tomo
tomo
最近、アンプをメイン機サブ機共に真空管に変更しました。 特にメインとなるメメントには今までトランジスタでしたが、オクターブ(真空管)に変えてから弦の響きが より生々しくなり新たなオーディオの可能性を…

日記

最新の日記
日記はありません
カレンダー
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最新のレス

日記

日記へのレスはありません

製品レビュー/コメント

お気に入り製品

最新の日記

日記はありません

最新のレビュー/コメント

V110

OCTAVE

V110

¥976,500(税込)

発売:2013年8月23日

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

充実した電源回路の搭載による新世代真空管アンプ

● VGP2014 SUMMER 金賞 受賞
● AEX(オーディオ銘機賞2014) 銀賞 受賞

上記の賞を受賞した今話題の真空管プリメインアンプです。
50万以上プリメインアンプ部門で強豪たる石のアンプ群を押さえて球のアンプが名誉ある金賞を獲得したのは球アンプの誇りと言える機種です。(下記参照)
http://vgp.phileweb.com/vgp2014_summer/vgp_p2_11.html

まずは、真空管として110W+110W(4Ω)の出力は魅力的です。
このV110は110wと70wの切替えも可能で、出力管を変えればV70SEと同等の利用も可能となってます。

同社製品は従来からの真空管アンプの常識を超えた広いレンジと高S/N、高解像度を実現した現代的サウンドが聴けるのが特徴で、真空管ならではの美しい響きやしなやかさも併せ持つ次世代の真空管アンプと言えます。
フロント面にはバイアス調整のつまみがあり、音を確認しながら高バイアスから低バイアスまでの調整が手軽に出来るのも同社製品の魅力で、少々音がきつく感じれば低バイアス側に、逆にもう少しレンジや解像度を高めたければ高バイアス側に微調整が可能です。
そして、プッシュプル構成の影響とも思える空間表現も豊かで低域もボトムまでスムーズに伸びます。

【SPEC】<パワーアンプ部>●使用真空管:KT120(KT88,6550,KT90,KT100にも対応) ●出力:2×110W(4Ω) ●周波数特性:20Hz〜70kHz(90W -1/-3dB)、5Hz〜70kHz(10W -0/-2dB) ●高調波歪率:0.1%(10W/4Ω) ●S/N比:-110dB/90W
<プリアンプ部>●入力感度:220mV(Line Level Inputs) ●入力インピーダンス:50kΩ ●チャンネルバランス:0.5dB〜70dB on volume control ●チャンネルセパレーション:55dB
<フォノステージ部>●入力感度:MC 0.5mV,MM 4mV ●入力インピーダンス:MC 150Ω,MM 47kΩ ●S/N比:MC 73dB,MM 85dB
<総合>●消費電力:160W最小(無信号時)、500W最大、20W エコモード時 ●入力:ラインレベル(RCA)×4、ラインレベル(XLRバランス)×1、ホームシアターバイパス(RCA)×1 ●出力:Rec out×1、プリアウト×1 ●スピーカー出力:バインディングポスト×1ペア ●外形寸法:451W×170H×415Dmm(ノブ・端子・グリル含む) ●質量:23kg

マイルーム

「休日を味わう」
「休日を味わう」
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~12畳 / 防音なし / スクリーン~60型

『インテリアを味わう』  限られたスペースに演出を施したり特徴ある家具家電を配置する事により、飽きのこない雰囲気作りを目指しています。 『ソファ・座椅子を味わう』(2010年5月写真公開)  ソファ「ageha」のデザインの良さも然る事乍ら、手触りといいモチッとした座り心地、そして しっかりとした作りには職人の心意気が感じられます。色は本体ブラック、座クッションはダークブラウンに…

所有製品