コージー
コージー
京都市在住で、オーディオをはじめたばかりの新参者です。 6畳ほどの専用室でニアフィールドリスニングの究極形をめざして奮闘中です。気楽に音楽をと考え、エソテリックRZ-1とタンノイ・Precision…

日記

最新の日記
カレンダー
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

最新の日記

XLRケーブルを試してみた

プリアンプを二筐体にしたところ、端子の位置が以前とは異なるので、現在使用しているXLRケーブル(アクロリンク7N-DA2090 SPECIALE)が長さ的に届かなくなりました。

そこで懇意にしているショップから良さそうなケーブルを貸し出してもらい、試聴してみました。海外のケーブルは私には荷が重いので国産のもので五本くらい気になるものを取り寄せました。一番わかりやすいのは上流ですので、ネットワークプレーヤーとプリアンプの間に使用してみます。エソテリックのN-01XDとC1は非常に繊細でシビアなので、ケーブルの違いがよく分かりますね。

ラックスマンのJPC-10000は、ラックスマンらしく響きが良く、解像度は犠牲になるが、余計な音が付帯しない分、ボーカルは聞きやすい。しかし、情報が抑圧されているので、どうも伸びやかさに欠けるようです。D-08uのオマケでもらったケーブルですが、当時のフラッグシップケーブルなので使用していましたが、その後にケーブルのグレードを上げたら08uはこんなにも情報を送り出してくれていたのかと驚いたことがあります。JPC-10000はラックスマンらしいといえばそうですが、どうもラックスマンの機器の底力をマスキングしてしまうような気がします。15000シリーズが出たので、おそらくラックスマンも同意見だったのでしょうが。



アキュフェーズのASLC-10はラックスマンより解像度が高くてよいのですが、粛々と正確に音を出すという印象をもちます。音のバランスは良いし、価格的にもリファレンスとしてお勧めできそうですが、伝送ケーブルとしての役割に徹しすぎている気がしますね。主張しないのがケーブルだという「主張」が入っているのがこれでしょう。ラックスマンとアキュフェーズはケーブルでも好対照です。

SAEC XR-6000は私には合いませんでした。解像度が高いのですが、非常に高音が刺さるし、声や音楽の輪郭がくっきりしすぎて響きが少なく、音が瘦せたイメージをもたせます。ハイエンドケーブルですから機器との相性もあるのでしょうね。XR-1は別次元と聞きますので、そちらを聞くと印象は変わるかもしれません。上流の電源ケーブルはPL-8000を二本使用しているので私の好きなメーカーなのですが。。。。

エソテリックも採用しているアクロリンクの8N-A2080 Performanteは響きがあって、解像度も高くて非常に良いケーブルです。しかし、響きが人工的な感じを持たせるので、実在感を保ちつつもすっきりしていた7N-DA2090 SPECIALEには及ばないというのが私の評価です。8Nは極上のコンサートホールで聞く声だとすると、7Nは直接面と向かって美声を聞いている、というような違いです。7Nが欲しいので、1.5メートル版を探してもらいましたがメーカーにも在庫がない。。。。

仕方なく、現行モデルでは一番良好であった8N-A2080 Performanteを買いました。エージングに期待しますが、試行錯誤の結果、上流は7N、下流は8Nを使用するのがベストでした。あっさりしすぎず、響き過ぎずのバランスが取れて良好です。しかし、8Nはもう作っていないからと言って、以前の製品より10万円くらい高くするのは如何なものかと思いますねえ。

最新のレビュー/コメント

C-02X

ESOTERIC

C-02X

¥1,470,000(税込)

発売:2015年4月1日

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

よいプリアンプだと思います

音は素晴らしいです。何といっても繊細で、非常に解像度が高い。にもかかわらずバラバラになることなく、きちんと楽器を描き分けて、きちんと定位させてくれます。60万超クラスの現行プリメインアンプからの買い替えですが、そのプリメインアンプでは目を閉じると楽器の位置がぶれていたものが、これはそうはならない。おそらくアキュフェーズのc-3850と同格の音を出せる唯一のプリだと思います。

ただし、それがゆえに聞き疲れするという人もいるかと思います。私はスピーカーがTAD-CE1なので余計にそう思いましたが、少しスピーカーの位置をずらしてやれば解決します。タンノイやソナスなどならそんなことはないかと思いますが。

一つ音質で気になったのは、トランス唸りがするからです。ラックスマンのクリーン電源を使用しているので、おそらくc-02X内部のトランスの品質に問題があるかと思いますが、150万の製品にしては残念です。静謐な音楽を聴くと気になります。落ち着かなさそうなら修理に出します。たまにエソテリックは品質検査が甘いところがあるんですよね。一月ほど使用しますと唸りは落ち着いてはきます。

エソテリックは冷たいというのは因習的な固定観念もはなはだしく、最近は少し音作りを変えてきている印象をもちます。解像度とともに少し熱さのようなものも加味してきており、大変素晴らしいものになってきていると思っていますので、虚心坦懐に試聴されると品選びの自由度も増すかと思います。

【SPEC】●入力端子:RCA×3(RCA2はAVプリ入力として使用可能)/XLR×2 ●入力インピーダンス:LINE…10kΩ ●入力感度:定格出力時…510mV、800mV出力時…200mV ●出力端子:RCA×2/XLR×2 ●出力インピーダンス:RCA…47Ω、XLR…100Ω ●全高調波歪率:RCA…0.0006%、XLR…0.0004% ●周波数特性:1Hz〜200kHz(-3dB)、3Hz〜50kHz(-0.2dB) ●S/N比:116dB(2V入力、A weight) ●ゲイン:+12dB ●定格出力:2V ●消費電力:21W ●外形寸法:445W×162H×457Dmm(突起部含む) ●質量:32kg

マイルーム

よりよいニアフィールドリスニングをめざして
よりよいニアフィールドリスニングをめざして

邦楽・洋楽のヴォーカルものをよく聞きますので、それに特化しすぎた構成かもしれません。クラシックなども作業用に聴きますが。。。。

所有製品