high speed
high speed
2018年新築を機にオーディオ再開。 音の好み: ボーカルがスピーカーから離れた位置で明確にセンター定位すること。前後左右に広く、前後は頭の後ろから前壁の向こう側まで、左右はスピーカーの外側ま…

日記

最新の日記
カレンダー
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

最新の日記

Merging HAPI導入

DACがRME ADI-2 Pro FSからMerging HAPIに変わりました。



【なんですかそれ?】
・Merging Technologies社の業務用AD/DA、DAに限っては基本的にNADACと同じ
・入力はLANケーブル、Audio over IPはDirettaではなくRavenna
・DSD256/PCM384に対応、DSD録音機材として有名(今はPCM44.1/48再生のみで運用)
・業務用なのでRCAやXLRはなくD-SUB25(今はスネークケーブルから変換)
・外部DC電源にも対応可能(今はAC)
・外部クロックにも対応可能(今は内部クロック)

総じて宝の持ち腐れ状態ですがDSDネイティブ再生環境への移行は次の機会に。



【経緯みたいなもの】
2018年7月のレス でkanataさんに「NADACみたいな傾向ですかね?」といわれたのがきっかけ
・NADAC自宅試聴の機会を得たこと
・たまたま安く譲って頂く機会に恵まれたこと


【音は?】RMEと比べると
・空間が広い
・情報が多い
・低音しっかり

雑な感想ですみません。ひとクラスかふたクラス上位のDACなのでシンプルにステップアップとなりました。バスドラムの定位する位置がわかりやすくなったのですがそれはNADAC自宅試聴でも感じた傾向でした。4499のDACレビューでもバスドラムの定位に言及している人が居ましたのでそういうことなのかも知れません。


【溢れ話1】
デビアレのアナログ入力に接続しているのでアンプ側でAD/DAされる。そのため外部DACの性能向上はADかDAどちらかの限界以上には望めない。今はまだ上限に達したとは言えない。SAMによるドーピングは良好だが将来的にはアンプも…


【溢れ話2】
USB-DACからLAN-DACになってしまいました。しかしLANケーブルは知識も経験も乏しくこれから勉強です。とりあえずM12 Gold Switch (hub + ケーブル2本)が基準のような気がするのでM12 Gold一式を上回るコスパの良いLANケーブルの情報ありましたら聞きたいです。直結でも動きます。hubや光コンバーター入れるなら1Gbps以上で認識させる必要があります。

最新のレビュー/コメント

S1

MAGICO

S1

¥1,680,000(税込)

発売:2013年3月20日

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

MAGICO S1初代

・掲示板で叩かれ、中古相場が下落
・弱点は足元
・コスパはA3越え?


1.中古100万クラス
中古でペア100万クラスのスピーカーと戦えるはずが某掲示板でこき下ろされたせいか不人気で比較的安く手に入ります。論調はmark2が出たから初代はダメなのだそうです。入手性は少ないながらもそこそこ。年3,4台ほど売りに出ます。2013年デビューなので初期玉でもあと9年くらい使えます。A3が150万で15年使えるとしてS1が90万で9年使えれば御の字かなと。あと数年経つと残り寿命の少なさを嫌ってさらに値崩れするかもしれません。


2.S1 mark2との差
見た目そっくりながら初代とはちょっと違う音のキャラクターを持っています。価格差は圧倒的で中古相場倍くらい違います。きちんとチューニングされている前提で音の差はそこまで大差ではない印象でした。
ツイーターがダイヤモンドコーティングされているとかブレースの数が減って溶接に変わったとか、天板がラウンドになったとかの違いはありますが、使い勝手の面で最大の違いは足元のセッティングのしやすさでしょう。
初代はステーから4本独立。上に突き抜けたやや長めのスパイク。mark2はステーは1体化され、上には突き抜けないタイプのスパイク。初代の足元は非常にシビアでガタツキなく4点均一に荷重をかけるには熟練が必要でした。これが音に非常に効き、できていないと本来の性能が発揮されません。掲示板で酷評されたのはこのあたりのチューニングの難しさもあったのかもしれません。


3.2wayの利点
価格の割には鳴りにくい筐体と少ないユニットがコンパクトに配置されたことによって空間表現と高解像度が得意です。既存のMagicoの2wayは何故か判で押したように32Hz~50kHz(YGのCarmel2も32Hz~40kHz)です。
余談ですがQシリーズはリアル、Sシリーズはマジックがシリーズコンセプトだとどこかで読んだ記憶。ソースを探してみたのですが残念ながら見つけられませんでした。MシリーズやAシリーズのシリーズコンセプトを調べたかったのですが。近々A1という2way bookシェルフも出るらしいのでこちらも32Hz~50kHzになるのか気になるところです。


4.弱点と対抗馬
よく低音不足を指摘されますがそれはセッティングが出ていないか求める低音のタイプが違うのでしょう。JBLなどの大口径ウーファーが得意とする「腹に来る低音」は残念ながら出ません。部屋の定在波の谷や左右の打消しなどがなければスペック通り30Hz台は普通に出せて、追い込めば20Hz台もそこそこいけます。ただし質は(不思議なことに)値段なりです。同価格帯で遜色ないというだけで最高ではありません。

対抗馬のひとつであるMagico A3は22Hz~50kHz。数字だけ見ると低音で圧倒的に有利に見えます。定位感のない量で攻める低音ではA3に分があるでしょう。しかしスピーカーの中央でバスドラムが鳴る、低音楽器の立ち位置がわかる、そういった上流が整った時に可能な細かい表現はS1に分がある印象です。A3はデビュー当時何度も聞きに行きました。どちらもコスパは良いのですがスピーカーの音離れという観点では追い込んだときの伸び代はS1が勝る印象でした。

【SPEC】●搭載ユニット:7インチミッドウーファー×1、1インチトゥイーター×1 ●再生周波数帯域:32Hz〜50kHz(±3dB) ●能率:86dB(1W/1m) ●インピーダンス:4Ω ●外形寸法:1,090H×220W×250Dmm ●質量:43kg

マイルーム

二階8畳正方形勾配天井の音作り
二階8畳正方形勾配天井の音作り
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~8畳 / 防音あり / スクリーンなし / ~2ch

2020.1.15 In : Merging HAPI Out : RME ADI-2 Pro FS 2019.6.24 In : Magico Q1 Out : Magico S1 2019.3.9 In : 吊り下げ式ボード 修理完了のため復帰 2019.1.28 In : スピーカーアンプDAC配置換え、アクセサリー類多数、自作ルームチューニング材多数 Ou…

所有製品