アコスの住人
アコスの住人
動画26。 2019年10月2日撮影 https://youtu.be/nfcGj9pR4JA スーパーウーファーを2基に! TD725swを追加。 動画25.2019年5月4日に撮影 h…

日記

最新の日記
カレンダー
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

お気に入り製品

最新の日記

TVを壁掛け ヽ(^o^)丿

 皆さま 如何お過ごしでしょうか  宅内で楽しめる趣味者の集いなここですので 話題には事欠きませんが・・・ 様々な不都合が皆さまにも生じていると思われます。  このままの勢いで大都市が停滞(首都崩壊)して仕舞えば いずれは地方にも波及する事でしょうね。  今はまだ 安危に構えていますが そろそろ何かの対策を・・・ と思う今日この頃。  これは後世に伝え続けられる事態ですね。 来年の今ごろ「さぁー今年こそ オリンピックだ!!」と騒がられていれば良いんですがね。


 そんな最中なのではありますがTVを買いました。  まだ物流は正常であり工場の閉鎖等の影響は未だ出ていない様でした。  壊れたトイレの便座(ウォシュレット)を交換したいのだが こちらは品不足の様です(T-T)  いつになるのかな?

 今回のTV購入は伏線があって・・・  昨年、パソコンが壊れました。 修理には一度、出したものの「買った方が安い」レベルでしたので「そんなに良い物は要らない(使えないワタシ)」と言う事で安価なノートPCを買いました。 オーディオ用途ではありませんし、メールとこんな事!(インターネット利用)とワードやエクセルがちょこっと出来れば良いと言うクラスのワタシです。 

 5万円もしません。 なんちゃってオフィスが付いていました。(笑)  以前のモデルよりは使い勝手の後退はあったものの お遊びで触るパソコンですので こんなものでしょーと使っていました。   ところがです・・・ ここ半年あまり どうも動作が緩慢でイライラが募ります。 時間が経つ(調子に乗ってくる?)と良い塩梅で反応してくれるのですが 立ち上げたばかりでは マウスのポインター?が グルグルし続け 動いたと思ったら 隅っこの方にブッ飛んでいたり(笑) 「一体、何してるの?」といつも問い掛けていました(笑)

 そのイライラに限界を感じ 先日、「中古」を購入。 新品を買う余裕など無い!  また新品と言っても安いのでは アレの二の舞だろー・・・ で、評判の良い? 中古専門店から買ってみました。 機器本体は数年前のモデルですがos? Office? は今どきの物とか? SSDだとか メモリーが多いとか? レビューを読んでも 「悪そーじゃない!」と言う安易な発想で買っちゃいました。  二日後には届くスピード体制(笑)  本体とACアダプター、マウスと無線lanアダプター? そしてA4版の説明書が数枚と言うシンプルな構成でした(笑)

パソコンって 初期設定が面倒じゃないですか? 色々と登録したり IDとか暗証番号とか・・・ 忘れちゃうと後々大変だし(-.-)    そう言うのが一切無いパソコンが届きました。  簡単すぎて怖いくらい (^_^)v

それで やっと本題に近付きます m(_ _)m   ノートPCの問題点は「画面が小さい!」と言うことです。  その打開のためにモニターを買いました。 それは36インチらしいのですが 17インチ級を横に2台並べた様なウルトラワイドなモデルです。  一画面として使うには大きすぎで(笑) 左右にそれぞれ画面を置くのが私の通常の使い方でした。  ノートPCの画面と合わせて3画面。 一体ワタシは何をしようとしているのでしょうね?(笑)

そして動きが緩慢な旧ノートPC。 これはメール専用にしました。 しかしメールを読むにしても、書くにしても小さ過ぎ! そこでモニターを買おう!と思い付いたのですが・・・ 隣に置いてあるTVが古い! NECのB管(24インチ) もちろんアナログTV。 地デジ波のチューナーを接続して見ていました。 最近、映像が急に落ちてしまったり その回復も時間か掛かったりと・・・ ワイドTVだけが売りでしたが、そろそろ限界だなと。

悩んで悩んで買ったのが ⬇ (笑)

