おかぽん(OK劇場 管理人)
おかぽん(OK劇場 管理人)
昔からのあこがれのホームシアターを、家を新築するのにかこつけて作ろうと思い立ち、性格通り「どうせいくならトコトン!」としてたら、いつの間にやら、地下シアターになってました。(おいおい) 開場は、…

日記

お気に入り製品

最新の日記

[番外編]物欲刺激の新製品「SONY NAC-HD1(CD・FM/AMチューナー搭載 HDDオーディオレコーダー)」

昨日のPhileWebのでSONYが、「CD・FM/AMチューナー搭載 HDDオーディオレコーダーNAC-HD1 を発売」という記事 を読みました。
<PhileWebの製品紹介記事はこちら>)

CDドライブ、AM/FMチューナー、250GBの内蔵HDDを搭載しており、リニアPCMで、CDやラジオ放送、音楽配信、外部入力音源(デジタル・アナログ入力)などをHDDに録音・保存することが可能とのこと。

最近、PodCastや、FMの留守録のエアーチェックを HDDにして聞きたいときに気軽に聞ければ便利なんだけどなぁ。と思うことがあって、色々と探し始めていたので、とてもほしくなりました。

CD類はもちろん、アナログ端子(テープとか)から録音したものとかでも、波形解析をして曲名を割り出すデータベースを持っているとのこと。どの程度の精度があるのか不明ですが、結構面白そうです。

あと、DLNAに準拠しており、自分の内蔵HDDをDLNAで外部に見せるだけでなく、外部のDLNAデバイスを読み込んで再生することも可能とのこと。(実質的なHDDの増設と同じこと??)

もし、外部のDAPにもEXPORTできるとあって「ユビきたっすねぇ~」をするためのリンク親機としては、最適の設計になっているようです。(「転送ボタン」を「ユビ」で押すだけらしい。)

他にも機能が結構あるので、一度チェックしてみっる価値はありでしょう。

PCM非圧縮録音が可能であったり、オーディオ用の電源トランスを採用したり、CD/HDDの防振、遮音など、SONYとあって、クオリティにはそれなりにはこだわっているようです。
(メーカの報道発表記事はこちら)

発売は、約1ヶ月後の5月21日とのことですが、早速、大手家電量販のネットWEBをみたら、早速 ¥98,000+10%ポイント(実質:約9万円)で予約を開始していました。

真剣に聞く音楽には、物足りなさを感じるかもしれませんが、イージーにBGM的に聞こうとするには、十分な機能を持っていると思います。

物欲ポイント ★★★ (貸してくれたら使用レポート書くんだけどなぁ・・・)

P.S.ほんとは、SACDをDSDのままHDDに落とせて(もちろん一世代コピーで可)聴きたいときにジュークBOX感覚で聞けるようなものが最高理想なのですが、次期商品で作ってくれませんかねぇ。SONYさん・・・

最新のレビュー/コメント

DLA-HD12K

VICTOR

DLA-HD12K

¥2,362,500(税込)

発売:2005年11月下旬

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

DLA-HD12K を購入した際(約1年半前)に書いたインプレです。

※本インプレは、この製品を導入した際(約1年半前)に書いたものです。
中古などを含めて本機の購入を検討される方もいらっしゃるかと思いますので、依然書いたレビューを転記させていただくことにしました。本URLをクリックすれば、私のブログにジャンプします。

--------------------------------------------------------------

2005/12/10、我が家に、フルHDプロジェクター(Victor DLA-HD12K )を導入しました。反射型液晶を搭載したモデルで、透過型液晶とはちがってきっちりした黒がでます。

これまでは、マランツの VP-12S3 を使ってきました。この機種は、DLPを搭載しており、黒レベルのすばらしさとシネマタッチの映像の美しさでは満足していましたが、当初からフルHDプロジェクターが本格的に出るまでのつなぎで手に入れたものでした。

今回のフルHDプロジェクターの導入に関しては、SONYの VPL-VW100 と、Victor DLA-HD12K の2機種を対象に検討してきましたが、最終的に2005年の(2005/11/26)の池袋での販売店のイベントにて、両機種を見比べる中で決定しました。

HD12K に決めた理由を、そのイベントでの私なりの意見も含めて書き綴ってみます。

1.カラーバランス
VW100 の赤の色は非常に鮮烈でした。それだけに 私には赤系の色が青系や緑系などに比べて際立ちすぎていて、色のトータルバランスが崩れているように感じました。
(緑が赤系にひっぱられて、多少黄色よりに発色されていたように感じました。)

