Hermitage
Hermitage
2016/6新しくブログを作りました。 http://hermitage-netaudio.com/ ブログ開設の目的としては 写真のアップロード容量の制限などをなくすこと 校正、アクセス…

日記

お気に入り製品

最新の日記

自作電源ケーブルの製作完了

先日、タップなどの給電をしている電源ケーブルを
これまで使ってきたPCOCC-AからPC-TripleCへと
変更するために取り外し、プラグのみをメーカーに送って
ケーブルを作っていただくことにしました。

1週間ほどの期間を想定していましたが、
発送から返送までわずか3日と迅速に
対応していただくことができました。

無メッキのP-029-EE/F-2.6-TripleC-C-029の組合せ

ロジウムメッキのP-037-EE/F-2.6-TripleC-C-037

パラジウムメッキのP-004-EE/F-2.6-TripleC-C-004

パラジウムメッキのP-004-POWER REFERENCE-TripleC-C-004

計4本です。全てカーボンメッシュチューブで覆われています。

当初線材は全てEE/F-2.6-TripleCの予定でしたが、
POWER REFERENCE製作時の端材があったようで
1本だけ比較用に特別に作っていただくことができました。

レイアウト変更をもくろんでいるので
今までよりもケーブルが長くしましたが
現時点では配線時に迂回させる必要があります。

さて、硬くて曲がりにくい単線ケーブルを
混雑したラック裏にどうやって配線しようか…。

※詳細、画像はこちら↓へどうぞ。
自作電源ケーブルの交換(2)EE-F-2.6-TripleCとPower Referenceの到着

最新のレビュー/コメント

RBR-1

ACOUSTIC REVIVE

RBR-1

¥158,550(税込/予価)

発売:2010年11月初旬

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

バッテリ駆動とアナログ電源のいい所取り

バッテリ駆動でもない、アナログ電源駆動でもない、
その両者の利点を組み合わせた
バッテリーリファレンス電源というものが
どういう音がするものなのか、ぜひ聞いてみたくなり
貸し出しサービスを使ってお借りすることが出来ました。

前面は波打った形になっています。
放熱のためのヒートシンクかな。

リアパネルには各スイッチやコネクタ。
今回は供給電圧は5Vの仕様でお借りしました。

底面を見ると、インシュレータは金属製で
3点支えとなっていて、ネジ止めされたカバーが見えます。

ふたを開けると、単三電池が2本入っていました。

これがRBR-1の最大の特徴である基準電圧を作る
バッテリになっているようです。

付属するDCプラグケーブルは
片側はRBR-1側がXLRプラグ、機器側がDCプラグです。

実際にRBR-1をラック上に設置してみるとこんな感じに光ります。

青色LEDは電源を入れると点灯しますが、
白色LEDはバッテリリファレンス駆動時に点灯します。

これをスイッチングハブの付属のUSB-DCケーブルを使って
RBR-1からスイッチングハブに給電して試聴しみます。

モード:Internal
いわゆるアナログ電源駆動に相当します。
音に厚みがあり、音が前に出てくる力強さがあります。
個人的には透明感がもう少しほしいところです。

モード:Battery
今度はバッテリの電圧を基準にして
アナログ電源を駆動する方式で聞いてみます。
バッテリ駆動に匹敵するクリアネスがあり、
Internalで試聴したときのような
音の展開がやや前に出る力強さが感じられます。

バッテリー駆動に匹敵する静けさと、
アナログ電源の力強さが共存する不思議な音になります。

※詳細、画像はこちら↓へどうぞ。
ACOUSTIC REVIVE バッテリーリファレンス電源 RBR-1をレンタル
ACOUSTIC REVIVE バッテリーリファレンス電源 RBR-1レビュー(1)USB給電編
ACOUSTIC REVIVE バッテリーリファレンス電源 RBR-1レビュー(2)DC変換プラグの調達
ネットワークオーディオ用機器をバッテリリファレンス電源RBR-1に集約してみた
光メディアコンバータのバッテリ探しの終着点

【SPEC】●出力:注文時に5V、9V、12V、16Vの指定が可能

マイルーム

♪散財シアター♪
♪散財シアター♪
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~10畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~7.1ch

2016/6新しくブログを作りました。 http://hermitage-netaudio.com/ 切妻屋根の天井裏に10畳ほどの専用室設けて ホームシアターをつくり、楽しんでます。 2000年頃からPCネットワークとAV機器の融合を試行し マルチソースホームシアターを目指しています。 全ての元凶は2003年に当選したプロジェクタ…。 2006年夏の終わりにDENON …

所有製品