high speed
high speed
2018年新築を機にオーディオ再開。 音の好み: ボーカルがスピーカーから離れた位置で明確にセンター定位すること。前後方向に広く、頭の後ろから壁の向こうまで音の定位を感じること。 リファ…

日記

最新の日記
カレンダー
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

最新の日記

ルームアコースティック

TON2さんの記事を読んでPIEGAのスピーカーセッティングについて調べていたら

こちらのリンク

にたどり着きました。ちょっと昔、時期は定かではありませんがあるショップのあるフロアのお客様のリスニングルームが83件、写真付きで紹介されていました。

気になったのはルームアコースティック関係とスピーカー。


<スピーカー>
ざっくり目を通していくと同じ人が何度か登場しているのかと思うくらい同じ名前やメーカーのスピーカーが多く目に入ったのでついつい数えてしまいました。

83件中、ソナスファーベルが最も多く26件。次がB&Wで13件。三番目に多かったのはJBLで8件でした。

とここまではある意味順当だったのですが

JBLの次に多かったのはGerman Physiks、6件。German Physiksの次が同数でLINNとベーゼンドルファー、5件。その他20件。足すと83になりますね?

ふむふむなるほど。


<ルームアコースティック>
本当はこちらの方が気になっているのですが。

QRD率が高いです。たまたま写真に写っていただけでも8件採用されていました。QRDの次はというと、一気に件数が減り、サーロジック、LABORATORIUM Flexumがそれぞれ1件でした。

ベントが一つも登場しないのはまだ発売されていなかったからでしょうか。そういえばYAMAHAの調音パネルもチューブトラップもアンクもシルヴァンも見当たりません。このあたりはショップのアドバイスや方針によったのでしょうか。

いま挙げたものが全て発売前だったとすれば今なら何を勧められるのか非常に気になるところです。

余談ですが 比較的あたらしいマジコのユーチューブ動画 に登場する試聴室にもQRDはふんだんに使われていました。(11:22くらいからです)

コーナーは吸音系、正面と左右後方の壁中央部分には120cmくらいのQRDが2段使いされています。

話を戻して83件の中には
壁の素材に木(モク)を採用しているお部屋が3件、石井式と思われるお部屋が1件ありました。

どのお宅も並々ならぬこだわりがありそうです。家具に凝っている方もちらほらいらっしゃいました。これがPolarBearさんがおっしゃられていたレベルのシステムの過去ログに相当するのですね。

最新のレビュー/コメント

レビューはありません

マイルーム

二階8畳正方形勾配天井の音作り
二階8畳正方形勾配天井の音作り
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~8畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch

2018.7.1 In : 3cm厚無垢フローリング、吊り下げ式ボード、DEVIALET 200、GPD Pocket Out : CEC TL51XZ、200V→100Vダウントランス、Bow ZZ-ONE 送り出しを浅めにプロセスカットしたGPD Pocket上で走るProToolsおよびfoobar2000にしました。まだまだ発展途上です。 2018.5.17 新居の引…

所有製品