てつ
てつ
2007年10月はじめてのオーディオ購入。まだオーディオ道(地獄?)に足を踏み入れたばかりのオーディオ素人です。現在、セッティングはとりあえず完了。ケーブル交換とオーディオボードを導入。次に電源まわり…

マイルーム

びんぼオうディオ-poor audio-
びんぼオうディオ-poor audio-
借家(マンション) / 書斎兼用 / その他 / ~6畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
2007年10月、合計22万円のセッティングからオーディオ道に入る。 その後、家計が厳しく1万円以下の投資しかできず、公開するのも恥ずかしく日記を更新していなかったが、最近は「貧乏オーディオで、どこ…
所有製品

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新のレス

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

引っ越し

このエントリーをはてなブックマークに追加
2008年05月05日

日記更新は何ヶ月ぶりでしょう。あいかわらず貧乏オーディオを邁進しております。

4月に職場がかわり引っ越ししました。
(少しは忙しさが緩和するかと思っていたら変わらずというか、むしろ忙しくなってしまい、オーディオに接する時間が減ってしまった?!)

そして部屋数が増えた分、リビングと書斎を分離でき、6畳ですが書斎兼オーディオルームをもらえました。(^o^)

和室なんですが、畳の上にカーペットをひいています。あたりまえですが部屋の形が変わっただけで少し響きが違います。

まず手をつけたのが、コンセント。妻の父が免許を持っていたので、引越しの時お願いして、松下の1512Kに変えてもらいました。しかし、部屋が変わって響きが違っていたため、どんなふうに変化したかは、よくわかりませんでした。しかし、これで3つ穴になり、いずれ電源ケーブルを買い替えることができます。(やっと妻から83803橋本電線セットを購入する許可がおりました!)

そのあと、足回りを中心にセッティングを続け、最終的に下の写真のように落ち着きました。


コンセントの位置の関係で、以前はスピーカーの間に置いていたプレイヤーとアンプは脇にセッティングです。


カラーボックス→クッションシート3重→自家製木製ボード(*)の上に、アンプは直置き。プレイヤーはABAのB-40をかまして置いてます。

*自家製ボードは、Audio Accessory誌128号p307の「旬の音本舗*福田屋」に掲載されていた「福田屋ボード1号」を参考に制作したもの。つくりかけで、パネコートでMDFをサンドイッチしただけです。今後樹脂シートも挟んで、ボンドでくっつける予定。MDF1200円+パネコート1200円+カット代200円

ABAのときは音の変化ありましたが、木製ボードはとくに音の変化はなしでした。(^^;


じつは、今回一番大きかった変化はスピーカー足回りでした。
カラーボックス→クッションボード6重→自家製木製ボード→ABAのA-40→鋳鉄製のインシュレーター2点支持→スピーカー

まずは、クッションシート6重敷きですが、これは今度マンション3階に引っ越したため、階下の人に迷惑掛からないように、低音少しでも響かないようにと思って敷きました。実際効果は不明ですが、以前のように床がビリビリ振動しないので効いてるかな?(苦情もきてないし…)

そして自家製木製ボード!
これが一番効いた。低音と高音の両方が分解能高く伸びてきた。今までのコンクリ板や御影石のように耳につくこともないし、スピーカーの能力をやっと引き出せたというべきか。
貧乏オーディオやってなければ、さっさとスピーカースタンド買って、この音に出会えたのであろうが、数万もするスタンドに手が出せない私にはようやく辿り着いたステップなのでした。福田様様です。

そして、その次に効果あったのが鋳鉄製のインシュレーター2点支持!


タコ!
鋳鉄製インシュレーターといえばTAOCですが、もちろん私には手を出せません。私ははじめ、バーベルプレートで代用しようかと企んでいましたが、100円ショップではみつからず、代わりに見つけたのが、この鋳鉄製のケーキ型。試しに4つ(計400円)片方用に買って帰りました。

しかし、3点支持、4点支持と試してみましたがいま一つぱっとせず。
そしてもともと4つしか買わなかったこともあったのですが、たまたま立ち読みしたオーディオの本(何だったかは失念)で、「インシュレーターは、箱の側版のみを支えるのがよい。とくに左右方向の振動を抑えるのがよい。前後方向は響かせるのがよい。」というのを読み、ヤジロベエの原理で、スピーカーを立たせてみる2点支持というのを思い浮かび、試しにやってみました。

上の写真のように、左右側版のみ支えるように、インシュレーターのかかる部分は5mmくらい。前3分の1でバランスが取れました。

音は焦点がきまり、とくに低音がでるようになりました。低音がでるというか、低音の音程がはっきりするようになったという感じです。

以上、貧乏アイディアでした。(T0T)
(書き終わってみると、やっぱり恥ずかしくなってきますね。こんなのちゃんとしたボードやインシュレーターやスタンド持ってる人には当たり前の音ですね。こういうジャンルもあるよ。ということで、頑張っていきたいと思います。)


次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. てつさん こんにちわ。
    ABAのボードのアーシングシステムに使われている銅のようなシール
    状のものですが、別にシール止めでなくても端に何箇所が穴があいてますので、
    ねじ止めでも可能だと思います。
    ただねじの肉厚でボードが少し持ち上がりますけど...
    自作されるとの事で一度やってみて下さい(^_^)v

    byのぶやん at2008-05-05 10:37

  2. このたこさんは、中々キュートですね。
    しかも設置面積がかなり小さくなっているので、良い傾向ではないでしょうかー。

    ちょっと横から見ると奇妙な感じでしょうが、なかなかの創意工夫ーですねー。

    良く2点でバランス取れましたねー。
    振動でずれてこけないようにお気をつけくださいませ。
    (私はビビリなので後ろにもう1点置いてしまうでしょうが・・・)

    by凛吏 at2008-05-06 21:34

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする