放蕩一㈹息子
放蕩一㈹息子
優しさを失わないでくれ。 弱い者をいたわり、互いに助け合い、どの国の人達とも友達になろうとする気持ちを失わないでくれ。 たとえその気持ちが何百回裏切られようとも・・・。 それが私の最後の願いだ・…

日記

最新の日記
カレンダー
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

最新の日記

電源ケーブル

オーディオを考えての暖房設定に、違和感を無くしつつある放蕩です。

今回は柄にもなくレビュー日記を書いてみました。

対象は"Cardas Clear Power"です。

通常住宅の壁コン直結 , ケーブルインシュレータ無し(漫画で支えた程度) , アンプ付属の電源ケーブルとの比較になります。

[好ましいところ]
聴感上のDレンジが広がってメリハリの利いた音になり、音質が改善したように聴こえます。また、横方向に広がる音場感の向上が素晴らしく、「スピーカー間隔を可能な限り広げろ!!」というケーブルの強い訴え(幻聴?)が聞こえてきそうです。^^;
可能ならスピーカー間隔は3M以上欲しいですね。

視聴楽曲としては、ロック,ポップス,ジャズだと、大概の楽曲は改善したと感じられるのではないでしょうか。

Krell ksa50では "Maria Callas:Casta Diva"の神々しいまでの美しさが、
McIntosh MA7900だと "John Coltrane & Johnny Hartman:My One and Only Love"の濃厚な甘美さがきわだち相性バツグンでした。このケーブル無しの視聴は辛い…と思えるほどですね。
(張本さんもビックリするほどの「喝」が入った演奏に変化します)


[好ましくないところ]
良くも悪くも現代的なHiFi調なので、音源の古いクラシックや熱意を押し出さない演奏では誇張感を感じます。
"Glenn Gould"がジャズピアニストに聴こえたり、木造教会での録音が石造教会ばりのホールトーンに聴こえるのは攻め過ぎのような。。。@_@;
(音が古くても"Ginette Neveu"だと演出感が好ましかったです。)

また、超個人的な感想ですが、krellと38cmウーファーが奏でる『たゆたう低音』がゴッソリ削られるのが一番badなポイントでしたね。
※使用機器を現代風に若返らせたい方にはgoodなのかも(゚ω゚)

ケーブル自体が重いため、コンセントベースやケーブルインシュレータを使用しての、コンセント接点&ケーブルのストレス対策が必要だと思います。(そして音に色が追加され難しく…)

ここらへんに力を入れる方々は玄人だと思うので、『経験で上手くまとめる&装置はほぼ完成形で調整用として使う』から問題ないのでしょう。
私のようなトーシロが使うにはちょっと早すぎますね。


[まとめ]
馬力のある機器をお持ちの方、現代HiFi調を目指す方にはお勧めできます。
ただ・・・支配力が強いので、"Pureな音"を目指したつもりが"Cleanな音"になるかもしれません。
※使用機器(oppo sonica dacに入れても微妙)や暖気状態(MA7900の暖気前は違いが微小)により大幅に効果が異なると思います。

最新のレビュー/コメント

レビューはありません

マイルーム

ドライマンのアパート
ドライマンのアパート
借家(戸建) / リビング兼用 / オーディオルーム / ~10畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch

ありもので可能な限り頑張る!!

所有製品