ウラキンスカイウォーカー
ウラキンスカイウォーカー
これまでスピーカー以外は「これなら良い音で鳴いてくれるだろう」と一目惚れした機器でシステムをまとめてきました。実際に音を聴いて購入したのはスピーカーのみです。スピーカーはとんでもないルーズなセッティン…

マイルーム

基本無視!
基本無視!
持ち家(戸建) / リビング兼用 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~14畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
(〜2008年) 部屋が狭く、本棚の上に左ch、折り畳み可能の机の上に右chSPを置いてます。 (さすがに各3点、黒タンのキューブを噛ませて設置してますが。。。要は非常に不安定な設置状態。…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お気に入り製品

日記

日々雑感(その25)........

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年07月11日

(映画)
ミラー監督、お帰り〜

皆さん、もうご覧になりましたか?

「怒りのデス・ロード」

劇場で久々にアブラギッシュな作品に出会うことができました。
セルフリメイクに近い作品ですが、ミラー監督は見事に「自分越え」。

四半世紀待った甲斐がありました。

この作品には堂々たる風格まで漂っており、「劇場で出会えたことの幸せ」に感謝したいと思います。

「白塗り」「エレキ」「ワイブス」

キーワードはこれに尽きるでしょう。
この作品のチャームポイント。

見逃すなかれ。

(食いしん坊)
懐かしいお店に行ってきました。

お値段考えるとすごいクオリティ。
お気に入りのCD一枚を手に入れるのと、どちらを選ぶかが悩ましいところ。






お腹いっぱいになりました。

(音楽)
歳をとるにつれて、なかなか「心を鷲掴みにしてくれる作品」と出会える機会は減ってくる。
これは仕方のないこと。

人それぞれで好みがあり、その中で似たようなジャンル、似たような音作りのモノを求めがち。
そこからは離れられないし、離れたくもない。

でも、そんな繰り返しの中だけに価値を見出そうとする人生、
「原石と巡り会う」ことも無いではない。

これが、当時ハタチそこそこのお姉ちゃんの表現なのか?

すごい。
「ガツン」とヤられました。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする