たびびと
たびびと
暴走も一段落~(´▽`)~

日記

最新の日記
カレンダー
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

最新の日記

いざ静岡!GW旅行はバズケロ邸

「GWどっか行きたいとこない?」
「バズケロさんち」(即答)
「遠すぎる」

なんてやりとりがありまして。
その時(3年前でした)は遠いからと却下になったのですが、また今年
「どっか行かない?」
「バズケロさんち」(即答w)

で、仕事のリズムが変わったばかりで自分のオーディオさえ聴く時間が取れなかったこともありそのまま放置していたのですが、
「決まったよ」
「え?マジすか?」
「朝4:30集合ね」
「…マジすか?」

でもまぁ、決まってしまえばオフ会は楽しみなもの。しかもずっと前から聴いてみたかったお宅です。
そんなこんなで日帰り弾丸ツアーで行ってまいりました、バズケロ邸!
今回はコーディネートから運転まで全てお任せ。「市場よって朝飯食いましょう」とか我儘放題です(笑)


バズケロさんと言えばファイルウェブの中でも屈指の実践派。
独自の解析と理論。膨大な試行錯誤を繰り返しそのプロセスを惜しげもなく披露する懐の広いお方。
イメージでは「ガハハハッ」とか豪快に笑う大男のイメージだったのですが、お会いしてみると物腰の柔らかい気さくなおじさん(失礼)…というかボンさんとアイドルトークで盛り上がっているのを見るとそこらのおっちゃんというか(超失礼)

でもやっぱりオーディオを語るときは只者では無いオーラがビシバシと。


最初のハーベス部屋。
生活の一部に組み込まれ、インテリアの一部に溶け込んだ機器と音。
聴く位置によって音楽との距離感も自由自在。

80年代のアキュがインテリアに馴染んでいます。というか、今のよりずっとカッコいいと思う。
ハーベスもスタンド込みで実に佇まいが良い。音よりデザインで選んでます?

実は最初は古色蒼然とした、ハーベスのエンクロージャーそのものの色が乗っていて、完全に癒し方向に振っているのかと思っていたのですが、数曲かけるうちにどんどん鮮度が上がってきて実に中庸な音色に。
ニュートラルとリアルの中間。空間や音像もこれ見よがしなところはなく、しかし十分オーディオ的にも聴ける絶妙なバランス。
「対向面に同じ素材は使ってない」とか「ロフトは音が飽和したときに対策できるように用意してあったけど要らなかった」とか、聞けばリビングオーディオと言いながらも恐ろしいほどの抜かり無さ。

それはJBL部屋も同様で、徹底的に計算して作られたとんでもない造り。


石井式+天井裏のレゾネーター。
床と壁の縁切り。
造りながら考えていったのでは絶対に工期に間に合わない、完璧な事前準備の賜物。
私のようにアースすらその場で決めて詰め切れなかったのとは訳が違います(^^ゞ

そしてその効果は音に表れており、部屋の癖の無さは特筆に値します。
この狭さ(といってもエアボリューム的には20畳分くらいはありそうですが)で、この気密の良さで、この気圧の変化のなさは異常です。おそらく同等のエアボリュームで気密も近い私の部屋だと感じる僅かな圧迫感が全くありません。
響きはかなりデット。
パッと見た感じで吸音は少なめなのに一切変な響きはありません。

「ルームチューンは嫌い」
「部屋の響きを使うのではなく、その場の間接音は音源に既に入っている」
「だから直接音メインでいいし、部屋の広さも必要ない(というか寧ろ邪魔になる)」

部屋の響きをどこまで使うかはオーディオにとって終わりと答えのない議論だと思うのですが、普通は「逃げられないのだから上手く使う」と言うのが落としどころになりがち。
というかうちが正にそれ(笑) 通に部屋を作って、音を聴きながらルームチューンと進めて来ました。
しかしバズケロさんは上記のような方針で部屋を作ってしまいました。
これは物凄く危険な賭け…

だったと思うのですが、バズケロさんは見事に賭けに勝ってしまいました。
しかしこれは賭けだったのか?
運に頼るギャンブラーは二流。
勝負は始まる前に既に決まっている…みたいな?
しかしバズケロさんの建築当時は今よりさらに情報量は少なかったはず。
いやはや。それでこれを設計段階で決められるのって本当に異次元。


