アコスの住人
アコスの住人
動画24. 2018年9月13日撮影 https://youtu.be/s7yCVz7Rhdc サラウンド(リア)スピーカーに4319(中古)を導入 リスポジを2ウェイに。 V系は200mmほど…

日記

お気に入り製品

最新の日記

BBさんの襲撃 と マランツ史上最大級の電源部を搭載した・・・

本日 BBさんこと ブルースブラザーズさんが お見えになりました。

BBさんは 現在、同県人でいらっしゃいまして 100kmくらいかな? 高速道なら小一時間で来られる距離にお住まいでいらっしゃいます。
まぁ- 軽~~い視聴(音は重いけど(笑))と 楽しいお話が出来た ひと時でありました。 
う~~ん  豪快な方だ! (感想)
現在、断捨離中!とのことだが・・・ ウチの不用品(不稼働品)をお持ち帰り頂きました (^.^)/~~~  減ってもいるが、増えてる? トータルでは減少してると言われてました。


marantzが とんでもないタイトルで 殴り込みだ!
https://www.phileweb.com/news/d-av/201810/17/45355.html
『200台完全限定生産 マランツ史上最大級の電源部を搭載した7chパワーアンプ』だと・・・さ! 

最近めっきりジジィになったせいかグチが多くなった! と、言うか「コレでいぃのか!!」と黙っていられなくて(笑)

「200台完全限定生産 マランツ史上最大級の電源部を搭載した7chパワーアンプ」
まぁ- そうなのかもしれないのだが・・・  最大級なんだ・・ 限定生産なんだ・・ と。

既にmarantzのHPにも載っているので詳細は分かった。

>> MM8077は、北米地域を中心にハイエンドホームシアターユーザー向けのパワーアンプとして販売されてきましたが、日本国内の販売店、ユーザーの皆様からの強いご要望をいただき、国内市場への導入を決定いたしました。

まぁ- 誰もが そりゃ~~ そーでしょ! と思うに他アリマセン。 プリだけ出しておいて そりゃ~~生殺しですからね(笑) 
 
 仕様についての宣伝文句
>> MM8077は、7chすべてに同一構成の電流帰還型パワーアンプを搭載しています。増幅素子にはHi-Fiアンプでも数多く使用されてきたLAPTトランジスタを採用。20 kHzを超える可聴帯域外までカバーする、ワイドレンジかつ高密度なHDオーディオの忠実な再生と現代スピーカーの正確な駆動のために”瞬時電流供給能力”に優れたアンプデザインを投入しました。2ch駆動時の実用最大出力は210 W(6 Ω、1 kHz、THD 10%)、定格出力は180W(6 Ω、20 Hz - 20 kHz、THD 0.08 %)を誇ります。

 本製品は7chアンプとなった。 公式スペックでは・・
>> 「2ch駆動時の実用最大出力は210 W(6 Ω、1 kHz、THD 10%)、定格出力は180W(6 Ω、20 Hz - 20 kHz、THD 0.08 %)」

 と、何故か2ch駆動時を出してる。 コレ!7chのマルチチャンネルアンプですよね。 なぜに?2chなのよ!  2ch時を数値を出す意味がどこにあるの? <`~´>  2chで使う目的じゃないでしょ!

 プリのAV8805は50万と言う異例の高額製品。 一方MM8007は27万と言う微妙に安いモデル。 ユーザーサイドに立つと安いに越した事ないが・・ AV8005の相棒としては力不足では? 

 ちなみに2chで180wだと 7chになった場合 同時出力で何Wになるのでしょうね?  一説には180w(×2で360w)がMAXなので、それをチャンネル数で割るとか・・ それだと51.4w/1chですね。 

 私はAV8005クラスを使う者が MM8007を使うとは到底思えません。 北米の方々は 案外チープなスピーカーをお使いなのでしょうかね?(笑)

ちなみに私は先代のmarantzも使ってる。 MM8003と言うモデルで同価格帯ですね。 用途(悪割)はトップに取り付けた3組6本のスピーカー用途です。 
ちなみにスペックは「6ΩTHD0.08で170w×8」と記載されてる。 違うのか? 同じなのか? 【ブランド史上最大級の電源部を搭載した】newモデル。 当然、もっと凄いはずだが・・・ 史上最大級なんだから(爆)

 yamahaの様な小細工(良い意味で)も無し!  マランツさん 完敗ですぞ!  と、思う ワタシだ。。。

最新のレビュー/コメント

XRT1K

MCINTOSH

XRT1K

¥6,720,000(税込)

発売:-

製品DBで詳細を見る

この製品にレビュー/コメントを書く

ほかのユーザーの登録・投稿を見る

メーカー視聴室にてですが・・

Phile-webのレビューは個人的に好きなんです。  生の声ですから・・  購入時には参考になります。  以前の日記に挙げたものなんですが・・・ ココに置いておくと 誰かの為になるかもしれませんから コピーしました。 既に2年も前の出来事ですから新鮮味には欠けていますが  m(__)m

 以下 コピペとなります。 2010年11月の日記より(写真は日記の方を見て頂ければ・・(ー_ー)!! )


皆様  こんばんワ!  (^_^)/   アコスです。   すっかり 冬の装いの昨今ですが 風邪などお召しになっていませんか?  


