニメキャラなみの可成りインパクトのある姿で現物が中々入手できません(笑)

日記

最新の日記
カレンダー
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お気に入り製品

お気に入りユーザー

最新の日記

PIONEER SA-8800II

【このブログのご案内ページへ】

1976年発売¥59,800円のプリメインアンプで当時(昭和51年)中3の私には手の届かない製品で、ちなみに当時の大卒初任給平均は94,300円でした。

 叔父がSA-8900(¥78,000 1975年頃)という1つ前の上位アンプを使っていて、スペック的には次世代の下位機種であるSA-8800IIが同等以上(下位機種のほうが重くなった!)になってしまい、叔父は大変悔しがっていましたが、当時はそれだけメーカー間の競争が激しかったのでしょう。

 入手したキッカケは、ハードオフ巡りで奥州店で8000円のジャンクを入手し、その数年後1.5万円でチューナーとペアでキレイなブツを再入手しました。

 まずもって感激するのがアルミヘアライン削り出しの分厚いフロントパネルや触れると冷たいアルミ無垢のツマミの感触でボリュームやチューナーの大型ツマミは回すと慣性力も感じられるほどの重さです。

 期待できないと思った音質はドンシャリ懐かしサウンドですが当時のプリメインアンプはプリ部とパワーアンプ部を分けて使えるようになっていて、プリ部の出力を他のパワーアンプに繋いでやると、ちょっとお下品ながらもドンシャリの懐かしサウンドが大迫力で再生でき、古いレコードとの相性が良いのはモチロン最近のCDやハイレゾ再生も以外とイケます。

 最近、1998年発売のTEAC S-250と言う小型スピーカーを入手したのですが、このアンプと組み合わせた癒やしの音質は、メインシステムを食ってしまうほど音楽そのものをずっと聴き続けたい要求に駆られてちょっと困って?います。

 ちなみに当時のオーディオ評論家の先生たちの評価は物凄く微妙ですけど、メーカー間の競争が激しかったことから、頭から否定はしないけど、文章の節々から本音が透けて見えるような気がしませんか?(笑)
 http://audiosharing.com/review/?tag=sa8800

 恥ずかしながらハードオフのジャンクコーナーと化したマイルームでゴザイマス‥が当時、欲しかったモノ達が入手できる物欲に負けっぱなしです‥ ほぼ2重構成になっていて1台くらい壊れても予備機があるため、故障ストレスからフリーでいられるメリットもあり、実質的にはAVシステムも含めると3重構成です。

 知り合いからは機材が勿体ないので退職後にレコード喫茶でも始めればと薦められますが接客業ともなると厳しい世界ですから、苦手な分野には手を出さないほうが得策ですよね。

【トップページへ戻る】
【このブログのご案内ページへ】

最新のレビュー/コメント

DA53

C.E.C.

DA53

¥89,250(税込)

発売:2004年12月中旬

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

古いモデルですが結構使っています。

5年ほど前、TV番組でもハイレゾ再生が脚光を浴びた際、とりあえずハイレゾファイルを何とか聴きたくて中古で入手しました。率直に言って安価なモデルなため、果たしてハイレゾの良さが分かるのか懸念がありましたが、ハイレゾの良さがシッカリと判別できるモデルです。

それよりもCDをリッピングしたWAVファイルや安物プレイヤーから出力した同軸デジタル信号を高音質でD/A変換できる点で、バーブラウン社製のPCM1796と言うDACチップ2個をL/Rそれぞれの信号に対しモノラル使用したことで、誰が聴いても音の違いを判別できる点が良い点です。

欲を言えば、USB接続がサンプリング周波数48kHzに制約される点でハイレゾ再生にはパソコンとの間にD/Dコンバータを接続する必要があるのが面倒で私の場合はハイレゾ雑誌付属のD/Dコンバータを使用しています。

【SPEC】
●DAC:バーブラウン社製 PCM1796×2 ●周波数特性:10Hz〜20kHz 0.2dB(44.1kHz時) ●SN比:115dB(44.1kHz、32fs時) ●THD:0.018%(1kHz、32fs時) ●入力端子:AES/EBU、RCA、TOS、USB ●出力端子:バランス、アンバランス ●消費電力:5W ●外形寸法:217.5W×59H×280Dmm ●質量:1.8kg ●付属品:ACコード ●カラー:シルバー

マイルーム

はじめまして。視聴環境の紹介です。
はじめまして。視聴環境の紹介です。
持ち家(戸建) / リビング兼用 / ホームシアタールーム / ~14畳 / 防音なし / スクリーン~120型 / 8ch以上

【映像機器】 ・AVアンプ=Pioneer SC-LX901&サブウーファ用パワーアンプ=M-90a ・9年間使用したSC-LX81が映画鑑賞中に突然音が出なくなり、LX901の展示処分品を税込20万ジャストで急遽入手しました。  LX901のパワーアンプ部は、LX90やLX81から10年近く改良を重ね、往年のサンスイ製上級プリメインと比較しても遜色ないほど良くなりました。「音の熱さ」という…

所有製品