クアイ
クアイ
オーディオが好きで学生時代は毎日のように秋葉原に足を運んでおりました。その後約20年ほど空白があり、5年ほど前からまたオーディオ好きが再発しました。とにかく良い音で音楽を楽しみたいと思っています。ホー…

日記

最新の日記
カレンダー
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最新のレス

お気に入り製品

お気にいられユーザー

お気に入られユーザーはありません

最新の日記

3種類のボリューム抵抗値の聴き比べ

少し前にボリューム抵抗値についてテストしてみたので
結果感想を記事にしたいと思います。

用意したのは秋葉原などで買える数百円のボリュームです。

左から抵抗値100kΩ、50kΩ、10kオームです。


簡単に聴き比べができるようこれを基盤につけて抜き差しできるよう用意します。
一方、T型(アッテネータ)になるよう配線をして、RCAコネクタをつけて出来上がり。

各々のボリュームには、
間違って接触してノイズでスピーカーが飛ばないように
念のため、基盤の裏テフロンガラステープで絶縁しています。
また、ノイズが出ないよう、アースも取れるように工作してみました。

使用した機器は、
プレーヤ:LINN UNIDISK SC
アンプ: WAVAC MD-300B(付属ボリュームは最大で)
スピーカー:B&W805N
です。
とりあえず、LINN UNIDISK SC本体のアッテネータを最大にして
試聴しようと思いましたが、
当方のLINN UNIDISK SCは最大だと出力される音が歪むので
やむ終えず表示上87dbまでしぼっての試聴です。

■100kΩボリュームの場合、
ん~~なんか元気が無い感じの音になってしまいました。
メリハリというか勢いがなくなっている感じです。
ためしにLINN UNIDISK SCの出力を絞っていって、100kボリュームを
開放していっても、あまりかわりませんでした。

■50kΩボリュームの場合、
「お、抜けがよくなった」というのが第一印象でした。
全体的に音域がフラットにでているような感じがしました。

■10kΩボリュームの場合、
傾向としては50kΩボリュームの場合と似ています。
ただ、比べた場合に、抜けがよくなり、
雰囲気もよく表現できているようなきがします。

結果個人的には10kΩボリュームの場合が
一番聴いていて、たのしい音色だと思いました。
ただ、50kΩボリュームの場合と10kΩボリュームの場合とでは
聴き方によっては、好みの問題くらいの変化かなとも思います。


今回のテストは実は先に注文しているWAVAC製アッテネータATT-Sに
搭載するアッテネータ本体部品の選定も兼ねています。

WAVACで通常使用しているアッテネータの部品は日本国産品の特注品で
1個10万円以上ととても高価なものです。

その為、今回は海外でとても評価の高いアッテネータを輸入しようと
考えておりました。

種類もかなり豊富な為、どのタイプを選ぶか迷ってしまい、
一度自分でもテスト経験してみようとおもった次第です。

ついでに心配なのでWAVACのラボにお邪魔したときもテスト試聴させてもらいました。

使用した機器は
プレーヤ:STUDER 730A
アンプ:EC-300B (オーストラリア仕様)
スピーカー:B&W801

結果は上に述べたものとほぼ一緒で、10kΩボリュームの場合が
一番しっくりきました。

しかしこれは、抵抗値が低くなるとそれだけプレーヤーに負担がかかるので
使用する機材によっては使えない場合もあるのかなと思っています。

そのときはやっぱりプリアンプが必要ですかね・・・。

最新のレビュー/コメント

レビューはありません

マイルーム

店舗だったところをオーディオルームに。
店舗だったところをオーディオルームに。
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~12畳 / 防音なし / スクリーン~60型 / ~2ch

設置機種一覧 ■プレーヤ SANSUI CD-α917XR SANSUI CD-α717DR PIONEER CLD-99S PIONEER LD-X1 LINN UNDISK SC ■アンプリファイヤー SANSUI AU-α907i MOS Limited SANSUI AU-α707i WAVAC EC-805 WAVAC MD-300B ■スピーカー…

所有製品