nk
nk
現在所持製品 ヘッドホン: audio-technica ATH-A700X,ATH-A2000X,ATH-ADX5000 bayerdynamic T1 2nd ヘッドホンアンプ…

日記

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気にいられユーザー

最新の日記

DirectStreamDAC 新ファームウェア Snowmass 私的感想

先日、こちらの日記でBI1961さん情報提供により
DirectStreamDACの最新ファームウェアが公開された事を知りました
改めて感謝いたします

試してみて2日程経ちましたので簡単な感想でも
比較は前のファームウェアのRedCloudとの比較なります

鳴らしてみた所、音の始めの1~2秒が一瞬フェードインする事がありました
これは海外の掲示板でも報告が上がっているそうで
曲のフォーマットが変わると現象が起こる事があるそうです
自分の環境はfoobar2000となりますが、一番初めの楽曲選択後なる事があります
個人的には今の所、そこまで気になっておらず、
多分すぐに直されるだろうと楽観的に捉えています
それよりも今回のアップデートでの音質がとても気に入っているからです

大雑把な感想となりますが
音全体に余裕が出来たというかスッキリしたように聴こえますが、
立体感は向上しています
中域の音全体を少し後ろに抑えたのでしょうか
輪郭は残ったままヴォーカルの位置が少し後ろに下がって聴こえて
さらに定位も良くなっています
丁度、自分がやりたいなと思っていた事と合致しているので
今回のアップデートは自分にはとてもマッチしていて大変嬉しいアップデートでした

 DSDACを選択しとして購入した理由の一つにファームウェアで音質の変更が出来るという事が自分の中にありましたので、今回購入後では初めての新ファームウェアが自分にピンポイントで恩恵が大きかった事は改めてこのDACを選択した事が正解だったと感じています

今回のアップデートでもう一度自分の実現したい音の方向性の一部を再確認できました
バックミュージックは出来るだけ大きな空間で大きな音にして、ヴォーカルがちゃんと前方向から近すぎず、遠すぎずにバックミュージックに埋もれる事なくしっかりと聴こえて来る、ライブのような環境にしたいという事ですね

最新のレビュー/コメント

ATH-ADX5000

AUDIO-TECHNICA

ATH-ADX5000

¥OPEN(予想実売価238,000円前後)

発売:2017年11月10日

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

自分の中での上がりヘッドホン

接続環境:自作PC→DirectStreamDAC→V281→ATH-ADX5000にて評価

 煌びやかな伸びる高域、ボーカルの艶やかさや生き生きとした響き、パンチの効いた締りある低音
高中低域をそれぞれバランス良く鳴らしてくれており
どこかが掛けているという事がなく、各楽器に音色の鮮明さがあり、
適度な距離感があって音場の広さも感じます
ライブ音源を聴く時はヘッドホンでここまでの音を出せるのかと
只々凄いの一言で、とにかく圧巻されます
また、他ハイエンド圧倒する軽さとそこからくる装着感
どれをとっても文句のつけようがなく現在の自分には最高の物であると思います
とにかく、音楽を毎日楽しく聴かせてくれるそんなヘッドホンです
 但し、開放型故に音漏れが凄くこればかりは避けられせん
その為、音量を小さめに聴く人は外部からの音も聴こえます
また、ヘッドバンド部がしっかり固定されていないとギィギィと軋む音がします
 自分は音楽を聴く時はがっつり聴くタイプで
音楽が空間いっぱいになるぐらいの音量を取るので
外部からの音や軋み音は自体は個人的には問題になっていません

 オーディオテクニカ珠玉の逸品で値段分の価値は個人的にはあると思いますが
上流に対しても素直であるが故にヘッドホンを能力を引き出す為の環境を揃えるのも労力と結構な投資が必要と思われます

【SPEC】●型式:オープンエアーダイナミック型 ●ドライバー:φ58mm、パーメンジュール採用磁気回路 ●出力音圧レベル:100dB/mW ●再生周波数帯域:5Hz〜50kHz ●最大入力:1,000mW ●インピーダンス:420Ω ●プラグ:φ6.3mm金メッキステレオ ●コード長:3.0m ●質量:約270g(コード除く)

マイルーム

HPシステム簡易図
HPシステム簡易図

現在の構成

所有製品