とは言え音が部屋だけで決まるはずもなく。
部屋にかけたのと同等、いや、もしかするとそれ以上の情熱がセッティングには込められていました。
バズケロさんと言えば
『1点アース』
『縦リジッドの横プリン』
などの独自メソッドが有名ですが、今回念願かなってやっと実物を見ることが出来ました。


実は私もそれっぽいことをやってみようとしたことがあったのですが、これって高さ調整が激ムズなんですよ(;´Д`)
私は早々に諦めました。まったく良く水平取れるもんだと…。
でもこの音を聴いた後だとまた挑戦したくなりますね。


そんなこんなで真剣勝負のJBL部屋で刺激を受けまくってからのハーベス部屋。
十分オーディオ的なのにめっちゃホッとする(笑)
これはセカンドシステムの理想形じゃ~!!


そんなこんなで朝10時から19時まで、じっくりバズケロサウンドを堪能させていただいてつくば一行は帰路に着いたのでした。
バズケロさん、ありがとうございました!!

そしてボンさん、運転ありがとうございました!
燻製さん、音のインプレありがとうございます!私は燻製さんの後にブログに追記します(笑)


無限多様の無限調和

最新のレビュー/コメント

YAMAHA

CX-A5100

¥294,000(税込)

発売:2015年10月上旬

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

美味しい硬水みたいな音

色々な設定が弄れる、遊び甲斐のあるAVプリ。
メーカーが「目指したのは究極的な音の純度」というだけあって、兎に角クリア。

しかしただSNが良いだけのクリアさではなく空間に何かの存在を感じます。個人的には澄み切った空気ではなくどこまでもクリアな水と言った印象。



余計な設定は全てオフ。ピュアモードオン。
目指したのは究極的な音の純度なのだったら、これが正しい使い方でしょう(笑)
個人的にはAVプリはただのHDMI接続DACという考え方。

というかフラグシップからエントリーまで同じDSPプログラムって無理があると思うんですよね。求められてるものが違うでしょ、と。


無限多様の無限調和

【SPEC】●定格出力/出力インピーダンス:RCA:1.0V/470Ω、XLR:2.0V/470Ω ●最大出力:RCA:4.0V以上、XLR:8.0V以上 ●入力端子:HDMI×8、アンバランス音声×9、バランス音声×1、8chマルチ音声×1、光デジタル音声×3、同軸デジタル×3、コンポジットビデオ×5、コンポーネントビデオ×3、USB×1、LAN×1、他 ●出力端子:HDMI×2、11chアンバランス音声×1、11chバランス音声×1、サブウーファー×2、ZoneOut×2、コンポーネントビデオ×1、コンポジットビデオ×1、ヘッドホン×1、他 ●入力感度/インピーダンス:PHONO:3.5mV/47kΩ、RCAアンバランスAUDIO2他:200mV/47kΩ、XLRバランスAUDIO4:アッテネーターOFF時 200mV/100kΩ/ON時 400mV/100kΩ ●最大許容入力:PHONO:60mV、RCAアンバランスAUDIO2他:2.4V以上、XLRバランスAUDIO4:アッテネーターOFF時 2.4V以上/ON時 4.8V以上 ●全高調波歪率:0.008%以下 ●S/N比:PHONO:95dB以上、AUDIO2他:112dB以上(XLRバランス/RCAアンバランス、入力ショート1kΩ) ●チャンネルセパレーション:86dB/69dB以上(入力ショート1kΩ、1kHz/10kHz) ●Bluetoothバージョン:ver.2.1+EDR ●対応プロファイル:A2DP/AVRCP ●対応コーデック:ABC/AAC ●消費電力:65W ●外形寸法:435W×192H×474Dmm ●質量:13.5kg

マイルーム

オールマイティを目指して!(…はいるけれど(^^ゞ )
オールマイティを目指して!(…はいるけれど(^^ゞ )
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~14畳 / 防音なし / スクリーン~120型 / ~4ch

出来るだけ色付けなく、でも楽しく、を狙っています。 Esoteric K-01X ↓ Dussun R-10i ↓ Classe CA-M400 ↓ Avalon Eidolon

所有製品