MacWinFan
MacWinFan
簡単明解で安価なPCオーディオ・ネットワークでの高音質システムをめざしています。シンプルにfoobar2000とLinuxラズパイのデュアルPCにしました。

日記

最新のレス

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

お気に入りユーザーはありません

最新の日記

64bit MoOdeAudio と foobar2000 の高音質設定

MoOdeAudio と foobar2000がバージョンアップし、さらなる音質向上しました。特にMoOdeはラズパイ4対応など進化が速く、着実に進歩しているfoobarと組み合わせることで相乗効果があります。

64ビット・カーネルでMoOdeAudioを動かすとレイテンシーの顕著な向上が感じられます。出音の透明感と切れの良さは、32bitから64bit OSに切り替えた動作速度向上そのままの変化です。Windowsでも過去の32bit版を使うと現行の64bit版と比べてあまりの遅さに愕然とします。

システムのタイマー割り込み間隔 Kernel timer freq=250Hz と、32bit=100Hzから2.5倍加速されています。WindowsのOS Timer Resolutionに相当します。

foobar2000は以下の設定を試してみてください。さらなる音質向上を感じられるでしょう。
Preferences> Advanced> Playback> Thread priority (1-7) : 7
Use MMCSS> MMCSS mode : Pro Audio

MMCSS(Multimedia Class Scheduler Service)には以下のタスクがあります。

 Audio
 Capture
 Distribution
 Games
 Playback
 Pro Audio
 Window Manager

私はUPnP MediaRenderer Outputを使っているのでバッファーは切ってます。
Buffering> Read-ahead for local files (kb) : 0, Full File buffering up to (KB):0

最新のレビュー/コメント

レビューはありません

マイルーム

MacWinFan
MacWinFan
持ち家(マンション) / 専用室 / オーディオルーム / ~12畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch

最上階メゾネットですが吹き抜けではないので響きが弱く、どちらかといえばデッドなモニタールームのような部屋で、定位や音場の広がりに敏感です。foobar2000@Windows&MacプレイヤーとLinuxラズパイMoodeAudioレンダラーのデュアルPCで、満足できる環境にできました。

所有製品

所有製品は登録されていません