Hisense 32インチ ハイビジョンTV。 2019年モデル。 各チューナーはダブル搭載でUSB-HDDになら裏録も可能。 HDMI入力が2系統+AV入力がある。 Amazonにて¥21.800-。 大丈夫かァー!!って値段。 (笑)
三流メーカーの代表格の様なブランドだが、昨今は東芝を傘下にして技術力を吸い尽くしてる印象。
Amazonの様な低価格なTVを多く扱うモデルを見ると、名すら知らないブランドが雨後の筍よろしく多く出てるんですね。 レビューを見ると不良品も多いらしく、躊躇してしまいそうでしたが、Hisenseなら まだマシそ-?でgo!! (笑)
単純に入れ替えても良かったのですが机を有効的に使いたくて壁掛けにしてみようと・・。  壁掛け金具も昨今では「VESA」と言う規格がアルらしく(そもそもはpcディスプレイ用?)選択肢は広がりました。 だが・・・・・・
こちらも熟慮の結果で選択したのが ⬇

だいぶ大袈裟なモデルの様に見えるのですが写真は最大寸法の400mm×400mmに対応した状態であり自分のは中央の板だけで済んでいます。
VESAにも色々とある事が調べたら分かりました。 最小は75mm×75mmの様であり 400mm×400mmまで 縦横の組み合わせは様々な様です。(ネジ穴の間隔のようです) 自分の買ったHisenseは100(横)×200(縦)と言うスタイルで 案外少ないんですよね。 それと選択肢には「前後に稼動」は入れたかった・・・ 100×200は事前に調べる事が出来たので良かったです (^-^)/

4点でTVに固定した状態です。 取り付けネジは付属していて 色々な長さと太さが用意されています。  有り難いのですが ほとんどが不要になるのでウチではネジBOX行きです。 一生、日の目を見ないまま終わりそうですが(笑)

部屋の壁は一般的な石膏ボード。 

壁裏センサーで間柱を確認し固定します。  付属してる固定用ネジは ゴン太です。  間柱のサイズ(幅)と 本当にセンターを突いているのかは自信がありません。  そこで1×4材をカットし(黒いガムテープを貼ってあります)それを壁に固定して そこに金具を付ける事にしました。

センターの2点は間柱に 四隅の4点は石膏ボード用のアンカーを介して固定しています。 ここに金具を固定しています ↓

安全の上に安全を! 強固の上に強固を! です !(^^)!   可動式なので安全第一で・・。

可動のアームはこんな感じで 左右はモチロン 前後にも動きます。 一番奥まで収めれば壁掛けと同じです。 

こんな感じで使います。 下に写ってるのがトロイPCです (@_@。
まぁ- 普通のTVですし ハイビジョンクラスですので 世辞にキレイとは言えませんが 十分耐えられる質です。 2万で買えちゃうんですから 凄い時代になりました (笑) 

バックはこんな感じです。

HisenseのTVは自重が4kgしかありません。 取り出した瞬間「軽っ!」って叫んじゃいました(笑) PCモニターは軽量なのは分かっていましたが 一応コレはテレビですからね・・・ どーしてこんなに軽く出来るんでしょうかね? 

金具は3千円。 期間限定で更に割引でした(笑) Amazonの謳い文句には、耐荷重45kg 55インチまで対応 と成ってはいますが私の感想では精々40インチだろうな・・  壁への固定部が小さいので 壁がコンクリートなどの様にウルトラ強固に止められなければ無理だと思いました。  ウチくらいのTVなら余裕です。  付属サービス品にHDMIが付いていて(笑)PCとレコーダーの接続にHDMI接続が出来て良かったです。 コスパは高いですね (^_-)-☆


 TV(放送)も見れるし 反応も悪くない PCのモニターとしても十分だ!  しばらくは 使えソーです (笑)

最新のレビュー/コメント

XRT1K

MCINTOSH

XRT1K

¥6,720,000(税込)

発売:-

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

メーカー視聴室にてですが・・

Phile-webのレビューは個人的に好きなんです。  生の声ですから・・  購入時には参考になります。  以前の日記に挙げたものなんですが・・・ ココに置いておくと 誰かの為になるかもしれませんから コピーしました。 既に2年も前の出来事ですから新鮮味には欠けていますが  m(__)m

 以下 コピペとなります。 2010年11月の日記より(写真は日記の方を見て頂ければ・・(ー_ー)!! )


皆様  こんばんワ!  (^_^)/   アコスです。   すっかり 冬の装いの昨今ですが 風邪などお召しになっていませんか?  


