ウラキンスカイウォーカー
ウラキンスカイウォーカー
これまでスピーカー以外は「これなら良い音で鳴いてくれるだろう」と一目惚れした機器でシステムをまとめてきました。実際に音を聴いて購入したのはスピーカーのみです。スピーカーはとんでもないルーズなセッティン…

マイルーム

基本無視!
基本無視!
持ち家(戸建) / リビング兼用 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~14畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
(〜2008年) 部屋が狭く、本棚の上に左ch、折り畳み可能の机の上に右chSPを置いてます。 (さすがに各3点、黒タンのキューブを噛ませて設置してますが。。。要は非常に不安定な設置状態。…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

お気に入り製品

日記

食いしん坊、バンザイ(その84)........

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年06月19日

お肉を食べたい。
上等なやつ。

今月は小生の誕生月。
憧れのお店に逝かせていただこう」と思ふ。

そういふことであれば、昼間から「ステーキ」と行こうではないか。
それも「近江牛」。

「なんでも頼んでいいわよ」
財布の紐を緩ませた相方が微笑む。
小生は迷うことなく、ステーキセットを所望。

相方は標準の200gだが、小生は「より豪勢に」逝きたい。

300g。

ふと、「時価」という言葉が頭をよぎる。
グラムいくらのお肉か知らんが、構うものか。(笑)

注文時、フィレ(ヘレ)かロースか聞かれたが、
小生がそんな枯れたジジイに見えたのかの?

ロースに決まっているだろう。
当然、「焼き」はレアで。

前菜含め料理が運ばれ、期待は高まる。



以前もこのお店でランチをいただいたことはある。
でも、所詮はランチ。
(お店の奥で焼かれたのを給仕がカウンターまで運んでくれるの。)

今回注文した「近江牛」は、まさに目の前で焼いてくれる。

お客が陣取るカウンターから3mほど先での調理。
ギャラリーは「ランチを頬張るカウンターのお客」である。
(満席の中、真昼間からステーキセットを注文したのは、この二人のみ。笑)

まずはお皿に「主役」が鎮座して登場。
ランチを頬張る皆の視線が一斉にその肉の厚みに注がれる。

300gは厚いの。
200gのと比べて、面積より厚みを生かしたカットにしてある。

松方弘樹さんの伝説の財布を思ひ出した。
あれは「それの厚みで立つ」といふ。

「じゅうじゅうじゅう」

なんでか、わざわざ側面を焼くのね。
(旨味を逃さないようにするためか?)

最後にシェフが手早く切り分け、お皿にのせて
小生の目の前に。

召し上がれ。

これは、これは........
小生、お肉が大好きで、色々食してきたつもりであったが
「こういふ世界」もあったのだなぁ〜と再認識。

「我がお肉人生に悔いなし!」

まず、ヴィジュアルでヤられるのだが
頬張ると、ひたすら頭を垂れるしかない世界。

油身が上質なのね。
軽やかで嫌味がない。

塩、わさび醤油などで、ぽんぽんと口中に投じるが、
3分の2くらい平らげたところで「あれっ」となった。
これでは「美味い、美味い」だけで終わってしまう。

料理もオーデオも「過去の体験との比較」で我々は楽しんでいるのだと思ふ。
当然、記憶に残したいし「もう一度」と思ふ。

でも、この近江牛はどうだろう?
お歳を召した方には、最高のお肉であることは間違いないが、
「来月も是非!」とリピートしたいかと言われると....ちと微妙。

小生所有のLuxmanのCDPをお肉に例えると、正にこれ。

「いや〜良い音ですね!
  流石! お値段だけのことはあります!」

残念ながらそれ以上は、何方にお聴きいただこうと何もでてこない。(はず)
また、記憶には残らない。(はず)

締めのデザートでクールダウンしながら、自問自答を繰り返し、繰り返し。

以上、
「高級品が己のテイストにあうとは限らない。
ただし、頂上に近い部分は知っておいたほうがいい。」
といふ、良い例でございます。

己の立ち位置がよく分かって、無駄な出費をしなくて良くなると思ふのですよ。

最後、支払いの際「100g増量分」のお値段を見て、
「贅沢は罪である」といふ認識を新たにしたウラキンでございました。(笑)

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. ウラキンスカイウォーカーさん、こんにちは。

    矢切亭主人も10年以上前に、松阪市の有名店でステーキを食したことがあります。普通の外食に比べて一桁違いましたが、さすがに美味しい。

    もう一度頂いてみたいか?それがそうでもないのですね。
    良い経験だったとは思いますが…。

    「頂上に近い部分は知っておいた方がいい」けだし名言です。
    矢切亭主人も、少しだけ己の立ち位置が見えてきたような気がします(笑)

    by矢切亭主人 at2015-06-20 09:08

  2. ウラキンスカイウォーカーさん、まずはお誕生日(月)おめでとうございます。

    ステーキいいですねぇー。
    私はめったに牛肉は食べませんが、つい先日「ステーキガ○ト」にて食べましたが、
    酷いモノでした。
    スジっぽくジューシーさはなく、肉だけでなく付け合せも美味しくありませんでした。
    ここで食べながら、昨年の事を思い出し・・・・・・

    とある「道の駅」で十和田牛を食べましたが、それは美味しかったです。
    ジューシーで柔らかいのですが、噛み応えがあり肉本来の美味しさがありました。
    細かい焼き方を言っても対応してくれました。

    機会があれば今度、近江牛を食べてみたいです。
    近江と言えば思い出しましたが、滋賀県が県名を変え近江県にするとかしないとか、
    あるようですね。

    byブルースブラザース at2015-06-21 12:23

  3. 矢切亭さん、こんばんは。

    >10年以上前に、松阪市の有名店でステーキを食したことがあります。普通の外食に比べて一桁違いましたが、さすがに美味しい。
    ですよね。一桁違うと明らかに「違う」のは分かる。コスパは別にして当然美味い。
    でも、「それを繰り返したいか?」どうかが、小生にとっては最重要なのでございます。
    小生もハリウッドセレブもご用達の松坂の名店への遠征を夢見ております。
    (笑〜嗚呼、ミーハー)

    28号さん、レスありがとうございます。

    >私はめったに牛肉は食べませんが、つい先日「ステーキガ○ト」にて食べましたが、酷いモノでした。
    ファミレスの牛はそういふものですね。小生、ファミレスではほとんど「鶏系」しか注文しません。

    >機会があれば今度、近江牛を食べてみたいです。
    お越しの機会あれば、まず「岡喜」を攻めてください。
    今回、ご紹介させていただいたお店よりも、リーズナブルなお値段で近江牛が楽しめます。

    >近江と言えば思い出しましたが、滋賀県が県名を変え近江県にするとかしないとか
    え〜っ、初耳です。(笑)
    明らかな改悪です。

    byウラキンスカイウォーカー at2015-06-22 19:24

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする