Teller
Teller
オーディオ好き・音楽好きです Jazz中心に聞いています

日記

最新の日記
カレンダー
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最新のレス

日記

日記へのレスはありません

製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気にいられユーザー

最新の日記

アキュフェーズ DP-560のDSD扱い

アキュフェーズ DP-560のDSDは基本的にNative対応と記載されているんですが、sMs-200にはDSDに関して2種類のフォーマットを記載しています。Native DSD type 0(8-bit DSD_U8 format)と Native DSD type 2(32-bit DSD_U32_BE)なんですが、DP-560にはどちらの対応なのかわからないし、第一このフォーマットってはじめて聞いた(汗)。わかんないんですよね。
 で、順番に試したのですがどちらのタイプのフォーマットもアウトで、同期の外れたようなデジタルノイズしか聞こえてこないw
 で、以前の記事のように全部オフにしたら鳴り出したんですが、直後はラジオボタン外れたままだったんですがリブートかけたりしていると、自動的にラジオボタンが設定されていて(これも謎w)DoPのところにチェックが入っていました。
 あれ、たしかDP-560ってDoP対応してなかったんじゃなかったっけ?と思ってマニュアル読んでもDoPのことは対応しているともしてないともかうないというw まあ再生されているんだから対応してるんでしょw
Linux系は違うのかな、扱いが

ということでsMs-200でDP-560の設定はDoPにしてくださいね

最新のレビュー/コメント

STAX

SRM-007tA

¥154,350(税込)

発売:2006年

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

豊かな音場と前方に定位する実力

【デザイン】
実直で特にデザインにこだわったというところもないですがw、機能優先です。へんな自己主張はしないデザインで必要十分。
ハーフサイズなんですが奥行きが深いですね

【音質】
 真空管な音色w なんですが、音量によらず楽しめる音質です。L-700で聴いているときには特に、Jazzなどで録音がオーバーレベルで歪んでいる音(たとえば、Miles Davis /Kind of blueの冒頭のミュート・トランペットの音の歪みなど)でさえ音楽的に再現できます。デジタルでこの歪が混じってくると耳障りなんですがそれがすっと流れてしまうのが「音楽的」と感じるところかも。勿論、中域はぐぐっと前に出る感じです。Steve Reich/Music for a large ensembleのようなマリンバが何重にも重なる音も解像してきますね。ですのでこんな音が入っていたんだと言う発見が多いです。バイオリンなどの弦楽器もつややかで、リリース時の減衰などが綺麗なとーんで落ちていきます。録音時のナチュラルリバーブがしっかりさいげんされてこれがいわゆる「艶」として聞こえるようです。ただ、このあたりの解像度はL-700の影響かもしれません。こういう音質は真空管のよさでしょう。長時間聞いていても疲れない音質に仕上がっています。
 さて音像ですが、これが決めて。SRM-353Xはドライブ能力が高くボリュームが12時のメモリで十分な音量で、007tAは2時までまわさないといけないので躊躇していたのですが、同じヘッドフォン(L-500)で比べても、007tAは音が左右に広がります。もう少し詳しく言えば、やや前方気味に左右に広がるような音像でよりスピーカーに近く、まさに「イヤースピーカー」です。真空管のアンプでメンテがかかりそうだったので、この機種は実は敬遠していたのですが、この音場の広がりを聞いて即決しました。勿論、音の定位も十分正確です。SRM-353Xはどちらかというと従来のヘッドフォンの定位感で(十分解像はするのですが)、音源が耳元に近い(へばりつく?)感じで、かなり違いました(といっても、HPの定番のMDR-CD900STに近いので聞き比べないとわからないのですが)

【操作性】
一般的な操作性で特に複雑な機能もないので良好です

【機能性】
 入力が3系統でバランス入力もあり便利です。アキュフェーズのREC出力から入力していますが、十分です。ただ、バイパス経路の出力が電源が入っていないと出力されないのが残念。それと、パラアウトが007tAのアンプ部(真空管増幅)が出力できるとプリアンプとして楽しめたのにというのが残念です

【総評】
評判のよいヘッドフォンアンプはやはり噂にたがわず、でした。特に聞き疲れをしないのは夜間に聞く時間が多いと助かります。音場や定位、音質を考慮すると、この価格が妥当と思えてくるアンプです。ヘッドフォンで少しでもスピーカーの感覚で聞きたいのであれば、007tA+L-700の組み合わせは自分的に大ヒットなセットです。

【SPEC】●周波数特性:DC〜100kHz/+0,-3dB ●定格入力レベル:200mV/100V ●最大入力レベル:30V r.m.s./ボリューム最小時 ●増幅度:54dB(500倍) ●高調波歪:0.01%以下/1kHz 100V r.m.s. ●入力インピーダンス:50KΩ/バランス時50KΩ×2 ●最大出力電圧:340V r.m.s./1kHz ●標準バイアス電圧:PRO バイアス DC 580V ●消費電力:55W ●外形寸法:W195×H103×D420mm(突起部含む) ●質量:4.7kg

マイルーム

リスニングルーム
リスニングルーム
持ち家(マンション) / 書斎兼用 / オーディオルーム / ~6畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch

ネットオーディ中心に聞いています

所有製品