Alex63
Alex63
落ち着いていたオーディオ熱がLINN DSMのKatalyst DACアップグレードにより再燃してしまいました。 ただ若い頃と違いわりとおおらかに楽しんでいるので、まあ健全かと。 交響曲、ピアノソ…

日記

最新の日記
日記はありません
カレンダー
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最新のレス

日記

日記へのレスはありません

製品レビュー/コメント

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

お気に入りユーザーはありません

お気にいられユーザー

最新の日記

日記はありません

最新のレビュー/コメント

AKURATE DSM

LINN

AKURATE DSM(DSM)

¥892,500(税込)

発売:2011年内

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

Akurate DSM/3(Katalyst)インパクト

2009年にMajik DSを導入、2014年Akurate DSMにアップグレード、そして2019年にはDACをKatalystに変更、寝室用にMajik DSM/3も導入しました。そして本年DS生活10年目に入り、同時にCDプレーヤーを手放しての10年となります。

今ではLANケーブルを挿してすぐ使えることが当たり前ですが、導入当初はネットワークやコントロールアプリやシステムが常に不安定で、1年間にまともに聞けたのが20時間くらいだった年もあります。
DSが安定的に使えるようになったのはAkurateに変更した2014年前後くらいからかと思います。その間の私はLINNの人柱だったといっても過言ではないでしょう。

Akurate DSとAkurate DSM/3との違い、つまりKatalyst DACとの音質差は明らかです。
S/N比や低域の伸び、奥行きを中心とした空間表現、誰でも聴けばわかります。

15年目を迎えるソナスファベールのクレモナがこれほど表現力豊かに鳴るとは嬉しい誤算でした。そしてこのDACの変更がシステム全体の見直しのきっかけになったのでした。

【SPEC】●対応ファイル形式:FLAC、WAV、AIFF、ALAC、MP3、WMA、AAC、VORBIS ●再生可能なサンプリングレート:44.1kHz、48kHz、88.2kHz、96kHz、176.2kHz、192kHz ●再生可能な量子化bit数:16bit、24bit ●入力端子:ETHWRNET、HDMI×4、同軸デジタル×3、光デジタル×3、ライン×2、フォノMM/MC×1、ステレオミニ×1 ●外形寸法:380W×91H×380Dmm ●質量:6kg

マイルーム

2019年12月現在
2019年12月現在
持ち家(マンション) / リビング兼用 / ホームシアタールーム / ~14畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~4ch

今年はAkurate DSMのKatalystDACへのアップデートに始まり、LP12の導入、スピーカーの入れ替えとかなり大掛かりなシステム変更の年でした。 おっと、寝室用にMAJILK DSM/3も導入していました。

所有製品