mike
mike
HondaさんのiRaudamp7D基板に魅了されて自作の世界に迷い込みました。とはいうもののB級好みというか自作には力不足でなかなかA級に這い上がれません。

日記

最新の日記
カレンダー
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最新のレス

日記

日記へのレスはありません

製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

お気にいられユーザー

最新の日記

SymphonicMPDに魅了されて

社交が苦手で長らくROMで phileweb を徘徊し、先達の技を学び楽しんでおりました。しかしパパリウスさんが R&D Club を解説したと聞き、身の程も知らず、コメントするだけのために思わずユーザーに登録してしまいました。
登録してから初めて記事を作ることを知りあわてております。
そこで、SympnonicMPDを使い始めたときのことを思い出し、どこに魅了されたのか書いてみることにいたします。
まずのはじめは、RaspberryPi2B/3Bに出会ったときからです。
小さくて可愛い、しかも安くてたくさんのMPDまわりのディストリビューターというか開発者がいて活発です。使わない手はありません。でも使ってみると音がおかしい。クロックがどうやらおかしくてまともでないらしい。いろいろトライしていくうちにたかじんさんの Sabreberry 32 に出会ってやっと落ち着きました。
しかしはっと気がつくと、SymphonicMPDというのが出ていて音がいいらしい。そこで初めて聞いたのが、ver0.2.5 でした。そしてあっという間に ver0.4.3に。その間の進歩の度合いとスピードが半端ではありません。初期の弱点がどんどん修正され予想以上の変身度合いを見せつけられる。Jplay 3台体制なんかやってる場合じゃありません。すっかり面白くなって、RaspberryPi3BとSympnonicMPDでどこまで行けるか走り出してしまいました。Sabreberry+からSabreberry32へ、そしてTerraberry2+へと一気に広がっていきました。そのまま面白くて現在のver0.7.14まで来てしまいました。生き残ったのは、APU2C4 + VoyageMPDver10 だけです。後はみんな消えていきました。いまだにどうしてRaspberryPi3Bのクロックが音楽に耐えられほどSymphnicMPDだけが正確に刻めるのか、よくわかりませんが、自分の好きな音楽を聞けばそのすば抜けた成果はわかります。というわけで、R&D Club に入りたく philewebのユーザーとなったわけです。しばらくはどうしようもなくどんくさいユーザーでありますが、よろしくお願い申し上げます。

最新のレビュー/コメント

レビューはありません

マイルーム

B級Audio
B級Audio
持ち家(戸建) / リビング兼用 / オーディオルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch

A級にはなりたいと希望しつつもなかなかなれません。B級でもオーディオの世界でもがきつづけることはとても楽しいです。

所有製品

所有製品は登録されていません