さて本日・・・    過日の T.I.A.S.で、個人的に一番気になっていた あヤツに逢いに 上京してまいりました。


(ila様 お写真お借りしました)

mcIntosh XRT1K (¥5.250.000-/ペア)です。

http://www.mcintoshlabs.jp/topics/invitation1011.html

T.I.A.S.で聴いた(ほんの数分なのですが)感覚が新鮮なウチに、色々チェックをしていたら、偶然に見付けた試聴会。  ダメ元で申し込んだら見事当選!  競争倍率は分かりませんが・・・  (-_-)  本日満員御礼(10名限定)の状態で試聴会は執り行われました。


↑ 試聴会場での XRT1Kです。

 14~16畳程度の部屋に、2組のスピーカーと、mcInの アンプ・プレーヤーのフラッグシップ機が鎮座!  (全体の写真が無くて・・・ ((+_+)))

 先ずは、チョッと小柄な【XR200】(¥2.200.000-/ペア)からです。  

 残念な事に、やや音量が控えめ (・_・;)   それでも、刺激感のない中高域。  もう少し「張り」が欲しい様な気もしたのですが、低域の量感も良く、定位感・移動感は見事に再現されていました。   専有面積は非常に小さいスピーカーなのですが、立派な奥行き感が出ていました。


続くは・・・  本命 【XRT1K】です。

 音が鳴りだした瞬間から 「場」の空気感が違ってしまいました。  隣に座られていた方からも、思わず「オー」と、声が漏れていました。

 中高域の「艶っぽさ」が最高です。  低域の『厚み』が違います!   背が高く(2m!)上部の3/4にスコーカー・トゥイターが広範囲に渡り配置されているにも拘らず、「声」の定位はバッチリです。  ビックマウス(口デカ!)には決して成っていません。    前へ前への音造りではなく、後方にかけて・・・ 雄大に音場が形成されています。   また、最上部には開口部(バスレフ構造)が有るのですが・・・、ドロドロとした締りのない音ではなく、切味抜群です。  が・・・ 躯体は、カチンカチンではなく、響きを持たしている様で(手でノックをすると響いていた)、アルミニウム押し出し成形との事ですが、冷たさは全く感じませんでした。    ウーファーの取り付け位置がかなり低めですが・・・、その影響は全く感じませんでした。

 う~~ん  (^_^)/   目標が出来たかもしれません。

 移動に8時間!   試聴時間は1時間半と・・・  逆なら良いのになァ~~ と感じながらも、充実した一日でした。   

 ・・・で、この試聴会場は「東京・恵比寿」に有るのですが・・・  最初は気が付かなかったのですが、昔ココは、marantzだったんですよね。(現地で思い出しました。今は同じグループの傘下ですが)    10年前、Nautilus801を購入する時に 最終決断をしに行ったのがココだったんですよ。   この偶然が意味している事は?  神の思し召しか?  (^O^)/


 以上です。 今、改めて読んで・・・ 目標はブレていません。 アッハッハッハ。

【SPEC】●形式:バスレフ型3ウェイ ●使用ユニット:高域→19mmブラックチタンドーム×28個、中域→50mmインバーテッド・ブラックチタンドーム×44個、低域→250mmコーン×2個 ●クロスオーバー周波数:250Hz、2.2kHz ●入力感度:88dB(2.83V/m) ●定格インピーダンス:8Ω ●外形寸法:280W×2000H×650Dmm ●質量:76.5kg

マイルーム

 2019年10月の現状(令和元年10時月)
 2019年10月の現状(令和元年10時月)
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーン130型以上 / 8ch以上

2019年(令和元年)10月の様子 TD725swを一基迎えて スーパーウーファーのツイン仕様となりました。 センタースピーカーのツイン仕様に続く暴挙です ウーファーの置き場変更に伴い メインアンプ(A60)は移動しました。 リア方面に変更はありません。 PC用のモニターが大きくなりましたが・・(笑) プロジェクターは なんちゃって4k仕様の DLA-X75R。 …

所有製品