調整で変更はきくのかもしれませんが、イベントでのデモの色バランスは、赤を意識した色設定になっていたと思ったので、メーカ(SONY)の方に確認を行ったところ、VW100の特徴である赤の発色が活きる設定を標準設定としては行っているとのことでした。
(確かに「恋に落ちたシェークスピア」のタイトルの赤などは感動する紅でした。)

それに対して、メーカ(Victor)の方いわく、HD12K のプロジェクタヘッドの特性は、色温度 D65 の特性に合わせて、1度ごとにプロッティングして調整して作り上げていったそうで、その調整に関しては、相当の時間と労力をかけたそうです。それだけに、この設定には非常に自信を持っているとのことでした。

また、HD12Kの光源の決定に関しては、キセノンランプの導入も検討したそうですが、色補正フィルターで色のコントロールを行えば、高圧水銀ランプでもキセノンに負けない色を作れる(0.82インチのD-ILAデバイスを使っていることで、ある程度のフィルタを使っても明るさ的には問題なし。)ことから、民生用(~200インチまでのスクリーンサイズ)の製品に対してランプ単体価格で4倍、使用電力で2倍以上のキセノンランプを導入するメリットはないという判断で、高圧水銀ランプの採用に至ったとのことでした。

2.暗部コントラスト
暗部のコントラストや表現力については、デモを見る限り VW100 より HD12K の方が優れていると思いました。(調整でなんとかなるとの話もありますが、あくまでも標準の設定の状態で。)

なお、我が家のシアタールームは地下にあり、壁&天井のクロスも黒か濃紺にしており迷光も含め完全に光をコントロールしている環境(後ろに設置した HRD-300の青の<Hi-Vision>のランプがスクリーンに映りこむのがわかるくらい)なので、私は黒のレベルと階調性については、結構こだわりを持っています。
それゆえ、液晶プロジェクタでは満足できず、DLP機のマランツのVP-12S3 を現在使っており、今回のプロジェクタ選定に関しても、暗部コントラストの表現力は重要視しています。

「恋に落ちたシェークスピア[DVD-SD]」と、「シービスケット(WOWOW)[DVHS-HD]」の同じシーンを(麻倉さんのデモとは別に)双方の機種で見せてもらいました。
その結果、明らかに暗いシーンにおいては、黒レベルにおいては両機種ともそれなりに満足いくものでしたが、VW100は HD12Kに比べて明らかに黒つぶれが発生していました。

ビクターの人によると、今回のデモ会場は 120インチスクリーン + 外光/迷光なしの環境ということで、ランプの出力を170Wに落としてデモを行ったそうです。
(このような環境であれば 映画ソフトなどは、100-150インチのスクリーンサイズでは170W の設定、150インチ以上では 200W の設定が推奨ということでした。)

せっかくなので、お願いしてランプ出力を200Wに上げて、デモしてもらいましたが、シービスケットのエンディングのシーン、馬体部分の暗いグラデーションの表現力に加え、レッド号の赤の発色は気持ちがいいくらいに抜けた素晴らしい赤でした。
 私的には、これなら VW100 の発色能力に十分対抗可能と思いました。(残念ながら VW100にはランプ出力を絞る機能はないそうです。)

3.その他(オートアイリス/デバイス/プロセッサなど)

VW100で採用されているオートアイリスに関してビクターさんは非常に否定的でした。
そのコストをレンズなり、大型のD-ILAデバイスの採用(0.7ではなく0.82)などにかけた方が有効と考えているとのこと。

今回の映像プロセッサについては、社内プロセッサの使用(新ジェネッサ)なども検討したそうですが、ジェネッサは、あくまでも一般TV製品向けがベースであり、本製品の目指す方向性にはあっていないということで採用に至らなかったそうです。
また、リアプロで展開している 0.7インチD-ILAデバイス & ジェネッサプロセッサは、画面サイズで 80(~100)インチ以下までが最適であり、それ以上の画面サイズでは、開口率やピクセルギャップなどの面で0.82インチのデバイスがクオリティ上、必要になってくるとのこと。

で、最終的にプロセッサについては、ビクターとしては、いろんな(チップ)ベンダの製品をテストした上で、メインのプロセッサとして、ファロージャの DVP-1080 をべースとしたものが最適ということでこれを製品として規定したようです。
さらに、これだけでは価格が高くなってしまい売れる数が限られることから 1080i -> 1080p への i/p変換の機能を有したHUBプロセッサを用いた廉価版モデルをラインアップしたようです。

