ゼロdb
ゼロdb
ラジオ少年から始まり、今やデジタル老人と相成りました。 比較的古い機器に延命策を施しながらネットワーク ラジオやLP,CD、DVD,等でJazzとクラシック(室内楽中心)を楽しんでいます。Netwo…

日記

最新の日記
カレンダー
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

お気にいられユーザー

お気に入られユーザーはありません

最新の日記

Super Tweeterと格闘中です。

AVALONの初代Ascendantを長年使用中です。悔しいことに購入翌年に大人しすぎるTweeterが見直されAscendant-IIになりましたが、購入者責任(?)で今日まで付き合っております。
何か延命策をと思い、中古のPT-R4を入手してアレコレ苦労しておりますが、少し改善が見られたので参考までに記してみました。
これを機にSuper Tweeterでの格闘経験お持ちの皆さんからのアドバイスなど頂けることを楽しみにしています。

Ascendantの高域対策;

1.Pioneer PT-R4の内蔵Network 30KHz/12dbに外付けで双信の1μfをシリーズ挿入。 
追加Cの有無で視聴を繰り返し、C有り(クロスは約40KHz付近)とした。

2.音階による定位の不自然さが目立たなくなるレベルまで抵抗(Dake無誘導巻線)で調整、Ascendantとの組み合わせの場合 ー2db弱がベストでした。

3.位置と仰角と位相合わせなど;
理論上の12db/OctでのS・Tweeter接続位相は正相なので正相接続とした。

40KhzとそのOctave下の20Khzの波長を起点(システム側Tweeterの駆動点)から半波長毎にプロットしてみる。
両者の距離が一致(又は、差が最小)する点を選び、可能であれば正相での一致点でシステム側Tweeterの駆動点に近い距離を押さえる。
(FrontがスラントしているシステムではTweeterの想定駆動点からのOffset分を勘案してください)
視聴しながら選んだ位置の近傍をmm単位で前後に探り、最終的な位置を決定

4.接続ケーブル
システムの端子からPT-R4まで約1m弱の接続ケーブルが要ります。
メインのSPケーブルの負担を軽減するため、極力Capacitanceが小さく高域での導電性が高いものが良いようです。
幾つか試しましたが、素直な感じでリーズナブルな価格のQED Signature Revelation(切り売り)に落ち着いています。


最新のレビュー/コメント

レビューはありません

マイルーム

マイルームは公開されていません

所有製品

  • スピーカーケーブル WIRE WORLD SES6/SEB6
  • XLR(バランス)ケーブル NVS SOUND CABLE FD-S-XLR
  • RCA/BNCオーディオケーブル NVS SOUND CABLE FD-RCA
  • カートリッジ DENON DL-103
  • トーンアーム FIDELITY-RESEARCH FR-54
  • プリメインアンプ OCTAVE V70SE
  • BDプレーヤー OPPO BDP-95
  • スピーカーシステム AVALON ACOUSTICS ASCENDANT