Hermitage
Hermitage
2016/6新しくブログを作りました。 http://hermitage-netaudio.com/ 機能の不足(アクセス解析や校正機能)を補い AV機器以外の話題を自由に書ける場が欲しかっ…

日記

お気に入り製品

最新の日記

ラックレイアウト変更後のスピーカーの位置を初期化

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ラックレイアウト変更後のスピーカーの位置を初期化
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
横型ラックレイアウトへ変更して、
初日はとりあえず使える状態にするのが精一杯で、
スピーカーは変更前のまま壁寄りにおいてありました。
残っている課題の1つ、スピーカーの位置について考えます。

--------------------------------------------------
2つの候補から選択
--------------------------------------------------
まず最初にどういう設置方法にするか、
選択肢は2つ、やや内振りにするか、平行法にするか。

シアターのようにリスニングポイントに向けて
円を描くようにスピーカーを配置してしまうと
部屋が狭いので、スイートスポットが狭く
良いステレオ感を得られにくい気がします。

DALIのカタログからいんようしますが、
基本は平行法で置くことを前提にしているようですが、
部屋の環境が違いすぎます。

従来はスピーカー間の距離に比べて
リスニングポイントまでの距離が短いので
これでは音像が定まりにくい印象でした。

オーディオのステレオ感とシアターのサラウンド感を
両立するためにスイートスポットをやや広めに
これまではやや内振りにきましたが、
今回はスピーカーがテレビに近づき、
スピーカーからリスニングポイントまでの距離と
スピーカー間の距離が近づくことになるので、
まずは平行法から試してみることにします。

--------------------------------------------------
平行法で設置
--------------------------------------------------
今回の設置のポイントは以下のようなものです。

平行法で設置
スピーカーユニットの面と、テレビの面を直線上に設置
ラックには揺れてもぶつからない位置まで寄せる

スピーカーの位置を変更後、
一度AVプリアンプMarantz AV8802Aの
自動音場調整機能を使って
スピーカーの距離やレベルなどを調整をかけなおし、
Marantz NA-11S1による音楽再生と、
Panasonic DMP-UB900による動画再生で
変更前後で比較してみます。

高音はクリアなまま保っていますが、
中低音がややぼけているというか、
こもったようなモコっとした音に聞こえ違和感を感じます。

サブウーファーから出てくる重低音は、
ラックなどによって減衰している印象はなく
ラックの裏でも問題はなさそうです。

--------------------------------------------------
中低音の違和感の原因は?
--------------------------------------------------
テレビの面にスピーカーの面を合わせたので
ラックの方が前に出ている状態です。

テレビのスタンドが前に飛び出していて、
ラックの前端にテレビを置くことが出来きないので
スピーカーから出た音がラックと干渉している?
干渉を防ぐ方法を考えて見ます。

※詳細、画像はこちら↓へどうぞ。
ラックレイアウト変更後のスピーカーの位置を初期化

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★雑記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
しばらくコミュニティで活動について思案していました。

オリジナルとなるブログの文章を
そのまま貼り付けるとここでは少し読みにくいので
いつも編集しなおして要約して投稿しています。

ブログのアクセス分析をすると、
コミュニティからの流入は先月1ヶ月で10%未満。
効率を考えればブログ1本に絞る手もありますが、
コミュニティを第2のホームとして考えているので
活動は続けていきたいと思っていますし、
出来ればオリジナルを読んでほしいと思っています。

ですが、最近自分の想いと
周囲の反応が乖離しているのを感じていて
ブログの執筆以外に余計なエネルギーを使っているので
こちらの活動休止も選択肢として検討していましたが、
その前にこちらのルールについて
曖昧に感じていた部分を運営に確認してみました。

まだ詳細は確認中ですが、
とりあえず2つのことが分かっています。

日記を書いた上で、その補足内容として
自ブログのリンクを貼る行為は
利用規約には抵触しないそうです。

そしてブログへの広告の掲載については
営利目的には当たらないそうです。

ルールに抵触しないのであれば
従来の日記の書き方を無理して変える必要はないけど、
表裏一体、平和的に共存することを願っているので
アクセス稼ぎだ!という批判的な意見に配慮して
リンクつきの日記の更新回数を減らそうかなと。
多分週1~2回+普通の投稿くらいかな。

というわけで今回日記投稿スタイルの模索として
メールマガジン風にしてみました。

裏が表を尊重して誹謗中傷をなくせば
表の記事ももっとおもしろい記事が増えると思うので
自粛と自浄に期待します。

裏が表を尊重しない状態が続くなら、今後は無視して
元の日々更新するスタイルに戻すことも考えます。

追記>青い字が目障りだというなら少しずつ外してみよう
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★その他トピックス
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
断捨離強化月間~2017年7月に処分したもの、導入したもの

カテゴリー8(Cat.8)のLANケーブルとは何だ?~規格と要件を調べてみた~

グランツーリスモSPORT ダウンロード版を再購入

最新のレビュー/コメント

RLT-1

ACOUSTIC REVIVE

RLT-1

¥18,900(税込)

発売:-

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

LANの空き端子は塞ぐべし

LAN端子は端子がむき出しになっていて、
電磁波や電波などのノイズに対して無防備であること、
端子部分がバネ状になっていて振動しやすいことなど、
オーディオの音を濁す要因が内在されている端子だと思いますが、
その弱点をカバーしてくれるよいアイテムだと思います。

環境にもよると思いますが、
映像の見通しがよくなること
音声の分離間や空間表現が改善される
などの分かりやすい効果が出ることが多いです。

現在はAVプリアンプMarantz AV8802Aや

UHD Blu-rayプレーヤー DMP-UB900

などのLAN端子をわざと空けて装着しています。


※詳細、画像はこちら↓へどうぞ。
ACOUSTIC REVIVE LANターミネーターRLT-1のレビュー

【SPEC】●筐体素材:2017S航空機グレードアルミ合金 ●内部配線:PCOCC-A

マイルーム

♪散財シアター♪
♪散財シアター♪
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~10畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~7.1ch

2016/6新しくブログを作りました。 http://hermitage-netaudio.com/ 切妻屋根の天井裏に10畳ほどの専用室設けて ホームシアターをつくり、楽しんでます。 2000年頃からPCネットワークとAV機器の融合を試行し マルチソースホームシアターを目指しています。 全ての元凶は2003年に当選したプロジェクタ…。 2006年夏の終わりにDENON …

所有製品