これらの話を聞いていくにつれ、HD12K に、これまで疑問に思っていたこと

●なぜ新開発のプロセッサや社内プロセッサを使って、VW100に対向するようなモデルをつくらなかったのか。

●ヘッドとプロセッサで2つに分けられていて、それも2種類のバージョンがあるのか

●キセノンランプではなく、あえて高圧水銀ランプを使用しているのか

などが明確なポリシーによって決定されたということがよくわかりました。

4.結論

以上の状況を総合的に加味した結果、

★ソースによってランプ出力を切り替えて使用することが可能。
(私的には、200Wの画像は「彩と鮮」、170Wの画像は「厚と質」と感じました。)

★ファロージャのプロセッサの I/P変換能力の底力。

★ヘッド部だけで HDCPに対応しており、プロセッサの使用/未使用が自由で、1080P 出力可能な DVDプレイヤー(BD/HD-DVD)などは、ヘッド部に直接接続可能という楽しみ方もできる。

ということを踏まえて、値段の差はあるものの 今回は HD-12K を導入することの決定に至りました。

【SPEC】
<プロジェクションヘッド部>
●表示デバイス:フルハイビジョン対応0.8インチD-ILA デバイス×3枚 ●解像度:1920×1080ピクセル(2,073,600ピクセル) ●光源:200W NUP ●光出力:600ルーメン ●コントラスト比:2500対1 ●投写レンズ:スタンダードズームレンズ→1.4倍電動ズーム・電動フォーカスレンズ、投写比/1.5対1〜2.1対1、ロングズームレンズ→1.9倍電動ズーム・電動フォーカスレンズ、投写比/2対1〜3.8対1 ●入力対応信号:1080/60p、1080/50p、1080/48p ●入力端子:デジタルRGB×1系統(HDCP対応DVI-D端子) ●制御端子:RS-232(D-sub9ピン)×1、DC12V ●トリガ端子:(ミニジャック)×1 ●サービス端子:(ミニジャック)×1 ●電源:AC100〜240V、50/60Hz ●消費電力:320W(待機時5W) ●外形寸法:513W×169H×549Dmm(突起部除く) ●質量:17kg ●付属品:電源コード×1、リモコン×1他
<デジタルビデオプロセッサー部>
●映像入力対応信号:480/60i、480/60p、576/50i、576/50p、720/50p、720/60p、1080/50i、1080/60i ●映像入力端子:RGB×1系統(BNC端子)、デジタルRGB×1系統(HDCP対応DVI-D 端子)、コンポーネント×1系統(BNC端子/RGB用と共用)、コンポジット×1系統(BNC端子)、Sビデオ(Y/C)×1系統 ●映像出力信号:1080/60p、1080/50p ●映像出力端子:デジタルRGB×1系統(HDCP対応DVI-D端子) ●制御端子:RS-232(D-sub9ピン)×1、DC12V ●トリガ端子:(ミニジャック)×1 ●電源:AC100〜240V 50/60Hz ●消費電力:35W ●外形寸法:438W×45H×303Dmm(突起部除く) ●質量:6.3kg ●付属品:電源ケーブル×1、リモコン×1、DVI-DVIケーブル(5m)×1

マイルーム

2つのシアター(地下専用シアター&リビングシアター)
2つのシアター(地下専用シアター&リビングシアター)
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~12畳 / 防音あり / スクリーン~120型 / ~7.1ch

『OK劇場 (Theatre OK) 』に ようこそ!! (開場:2005年6月) 我が家には、以下の2つのシアターがあります。  ★シアター1:「 Theatre Rouge/Noir 」(地下メインシアター)  ★シアター2:「 Theatre Blanc/Bleu 」(リビングシアター) --------------------------------------------…

所有製品

  • D-ILAプロジェクター VICTOR DLA-HD750
  • BDプレーヤー DENON DVD-2500BT
  • AVプリアンプ DENON AVP-A1HD
  • Blu-ray Discレコーダー PANASONIC DMR-BW900
  • SACD&DVDオーディオ/ビデオプレーヤー DENON DVD-3930
  • AVアンプ DENON AVC-3808
  • プラズマテレビ/ディスプレイ PANASONIC TH-58PZ600
  • ハードディスクレコーダー SONY NAC-HD1
  • プラズマテレビ/ディスプレイ PIONEER PDP-5000EX
  • パワーアンプ MCINTOSH MC252
  • SACDプレーヤー/トランスポート ESOTERIC X-01D2
  • スピーカーシステム B&W 802D
  • ゲーム機 SONY COMPUTER ENTERTAINMENT PLAYSTATION 3(60GB HDD)
  • Blu-ray Discレコーダー PANASONIC DMR-BW200
  • Blu-ray Discレコーダー SHARP BD-HD100
  • サブウーファー B&W ASW800
  • スピーカーシステム B&W Nautilus804
  • スクリーン SCREEN RESEARCH Clear Pix 2
  • SACD&DVDオーディオ/ビデオプレーヤー DENON DVD-A1XVA