クアイ
クアイ
オーディオが好きで学生時代は毎日のように秋葉原に足を運んでおりました。その後約20年ほど空白があり、5年ほど前からまたオーディオ好きが再発しました。とにかく良い音で音楽を楽しみたいと思っています。ホー…

日記

最新の日記
カレンダー
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最新のレス

お気に入り製品

お気にいられユーザー

お気に入られユーザーはありません

最新の日記

ATT-Sのアルミ削りだしケース


WAVAC製のアッテネーターATT-Sです。

RCAの入力が5つあるタイプで見た目もとてもオシャレな感じです。

ケースの削りだしがあがって来たとの連絡があり、見に行ってきました。
WAVACの製品のほとんどの筐体(ケース)はアルミの削りだしでできています。

写真では削った跡が凸凹に見えますが、手で触った感じでは
引っかかりや凸凹がなくとてもキレイに削りだされています。

写真を撮ろうと持ち上げたところ、重い・・・。

何キロあるんだろうと思い、計ってみました。

3.8kg!!!重いわけです。
これにステンレスの削りだしの重いノブが2つと脚、中にアッテネータ本体が納まるので
5kg超えるんじゃないでしょうか・・・。

さて、今回特別仕様にて2ヶ月前から注文していました。
特別って何が違うかって?
使うアッテネータが違います。
しかもあとで、ほかのアッテネータに載せ代えできるよう追加アダプター付。

今回注文した理由は、
自作のアッテネータの見た目も悪いし、音色も不満が出てきたのと。
1chしかないので、聴き比べが大変になったことがあり、
ここらでまともなセレクター付のアッテネータがほしくなった為です。

自分でヘアライン加工する?と聞かれましたが、
とてもむりそうなので、職人さんの手でヘアラインしてもらい、
最後にアルマイト加工して筐体は出来上がりとなります。

通常はWAVACカラーのシャンパンゴールドですが、
好きな色に染めれるということで
何色にするか現在悩み中です。

ホワイトゴールドとかどうかな・・・。

できあがったらまた日記に書きたいと思います。

最新のレビュー/コメント

レビューはありません

マイルーム

店舗だったところをオーディオルームに。
店舗だったところをオーディオルームに。
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~12畳 / 防音なし / スクリーン~60型 / ~2ch

設置機種一覧 ■プレーヤ SANSUI CD-α917XR SANSUI CD-α717DR PIONEER CLD-99S PIONEER LD-X1 LINN UNDISK SC ■アンプリファイヤー SANSUI AU-α907i MOS Limited SANSUI AU-α707i WAVAC EC-805 WAVAC MD-300B ■スピーカー…

所有製品