Hermitage
Hermitage
2016/6新しくブログを作りました。 http://hermitage-netaudio.com/ 機能の不足(アクセス解析や校正機能)を補い AV機器以外の話題を自由に書ける場が欲しかっ…

日記

お気に入り製品

最新の日記

ニッキー邸訪問記

台風直前の土曜日に高台にそびえ立つ
ニッキー邸へお邪魔してまいりました。

--------------------------------------------------
ニッキー邸オーディオシステム
--------------------------------------------------
オーディオシステムは2ch専用なのに、
シアタールームの我が家よりも
機材が多いのではないかと思うほど
大量の機器がありました。

◆フロント部
フロントスピーカー:B&W 805SD
パワーアンプ:ONKYO M-5000R×2

◆プレーヤー群
ステレオプリアンプ ONKYO P-3000R
NAS&プレーヤー:DELA HA-N1AH20
ネットワークオーディオプレーヤー:Pioneer N-70A
SACDプレーヤー:DENON DCD-SX1
レコードプレーヤー:Technics SL-1200G
+フォノイコライザー:ifi Audio micro iPhono2
+カートリッジ:DENON DL-103

◆電源環境>
クリーン電源:PS AUDIO PerfectWave Premier 5
パラレル・パワー・デリバリー・ACエンハンサー:RGPC400 pro
アイソレーショントランス:出水電器 CT-0.2※カスタム品


<サブシステム>

DALI MENTOR MENUET
ONKYO CR-N765
レコードプレーヤー:MARANTZ TT8001

<4K/HDR環境>

TOSHIBA REGZA 50Z810X
PANASONIC DMR-UBZ2020

これだけでは終わりません。
--------------------------------------------------
調音パネル
--------------------------------------------------
メインシステムがおかれているスペースは、
右側がベランダへと続くガラス窓、
左が別の部屋へ続く木製のふすま、
背後はキッチンとダイニングへとつながり、
左後ろにテレビなどを置いてあるスペースが
オーディオシステムに向かって上から見ると
」字状に拡がっています。

床はウレタンの上にフローリングされている床で、
上に載ると弾力があって床鳴りしやすそう印象です。
ボード類がスピーカーやラック、
各機器の下に大量に投入されています。(多分20枚位)
調音には苦労されているようで、
なかなか複雑に調音パネルが配置されています。

--------------------------------------------------
複雑な調音
--------------------------------------------------
スピーカー裏にはYAMAHA ACP-2 WH、
スピーカー前にはVENTO FB-TK、
中央にはVento Squareが、
天井や壁にはVento Squareと
コーナーにもCORNER RC EIGHTH NERVEや
KRYNA DOKAYUKIなどが配置されていて、
良くこれだけ複雑な調音パネルを
使いこなしているなと感心します。
私にはこれだけ複雑に使いこなせません。

--------------------------------------------------
試聴の事前確認で2点修正
--------------------------------------------------
まずはDELAからUSBでDCD-SX1へデジタル出力し
DACはDCD-SX1のもので軽く聞かせていただくと、
低位が少し左にずれていたのと
低音が膨張しているように聞こえました。

ニッキーさんにお伝えすると、
背後のパネルの角度をチョチョイといじり
床のボードを取り外して中央に1つ置くと
あらスッキリ、私好みの音になりました。

掃除で角度がずれたのと
試験中だったパネルの配置で
私の客観的意見が聞きたかったそうです。

それ以降、この状態で聞かせていただきました。

--------------------------------------------------
各プレーヤーの音の特徴
--------------------------------------------------
とにかくプレーヤーが多くて、
曲を固定して1つ1つ聞かせていただきました。
※DACとして使った機器

<DELA+DCD-SX1(※)でFLAC再生>
ステージが左右へ広く展開して
クリアな音場が形成され、
高音域から中低音域までバランスの良い音

<DCD-SX1でCD再生>
DELAの音に比べて音が滑らかで
前後方向に音にかっちりとした分厚さが感じられ、
DELAより格式が高い音

<DCD-SX1でSACD再生>
情報量の差が如実に現れて、
部屋いっぱいに音が広がり、
音のつながりが非常に滑らかで、
今回の中で一番好きな音でした。

<Technics SL-1200Gのレコード再生>
これだけ曲が異なり、カーペンターズのSING。

私が思い描いていたレコードの音ではなく、
実に解像度の高いクリアな音には
少し感心してしまいました。
が、低音の量感が物足りず、
先ほど抜いたボードを元の状態に戻して聞いたら
これが一番すごかったかも。