さて本日・・・    過日の T.I.A.S.で、個人的に一番気になっていた あヤツに逢いに 上京してまいりました。


(ila様 お写真お借りしました)

mcIntosh XRT1K (¥5.250.000-/ペア)です。

http://www.mcintoshlabs.jp/topics/invitation1011.html

T.I.A.S.で聴いた(ほんの数分なのですが)感覚が新鮮なウチに、色々チェックをしていたら、偶然に見付けた試聴会。  ダメ元で申し込んだら見事当選!  競争倍率は分かりませんが・・・  (-_-)  本日満員御礼(10名限定)の状態で試聴会は執り行われました。


↑ 試聴会場での XRT1Kです。

 14~16畳程度の部屋に、2組のスピーカーと、mcInの アンプ・プレーヤーのフラッグシップ機が鎮座!  (全体の写真が無くて・・・ ((+_+)))

 先ずは、チョッと小柄な【XR200】(¥2.200.000-/ペア)からです。  

 残念な事に、やや音量が控えめ (・_・;)   それでも、刺激感のない中高域。  もう少し「張り」が欲しい様な気もしたのですが、低域の量感も良く、定位感・移動感は見事に再現されていました。   専有面積は非常に小さいスピーカーなのですが、立派な奥行き感が出ていました。


続くは・・・  本命 【XRT1K】です。

 音が鳴りだした瞬間から 「場」の空気感が違ってしまいました。  隣に座られていた方からも、思わず「オー」と、声が漏れていました。

 中高域の「艶っぽさ」が最高です。  低域の『厚み』が違います!   背が高く(2m!)上部の3/4にスコーカー・トゥイターが広範囲に渡り配置されているにも拘らず、「声」の定位はバッチリです。  ビックマウス(口デカ!)には決して成っていません。    前へ前への音造りではなく、後方にかけて・・・ 雄大に音場が形成されています。   また、最上部には開口部(バスレフ構造)が有るのですが・・・、ドロドロとした締りのない音ではなく、切味抜群です。  が・・・ 躯体は、カチンカチンではなく、響きを持たしている様で(手でノックをすると響いていた)、アルミニウム押し出し成形との事ですが、冷たさは全く感じませんでした。    ウーファーの取り付け位置がかなり低めですが・・・、その影響は全く感じませんでした。

 う~~ん  (^_^)/   目標が出来たかもしれません。

 移動に8時間!   試聴時間は1時間半と・・・  逆なら良いのになァ~~ と感じながらも、充実した一日でした。   

 ・・・で、この試聴会場は「東京・恵比寿」に有るのですが・・・  最初は気が付かなかったのですが、昔ココは、marantzだったんですよね。(現地で思い出しました。今は同じグループの傘下ですが)    10年前、Nautilus801を購入する時に 最終決断をしに行ったのがココだったんですよ。   この偶然が意味している事は?  神の思し召しか?  (^O^)/


 以上です。 今、改めて読んで・・・ 目標はブレていません。 アッハッハッハ。

【SPEC】●形式:バスレフ型3ウェイ ●使用ユニット:高域→19mmブラックチタンドーム×28個、中域→50mmインバーテッド・ブラックチタンドーム×44個、低域→250mmコーン×2個 ●クロスオーバー周波数:250Hz、2.2kHz ●入力感度:88dB(2.83V/m) ●定格インピーダンス:8Ω ●外形寸法:280W×2000H×650Dmm ●質量:76.5kg

マイルーム

 2018年4月の現状
 2018年4月の現状
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーン130型以上 / 8ch以上

2018年4月現在の様子。 2018年1月よりスピーカー変更に着手 Nautilus801からJBL4365に変更 それもスタック仕様として・・・(無謀) センタースピーカーは不動の4429×2 LFE専用のTD725swとSX-V1Aと組み合わせているYST-SW1000。 リア側 旧映像機器達とADとSE-A3000(SX-V1A用)。  プロジェクター…

所有製品