nk
nk
現在所持製品 ヘッドホン: audio-technica ATH-A700X,ATH-A2000X,ATH-ADX5000 bayerdynamic T1 2nd ヘッドホンアンプ…

日記

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気にいられユーザー

最新の日記

PCトラポへの簡単救済 pioneer steelanova APS-WF02

少し前に何を変更しても、やたらと一部音楽が刺さりが発生した音しか出なくなっており、同時期にUSBケーブルの接続認識が怪しく、初めはUA3が原因かと思っておりましたが、jpu-150と交換しても治る雰囲気がなく、iDeffender、iPowerを差し替えても治らず、高域の刺さりが発生したら、そこへ投入すれば治してくれる便利道具フェライトコアを試すも直らない状態でした

 モヤモヤとして色々試して行く内にある推測が浮かび上がりました
PCのノイズを抑制しきれていないのでは思い、Pioneer Stellanova APS-WF02を導入を考え、こいつは分かりやすくいうとアイソクロナス転送に対応した無線USBハブで、出先の帰りにその場の勢いでビッグカメラによって売ってたら買ってしまおうと思いましたが売っておらず、家に帰ってネットで調べているとeイヤの日本橋店に中古があるじゃないですか?!問答無用で即決し購入に踏み切りました

 届いた中身を確認してみるも、使用感も良好で説明書を読みながら、割とすんなりと接続完了し音出し一発目、音全体のS/Nの良さとノイズから解放された感が大きくとても心地良い感じがしましたが、若干音像が緩い印象でしたので、以前購入したヴィトロパームをAPS-WF02の電源コードにつけると締りが出る事がわかり、こいつも中々電源に敏感である事がわかりましたので場合によってはカスタムDC電源を用意せねばという考えが浮かび、そうすると本体以上の値段になりえそうですが、オーディオPCを組む労力と比較するとこういう考え方もありだと思います

APS-WF02の利点を簡単に書くと以下になります

1.PCとの物理的遮断 ノイズ分離
2.複数のトラポから単一DACへの接続(複数のトラポから複数のDAC接続可?!)

 実際にPCのフェライトコアを外そうが音になんら影響は出ませんが、電源コードにヴィトロパーム等を使うと音に変化が出る事から品質の高いDC電源を接続する事による、更なる高みへいける印象があります
 複数のトラポに対してもAPS-WF02を経由するのでここでノイズ除去や制振をしてあげれば複数のトラポでの同一の品質の音が出せるという事でもあります
無線USBハブですので、他にも機材を繋げる事が可能です(余談ですが某氏のレビューによれば複数のDACを認識するという恐ろしい事も出来るようで、そうすると複数のお高いUSBケーブル必要・・・)
さらに、自分の個人的な利点はPCとのレイアウト制限が取れます

 さて、ここまではいい事尽くめのように見えますが、無線LANという接続ですので、安定性という面では各家庭においてバラバラだというのが私見です
一応設定は5GHz帯を利用しましたが、自分の家では一度、接続が切れた事があり、なるべくPCのアンテナとAPS-WF02との50㎝程度と距離は近くしてあります
設置場所や利用チャンネル等はこれから吟味して行く事になりますので詳細はまだわかりません
 さらに無線LANによる遅延の問題等のせいか、音の頭出しが早送りになるという現象が起きる等これについても設定等を確認しているので、こちらの使用環境による問題かの切り分けも必要ですが、気になる方はPioneerから試聴機をお借りする事は可能ですので実際に家で試すのが一番だと思います

 設置直後の音出しから時間が経つと納得がいかない所があり、結局インシュや電源ケーブル等の配置が大幅な変更を余儀なくされましたが、導入前よりはキツさも減って、導入後の不自然な軽さも解消されるところまでは戻す事が出来ましたが、今までトラポのノイズによる音が含まれた状態での編成だったので、それが取れたという事は一旦全体のバランスを見直す必要があったのでこれは仕方なかったと思います

追記 先日、Stellanova Limitedエディションが先日発表され、さらにオーディオ特化したノイズ除去等をしているものが予定されているらしいです・・・タイミング最悪・・・

最新のレビュー/コメント

ATH-ADX5000

AUDIO-TECHNICA

ATH-ADX5000

¥OPEN(予想実売価238,000円前後)

発売:2017年11月10日

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

自分の中での上がりヘッドホン

接続環境:自作PC→DirectStreamDAC→V281→ATH-ADX5000にて評価

 煌びやかな伸びる高域、ボーカルの艶やかさや生き生きとした響き、パンチの効いた締りある低音
高中低域をそれぞれバランス良く鳴らしてくれており
どこかが掛けているという事がなく、各楽器に音色の鮮明さがあり、
適度な距離感があって音場の広さも感じます
ライブ音源を聴く時はヘッドホンでここまでの音を出せるのかと
只々凄いの一言で、とにかく圧巻されます
また、他ハイエンド圧倒する軽さとそこからくる装着感
どれをとっても文句のつけようがなく現在の自分には最高の物であると思います
とにかく、音楽を毎日楽しく聴かせてくれるそんなヘッドホンです
 但し、開放型故に音漏れが凄くこればかりは避けられせん
その為、音量を小さめに聴く人は外部からの音も聴こえます
また、ヘッドバンド部がしっかり固定されていないとギィギィと軋む音がします
 自分は音楽を聴く時はがっつり聴くタイプで
音楽が空間いっぱいになるぐらいの音量を取るので
外部からの音や軋み音は自体は個人的には問題になっていません

 オーディオテクニカ珠玉の逸品で値段分の価値は個人的にはあると思いますが
上流に対しても素直であるが故にヘッドホンを能力を引き出す為の環境を揃えるのも労力と結構な投資が必要と思われます

【SPEC】●型式:オープンエアーダイナミック型 ●ドライバー:φ58mm、パーメンジュール採用磁気回路 ●出力音圧レベル:100dB/mW ●再生周波数帯域:5Hz〜50kHz ●最大入力:1,000mW ●インピーダンス:420Ω ●プラグ:φ6.3mm金メッキステレオ ●コード長:3.0m ●質量:約270g(コード除く)

マイルーム

HPシステム簡易図
HPシステム簡易図

2019/7/14 NEW!

所有製品