<Pioneer N-70+DELAによるネットワーク再生>
N-70のDACで聞くと
最初に聞いたDCD-SX1のDACの音に比べて
音の滑らかさが足りないなという印象です。
解像度は高いですが、高音寄りな音に聞こえました。
DCD-SX1の1/3の価格でこれなら十分健闘。

P-3000RのDACへ変更すると
重心が下がり低音側が出る一方で
解像度が下がり、DACのキャラクタの違いが出ました。

<サブシステム>
設置環境がミニマムで箱庭のようなイメージの
音場の展開ですが、スピーカーの後ろに
解像度の高い音場が広がって、
ライブ会場のステージを
空から見ているような印象を受けました。
これがミニコンポの音だというが驚き。

<4K/HDR環境>
遠くまで抜けるような解像度の高さ
夜の闇とまばゆい光のコントラスト
複雑な色でも表現する階調の良さ
目を惹かれるガラスや金属の光沢感

リビングのような明るい環境でも4K/HDR映像は美しく、
とてもコストパフォーマンスの高いテレビという印象。
UHDBDとBDの比較ではニッキーさんも
BDが「暗い」としきりにおっしゃっていました。

--------------------------------------------------
好み(寝落ちできる)の順番
--------------------------------------------------
レコード以外の好みの順番を書くと
以下のような順番かなと思います。
上に行くほど寝落ちできます。

DCD-SX1(SACD)>DCD-SX1(CD)>DELA直結>N-70>P-3000R

環境によってはSL-1200Gが
DCD-SX1より良かったかもしれません。

部屋の弱点をカバーするためとはいえ
良くアレだけのボードや調音アイテムを重ね合わせて
コントロールできるなと感心しました。

私はあまりいろいろな人のシステムの音を
聞かせていただく機会は多くありませんが、
経験豊富なニッキーさんのお宅にお邪魔する
機会を頂いたことに感謝いたします。
楽しい時間をありがとうございました。

※詳細、画像はこちら↓へどうぞ。
N邸訪問<前編>ボードと調音パネルを駆使したオーディオシステム
N邸訪問<後編>コスパの高いサブシステムと4K/HDR環境

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★雑記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ニッキー邸へ持ち込んだアイテムは、
結局使うところがなく不発に終わりました。

自宅のDELAの調整にはなかなかてこずっています。
自分の納得できる音になかなかなりません。

─────────────────────────
★その他トピックス
─────────────────────────
スリムタイプ電源タップFURUTECH e-TP66を購入したけど…

最新のレビュー/コメント

RLT-1

ACOUSTIC REVIVE

RLT-1

¥18,900(税込)

発売:-

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

LANの空き端子は塞ぐべし

LAN端子は端子がむき出しになっていて、
電磁波や電波などのノイズに対して無防備であること、
端子部分がバネ状になっていて振動しやすいことなど、
オーディオの音を濁す要因が内在されている端子だと思いますが、
その弱点をカバーしてくれるよいアイテムだと思います。

環境にもよると思いますが、
映像の見通しがよくなること
音声の分離間や空間表現が改善される
などの分かりやすい効果が出ることが多いです。

現在はAVプリアンプMarantz AV8802Aや

UHD Blu-rayプレーヤー DMP-UB900

などのLAN端子をわざと空けて装着しています。


※詳細、画像はこちら↓へどうぞ。
ACOUSTIC REVIVE LANターミネーターRLT-1のレビュー

【SPEC】●筐体素材:2017S航空機グレードアルミ合金 ●内部配線:PCOCC-A

マイルーム

♪散財シアター♪
♪散財シアター♪
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~10畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~7.1ch

2016/6新しくブログを作りました。 http://hermitage-netaudio.com/ 切妻屋根の天井裏に10畳ほどの専用室設けて ホームシアターをつくり、楽しんでます。 2000年頃からPCネットワークとAV機器の融合を試行し マルチソースホームシアターを目指しています。 全ての元凶は2003年に当選したプロジェクタ…。 2006年夏の終わりにDENON …

所有製品